現在の閲覧者数:

2007年11月12日

あれから 〜色んな実生編〜

サボテンやら多肉色々の実生や、チビ苗特集です。
「あれから」のタイトルなのに、今来たばかりの新顔もいるけどね( ̄ー ̄)
まだまだ記録としては地味な段階だけど、これからを期待されている若者達なのだ!

長サボちゃん

トップバッターは今年の春に蒔いた長サボ実生キットの子達。
なかなか芽が出なかったりしてあきらめようかなと思いつつ、こうしていくつか残ってサボ頭を出してくれています。
ちっちゃいのに模様もちょっと出てきたりして可愛いのよ♪
現在元気なのは8個といったところか。。頑張ってね、皆。

兜錦実生苗

お次は新顔さんです!この状態で戴いたばかりのアストロフィツム属兜錦の実生苗です!
某所で知り合ったひろろんさんから頂戴してしまいました!ドキドキ〜。
錦だけあって葉緑素が無い子もいるんですよね〜。
これは接ぎ木が出来る人ならいいんでしょうが、それが出来ない私にはもどかしさが募る状態なんです〜。
真っ白の子って桃まんじゅうみたいですっげー可愛いんだからっ!
ちょっと緊張感がありますが、頑張ります!憧れの兜!そして錦!ステキ過ぎるっ!
育ったら綺麗だろうなぁ〜って、大きな夢を見させて貰っております(*´ー`*)
ひろろんさん、ありがとうございました〜m(_ _)m

※育ったら下さいのリクエストは受け付けられませんw

サボ実生2種

こちらは我が家のサボテンから採れた自家製種の実生です。
外に置いていたときはあまり発芽していなかったのに、部屋に入れたらブワっと出てきました。さっさと保温しろよ私って感じですね(ーωー`;)
まだこちらも出たばっかり。いくつ生き残れるんだろうね。
男爵さん、我が家では今こんな感じよ〜。そういえばこれからまた翠晃冠も種が採れそうなのよね。蒔くべきかどうすべきか・・・。琴糸丸には蕾が出ているし、レイダマルはまだ咲くって言っているし11月なのに我が家のサボ達が張り切っているのは何故??

ドラゴンフルーツ幼苗盛り

これは近所のオアシスでこの状態で買いました。60円(笑
ひさえさんも同じものを買ってらしてビックリ!これ全国に流通してるのかw
買った時は名無しでしたが、お店の方と話して「多分ドラゴンフルーツだろう」って事で今は名札が付けられて売られています(* ̄m ̄)
しかしね、コレすごいギュウギュウで上から水と掛けても下に流れない位なんですよね〜。下手に触ると折れちゃうし困ったもんです(;´д`)ゞ

ハオ実生ちゃん

こちらは5月半ばに始めたハオルチアの実生っ子の今。
宝草と京の華の相互交配で出来た種です。
混ざってしまって今は区別が出来ないけど、母親をそれぞれがやっている状態なの。京の華がお母さんの芽の方が葉先が尖がっていたんだけど最近はみんなソックリになって来ちゃった。

自家製ハオ。春蒔き軍団8月頃はまだ小さかったけど、今は葉が5〜6枚になってそれなりに育ってきましたよ。
やっとロゼット状になってきたかな?って段階ですが、葉脈とかは大人に負けない位に綺麗で観察していると嬉しくなっちゃいます。
実は他にもまだ小さいんだけどアガリさんから頂いたウンブラ母さんの子の実生もしております♪
男爵ガーデン出身の雪の花母さんの子達は全滅しちゃったのが今も心残りだけれど、今出来ることはこの生き残った子達を育て上げる事だと思って頑張るよ!




アナカン実生っ子

こちらはアナカンプセロス属の実生2種です。
自家製の桜吹雪の実生は鉢をひっくり返すアクシデントもあって数は減りましたがミニミニ桜吹雪として頑張っています。小さいけど色は親株と一緒なのよね。
おとなりはこのかさんとの交換の際に頂いた、吹雪の松錦の実生っ子。
こちらは蒔いて2日くらいで発芽しました。早かったですよ〜!
まだ小さいけれど、ゆっくり育てて行こうと思っております。
紹介が遅くなっちゃってごめんねm(_ _)m

ちまきガーデンの芋掘り最後は「実」繋がりの紫芋(ぇ〜!
我が家の家庭菜園のパープルスイートロードの芋掘りをしたんですよ♪
芋づるの定植は土作りをした場所しか出来なかったので広範囲に収穫は出来ませんでしたが、1株の苗からこれだけ出来れば私としては上等です。
洗ったら皮の痛みも殆どなくってとっても綺麗でした。
ためしに小さいところを焼いて食べてみましたが、味は紅東とかの方がやっぱり甘いかなぁって感じ。芋羊羹とかにするといいらしいんでレシピ検索中。
HB-101にお便り出そうかしら、なんてな(* ̄m ̄)

タグ:実生
posted by ちまき at 17:35| 青森 ☔| Comment(26) | TrackBack(0) | サボテン実生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

自家製種でサボ実生 旅立ち編

サボ種始動

バレンタインデーにはじけた翠晃冠の種の実生への準備を始めました!

まずは準備の前に実を味わっておかないとね。
でも一応、授乳中の身だし舐めてカケラを口に含んだ程度にしておきました。
それで感想としては酸っぱくは無く、かといって甘みが強いわけでもなく
これといった味はないけど、強いて言えばキウイに似ている気がしました。
しかし食った後に動悸がしたんだけど、それはただの低血圧の影響と思いたい(;´д`)ゞ

サボ種準備中実は熟していたので、割れ目からムリムリと出ました。
今はまず実をある程度乾燥させて、
もうちょっとしたら種を取り除きます。
そのあとは洗ったり、消毒をするらしいんだけど
この小さい種を洗うって難しそう!!
雑なことをすると全部流れるね(|||゚Д゚)ヒィィィィ
茶漉しでも使えばいいのかなぁ。。ドキドキするわぃ。
しかし色はホント綺麗でしたよ。
毒々しいけど美味しそうな色ね。

チビサボ、元気でーすついでにまだあまり動きはないけれど
我が家の主に100円サボが入っているトレイです。
この人たちは今、断水をしているので休眠中と思われます。
でもね、ホントみんなでかくなった!
倍以上〜4倍位になった子も多数です。
ホムセンの100円抜き苗とだいそーの子がほとんどです。
後ろのほうにいる爺様サボテンの銀河楽なんか
いつの間にか倍以上の高さになって嬉しいのだ♪
イメージ的には怪獣ウーだけどなー( ̄ー ̄)

むつ子と家来最後は記事とは全く無関係のむつ子!
息子のゆりかごで寝ています。
家来代わりのぬいぐるみがまた可愛いんです。
だからなんだと言われてもナンなんですが、
癒しのほのぼの風景ということで。
ちなみにヌイはスターチャイルドの仔猫のルーキーズ
私ここのロップイヤーをちょっとコレクションしてて
別注品まで運良く手に入れております(* ̄m ̄)意外?

posted by ちまき at 21:12| 青森 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | サボテン実生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする