現在の閲覧者数:

2013年07月04日

花、根詰まり、新芽、発根

7月になりました。いい季節!
植え替えにはなかなか手は回らないけど多肉棚を見てるのが楽しいです。

SN3S7137.JPG

能登各+・・・変換すげーな。
ノトカクタス属、獅子王(ししおお)今年も咲いています。
息子よりずっと年上のサボテンだよ。
花はキレイなんですが、勝手に自家受粉→結実で持て余しています。
数年前に実生をしたら脅威の生存率だし、大きくしないように頑張って育ててますよ・・・。
とにかく種は出来ても蒔きません!

SN3S7271.JPG

クジャクサボテンも育てるのはどうしようもない位下手なんですが、今年も咲きました。
花弁の裏っかわにアブラムシ・・・がいるんだけどね。
夕方から咲き始めて翌朝満開状態で、それから3日間咲きました。
こういうサイクルだったっけ?エキノプシスと混同してるかも。

SN3S7296.JPG

新玉もいっぱい咲いています。
胴咲きズラリ、見ごたえがあります。
真っ赤過ぎてコントラスト強すぎて花の細かい部分が飛んじゃった。
後ろは久しぶりに植え替えした豹紋。これもまたよく増えるね。
こぼれ種が思わぬ所で育ったりしてさ。

SN3S7155.JPG

多肉植物、初夏の姿もなかなかいいものです。
ベストな状態ではないんですが、これから生長の波に乗っていきますよって色合い。

SN3S7143.JPG

しかしうっかりしているとこういうひどい根詰まりのものも発見してしまう訳で。
すまないこんなになるまで放っておいて・・・。

SN3S7284.JPG

お気に入りの鉢が、株の重みで落下し折れてしまったよ。
けど折れた所から新芽が出たよ。
こっから新芽2本か、、、更にバランスは悪くなるんだけど、まあいいか。

SN3S7286.JPG

折れた頭からも根っこが出て来ましたよ。
下葉が萎れてますけど、それは全然かまいません。
何年育てていても、こういうのを見ると嬉しくなるね。

増えすぎると困るからなるべく切らずに済むようにはしているんだけど
切ったら切ったでこれがあるから面白いんだなあ。
可愛い寄せ植えを作った後はこういうお楽しみがあるんだよん♪
(おいら可愛いの作ってませんけどw)

そろそろ買おうかと。
ホホバオイルとニベアと無印の化粧水とこれが基本なの。
posted by ちまき at 14:01| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

花とか蕾とか

もうすぐ7月ですね。
空を見れば雲も夏の形に変わり、目にも耳にも心にも初夏の心地よさを実感中。
家庭菜園も順調な生長が見られ、夏休み中の収穫が今から楽しみです!

今日は多肉植物、サボテンの花などの記録です。
記録したからと言って来年何かの参考になるかと言うと、特にそういった事もないのですがね。笑

SN3S71666.JPG

イリア・・・だったっけ?
エケベリアらしい可愛い花芽が合計3本出て咲いています。
この後、全部花芽は引っこ抜きましたが。

SN3S72055.JPG

朧月。
かなり初期から育てていますが、素晴らしい品種だと思ってます。
肉厚に育てたい計画はまあまあ上手く行っているかな。
素直に植え替えればいいのですが、液肥で調整中。
ただし、雑にハイポ水を掛けると塩を噴いたみたいに白い粉が残るんですよね。
頭からザバザバやる自分が悪いんですけどね。

SN3S72144.JPG

白牡丹。これも原点としてかなり好きな多肉。THE ベーシック!
外葉は冬越しで弱った部分で寒さ&日焼けのダメージが出ていますが
今は生育旺盛でどんどん葉を更新していくので、それは特に問題じゃあないです。
なんか今年の花はいつもよりガチガチででっかい印象があるな。何でだろね。

SN3S71888.JPG

サボテンも咲き始めているもの、蕾ニョキニョキのものと色々ありますよ。
ランポーの花のまぶしい黄色は毎年の楽しみです。
息子より長い事一緒に暮らしています。
これからも長い付き合いでいたいから、大事に育てるよ。

SN3S71811.JPG

名前忘れたけど、マミラリアの何かも咲いていますよ。
毎年グルっと蕾は出るんですけど、なかなか冠状態になってくれないのが残念。
でも白い棘&どピンクが綺麗だからまあいいやって感じ。

SN3S71833.JPG

ニシキマルは多少の時間差はあれど、冠咲きで楽しませてくれます!
コントラスト強すぎ画像がイマイチですけど、実物もギラギラ派手な感じです。

SN3S71655(2).JPG

あと恥ずかし画像カテゴリに入ると思いますけど、私のクジャクサボテン。
2年目までは割と真面目に育てていたのですが、結果が上手く出ずやる気を失いまして。
毎年咲いてくれるのですが、本体がヒドイ状態で早数年(;´∀`)
写ってませんけど、色がわかるように油性マジックで書いた「ピンク」ってのは全然消えないのにー!
撮影後、さすがにこの雑草はヒドイなと思い、雑にですが抜いておきました。
枯らしたくはないんで最低限の世話はしていますが、ホント下手だよなあ・・・

SN3S71688 (2).JPG

サンシモンの鉢その1。(ほぼ同じボリュームの2もあります)
好き放題伸びて大変な事になっています。
切って整えたいけれど、そうすると根本部分からまた新芽が出てしまうし
(元気な根本を処分はさすがに出来ないからね)
毎年、強風やら色々で何本か折りつつ今のグネグネも嫌いじゃないし
手を入れるか迷いながら、数年経過しています。
だけどこれじゃ折れるのも時間の問題なので、やはり冬前に大がかりな切り戻し作業をしようかな。。。

てな感じで、
未だうだうだしながら植え替えを少しずつやっていられる雪国青森の庭の風景でした。
今は根っこが動いてないかなーみたいな感じのものから植え替えなりしております。
いざ手入れするかーと思っても、花が咲いていたり脇芽発見したりでただ見るだけで楽しくてついつい時間を無駄にしてしまっているというのが正直な所なんですがねっ。笑

息子にチョークを持たせたら道路にカラフルな模様に塗ったり面白かったよ。
(描いた後は勿論、水で消しましたよ)
posted by ちまき at 22:10| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

いい色&ぷりぷり再生

2013年家庭菜園スタートしています。
ナス科の連作を避けてローテーション植えをしていますが
木村秋則さんの自然栽培に近いやり方で今年もやりますよー。

今日も5月末〜6月初めのいい感じの多肉記録です。

SN3S7028.JPG

満足のいく冬越しに成功した紅化粧。
夏場にそれぞれが育ったら素晴らしい一鉢になると想像しただけで嬉しくなるね。
別枠でも育てていますが、小さ目群生がすごくいい感じ!
後ろのツツジもいいオレンジしてます。しげるはいません。

SN3S7019 (2).JPG

ほんのり紅葉がとても可愛いセダム達。
回りのエケベリアの色味もまた良くてね。
どの葉っぱも違うトーンだってのが素晴らしすぎる!
まだ枯れた下葉なんか付いてますけど、それは現在は取り除きました。

SN3S7032.JPG

雨ざらし寄せ植えの中のセダムもギュっとしていい色ですよ。
寒さやら焼けでちょっと痛んだ周りのグラプト達もまたいい感じ。
完璧じゃないけど、たくましく育ってるだけで十分嬉しいよ。

SN3S7142.JPG

ホームセンターで新しく買いました羽衣。
ブラックベルディアナの割とあっさりタイプ顔って感じかな。
あんまり増やしたくないんだけど、ハオルチアは冬越しも楽なので、つい。
ずっと見てると色んなものに見えて来るけど、キレイだよねやっぱり。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・
ここからはビフォーアフター記録を。

SN3S6625.JPG

今年4月に干物寸前になっていたウンブラかオブシンビかそれ系のやつ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

