現在の閲覧者数:

2009年03月02日

石けん記録ブログ編

この冬は週1程度の石けん作りをまだまだ楽しんでおります。
サボテン、多肉植物を庭に出せるようになるにはあと約1ヵ月半。まだまだ忍耐の時です。植物達は勿論、飼い主も余計な植替えとかはまだ早いから耐えるのじゃ。
多肉植物は管理も楽で簡単〜!なんて私には言えませんけど、徒長株はあっても段々と減ってきているのは嬉しいところ。地域柄どうしても厳しい部分は避けられないけど自分なりの経験と工夫で何とかなるから、北国の多肉好きさん、一緒に頑張って行きましょうね〜。
次回は越冬多肉近況報告の予定です。

今日は解禁済みの石けんの記録です。
作り始めの自分が試してみたいことを交えながら、普通にシンプルに作っております。

#8オリーブ改良

#8 オリーブ石けん

ピュアオリーブオイルとラードを4:1の割合で配合しました。
けん化率85% 水分33% 熟成乾燥期間は6週間。

一番最初に作ったキャスティールはすごく好きなんだけどやっぱり溶けやすかったしトレースが出るまで36時間掛かったので、遣い易さ重視の改良版で作ってみました。
解禁したてよりも、もうちょっと置いてからの方がこれもまたいいのかな。
やっぱり比べちゃうとキャスティールのあのしっとり感は別物かなあ。でもこれはこれで確実に使い勝手の点では向上しているし、スッキリ洗えるけどしっとりしているっていう原点の良さを感じました。シンプルイズベスト。

カロチンcube

#9 カロチンcube

オリーブオイル、レッドパームオイル、スイートアーモンドオイル、ラード、ココナッツオイル使用。
けん化率90% 水分33%
OP:シアバター、アボカドオイル、コンフェティは#7、#8少量
EO:はっか油、レモン、プチグレン、マンダリン、イランイラン、ローズウッド

ビタミンEや天然カロチンが豊富なレッドパーム油を30%配合して浴用&ニキビ対策を意識してみました。スイートアーモンドオイルを初めて使ってみたんだけど、違いがよくわからん(笑
けどこの石けん大好き〜!ツルっと洗いあがって髪も顔も体も気持ちよく洗えました。
レッドパーム油は色も可愛いし効能も嬉しいし、これからも定番で作っていこうって思います。オールシーズン、ストレスなく使えそうだしね♪
無地だとつまんないんで、角切り石けんを3列置いてみました。

#10菜の花あずきミルク

#10 菜の花あずきミルク

一番絞りキャノーラ油、ハイオレイックひまわり油、ココナッツ油、パーム油、未精製シアバター使用。
けん化率90%、水分35%
OP:あずき粉、牛乳(大さじ2)
EO:イランイラン、ローズウッド、グレープフルーツ、マンダリン、プチグレン

お初のキャノーラ使用(45%)です。
石けんシミュレーションで見る限りでキャスティールより溶けにくければ多少軟らかめでもOKだろ!ってな感じで配合してみました。
牛乳は実験的に入れてみただけなんで、効果は・・気付けない〜(笑
でもあずき粉(さらし餡)のサポニンは天然の界面活性剤で洗浄力に富むとのことで、そちらは実際洗ってみてキュッとした感じですごくわかりましたよ。
泡立ちはモチっとしていないけどフクフクした細かい軽い感じ。これがキャノーラの特徴なのかな。想像以上に気持ちいいんだなあ。
こちらも全身にストレスなく使えました。
若干崩れ易そうだけど、浴用にガンガン使っていこうと思います。
香りも石けんらしいな〜って感じでほんのり。

デザインはいつも思いつき、作業が出来るタイミング次第になります。
今回はレイヤーにしたけど生地がゆるめなので波波な感じになりました。
洗い物を増やさないでちょっと変化をつけるにはこのレベルで精一杯☆
ちなみに今、熟成中のは#16で、乳系オプションなどに挑戦しています。
何が自分の好みか知りたいので、まだしばらくはやれる範囲で色々試していこうと思っておりますよ。

愛用の型はこちら。500gバッチでピッタリです。
posted by ちまき at 10:40| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

青森的健康食生活&石けん

この季節、このブログは「多肉じゃない日々」が多めになります。好きなことをつらつらと書くシーズンってのもたまにはいいね。
以前のように月1更新も気楽でいいけどなーヾ(o゚ω゚o)ノ゙

りんごこんにゃくのお寿司

数日前の夕飯の画像です。
さてこれは何のお寿司でしょう。
透けているのは大葉。何か脂ののった旬のお魚?

お刺身りんごこんにゃく答えはこちら。
青森市にあるvege cafe ちゃままでしか買えないという、農薬も肥料も使わずに実らせるという木村秋則さんの奇跡のリンゴを使ったお刺身こんにゃくのお寿司です。
先日のランチビュッフェでいただいたメニューが美味しかったので家でも作ってみました。
味は何も聞かされていなければ何の魚?と考えてしまう位美味しかった!!確かに平目を食べているような気分にもなるんですよ。
商品付属のレシピを元に、すし飯にこんぶ出汁を入れたのも良かった様な気もします。山親父も絶賛。ニセモノはイヤだという彼も納得の味でしたよ。
また、こうしてお刺身やお寿司以外にも、わらび餅のように食べるのも美味しいそうです。

私はランチ部(部員2名月1活動)の部長に連れて行って貰ってここのお店を知り、肉・魚を使わないメニューが美味しくて何度も通っているのですが、完全ベジタリアンではなく、油や卵はしっかり摂るので満足感があるのがいいといつも感じます。食べ過ぎても夜までもたれないというのは30半ばの身には嬉しかったり。勿論、肉も魚も好きで普段はしっかり食べていますが、毎回これは家でも作ってみようっていうベジタリアンメニューがあるのが楽しんです。車麩のフライとか、おからこんにゃくのハンバーグとか美味しいのよ☆
野菜、繊維不足になると途端に体調を崩す日本人的なハラワタの私にはおからこんにゃくは嬉しい存在です。

「奇跡のリンゴ」TV放送を見逃したので、本はいずれ読んでみたいです。

このおからこんにゃくメニューも定番です。肉みたいで美味しいよ。



.。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*ここから石けんの話*・゜゚・*:.。..*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。.
#6紅花ひまわり

#6紅花ひまわり石けん

ハイオレイック紅花油&ひまわり油、ラード、ココナッツ油、ココアバター使用。
けん化率90% 水分33%

初めて動物性油脂のラードと、ココアバター(5%)を配合してみました。
スクラブ入り石けんも使ってみたかったので、コーングリッツも混ぜ混ぜ。
だけどマーブル模様もまたやりたいので無理に決行(笑
ちょっとコーングリッツが邪魔な感じだけど、マーブルはとてもマーブルらしい入り方になり、その点は満足しております(*´ー`*)
ゆるめトレースで対流を集中してイマジネーション!てなやり方なんですけどね。
使い心地はオレイン酸タップリのしっとり感で、スクラブはあんまり効果を感じなかったなあ。洗髪にも使ったけれど、ココアバターの効果なのかしっとりしてきしみもあまり感じず、乾かすとふわっとした質感に洗いあがって個人的にはなかなかいいなあと感じましたよ。サラサラに洗いあがるタイプとはまた違う良さがあるんだねぇ。
ま、スクラブ入りにしなきゃ良かったってのが一番の後悔ですな(´-ω-`)

#7アボカドグレープ

#7アボカドグレープ石けん

グレープシードオイル 120グラム
ハイオレイックひまわり油 95グラム
ラード 150グラム
アボカド油 50グラム
ココナッツ油 50グラム
ココアバター 35グラム

けん化率90% 水分33%

OP:杏仁霜、コンフェティはオリーブキャスティール石けん。
EO:レモン、グレープフルーツ、スイートオレンジ、青森ヒバ、レモングラス、ラベンダー

山親父がスーパーでグレープシードオイルを見て、緑色の石けんが欲しいというので作る事に。でも緑色はうす〜くしか出なかったなあ。強調しようと混ぜたオリーブキャスティールのカケラが膏薬風という説も。まあこれが入ってなきゃ薄緑なのにも気付いてもらえなそうだから入れて良かったけどね。
そして使い心地は酸化や溶け崩れが怖くてラードやココアバターを増やしたし、泡切れはややもったりしてるような気がしましたが、しっとり気持ちよく肌は洗いあがってココアバターの被膜間みたいなのもこの程度じゃ感じなくて思ったよりいいかも。まだ使い始めなんでまた今後違う感想も出てくるかな。
私にはグレープシードはオイルの特徴を活かしたレシピを作るのは難しいってのはよくわかったけどね。メイン向けじゃないから仕方ないかあ。

小幡有樹子さんの本も読んでレシピの幅を広げました。

ease aroma shop 30本から選べる8本セット。送料無料。

posted by ちまき at 23:04| 青森 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

米ぬか満月石けん

1月は寒いと言ってもまだまだ小雪&晴れ間も多い今シーズン。
1時間でも直射日光が多ければ嬉しいからありがたいです。
しかし雨やらで窓ガラスがすっごい汚い!かと言って外に出て磨くのはイヤなんですよねぇ。

米ぬか満月

#5 米ぬか満月石けん

米ぬか油、ハイオレイックひまわり油、オリーブオイル、ココナッツ油、パーム油を使用。
コンフェティ部分は#2カロチンマルセイユ
けん化率90% 水分33%

オプションは米ぬか、アボカドオイル、ターメリック(着色)
精油はハッカ油、ラベンダー、パチュリ、パルマローザ

米ぬか油を使うのは2度目ですが、トレースが出るのがホント早いですね。
午前中に仕込み息子に昼ごはんを食べさせたりしているうちにボテっとしてしまっていたので、またも思いつきですが2段重ねレイヤーに挑戦。ついでにカロチンマルセイユの切れ端を丸めておいたのも思い出して並べてみました。
場所によってはレイヤーが真っ直ぐだったりカーブを描いていたりしますが、それはそれで面白いかな。
この位のデザインだと初心者にも作りやすいしそれなりに可愛いのがいいねえ。
またいつか、ボテボテした時にやってみよう。

使い心地は米ぬかの効果は出ているなあと感じます。泡切れがいいけれど、肌はしっかりぬか成分で守られているようです。洗髪も軽くしっとり洗えて結構好きかも。
香りも大人っぽく、冬の済んだ空気っぽくて個人的にはお気に入りです。

ちなみにひまわり油はスーパーの商品入れ替え値引きで398円だったの。もう一本買っとけば良かったかな〜。

ロボットジーンズ

こちらは名古屋で活動をしているリメイクジーンズ作家のお友達の作品です。
男の子らしいロボットのイラストがカッコイイでしょ。
(画像クリックでイラスト部分が拡大します。)
このジーンズは裏がフリースの青森っ子には大変ありがたいあったか仕様!
完成度が高くて手描きだとあまり気づいてもらえないのよね(*´д`*)
実際、作るとなると直しはきかないし色を乗せるために乾かしたり手間がとても掛かる職人技です。
世界に一つだけの大切なこのジーンズを穿いて沢山息子と遊ぶぞ〜!!

ニコちゃんジーンズ

上のロボットジーンズは実は2本目。第一弾で愛用していたのがこのニコちゃんジーンズです。
友達100人出来るかなという願いが入ったこのデザインが大好きで、リクエストして描いてもらいました。
折り返し部分の☆には男の勲章を刻んでねっていうメッセージも。裏側のオムツのお尻が当たる所にはすっごいカッコ良く名前まで描いてあって最高に嬉しいデザインなんです。
素晴らしい腕とセンスを持ったお友達がいて幸せだよ。
人の手を感じさせる作品ってやっぱり大好き。ありがとう!!
posted by ちまき at 13:23| 青森 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

石けんな日々

在宅2歳男児と過ごす冬の毎日。
今年も手袋拒否な息子とはあまり外で遊べません。転ぶと冷たくて痛いから怒るんです・・。そんな彼は家の中で跳ね回ってグルグル走って運動不足解消しているようです。
編み物も冬の間はゆっくり出来るかなと思ったけれど、甘かったな・・。イベント参加も無理なので今回は見送り。だけどヤツの昼寝時間など利用しての石けん作りなら、気分転換にもなって楽しめています!気持ちいい集中力の使い方が出来るのがいいのかな。現在は7個目を熟成中です。
やろうやろうと思いつつ早数年?昨年11月にやっと重い腰をあげて作り始めましたが、いや〜ホント面白いねぇ。何年分も作りたくなっちゃう面白さってこれなのね!普段使っている色々な油って単に原料の植物の違いだけじゃなく、脂肪酸の組成そのものが違うんだよなあってことを今更ながら実感しています。そして実際使ってみて快適なのも嬉しい。家族にも好評です。スネとかの粉吹きはあっという間に解消されました。

とりあえず最初にこの本を手に入れてスタートしました。
レシピは少ないけれど、巻末の方の油脂の解説がすごく面白かったです。
肌への優しさ重視&植物性油脂派の方向けの内容になっています。
作り方も詳しく載っていますが、これは何冊か他の本にも目を通しておくとベストかもと私は思います。劇物である苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の高濃度な水溶液を扱うわけだしね。危険性についても情報をしっかり仕入れておくのが大切です。

オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る 前田京子著

オリーブ石けん

#1オリーブ石けん しっとりタイプ

一番最初は基本のオリーブ100%石けんにしました。ピュアオリーブオイルと、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)と製精水だけで作る一番シンプルな石けんです。
何度も本を読んで作り方をしっかり頭に入れて、色々確認しながら丁寧に作りました。
初心者の上に気温の低さとか条件の悪さなど全然わかっていないので、見た目では型出しとかもうちょい待てばよかったのにねって感じの出来上がりになってしまいましたが、今のところシャンプーにはこれが一番使いやすいかなあ。

マルセイユ石けん

#2 マルセイユ石けん(レッドパーム油使用、カモミール茶仕込み)

オリーブ100%石けんは熟成して使える日まで6週間掛かるんです。初仕込みの私にとって、それって長いし待ちきれない!だったら4週間待てば使えるマルセイユ石けんを作って先に使おうと仕込みました。

オリーブ100%だけだとしっとりして肌にはいいけれど、溶け易く泡立ちが控えめなので、硬さを出すパーム油(私はカロチンが豊富で荒れ肌の修復に効果があるというレッドパーム油にしました)と、泡立ちを良くするココナッツ油を配合した、定番石けんの配合です。色は天然カロチンの色です。
やはりオリーブ石けんに比べると少しサッパリ気味に感じますが、洗顔などにも十分使えております。

#3は昨年末の記事で画像UPしております、マーブル石けんです。
オリジナルレシピ(無謀)で米ぬか油とひまし油が入っています。
泡立ち&泡切れがいいので浴用には気持ちいいかな。
精油(エッセンシャルオイル)はレモングラスとラベンダー、ローズマリーで爽やか系の香りつけをしています。

ごまアボカド石けん

#4 太白ごま油とアボカドオイルの石けん(オリジナルレシピ)

オリーブ油、太白ごま油、アボカドオイル、シアバター、パーム油、ココナッツ油を使用。
マーブルの色はパプリカです。精油は青森ひば、ラベンダー、スイートオレンジをほのかに。

抗酸化物質の多いごま油とビタミン豊富でマイルドなアボカドオイルを配合して洗顔や子供にも良さそうな石けんを意識してみました。泡立ちも良く、ツルっと洗いあがってこれ結構好きかも。ごま油のおかげかシアバターの効果かよくわからないのが初心者ゆえの経験不足(汗
・・・マーブルに関してはちょっと残念な仕上がりではあるんですが、色合いは可愛いからまあいいかぁ。
それとこの時から型を、牛乳パックからシリコンのパウンド型に変えました。すっごい取り出しやすくて楽ですね〜。真四角の石けんとかいいなと思うのですが、準備も片付けも楽なシリコン最高〜!

さて今回の紹介はここまで。
4作目を作る前に、uki☆uki☆せっけんライフさんの本をダウンロードしたり、新しい石けんの本も買ったりして使うオイルの幅を広げる事にしました。アロマテラピーの本も買って、精油のお勉強も少し。10年振り位にアロマ熱がまた上昇しそう。
一番詳しくて、わかりやすい!アロマテラピーの教科書 和田文緒著

少しずつ試せるこの精油セットもすごく助かりました。
送料無料 Laylaお試し「よりどり1000円ミニセット」

スゴ腕ソーパーさんが沢山いる今だからこそ、隙間産業?でこれから石けん作りを始めたい人にきっと勇気を与える、初心者ちまきがヨタヨタと成長して行く予定のこの新カテゴリー、優しく見守ってやって下さい(笑
今って先輩ソーパーさんのブログがとても多いので、初心者は情報を仕入れ易いのが嬉しいですね。高度すぎてわかんない事も多いですけど(´-ω-`)
posted by ちまき at 13:36| 青森 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

皆様、良いお年を。

ココアマーブル石けん

うっかりメリークリスマスなんて画像に書き込んでしまうと更新せざるを得ないですな。
新年更新までのんびりしようと思ってたのに(* ̄m ̄)

多肉達への手助けも室内取り込み以後は置き場ローテーション以外は殆どない我が家。観察は続けますが冬は冬の他のお楽しみをしています。
編み物もずっとやっていましたが、最近ゆっくり編む時間もなく一つ編み上げるのに時間が掛かるので前ほどやれていません。
なので現在は、いつかやろうと思っていた石けん作りを開始しました。
子供の昼寝時間を利用して現在6個目熟成中。
短期集中で出来るのは今の私にはとても助かるし、何より楽しいね。
画像はもう解禁して使っている、3作目のマーブル石けんです。
本に載っていたシャンプーバーをアレンジして作ってみました。
マーブルは初だったので、ケーキ気分でやったらこんな模様になっちゃった。
この石けんは全身に使っていますが、なかなか使い心地はいいですよ。
しかし石けんも作り出すと試したい組み合わせが山ほどあるのね。
月2〜3個ペースで冬の間は作る予定であるので、これまでに作ったものと合わせてUPしていくかも。
そんな日々を過ごしています。マーブルリベンジにも燃えています(笑

それではあと1日しかないけれど、皆さん良いお年を〜。


posted by ちまき at 00:40| 青森 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする