現在の閲覧者数:

2012年05月14日

セダムを蒼く晴れた空の下、愛でる。

今日の青森市はとってもいい天気です。
スズメさんがあちこちでご結婚していたり、春だな〜って感じ!

でもまだ北国は朝晩は結構涼しいし梅雨はまだ先。よって空気も渇き気味なので、多肉植物にとってはまだまだ紅葉が楽しめる季節でもあります。

SN3S1874.JPG

虹の玉です。
単独で育ててもまず上手くいかない代表選手(我が家の場合)。
寄せ植えにつっこんでるのが一番サイズも大きく立派です。

SN3S1911.JPG

ビッグカツの中のも小さめだけどプリプリ。
隣のはなんだっけ・・・スノージェイドだっけ?
最近、固有名詞が出てこず「アレ・・・なんだっけ?アレだよ、アレ。」みたいなのが増えました。
もうすぐ30代最後の年を迎えますしね。

それはいいとして多分スノージェイド、可愛いな。

SN3S1877.JPG

リトルビューティー。
寄せ植え内で陣地の確保に頑張ってます。
くすんだ薄緑にピンク掛かる感じはとても好きなんです。

SN3S1871.JPG

グリーンフォレストさんで買ったセダムも調子いいようです。
ちょい間延び気味なので、締めていきましょう。
苦手克服出来たらまた何種類か集めて育てたいな。

SN3S1882.JPG

玉葉も何箇所かに分けて育てていますが調子いいですよ。
ニョロニョロ玉葉、もっと増やしたいな。
なんかもう見慣れて普通に思っちゃってるけど、葉っぱが玉みたいな形って素晴らし過ぎる程の造形じゃないですか?
しかもこの葉っぱ1枚転がして置くだけで根っことか葉っぱ出てくるんだからね。それを初めて知った時の衝撃は大きかったです。
つい珍しいものとかばかり目が行くけど、普及種の輝きは忘れちゃなんねぇですね。
虹の玉群生とか、憧れていたものに今こそ挑戦するべき・・・かなあ?

もうすぐ発売です。



posted by ちまき at 13:30| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

時々、つぶつぶ。

今日はセダム!
普段はあまり見ないけど、時々見て「いいね〜」ってなる事多し。

のび〜る

天使の雫ことトレレアシー。
今年5月に買いました。
頭をカットして出た芽は可愛らしいのですが、買ったままの首の伸びっぷりったら。
こんなにならないんだったら群生鉢があったらいいのにって思うのに。
しかし白っぽいセダム、いいわぁ。素敵。

乙女心

乙女心の紅葉はまだまだですね。
こちらはカットして寄せ植えに入れている株ですが
メインの鉢は激辛用土でちょい萎縮気味。
肥切れ気味の土が一番いいんだけど、狙って出来るものじゃないだけに難しいね。

玉家

「玉」・「大玉」のつづり家の二世帯住宅。
猛暑で大玉つづりはスッカスカになってしまいました。
冬前にカットして整理してしまった方がいいね。
玉の方は意外に頑張って、ダメージはほぼ無し。
1年半前とくらべれば、つづったね。伸びたね。
過去数年、大変な目に遭いつつもよく頑張ってくれています!!

セダム玉

虹の玉&オーロラ。
これは先月の画像。今の方が紅葉が褪めてしまっています。
多肉の紅葉の代表選手の色ですな。
となりにいるのは新玉つづりとジェイドペンダント
西日ガンガンの一番過酷な置き場だけど、ジェイド以外は無問題。
ジェイド〜はワタムシとかつきやすくて他のセダムより苦戦多し。

いい日茎立ち、宝珠

地味に宝珠もいい感じ。
晩秋には真っ赤になるけれど、今の感じもまたいいものです。
ナイス茎立ち。木質化ゾーンが増えてきてよいねぇ。
このままかっこよく伸ばしていきたいな。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・
↓ここからは多肉雑談。