SN3S7010.JPG

先月末にはすっかりぷりぷりに復活していましたよ〜。
透明感もぐんぐん出て来ています。

SN3S6310.JPG

こちらは今年3月の萎びたレタスみたいにしおしおになってるドラゴンボール。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


SN3S7030.JPG

はい現在はしっかり水分を吸い上げて特達磨な感じにすっかり復活です。
冬の間もぷりぷりのまま維持出来ればそれに越したことはないのですが
我が家の場合は気絶レベルに休ませた方が崩れにくいのでこのやり方が多いです。
心配し過ぎて凍みらせたり徒長させる位なら、多少苦しそうでもこの方が余計な手を入れない分、体力回復もすぐで良いのです。
up時期を逃しちゃったけれど、他にもこんな感じで劇的復活を楽しませてくれたハオルチア多数!
勿論、どれもいいスタート切ってますよ( ^ω^ )b

モンスターズはやっぱりすげーいい!
新曲は勿論、GOODFELLASの再録がまたいいんです。

posted by ちまき at 14:32| 青森 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

アエオ記録と今いい感じのやつ

今年に入ってお友達が多肉植物を育て始めたり、町内多肉仲間の増加が嬉しいわたし。
余剰株を貰ってくれそうな人を見つけたとかそういう意味でなくて純粋にだよw
「どう育てればいいの?」なんて聞かれたらうざキャラ全開で説明して逆に申し訳ない。笑

今日は久しぶりにアエオニウム属の記録を。
サンシモンとか黒法師の仲間達ですよ。

SN3S6970 (4).JPG

夕映え。
もっと朝晩冷えるころが一番色のコントラストも出て見ごたえがあるのですが、今は今で健康そうな顔がなかなかいいじゃないですか。

SN3S6971 (4).JPG

グリーンティーまたは伊達男。
2007年にカエルさんから分けて頂いた時は小さな一株でしたが
今は枝分かれして伊達男が数名になりましたよ\(^o^)/やったー
一時、管理に迷ったりもしましたが、アエオニウム寄せ植えにして土多めの環境の中で育てるのに落ち着きました。


SN3S6972 (3).JPG

カナリエンセの名前で売られていた緑法師なやつ。
常時緑ではなく、ちょっと色に変化があります。
まだまだ休眠なんてしませんぜ!な姿がいいですね。
(我が家の場合は根詰まりとかで休眠する事はありますが、基本いつも生長期態勢)

SN3S6981 (3).JPG

サンシモン。
はい、これは植え替えを伸ばしに伸ばしたので、丸葉っぽくなって来てますね。
ちょっと今の時期からこれではよくないので、近々植え替え頑張らなきゃ申し訳ないね。
背も1mはありますので、植え替えは正直、大変です。

SN3S6974 4.JPG

男爵ガーデン出身サンバースト綴化。
2009年にマックス巨大化しました。
が、重すぎて倒れて折れたりで一時期かなり縮小化。そこからまた再生しました。
迫力ありますよ。
植え替え前で調子がまだ上がってませんが、今年は支柱立てようかなー。

SN3S6976 6.JPG

ちなみにこのサンバースト綴化は表裏がとてもハッキリしています。笑
裏もなかなかの迫力で味わいあるでしょ。

こんな感じで我が家のアエオは植え替え前だけどみんな元気です。
10年育ててる黒法師1号も折れちゃったけどどうにか再生中です(*^-^*)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

ここからは単に今いい感じのものを記録!記録!

SN3S6983 (2).JPG

これなんだっけ?イリアの名前で買ったのだっけかな?
生育期の透明感ある青みがかった薄グリーンがいいね。
花芽もくるんとレモンイエローの蕾が見え始めてます。
枯れた下葉がそのままなんだけど、なんかトータルですごく良いと思ったのです。

130527_1552~01.JPG

男爵ガーデン出身グラキリス。
調子上げて来ています!
初夏の頃に透明感が最高になるよう置き場とかマメにチェックするぞー。
西日に透けるハオルチアは見てて飽きないよねえ。

SN3S6821.JPG

オランダ土産のミックス球根のチューリップの中で一番好きな色。
バニラクリーム色にこのグリーンがほんのりとって美しすぎる・・・。
3年でしっかり3倍ほどに球根が増えたので、我が家じゃない広い花壇に引っ越して咲かせました!来年また咲くのが楽しみだなあ。

パビリオン ゲームスタジアムDX17

パビリオン ゲームスタジアムDX17
価格:2,799円(税込、送料別)

オセロとビリヤードやりたいって言ってたからこれで満足してもらえるかな。
posted by ちまき at 09:39| 青森 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

いい感じのと日焼けと葉挿し(5/21間違い修正)

※xPachyveria ‘Clavifolia’の画像差し違えなどありまして5/21大幅修正しました。

日曜日は運動会です。
天気が良かったとしても長く外にいると微妙に冷える天気なんだろうな。
今日も特に話題もなく自分の多肉のイイ姿記録です。

SN3S6939 (2).JPG

チワワエンシス。
気候も安定して、生育期の透明感あるいい色になりました。
天気がいいといつもの携帯電話のカメラでも綺麗に撮れるのが嬉しいね。
西日がライト代わりなんですが、まだこの時期の西日はソフトで更にいいね。

SN3S6930 (2).JPG

大和美尼。美尻とか美屁じゃないですよ。
紅葉がクライマックスの時は葉の裏と表のコントラストがもっとクッキリするのですが
現在のテラッテラの艶も悪くはないですよ。
でもなんでこんなテラテラしてんだろ。

SN3S6934 (2).JPG

ほこり被ったままの古紫。
ほこりのせいで持ち味であるセミマットの渋い色が台無し!
近いうちにティッシュで拭っておきますか・・・

SN3S6926 (2).JPG

野ばらの精。
これは昨年、型崩れして首ちょんぱして新たに出した新芽で構成されています。
まだサイズは小さいんだけど、冬越しが上手くいったので大変満足感がありますね。
多肉植物は手入れをしつつ、この復活していく様を観察するのが何より嬉しいのです。

SN3S6912.JPG

クラッスラ属 ルドリッツ。
2007年から育てていますが、ここ数年でやっと管理が掴めたかな。
クラッスラは好きで色々集めていましたが、雪国では厳しい品種も多かったです。
でもこの手のタイプは工夫次第で大丈夫であるのがや〜〜っとわかりました。
遅い?いいのよ自分で色々経験して出た結論なんだから。

SN3S6918.JPG

xPachyveria ‘Clavifolia’カタカナだとクラビフォリアでいいかと。
100年以上前からある古い品種だそうです。
長い冬を終え、何食わぬ顔で春を迎えている佇まいが素晴らしいー!
子株も育ったし今年は外して独立させられるかな。

SN3S6924 (2).JPG

こちらはなんだっけ?名前忘れた。ていうか最初からなんだか知らないような気がする。

下部に徒長は見られますが、生長点がしっかり復活してくれています。
そのうち下葉が枯れて来たら、茎立ちスタイルで育てて行くか
切り戻して新芽を出すか、どうしようかな

SN3S6891 (2).JPG

そしてこちらは「日焼け」の見本です。
冬の間の日照不足の状態から屋外に移動して直射日光を浴びた時にこのように焦げる事があります。
曇りの日に出したんだけど、置き場が悪かったなあ。
焦げたのは元に戻りません。なので新しい葉を出して株の更新をしてゆっくりキレイにしていくしか方法はありません。
ちなみに真っ先に焦げるのは不健康な部分からです。

勿論、焼けやすいものもあればそうでないものもあるので、何でも一緒くたに考えるのは問題があるのですが、普段からよく日光に当てておいてここから真夏に備えるのも大事な春の過ごし方です。パソコンの横とかに置いて急に真夏に外に出したらもっとひどいヤケドになるからね。
明るい窓辺と直射日光とは一緒じゃないんですよ。ここ大事。
冬にはどんなに欲しくても出てこないお日様を1秒たりとも無駄にするな。
これスローガン(笑)

SN3S6893.JPG

最後は冬の間に落ちた葉っぱから芽が出ていたのを発見したので紹介します。
狙ってやった葉挿しではないけれど、こんなに可愛い芽が出ていると嬉しいものです。
これまで多肉植物を長く育てて来て、葉っぱ1枚からの再スタートだったものもあったはず。
育て始めの頃はせっせと葉挿しで増やしていたり、なんだか懐かしい気持ちだわ。
葉っぱ1枚から芽が出たり、1本の棒みたいな茎から新芽がいくつも出たりあの感動は忘れられません。
今は多少見慣れはしたものの、この増え方に救われる事は多いです。

最近、周囲で新たに多肉に興味を持った方が数名いまして
ちょっとでも参考になればと日焼けや葉挿しの話もしてみたよ。

o0800067012519565697-1.jpgSN3S6856-1.JPG


イベント参加します。バナークリックでイベントブログへ。
黒板画像クリックでイベント参加告知記事へ。
posted by ちまき at 14:08| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

センペルビブムと春の里山

昨日は暖かかったのに今日は夜にストーブ再登場の青森市。
6月始め位までは結構こんな感じの日は続くのです。

でも外を歩けば、よそ様の庭先で沢山の花を楽しめたり季節は確実に夏へ向かってるよ。
今日はセンペル記録と里山に出掛けた時のお話です。

SN3S6981 (2).JPG

春のセンぺルはどれもこれも赤くてぼんやり見ていると単調になイメージなんですが
よ〜く見るとそれぞれの特徴が出ていて面白い時期であります。
(夏は夏でどれも緑でつまらんとか言うんだけどさ)
霜で名札がぶっとんで品種不明になる株も多い中、これは長い事そのまま札を失くさずにいるなあ。
ただ、字が消えてしまって何も見えないから全く意味が無いんですけど。

SN3S6984.JPG

雪積もり放題の軒下でもない道路側のブロック塀にあるハンギングプランター、これはいつもトップクラスの姿で春を迎えています。
変に軒下に移動させたものの方が調子悪いんだよねえ。
でも置きっぱなしじゃ雪片付けの邪魔だし、外放置と言えどもどこでもOKではないのが難しくて。
冬の終わりに急に暖気したり冷え込んだりといった困った天気が続くとべちゃべちゃになってかなりの数が消滅しちゃう。
今シーズンはそれで失敗した数が実は過去最高でした。
天候も大雪から積雪ゼロまでの期間が随分短かったし、実際雨も多くやりにくかったのよね。。。

SN3S6982.JPG

そうなると丈夫な品種の活躍が際立つ訳です。
シャンハイローズとかはどの季節も生命力に溢れていて紅葉とかは地味だけど頼もしい存在だね。
まあこの品種はこの眩しい黄緑が特徴だから赤くならなくてもいいのよー。

SN3S6972.JPG

ぎちぎち群生鉢。
古い下葉も溜まりまくってます。
以前はここにカイガラムシが湧きやすいからと頑張って手入れをしていましたが
本気で元気な時はカイガラムシも来ないので、今はそれほど手を入れていないなあ。
園芸はいつもいつも同じじゃないからね。

はい、突然ですがオチも何もなくセンペルの話終わり!(σ・∀・)σ次ー!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

ここからは土曜日に行って来た里山での写真です。

SN3S6955 (2).JPG

ここには2年ぶり位に来たのかな。
市内なんだけどとても素晴らしい環境の場所。
水芭蕉目的じゃありませんが、せっかくあるので見に行ったらもうすっかり巨大化してしまってました。

SN3S6969 (3).JPG

ため池があるので開けた空間も楽しめます。
鳥のさえずり、ゲラ系のドコドコ音、風が流れる位置によって違う音を立ててホント気持ちいい。

ガタガタの地面に薄い敷物を敷いて私はちょっとだけ寝ました。眠りました。
視界を変えて木の枝がもこもこゆらゆらしているのを見ていると気持ちええ〜んですよ。

SN3S6960 (2).JPG

ジメっとした斜面には苔も色々楽しめます。
特に苔ファンでもないのですが、でっかい木の下にあるちっさい世界もキレイだからね。
大げさな装備もなくこうして静かな環境を楽しめるって幸せだね。
地面からのパワーも貰って、短いながらもとってもいい時間を過ごせました。

【送料無料】日本の野鳥図鑑 [ 松田道生 ]

【送料無料】日本の野鳥図鑑 [ 松田道生 ]
価格:2,100円(税込、送料込)

posted by ちまき at 22:10| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森ローカル通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

イイ顔の多肉、5月

北国の桜もすっかり葉桜になってしまいました。
季節は初夏へ向かいます。
野鳥の声で知る季節ってのも良いものですよね。
私の住む町内は20種類以上の野鳥がいるんですって。

今日は多肉植物の春の顔やら色々の記録です。

SN3S6990.JPG

ペンタドゥームさん。
5年前の葉挿しから大事に育てています。
去年、初めての開花で嬉しかったなあ。
立派になったね〜。
そんでこの品種ってのは何やっても真上を向かないんだけど、やっぱりどこんちもそういうもんなの?うちだけなの?

SN3S6988.JPG

これは月錦かな。最近固有名詞がすぐ出ないしあやふやになってきたのよ。
緑も赤も濃くて大変よろしいです。
つるつるぴかぴかしていて、それも大変よろしいです。

SN3S6989.JPG

千代田の松。多分。
粉がしっかり付いていてキレイですね。
夏には緑になっちゃうので、こういう時期の渋い色味をよく見て楽しんでおこう。

SN3S6962.JPG

デローサ。
冬の間に伸びた花芽が開花しております。
形よく春を迎えられて嬉しいな。
よく咲く品種ですが、可愛い花なので何本かの花芽は観賞して楽しみます。
あまりに出過ぎると咲く前に切ってしまいますが。

SN3S6973 (2).JPG

静夜つづりなど入ったミニ寄せ植え。
冬の間にいい形を保てただけあって、春のスタートも素晴らしい!
迫力もあって気に入っています。
しかしこれはどこまで伸びるのかなあ?

手前にある枯れたものが植わってある鉢がもの悲しいですね。
だけど後ろにでは銀ちゃんが元気に花芽を出しているよ。

SN3S6977.JPG

コモチレンゲと苔。
長年植えっぱなしでやっとここまで来ました。
こういう感じ、合うね。
上に乗っかってるゴミは撮影後に取り除きました。
撮影前に撮るべきだった?ああそうかもしれない。

SN3S6977 (2).JPG

最後はさりげなく、今年新しく購入したもの記録。
時計回りに12時の位置から、
エケベリア属紅の鶴、エケベリア属アイボリー、エケベリア属軍旗です。
アイボリーはグリーンフォレストさんの先月やってた春のガーデニングフェアで、他二つは合浦公園桜まつりの「春の緑と花の市」にて購入。
何度も買おうか迷っていたものをやっと手に入れたって感じ。
アイボリーはアガボイデスとエレガンスだっけ?季節感を楽しむ育て方をするのが目標。
どれもそうなんですけどもね。
久々に3つも買って、新鮮な気持ちです。長くカッコよく育てられるようにがんばろ。

携帯ゲーム機は買いたくないけど、これならいいかなと思うのです。

posted by ちまき at 13:44| 青森 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

夜越山椿とサボテンまつりに行って来た(5/8アルバムリンク追記)

連休も終わりですね。
青森市は雨が降った日が多かったのでお花見向けでは無かったなあ。
そんな中、毎年恒例の夜越山サボテン温室に行ってきましたよ。
小雨がパラつく天候でしたが、温室内は関係ないからね。
ちなみに連休前半はグリーンフォレストさんのガーデニングフェア&イベント、あとは合浦公園の桜まつりと花と緑の市に行ったりと、植物がらみの近場のお出かけにはちょこちょこ行ってたんですよ。

SN3S66833.JPG

4日は椿とサボテン祭を開催していました。
温室内で何かある訳ではなく、ステージイベントやらがあるって感じで。
出店とか多いのは3月の洋ランまつりの方ですね。

SN3S67077.JPG

温室内では相変わらずアエオニウムが色々楽しめます。
ぺったんこの下には脇芽がグルリ。
他にも開花株がいくつかありましたよ。

SN3S67333.JPG

鉢植え類は殆どが植え替えを終えて、またここから育つ様子を楽しめそうです。

SN3S67555.JPG

エケベリアやセダムは満開状態のコーナーも随所にありましたよ。
サボテンの蕾も色々出始めていましたので、これから初夏に向けて楽しみです。

SN3S67577.JPG

花も紅葉もどっちもまだ楽しめるのは春ならでは。
夏の生育期の青々した葉もキレイなんですが、今の時期は絶妙な色加減。
まあいつ行っても良いって事ですね。

SN3S67611.JPG

何度見ても飽きません。
何度見ても見事です。
ここを目指したいですね。きちんと育てれば何年もキレイな姿を保つんですから。

SN3S67677.JPG

温室中央にある一休みベンチの後ろも黒法師ニョキニョキ。
鏡獅子がガチガチドカーン。
大株エケベリアがゴロゴロでいい感じですよ。

SN3S67999.JPG

実は今回のお目当ては乗馬体験でして、息子が挑戦して来ましたよ。
「てんくう」さんという、とってもカッコいいお馬さんにお世話になりました。
小動物を触るのはビビるのに、馬は平気でスタスタ乗りに行っていました。

そんな息子がお腹の中にいる時から通っているサボテン温室。
幼稚園児までは無料なのですが、この度1年生になりまして初の入場券購入!(JAF会員割引もあって支払いは100円なんですが)
私にとっては記念の1枚です。笑
我が家にある入場券の半券の束に、これから息子の分も加わっていくのです。
でもいつの日か、もう一緒に行かないって言われるのかなー。さみしいなーw

あ、それと売店では何も買いませんでした。
この春は他で計3鉢購入しましたが、それはまた次回に紹介します。

130504夜越山

アルバムに写真アップしました。
いつもの携帯電話のカメラの画像ですけどー
(画像をクリックするとアルバムページに行きます)

早朝ピストンズまじで良いから聴きましょう。
posted by ちまき at 21:51| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森ローカル通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

生長スイッチON前の紅葉 2013春

花粉症3年目、くしゃみがひどい!腰痛めた!
おしとやかなくしゃみという物が一切出来ない!参るね。

義兄との急なお別れがあったり、怒涛の4月なのですが色々自分なりに頑張っています。
今日は屋外移動後、4月の外気の温度差と乾燥により良い色になっている多肉植物の記録です。

SN3S66300.JPG

多肉ビッグカツもスカスカになりつつも水遣り再開でぷりっとしましたよ。
いい具合に茎立ちしてグネグネしてきたものもあるので
隙間に新たに株を足して液肥で今年もこのまま行こうと計画しておりまする。

SN3S6626.JPG

おなじみの寄せ植えも日照不足でもやしっ子な色になっていましたが
現在は全体にマゼンタ寄りになっていい感じです。
冬越し後のボリュームダウンは否めませんが、やはり寄せ植えはこれ位のレベルを維持したいね。徒長寄せは気が滅入りますから。

SN3S6604.JPG

徒長といつも隣り合わせの紅化粧。
間延びはしてはいますが、生長点の活きの良さからすれば上出来じゃないかな( ^ω^ )
頑張って冬を過ごした証が全身に表れています。
個人的には最低気温がもう少し上がってからの植え替えの方が生育スイッチが入りやすいと感じるので、慌てず作業のタイミングを見て植え替えなりしようと思います。
青森市だとTVで田植え開始のニュースが出る頃にいじるのが一番いいと思ってます。
そういうのを考えて世話すると、植物からの手ごたえある反応が貰えるよー。

SN3S6616.JPG

紅日傘ですが、昨年11月からするとしょぼしょぼ。
ですが、徒長を抑えたのは過去で一番の出来だし、今年は早いスタートでいい株に作り上げられるかも!

SN3S6618.JPG

詳細不明のセダム ロバートグリムの名前で買ったもの。
これも越冬で苦戦し続けていましたが今回最高記録の出来だわ〜。
生長点はこういうピンクになるんだね。
頑張って来シーズンはもっと迫力ある株に出来たらいいな。

SN3S6620.JPG

この辺りは縮んでも伸びなきゃ十分ありがたいグループ。
右:マクドガリー(多分)、左:グスト。
茎立ちが面白いからこれでいいのです。
根っこを充実させてカッコよく育てるのが目標。

SN3S6623.JPG

まだしわしわキュウキュウですが、元気に春を迎えられて嬉しいよ。ありがとうね。
ここから育て役の私が頑張って的確な手助けが出来ますよう努力致しますので
晩秋に最高のお姿をどうか見せて下さいね。
(今回は下手に出てお願いする感じで)

SN3S6634.JPG

最後はブルーベリーの根本の苔。
小さいけど苔ワールドで胞子パラパラ。
うちはこの苔がセンペルとか子持ち蓮華とかと仲良しみたいよ。

てな訳で、結構上手く冬越しした株が多くて実はかなり嬉しい私でした。
せっかく縁あって我が家に来た植物達。
命ある生き物だもんね、大事に育ててまた1年一緒にいられるって素直に嬉しいよ。
棘に蛍光塗料縫ったくって売られてるサボテンを見たらいちいち腹を立てちゃいますけど
それも好きだから。粗末にされていると悲しくなるからなんだよね。

我が家の息子さんはこっちのチビ犬ガオガオですら怖くてボタンを押せません(笑)
posted by ちまき at 22:19| 青森 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪国の多肉風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

水遣り再開→膨れました速報

青森市、4月は寒い日が多いようです。
明日の最高気温も7℃くらいだって。
山親父は現在、東京にいますが暖かいそうです。

今日は屋外移動して半年近く断水していた多肉植物への水遣り再開から
あっという間に復活しましたよ記録ですよ。

SN3S6470.JPG
セネシオ属の美空鉾、乾物みたいな葉っぱになってましたが
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
SN3S6516.JPG
2日後位にはほれこの通り。
鷹の爪みたいに干からびていたアーモンドネックレスもしっかり膨らんでいるね。
間延びもなく素晴らしい復活です。
水を入れると美味しく食べられるインスタント食品みたいではないですか( ^ω^ )にこにこ

SN3S6450.JPG
アエオニウム属の緑法師もしわしわしょぼ〜〜〜んだったのが
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
SN3S6515.JPG

はいシャキーン☆
ちょっと生長点が色白になりすぎてはいますが
この葉の艶とハリの復活の速さには感動してしまいますね。

冬の間は辛抱ばかりでごめん!と思うのですが
このレベルから黄金期を迎えるように持ってきたからこそ、
半年間で周回遅れを取り戻せるんですよね。
でも雪国管理はまだ限界まで行っていないなとも思うわけで
また来シーズン、良い結果を出すべくちょっとずつ改良は続けていくのであります。
冬も可愛いグリーンとして楽しむのも勿論、いいのですが
せっかくの生長期を迎える春にボロボロじゃちょっと勿体ないし
生育に適した時期に健康に過ごせるサイクルを作る育て方ってのもいいもんだべ(^^)v
最初の可愛いだけで終わらない「多肉ライフ」、私はそれが理想と考えているのです。


posted by ちまき at 22:55| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 我流管理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする