現在の閲覧者数:

2011年05月15日

5月の記録あれこれ

なーんか5月なのに寒かったりイマイチなお天気。
土は買ってあるけど、植え替えは一切していません。
去年なった花粉症、またくしゃみ連発だし他の何かにも反応してる?

今日はテーマはありません。普段もそんなに無いけど。
黄金期スタートの覚書画像あれこれだよ。
一応、秋になる頃に、「春頃はこんなんだったんだけど〜☆」ってどや顔するために記録。
※どや顔ってドヤ街と関係のある顔なんだと思ってました。
あとアラフォーってどっかの国の単語だと思ってました。

ジュリアに焦心.

ジュリアが茎立ちしてドーン。
根詰まりもしているので、こうして持ち運べます。
んーと購入した2008年にカットしてたんだっけ。
これはこれでカッコいいからカットせずこのままでいいか。
増えても置き場取るし。

多肉ビッグカツ

去年作った多肉BIGカツ
冬の間に枯れて(水切れ・・)で落ちたものもあったし、縮小した株もあるのでちょいスカスカ。だけど屋外移動してからスカスカでも状態は結構いいようです。
だけど保水が少し弱い土台だったようなので、今後は液肥投入などして盛っていこうと思ってます。カット苗もそれなりにあるし、今シーズンで完成型まで育ったらいいなあ。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

○○ベリア?

機会がないと忘れる「買ったもの記録」。
某所で以前にも迷って、半年以上経って再会したブツ。
初対面時より育っていたし、これは縁だと思って購入。
最初の印象とまた変わってなかなかいい色。

なんだかわからん

で、パキベリア?セデベリア?エケベリア?よくわからん。
この角度じゃわかりにくいですが、茎立ちしてます。
水苔の下はどうなってるかわかりませんが、よく育つ管理で様子を見てみましょう。

フーケリー?

こっちは名札は都踊りですが、それってセダムのアレでしょ?
同じ名札で綴化してない乙女心が売られてたのを見た事あるな・・・。
おそらくフーケリーとかその辺りだと思われます。
寄せ植えに入れたいんで、200円で買えて良かったです。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

シンビオブ5月3日

ビフォーアフター番外編。
こちら5月3日に撮影した、シンビオブ交配。
パッサパサのカッサカサでごめんな状態。
しかも赤茶っぷりも相当なもの。。。

シンビオブ5月15日

だーけーど!
2週間も経たずにここまで戻ってきましたよ。
完全に戻ってからのupでもいいんだけど、この戻ってる経過が見られる色が意外にキレイだったので。
今年も復活ありがとう!
わざと好んでやってるわけじゃないのですが、多肉の生命力頼りの越冬で助けられているという例ね。
ちなみに昨年4月の完全復活版は→冬から春の姿へ、劇的変化の2週間。

さて、センペルの生育もメキメキっと日に日にボリューム増しだったり、多肉観察が楽しい季節が到来で嬉しい限り。
今シーズンはどういう管理で秋まで突っ走るか、楽しく悩みたいと思います。
配合はシンプルなんですが、土作りは用途別にマメにブレンドするとか、植え替えをルーチン的にするのではなく有意義なものになるよう頑張りたいところ。


さくらんぼちゃんの本、見ているだけでも楽しいよ。
消しゴムはんこで彫りたいものもあるんだよなあ。


posted by ちまき at 23:12| 青森 | Comment(6) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

春のいい色

今日はお昼前に雷とちょこっと雹まじりの雨が降りましたよ・・・。
でもお友達が参加しているイベント「A*party」に遊びに行って来ました。
R&Bのライブもやっていて、息子4歳はじっくり何曲も聴いて楽しんでいました。

養老

本格水遣り、屋外置き多肉も始めました。
こちらは養老
ず〜っと断水していたので縮こまってますが、スンバラシイ色です。
青み系紅葉、良いですね〜。
形はどうあれ、色を楽しむ!

魅惑の宵

お気に入りだからよく登場する魅惑の宵。
春は春でツヤツヤいい色になってくれています。
冬の間、室内では緑色になっていましたが、外に出したらこの通り。

ブラッドブリアナ

ブラッドブリアナも水切れで縮こまっていますが、色は素晴らしい。
間延び系徒長はしにくいタイプなんだろうね。

ケルレセンス

ケルレセンスもいい色です。
ほぼ断水で冬越しさせたのでサイズは一回り小さくはなりましたが、この肉厚で締まったロゼットを見れば、管理はちょうど良かったみたい。
ここからは水ドベドベでいい感じにでかくカッコよくなる、最高のパターンだな〜。

ギビフローラ

ピンクの染まり具合はいいんだけど貧弱ゥなギビフローラ メタリカの斑入り。
去年の猛暑の中に買って、最初から整ってはいませんでしたがかなり縮小。
顔色悪いんだか血色いいんだかわからない感じは嫌いじゃありません。

青い渚

100均で3株入りで買った青い渚。
乾かしすぎて枯れるか心配でしたが、割と普通に冬を過ごしてくれました。
名前に青が付くだけあってシアン多めですが、しっかり赤くなってて良い!

オレンジ系寄せ植え

kameさんから頂いた多肉の寄せ植え。
静夜つづり(推定)、ロゲルシー、ロンギフォリウム(推定)なのですが、画像の全体の色合いも関係しつつも、オレンジ寄りな紅葉で揃っています。
クラッスラは環境的に、好きだけど無理な品種が多いのですがロゲルシーやルドリッツあたりは大丈夫なのでありがたい存在。
相性よくじっくり育つにはいい寄せ植えだったけど、今年はさすがに独立植え替えだなー。
てなわけで、今日は「いい色」特集でした。
型崩れ編も、もう一回位やる予定!

大好きで何度もリピート買いしているリネン100%糸。
先週、この糸で春夏用帽子を編んだよ。
お得なセールやってるわー。
posted by ちまき at 22:58| 青森 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

徒長始め

毎日寒いなあ。
最低気温はマイナス7℃とかで雪がドッカドカ降っています。
ぶ厚い雪雲で日照もてんでダメですわー。
でも徒長するものもあればしないものもあって
今日は伸びたものを、ね。
(そんくらいしか動きがないのですよ)

静夜の最盛期は極短期

やっといい形になったかと思った静夜はあっという間に徒長。
少しでも日当たりのいい窓辺がいいかと思ってましたが、極寒玄関置きのが合ってるのかな。

きるひねあ

キルヒネアもカッコよくなって喜んでたらすぐ崩れました。
回復も早い=生育旺盛=伸びるのも早いパターンか?
(あくまで我が家の環境で感じた感想ね)
しかも秋に花芽付きで買って咲いたばかりなのにまた花芽かあ。
ビシっと作りたくても色々やりたいお年頃なのでしばらく好きにさせときましょう。

多肉bigカツ

多肉ビッグカツもカラッカラに乾いて休眠状態の株もあれば、ちょい位置の関係で苦しんでいるものも一部あります。
えっとこれは月錦だっけ?お日様を求めて苦しそうであります。
紅葉するものもあれば伸びるもの、乾きすぎて落ちたもの(飼い主のミス)とそれぞれ。大きめの寄せ植え状態はその差が色々出て面白くもあります。

けっせる

縦に伸びるものもあれば、日照を求めて広がるものも。
ケッセルリンギアナの良いところが全然無くなってしまいました。
真面目に管理しようとしてコレなんだから、雑貨感覚でその辺に置いといたら一体どうなっちまうんでしょうな。
ま、私も冬管理は完全キャパ超えなのは反省。減らすのは難しいよなあ。
なのでせめて、冬季購入は控えております。

110111三者三様.jpg

秋に買ったカット苗といただきもの。
ロバートグリムは咲くのか・・・咲かなくていいんだけどな。しかも伸び気味。
紅日傘は発根が遅れてイマイチなまま冬突入。今は根っこは出たけど土の上でモシャモシャ状態。
紅化粧も根っこモシャモシャで土に乗ってるだけですが、こちらはキリッと。

同じ環境下でもこうして三者三様の状態になっとります。
こういう記録を元に、来シーズンの同居株や置き場をまた考えていくんだよ。でも実際はすっかりそれを忘れて同じ事しちゃったりするんだけどね。

今回のように悪い例を多く紹介する事が多いこのシーズンですが、型崩れは出来る限り最小限に止めたいというのは年間を通して一貫したテーマ。
可愛いけれど、水遣り回数は確かに少ないのは楽と言っちゃ楽だけど、ちゃんと育てるとなるとやっぱ楽とは言い難いんだよなあ。
誰かに聞くだけでは上手に育てられないし、楽しさも大変さも、だからこそある面白さも知ってるだけに、上手くその魅力を簡潔にお伝え出来ないのが私の弱点wクソ真面目なんですよ。
でもね、雪国は長い厳しい冬と素晴らしい春〜秋のサイクルを乗り切る覚悟があれば、楽しい多肉ライフが送れます!
さあ・・・春が来るまであと3ヶ月弱・・・がんばるぞぉー。
posted by ちまき at 23:26| 青森 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

青森多肉通信 12月号

息子の長い風邪から、急性中耳炎→滲出性中耳炎→蓄膿症(これが一番重症)で耳鼻科通いの日が続き、私のイベント参加も重なり、お久しぶりの更新になってしまいました。
我が家の多肉はシーズンオフではありますが、ゆるっと徒長したりの要らぬ動きはあります。
でもまあ、北国では結局この時期に楽しめる(耐えつつ見られる)植物って限られるし、徒長してもいてくれるだけ嬉しくもあるんですがね。

※センペルなど戸外越冬組を除く多肉の全移動は12月1日に終了しています。

スプルセオリバー

徒長スタートトップはスプルセオリバー。
室内移動後に、適材適所に移動させるのが遅れてしまい、二等地に置いてたら早速。
慌てて一等地に移したので、なんとかなるでしょう。
あ、でも秋でも少し形が崩れ気味だったから、実はそんな徒長してないか。

理想的な姿→2009年9月
悪い姿→2008年4月

誰だー?

ダーリーダールは関東ベランダでは真っ赤でスンバラシイ姿になっているようですが、青森じゃコレよ。
この方の扱いは常に一等地が良いようですね。
でも弱くて管理が難しいわけではなく、打てば響きすぎるタイプで環境がそのまんま影響してしまうっぽいかな。

窓まで遠い

室内から窓辺を、多肉棚の後のポジションから眺めてみました。
こんな感じで窓辺は植物で溢れかえり、人間は窓の開け閉めスペースのみ確保して部屋の奥でひっそり暮らしています。
多肉棚のビニールは劣化して廃棄となり、100均の銀色の保温シートっていうのかな?あれをグルっと巻いています。一応ちょっとでも反射して日光利用に無駄が無くなればのつもり。

潜むヨコバイ

室内保護の際に、多肉に隠れて家に侵入してきやがるのがこのヨコバイ野郎。
忘れた頃にブブブと飛び回って私をイライラさせてくれます。
でも面倒だからそのまま同居を続けてやる優しい私でもあるのです。

極寒玄関組

こちらは室内より日照が悪くてかなり寒い玄関。
こっちは低温で休眠させる管理向けの多肉をメインに置いています。
明るい方に曲がったりはしますが、まだ紅葉しているし型崩れもロゼットが少し開いたり程度。
寒いので私も滅多に撮影にも行かないのですが、ある意味安心ゾーン。

サルたん

ハティオラ属の猿恋葦、サルたんも元気だぉ。
外で激辛管理で節がマラカスのようにカッコよくなっていましたが、やっぱり室内にいれたらくびれが消えて来ました。
でも蕾は去年よりずっと沢山出てきてるし、嬉しいなあ。

シャコバ満開

近いところで、父のシャコバサボテンが今年も満開!
植え替えもずっとしていないし、緑のミニボトル液肥をザクザク挿すだけの管理なんだけどね。花の少ない今の季節に華やかで大変よろしいわ。

まずは12月の我が家の多肉便りでしたー。
春まで更新は減りますけど、思い出したら遊びに来てね(*´ー`*)
posted by ちまき at 12:05| 青森 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

多肉箱届きました。

桜楠楓樺さんでお買い物した多肉達が届きました〜。
第一弾の時は候補をメモしたりしている間に、注文殺到で閉鎖になり、2回目のオープン時にドタバタ注文しましたよ。
続々と多肉仲間のもとへも小箱が到着している模様(^m^)

コマンダーヘイ

まずはセンペルビブム属から。
雪国の場合、今からの季節はセンペルが一番安心して増やせます。

コマンダーヘイ。
以前、このコマンダーさんはかなぎっちょさんに譲って頂き、センペルの中で一番好きだったのに枯れてガックシ(つω;`)
だけどまたお迎えして愛でたいと思いまして。
これを買うために、ついでに他も買ったと言ってもいい位!
紅葉時の色が最高なんで楽しみです。

雪牡丹

雪牡丹。
よくわからないけど、綺麗だろうな〜と思い選びました。
毛の薄い巻絹っぽいけど、きっと紅葉したらいい感じのはず!

スペシオサム

宮路オサム・・じゃなくてスペシオサム。
フィーリングで選びました。
紅葉時じゃないとピンと来ないわー。
名札を無くしたら完全アウトなんで、霜で浮いて飛ばされたりしないようにしたいです。

ミセスジュゼッピー

ミセスジュゼッピー。
もっと大作りなタイプかと思っていましたが、細かい葉がなかなか繊細で、葉先の色づきなんかもクッキリでいいねぇ。

カシミヤバイオレット

カシミヤバイオレット。
アエオは好きだけど、黒法師フェチなんで熱心に集めていなかったアエオニウム。
でもカシミヤの色は深いし、うちにあったらいいかもとやっと思い選びましたよ。
根っこ付きで嬉しいな。

しかし包みを開けてすぐに異臭がわかった(笑
ホントに臭い。確かに臭い。
動物系っぽいなあと思って検索してみたら
caeruleaさんの「洗った後なのに、まだ臭い犬」という表現を見つけましたw
皮脂とかバクテリアがどうにかなった感じと私も思ったので、この絶妙な例えはツボでした(笑
しかし熊童子とかも同じ系統のニオイだし、このにおい成分は一体何だ?

ロバートグリム

セダム ロバートグリム。
詳細は謎。なんか別名の和名とかあるかな?
でもこの葉の感じがとても好きだし、もしかして全体にピンクっぽくなったり葉先が紅葉したらかなり可愛い予感がして選びました。
でも何だか玉つづりっぽくにょろにょろしてくるっぽい?

花月夜

エケベリア 花月夜。
エレガンス系だけあって、透明感のある葉のフチが美しい。
葉っぱの表の平面っぽいのと、裏のカーブのバランスがいいねぇいいねぇ。

紅日傘

エケベリア 紅日傘。
くたびれた夕映えっぽいな・・・。
全体的に色づいたら結構カッコいいはず。
早く根っこが出てぴんとなりますように。

マカベアナ

エケベリア マカベアナ。
ルンヨニー系。沢山増やして群生とかもいいかな。
エケベリアは丈夫そうな予感のするものを中心にしました。
まずは寒くなる前にみんな無事に発根しますように。

単なる買ったもの記録ですが
来年の夏前にでも生長しました記事で元気に再登場出来ます様に。
posted by ちまき at 16:16| 青森 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

夏を終えたロゼット達 脂汗編

毎年、冬と夏は何かしら枯らしたり虫が湧いたりあるのですが、今年の猛暑ではやはり若干、いつもよりトラブルも増加。
凹み気味にもなりましたが、これも経験。記録記録。

わい〜どんだんず

一番ガ━━(゚Д゚;)━━ン!だったのはこれ。
アガリさんと夜越山で共同購入した錦司晃
猛暑中も青々元気に生長していたのに、一昨日一晩でコレですよ。。
せめて保険を掛けて、1株ずつ別の置き場にしとけば良かったと思っても、もう遅い。

かんつけた古紫とレズリー

こちらは古紫はわかるけど、もう1コはナンだかわかんないね。
えっと、あんまり登場してなかったレズリーです。
ちょっと立派になったりしてたのに、upされぬままボロボロに・・・ごめん。

ブライアンシー別株

前回登場した元気なブライアンシーとは別のブライアンシー。
こっちはナメクジかなあ、すんごい喰われてボロッボロ!!
あーわやあだまさ来るッ。(すごく頭に来る)

顔色の悪し

みどり牡丹も随分元気になってニコニコだったのに、9月になってからボロボロ。
これはまだましなロゼットなんですが、まだらになって顔色悪し。
生育が早いタイプなので、晩秋までに少し回復してくれるといいなあ。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・
100922くめではないっぽい.jpg

約ひと月前に新顔としてupした「ムクロナータ」の記録もついでに。
名札はムクロナータだけど違うってヤツね。
なんか粉が出てきたし、とりあえず久米の里ではなさそう。
キノコが生えたりしてたけど、いい感じで頑張ってくれています。

モロキエンシス

ついでに新顔も記録。
グリーンフォレストさんで購入したポーチュラカリア属モロキエンシス。
ちょいくたびれ気味だったけど、安かったし気になってたの。
ぶっとい木質化した茎がなんとも面白いね。
青森ではどんな感じで育つか、ちょっとわからないけど元気な姿に早くなるといいな〜。

ロフォフォラ

連休中に買ったロホホラ属 烏羽玉。
名札には書いていないけど子吹きの方ですね。
すべすべ草もちのような肌が本当に気持ちいい♪
お前は☆にしたくない・・・母ちゃん頑張るね。

最後に嬉しかったことを。
夜越山サボテン園でちまき一家を発見(?)して下さったブログ読者さんからメールを頂いたんです♪
ありがとうございました。
いつかまた偶然お会いできた時にはどうぞ声を掛けて下さいね。
旦那と息子そっちのけでしたけど・・・(* ̄m ̄)夜越山ではいつもそうなの。

そして今回も、自分の書きたい事だけ書いてまとめもないまま終わります!
posted by ちまき at 22:40| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

夏を終えたロゼット達

青森は残暑が和らいだ途端、一気に秋。
夏を名残惜しい気持ちで送る余裕なーし!

この夏は焦げたり溶けたりした多肉もありましたが
夏の生長期をたくましく過ごしたものも多数。
その記録を少々。

寄せ植え

整理目的でカットした株を詰め込んだ寄せ植え。
こちらは半雨ざらしもあって、徒長株もチラホラ。
来年が見ごろになると思われます。

野ばらの精

野ばらの精。これは丈夫で猛暑でもすくすく育っていました。
5月にネット通販で買ったときはこじんまりとしていたのに、今は鉢からはみ出すほどに。

キルヒネア

同じくネット通販のキルヒネア。
こちらもカット苗で来た頃に比べ、随分完成形に近づいてきたようです。
締まって紅葉しているエケベリアも好きですが、夏ならではの勢いのある姿もいいなあ。

ケルレセンス

ケルレセンスも子株が暑くて枯れてしまったけど、親株は肉厚ブリブリで素晴らしい。
ギリギリ冬までにもっとかっこ良くなりそうなんで期待しています。

ブライアンシー

ブライアンシーも我が家に来て数年、過去最大サイズになってくれました。
今までの管理がイマイチだったんだな〜。
伸び伸び育つと全然印象が変わるわ。
若干、下葉の焼けや痛みはありますが暑さには強いようです。
もう1株がナメーにやられてボロボロなのが悲しいんだけどね(つω;`)

トマト実生

最後は実生の話。
実生たってトマトの話。

これは去年、脇枝を挿し穂にして放置していた場所。
いくつか収穫はし、晩秋に残った実はそのままにしておいたのですが、その時の種が育ってワッサワサになっております。
支柱も立てずに放ってありますが、見事が茎がニョロニョロ状態。
全体を写してもただの草むらみたいです。
どうしても適期栽培じゃないので、実はまだこんなサイズですが
しみじみ種ってすごいんだなって感じました。
さて、これからはうっかり食べられない実をあちこち放って置けませんな。
あ、でもトマトやきゅうりなんかは晩秋にプランターに埋めて、翌年芽が出たものをまた育てるという栽培法もあるんで、節約派は試す価値ありかも?

とりとめのない書き散らかしのまま、終わりまする。
posted by ちまき at 10:55| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

新入り記録とハタケチャダイゴケ

何のひねりもない、タイトル通り、買ったもの記録。
今年はあんまり世話が出来ない分、増やすのもスローペース。
調べ物とかも殆ど出来ていないし、多肉育てもゆる〜い感じに楽しんでます。

リラシナ

最初は無難に、エケベリア属 リラシナ。カクトロコ産。
いつまでも大きくならない葉挿しっ子もいますが、198円で売られていたので買うことに。
うーん、リラシナは綺麗要素が沢山でやっぱいいね。

コンパクツム

パキフィツム属 コンパクツム。こちらのカクトロコ産。
いつか買おうと思ってましたが、状態良しで出会ったので購入。
この滑らかな立体が素晴らしい。
えっとこれは年中この色なんだっけ〜?

花車?

こちらは四角いデカイ名札のシリーズの「エケベリア」。
あんまり自信ないけど、「花車」だったらラッキーと思い購入。
クソ暑いお盆休み中の夜越山サボテン園の売店にて。
徒長も著しいのですが、仕立て直しの楽しみもありそうなのでね。

ムクロナタ

道の駅で購入した「ムクロナータ」。
1911さんの記事でガチのムクロナータは別物と判明しているのですが、日本じゃこれが通称みたいなになってしまってるようですな。
育てにくそうなヤツですが、妙にツルピカで面白そうなので何となく。
花芽っぽいけど咲かなさそうなブツも気になったしね。

ハタケチャダイゴケ

その自称・ムクロナタの足元に生えていたキノコ。
「ハタケチャダイゴケ」と言います。Cyathus triplex
キノコ本で見たことがあったなーと思って調べたら“古畳やもみ殻など植物遺体上に群生”だって。
もみ殻入り用土だったりするから生えたんでしょうかね。
多肉用土的には微妙すぎる状態なんだろうな。
お皿に碁石がごっそり乗っかってる感じが何とも奇妙です。
多肉自体は微妙だけに、このオマケは嬉しいじゃーないですか。


こういう自転車もいいな。

愛用はこれ。カスタム出来るしオススメです。



posted by ちまき at 23:13| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

見返り美人写真集

先月29日は、アガリさんとランランランデブーに出掛けてきました!
多肉むしり会も同時開催の予定でしたが、豪雨のため準備していた交換品の授受にて終了。
交換品の細かいUPは後ほど。
今回は私が作ると言いつつ、土台の「ど」の字も未だに作っていないリース用に貰った、まだまだ謎が多い「見返り美人」の花の画像です。

見返り美人コンビ

左側が今回いただいた見返り美人。
右側がうちに2006年からいる見返り美人。
どちらも夜越山産で、買った当時はカネイそっくりのグラプトにしか見えない姿。
北国の一般家庭じゃあそこまでもガチガチにはまずなりません。
アガリさんちでも同様だったそうです。

アガリ産の花

んで、挿し穂も会うのが延期になったりしているうちに開花〜。
花芽全体は結構重量級な感じです。

花アップ

花アップ。
ん〜パッと見の印象はグラプトベリアに見えるかな?
咲きたてじゃないから、赤い斑点とかは確認出来なかったけど。

1911さん、見ていますかね〜。
お花はこんな感じでしたよ〜。
でも個体差というか、同じ株でもまた花の感じが違うものがあったりしているようです。
アガリさんもありがとうね。画像もお借りしましたm(_ _)m
えっとリースの土台頑張ります(笑

参考までに、アガリさんちで3月の花芽を出し始めた頃の見返り美人。
1008アガリ産見返り美人.jpg
一応3株入りで購入だったそうですが、真ん中のは淡雪っぽいかな?
とりあえずは何かの資料になればいいなってことで、紹介しました。
posted by ちまき at 14:17| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

新入り記録

何のひねりもないタイトル。
いつ手に入れたかは自分にとって大事な記録なのでメモ的にUP。

魅惑の宵

夜越山サボテン園で買いました。
名札はありませんが、魅惑の宵でいいかと思います。
サボテン温室にたくさん展示されているのですが、その子孫であろうというのが購入の一番のポイントです。
一番最初の親株の歴史はかなり古そうな予感がします。

ちなみに、2株入りじゃなく見事なV字型の双子株です。
カットしようかと思いましたが、根っこがカラカラだったし、まずは養生させてから、としました。
6月初旬に購入。

夜越山産

こちらも夜越山産。名無し。6月初旬に購入。
黄斑入りのセデベリア??ちゃんと調べていません。
花はこんな→☆
結構でっかくなるのだけは確かです。
ずっと変わってて欲しいなって思ってた多肉です。

夜越山産B面

裏側はこんな感じで子株もいくつか出ています。
大事に育てて、迫力ある花をうちでも咲かせたいなあ。

養老ズ

どちらも養老の名で買ったもの。
右は2月位に、左は今月カクトロコさん製の1号鉢シリーズで買ったもの。
先に買ったのはエレガンスっぽいかなあ。
個体差とはもう言い切れない別人っぷり。
変化を楽しみながら育てようと思います。そのうち間違いもわかるべ。

折鶴だったらいいのになー

6月初めに夜越山にて購入。名無し。
個人的にはコチレドン属の折鶴っぽさを感じたけど・・・どうだろう。
色の褪めた福娘ってわけではない、葉の向きや特徴だと思っています。
上手く育てたらかなりカッコよくなりそう。

青い・・・

おなじみ100円ショップにて今月購入。
かなり小さな3株が入っていました。
青い渚に・・・似ていますよねぇ。
しかし、君はここで出会っていい多肉だったっけ(汗
色々な思いが溢れてきましたが、買うしかないと即決。
立派な姿になれるよう、かーちゃん手助け頑張るよ。

そんな感じの新入りさん紹介記録でした。
posted by ちまき at 21:38| 青森 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。