多肉カツ

おほほ。まだ途中だけど私にしては頑張った!
リースを作ると言ってましたが、めんどくさいので超BIGなカツのような土台作成。
事前にアガリさんから引き取らせていただいた株と、整理してカットした挿し穂などをザクザク植え込んでいます。

こんなカツ

全貌はまだこのような状態ですが、全部埋まったら結構見応えありそうじゃないですか?
元々は冬の置き場の省スペース化と、ぶら下げや立てかけで効率良い日照確保が目的なのですが、いざやってみたらすごく可愛いし、来年また違うサイズで作ろうかなとすら思っていますよ。

これも一つの冬支度。
カットした頭の行き先にしばらく悩まずに済むのは嬉しいものです。

足がでかい私に嬉しいサイズ!
普段履きに黒を買ったよ。
posted by ちまき at 15:12| 青森 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

春セダム アイドリング中。

珍しく2日連続投稿。

春くらいは色んな多肉の姿を沢山記録したいしね。
秋に、こんなに育った〜と自分で悦に入るためにもやらねば。

リトルジェムのお花

リトルジェムのお花が咲きました。
我が家ってセダムはあんまり咲かないから実は珍しいかも?

プロリフェラ&リトルジェム2010/05

本体はココ。
プロリフェラと同居中。2008年春から大事に育ててるよ。
そっくりなリトルビューティーはひと回り大きいのですが、プロリさんはコンパクトに形良く育っています。
冬の間も締まったまんまで春を迎えられましたよ。
意識したわけじゃないけど、4ヶ月以上断水状態でした。
ちなみにリトルジェムは2007年夏に我が家へ来ました。

ウィンクレリー2010/05

ウィンクレリーも冬の間は極寒玄関にて完全断水。
ものっすごい葉が細くなって閉じて別人になってしまったけれど、水遣り開始後にすぐぷっくりOPEN。
まだ葉も少なくボリューム不足だけど元気で良かった!
2008年12月に北海道から青森へ南下しやってきました。
順調に増えて何より。

アラントイデス2010/05

アラントイデスもじわじわっと育ってますね。
2008年夏にうちに来ましたが、ほんとじっくり型。
あわてて大きくしようとして失敗すると完全仕立て直しタイプだけに慎重に。
とか言いつつ、既にちょい間延びがデフォになりつつあるな(汗

静夜つづり?

こちらは昨年7月に我が家に来た名無しセダム
静夜つづりかもってお話でしたが、どうもそうみたいですね。
エケベリア静夜とセダム玉つづりの交配なんだそうです。
(あら?そしたらセデベリアか。)

春萌

あんまり登場しない春萌。
どれか2株は、アガリさんに葉挿しのチビで貰ったものなんだけど、今はもう立派に育ってどれがどれだかわからなくなりました。
春萌の葉挿しは難しいというウワサでしたが、ここまで育ってしみじみ嬉しい。

トレレアシー2010/05

最後は天使の雫(トレレアシー)。夜越山売店で買いました。
セダムに苦手意識があったのが薄れたのでね。
あ、そういやもう何年も?登場していない銘月。あれを綺麗に育てるのが苦手なんでした。
ツヤツヤだけど傷やら日焼け?やらでなかなか最高の状態に持っていけません。
うーん、苦手意識は薄くなっても依然として得意じゃないんだな。
小粒のモリモリ系もそういや上手く育てられた試しがないです。

奥にどう見てもデローサなのに、センペルの名札の付いているのがありますが、この札付きで売られていたのよwちまきが春になって頭がどうにかなっちゃったわけじゃないんですよ。
posted by ちまき at 13:35| 青森 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

実りの秋 セダムの秋

雪国は朝晩、随分と涼しくなってきました。
今年は日照がかなり少ない夏だったので、多肉黄金期を満喫した!っていう実感は今ひとつ。家庭菜園も豊作ではあったけど収穫時期が延びたりヤキモキすることが多かったです。
それでも長い冬が終わり、春からずっと成長し続けてくれた植物達には感謝!
だんだん春の徒長地獄もなくなってきたものの、やはり雪国では今頃の時期の多肉植物達は一番いい姿になってることが多いです。春から徐々に盛り上がって最高の状態になった頃に冬の気配・・そしてじっと耐える数ヶ月ってパターンだね。

今日はセダムの秋を記録します。

ウインクレリと宝珠

まるはさんに約1年前に貰ったウィンクレリと春に買った宝珠
ウインクレリはランナーが出てカワイイの何の!チアリーダーみたいだ♪
とってもお気に入りなんですが、土ぼこりがくっ付くと取れにくいのね(汗
取ってあげたいのに出来ないもどかしさがーっ!
宝珠は3本入りのうち1本を嫁に出しましたが、よく増え育ちボリュームはかなりUP!じっくり茎立ちさせて太い木質化した幹状態を目指しますよ。

アラントイデス

ペペさんに昨年夏にいただいたアラントイデスですですです。
最近セダムは無理せず管理することを覚えたので、じわじわっと育てていますよ。ぷっくりとした葉でしっかり分枝してくれました。
あ。。無理せず管理とか言いつつ、足元にあるアガリさんから頂いた玉連はヨレヨレ(汗
これはベスト置き場が見つからずに低空飛行状態をずっと続けさせちゃってていつもゴメンねって思ってるんだよね。もうちょい水遣り頻繁なグループに入れておいた方がいいかもなあ。寒くなる前に引っ越しさせよっと。

ゴールデンカーペットと銀手毬

ゴールデンカーペットとダイソー出身の銀手毬(自称)です。
何故このような組み合わせかといいますと、ゴールデンは冬越しで瀕死になり、とりあえず転がしたのがたまたま銀手毬の鉢だったって感じで。
絶滅かなあと思わせつつもガッチリと復活&繁殖してくれて嬉しい限り。
つか、ゴールデンは一度枯らしてこれは2個目だったはず。
冬が来る前に抜いて庭に植えつけちゃおうかなあ。
この手のセダムは宿根草扱いのが何だか調子いいし。

黄金丸葉マンネングサ地植え

黄金丸葉マンネングサ。昨年春の園芸イベントで購入。これも絶滅させたかと思っていましたが、庭にブチブチ蒔いたのが生き残っていました。
鉢植えで雪を被らないように取り込んだものはダメだったけど、地植えのはこの通りしっかり今年も生えてきました。
春はこの中にスミレが咲いたりしてまたいい感じでしたよ。
マンネングサは育てようって思いすぎないのが一番だね。

ビアーホップとジェイドペンダント

ビアーホップとジェイドペンダント
ビアーはイベント出品の寄せ植え用に買って挿し穂を取った残りを育てていました。ジェイドペンダントは春に日焼けしたりワタ虫がついてカットしたけどプチプチ増えて賑やかになっていました。
この鉢は夏の間はクモが巣を張りまくって「俺んち〜」って占拠してたので快く貸してやってました。今年はちっこいクモが多かったなあ。あまりに巣を張られた時は遮光ネット状態になりそうで取り払ってましたが、随分優しくはしていたよ。カンダダみたいに地獄に落ちたら助けてもらえるかな?

虹の玉、オーロラ、春萌

ぷちぷちセダム軍団。
春萌は手前がアガリさんに貰った葉挿し。奥が徒長して茎だけになった奴。
どっちも元気に育ってここまで来ましたよ。
下手にいじらないで2年位放っておくのが我が家での上手な管理法。
虹の玉とかも規模縮小しつつ欲張らなかったのが良かったようです。
置き場は適度に雨も掛かり、照り返しもキツいコンクリートの上ですがそれがちょうどいいみたいです。
冬も寒い窓辺でほぼ断水位でいいみたい。ワタ虫はつくけど春にその部分はカットして新芽を出させれば秋にはすっかり良い状態になります。
植物側の負担は大きいかもしれないけどね。
さて・・屋外管理を出来るのもあと1ヵ月半位になったか・・なんか淋しいね〜。
寒くなる前にエケ記録とかもしておきたいな。

posted by ちまき at 15:37| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

地道にツブツブ増加中!

我が家で色々ありつつ頑張ってくれている玉つづり系。
正直、うちの環境では厳しいから苦手意識バリバリなんだけどね。
ちょっとくどいけど歴史を振り返ってみたくなったのさ。

玉つづり

こちらセダム属の玉つづりです。
ちょっとボリュームも少なく淋しげです。
新玉つづりとかに比べて葉が落ち易いらしいけど、確かに下手に触るとポロポロ落ちちゃいますね。買って家に帰るまでにもかなり落ちたし植替えでも落ちたし、なるべくなら触りたくないタイプであります。
これを買ったのは2005年。多肉歴1年半位の頃だったのね。
寄せ植えに入っていて、山親父も玉つづりがカッコイイって言ってたのを覚えています。
今思えば、硬ハオにフォーカリアにセダムって大胆な構成の寄せ植えだったなぁ。

レジェンド オブ 玉つづり

はい、こちらがその玉つづりの歴史です。
私の管理ミスからよくぞここまで復活してくれました。
凍結しかけてスカスカになった時は完全に枯れたと思っていましたよ。
3月の時点で捨てたかったんだけど、当時ひどいツワリでそれすらもままならなかった・・・。
けどそれが結果的に良かったんだよね。ツワリが治まった頃に新芽が出たのよ。

さて、今年の冬はどうなるかな。
葉っぱは落ちるけどほぼ完全断水で昨シーズンは乗り切りましたが・・・。

大玉つづり

こちらは大玉つづりです。
殆どが「春から出た新芽状態」なので垂れていないです。
こうして見るとこういうロゼットの小型エケ群生みたい。
記録もあまりなく曖昧なんですが確か冬の徒長で弱って葉っぱがボロボロ落ちてナチュラル剥げ状態だった記憶が少し残っています。
そんで丸ハゲに近い伸びた茎を切って挿して放置したような・・・。

no-title


こちらは遡って過去の姿。徒長している方は今年の2月の時です。
とりあえずは買ったばかりの頃は3株可愛くいい状態だったんですよね。
それが徒長してあーなってこーなって今に至るとw
トラブルは多かったけど、さすがセダム、新芽の数とかは多いです。

虹の玉

お次はニャオミさんから以前頂いた虹の玉
我が家に来て1年半以上経ちました。
まあこちらも青森の冬ですっごい徒長・・2007年2月の頃はコチラ
虹の玉は伸びると可愛くなくなっちゃうから悲しかった(つω;`)
でもね、でもね、今はこんなに増えてるから悲しみも忘れられたよ!
葉挿しは数個で大半が春に出た新芽達です。
もっと真っ赤になった時もあったんだけど、写真がピンボケだったよ (私のバカ!
今年は寒い窓辺で断水状態にて管理して徒長対策しております。
結果はどうなるかはわからないけど、去年よりはいい感じに辛目度UPのはず!

こんな感じで徒長地獄のぷちぷちセダムは頑張っていますよ〜。
3歩進んで2歩どころか4歩は下がったような感じではありますが
☆にはならずにこうして今、結果的に増えているならOKってことでっ!
posted by ちまき at 19:45| 青森 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

青森支部、只今参上!

夏は暑い!でも今はセダムが熱い!
われらがレディース乙女連合愛知本部のくねこ総長が危機を迎えているのだぁっ!
青森支部としてはただ見過ごすわけにはいきません。

何故なら青森支部は一度消滅して、その後くるみさんからくねこ総長の娘さんを譲ってもらい、再結成する事が出来たからなのだぁ〜ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

レディース乙女連合青森支部

現在青森支部はこの3名。総長の娘たちがこの地を守ってくれています。
まだくねこ母さんのように暴れた姿にはなっていませんが
今後、茎立ちしてくれそうな気配はたっぷりありますよー。

総長の孫です。

しかも娘さん達、5月末に青森に来たんですが
既に3名で合計8人もベビー誕生という、素晴らしく生育旺盛なんですよ。
くねこさんが多産系だったので、その血はしっかり引き継いできてくれたんだね。
くるみさん、娘さん達は青森でも元気いっぱいでーす♪
お日様たっぷりで可愛がっていますので、安心して下さいね〜。

オーロラ七色連合青森支部

ところが、乙女連合に続いてこの度、オーロラ七色連合まで結成されたらしい!
今度は本部は大阪。男爵さんちに大群がいるよ〜。
実は我が家にもオーロラはいたのですが、この春に元株が☆になり、少々の小さな小さな芽が残っているだけになっちゃって、画像の子はこの春新たに買い足した子なんですよね(笑
でも新しい子は今までの子の2倍以上葉が大きくてプリプリなんです。
まだ迫力はないけれど、今後は十分期待出来る存在かと。
なので青森支部をどうか名乗らせて頂きたく思いますっ!

組合作りました。

ついでにセダム組合作りました。
何の意味もないんだけど(* ̄m ̄)
でもオーロラでっかいでしょ?しかも子吹きもゴロゴロしているのよ。

レインボー団(仮名) 最後はセダム繋がりで虹の玉にも登場して貰います。
 ニャオミさんから去年の春に譲ってもらい、冬にアホのような徒長。。この春に仕立て直しの切り戻しと葉挿しで一気に増やしました。
暴れ部分は少ないけれどいい感じになっててお気に入りです。

 虹の玉は増えすぎて困っている方や、暴れまくって面白い事になっている方が沢山いそうですよね。
 我が家はまだまだ地味な存在ではありますが、自然のままにぐにゃぐにゃ育てて個性的な鉢に育ってくれればなぁって思っております。
 いやーそう思うと真夏の今でももう冬が鬱!(ーωー`;)


posted by ちまき at 20:23| 青森 ☁| Comment(21) | TrackBack(7) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

青森県産品だべさ。

GW前半が終了しましたが、皆様如何お過ごしでしたでしょうか?
私はこれといったこともせずに、家族でのんびりいつもどおりに過ごしていました。

純青森県産品

あれ、どなたかと多肉交換?って感じの画像に見えますか?
その割には乱暴に引きちぎったような感じだし、内容もショボめ?
あのねーコレ実は町内お散歩Get品なんですよ〜v( ̄ー ̄)v
マンネングサの系統2種と、コモチレンゲです。
・・・コモチレンゲは例のあそこのを失敬(`-ω-´)許してくれっ!!
どうしてもあの強靭そうな遺伝子が欲しかったんじゃぁ〜。

土手セダム

でねーマンネングサなんだけど、土手に鬼のように群生してるんですわ!
実は去年、青森に引っ越してきてすぐに土手へ偵察に行き(ボラはいるか等の目的)
なにやらワンサカあやしいものが生えているなぁって気付いていたんですよ。
でも当時妊娠8ヶ月とかで土手下に降りるわけにも行かず、モヤモヤしてたのよねー。
それでやっと春になって、近所の桜並木のお花見散歩のついでに
山親父の希望で再び偵察に行った所、この群生!!
これほんの一部ですからね。こんな群生が土手沿い両脇にたっくさんあるんですよ。
種類はよくあるメキシコマンネングサかなー。

荒川沿いセダム通りこれは土手を降りたところの群生。
息子を抱っこ紐で装着していたためまた下には降りられませんでしたが一応、見難いながらも撮影だけはしてきました。
とにかくグラウンドカバーってのはこういうのを言うのね!って位生えてます。いや生えまくっていると言うべきか。とにかく徹底的に生えていると感心してしまいます。
しかも夏になると花もたっくさん咲いて、綺麗なんですよ〜!
でもなー、この土手って舗装されていて、土と言っても勝手に堆積したごく微量の量しかないはずなんですよ(驚

山親父も一緒だったのですが、抜いた子達を花粉症の鼻かみ用ティッシュに包んで採種にとても協力的でとっても助かりました(*^ー゚)b
これを抜いて一鉢100円で売っ・・・ゲフンゲフン
ね、かなぎっちょさん( ̄ー ̄)

※ あ、それと基本的に土手は下に降りちゃ行けない決まりだったかも。
小学生の頃勝手に降りて遊んでPTAの見回りにこっぴどく怒られたような。。

庭の自生セダム

ついでにうちの庭の自生セダムも元気に生えてきてます報告!
芝桜に混じって勝手に生えたと言うマンネングサ。
ひっそり開花し、ひっそり紅葉している可愛い奴です。
実はね、数株抜いて鉢に植えて室内越冬も実験していたんです。
結果、室内組の鉢植えマンネングサは枯れてしまっていました(;゚д゚)
そんでご覧の通り地植え組がしっかり春になって見事に復活しているんですわ。
大事にすればいいってもんじゃないってことがよくわかりました。
種類にもよるけど、甘やかしは滅亡を招くって事ですねー。

青森県産セダム、欲しい人いる??(* ̄m ̄)なんてねw

posted by ちまき at 22:02| 青森 | Comment(14) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

とりあえず合格ライン。

no-title

今日はセダムでも徒長シリーズではない子らを。
画像は大玉つづり。1年位前に買ったものです。
せっかく伸びたのに多肉トレイにいっぱいこすって
途中の葉がかなり落ちちゃってるのが残念ですが、倍以上の長さになってます!
引越しで1本根元を折ったりしてはいますが
葉は開き気味ではありつつも、徒長は殆どないのが奇跡的〜!

no-titleこちらは別角度。
大きくなったのがわかるでしょ。
どうにも途中の葉が落ちちゃった部分が悲しいんですが
そこさえ無ければ青森の冬にしてはまあまあなのになー。
水は去年のいつからか、切ってあります。
日照不足で、葉はいつもに増して落ちやすいけどね。
脇芽と言うか、落ちかけの葉の根元から芽も出ています。

春萌も大体合格こちらは昨年8月に買った春萌
父が初めて選んだものですね。
1株は別の鉢にいますが、こちらも葉は開いていても
徒長はしてはいないんですよ。
生長点のところは分岐か花芽か変化もありそうです。
セダムは昨シーズン、銘月を凍結で1株☆にしたのもあって
こちらも早めに水を切ったりドキドキでした。
今度は室内だから凍る心配はないのにね( ´-ω-)
ちなみに銘月も殆ど徒長はなく静かに生きていますよ。
う〜ん、セダムでもつぶつぶ系は徒長しまくり
でもロゼットっぽいのとかは意外に平気でしたね。

うむ、やはり失敗は多いけれども一冬経験すると
何か傾向が見えてきたような。。
まぁ青森の冬はまだまだ続くから気は抜けないけどねっ!


posted by ちまき at 16:39| 青森 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

徒長特集復活! シリーズ6

悲しいよぅ

むはははは〜皆さん恐怖の徒長特集はまだ終わっていませんよ!
ということでシリーズ第となります。
でもでも今回のはホントはすごーく悲しいんだからね。
昨年3月にニャオミさんから頂いた可愛い虹の玉がこんなんに(つω;`) ごめんなさい。
秋までは贔屓しまくりでとっても可愛かったのに、テキメンに日照不足で伸びちゃった。
お里のニャオミさんちでも、ちびさんちでもすごく綺麗で羨ましい。。
我が家の子も春には切り戻して、土とか気をつけて来シーズンへの準備として頑張ろう!

悲しいお知らせこちらは徒長というより訃報ですね。。
男爵さん命名のレディース乙女連合青森支部なんですが
一名死亡でメンバーがたった2名という存続の危機なんです。。
まぁ青森なんざ、族をやっても2輪は冬は活動停止でしょうしね!
(↑完全なる負け惜しみだね。)
とにかく徒長を恐れて水を切っていたんですが
切りすぎたか1名、気が付いたら消滅しちゃってました。
でも残る2名もかなりヨレっていますよね・・・(;´д`)ゞ
来シーズンは水遣りをすこししながらの管理でやってみようかなぁ。。
でもそれも失敗したら悲惨になりそうで怖いッス!

そんな乙女連合は全国制覇を目指しているわよ!

レディース乙女連合・東海本部☆くね子総長がいるぜ!(くるみさんち)
同じく東京支部☆今後のメンバー増員が期待できるぜ!(caeruleaさんち)
そして初登場の大阪支部☆やるならとことん派?(男爵さんち)
リンクし忘れていたぜの福岡支部☆かなりの勢いで勢力拡大中ッス!!(ちびさんち)
予備軍なんかじゃございません東海支部☆一花咲かせちゃうわよ!(ひでこさんち)

これはまだいいかなお次はオーロラ!
この人もかなり前から水を切っているのもあり、
あまり綺麗じゃないけど赤い色はまだ保っています。
徒長もしてはいますが、まだまだマシですよね。
置き場はあまりいい場所じゃないけど水さえ切れば何とかなるとわかったわけですが、下葉はかなり落ちて全体像はみすぼらしいかなぁ。。

元々がそれほど締まった株では無かったのもあるんだけど
なんか暴れているというには中途半端な群生になってしまってるのよねー。

しょうがないですね秋に切った挿し穂も早めに水を切って管理していますが
虹の玉に比べるとまだマシな徒長ですよね。
しかし、こんなふうによく似ている種類でも
オーロラより虹の玉の方が徒長しやすいのは何故?

課題が多そうなつぶつぶセダムの管理。
あぁ、管理マスターへの道のりは長そうだ・・・(ーωー`;)

posted by ちまき at 16:15| 青森 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

師走でごわす

なっちゃんを無事、天国へお見送りし
ちょっと静かになってしまった我が家ですが
忙しい12月、それぞれ頑張っています!!
励ましてくれた方々、本当にありがとう。
おかげさまで私はまた頑張れます(*´ー`*)v

頬染めてちょっと前に撮っておいた画像ですが乙女心です。
夏にサボテン園で買った子ですが、綺麗に紅葉しましたよ。
画像では見えませんが、いつの間にか内側にお子様が生まれて育っていたし
忙しくて買っても放置だったのに元気で有難い子ですよ。
水を殆どあげないようにしていたせいか、茎も伸びずにいます。春が来たら切って挿して、ちょっと暴れ気味にして育ててみたいなぁ。



何とか復活こちらは真夏に溶け気味になって焦ったセダム。
名札ナシでありましたが黄金細葉万年草、又はゴールデンカーペットと呼ばれているものと思われます。←あくまで多分ですが。
最初は立派だったのに、一気にボリュームがなくなり
あわや全滅かと思いましたが何とかなりそうです〜。
これ、ひとつひとつは小さいけど可愛いのよね〜。
痛んだときの記事で、皆様から保険をつけて分けて管理が良いのでは?とアドバイスを頂き、即実行したんです。
その節はありがとうございました〜m(_ _)m




頼りない保険そんでこれが“保険用別株”
取り分けは最初から少なめだったけど、更に規模縮小しつつも生きています!!
頼りない保険ですが、あるとないとじゃ気持ちは違うのよっw
ボリューム的には風前の灯なんだけどね(* ̄m ̄)
この鉢はだいそ〜のチビ鉢で、葉挿し置き場の片隅に生えているので、最終的にみんな育ったらいい感じの寄せ植えになるかもしれないのが楽しみ。

だったら、勝手に生えたクローバーみたいなカタバミ?を抜けって感じだけど〜。



posted by ちまき at 17:14| 青森 ☁| Comment(24) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする