現在の閲覧者数:

2012年05月31日

おおむね好調の印象で

せっかくおさまった咳が再開。
鼻水もすごいし参ったなあ。それ以外は元気なんだけど。

1年のうちでものすごく写真を撮る枚数が多いのは5月。
やはり屋外管理開始、植え替え、生長スタートってのが素直に嬉しくてね。

今日は、ある人へのアンサーエントリみたいな感じかな。
ふふふ。

SN3S2279.JPG

トップバッターはダーリーダール!
2週間位前まではもっと葉裏の赤が冴えていましたが
ロゼットそのものは久々に整っています。(我が家比)
打てば響くタイプだから、すぐ元に戻せるとか言ってたくせに1年掛かったな。
結局のところ、冬越しが勝負ってオチかな、青森では。

約1年前はコレ→★

SN3S2281.JPG

ブライアンシーは2年連続、ごめんなさい状態。
一昨年はブリブリに素晴らしかったのになあ。
ここから凍結させ、首ちょんぱ。
そして再生と順調だったのですが、冬の間にワタムシ野郎が湧いちゃって一気に低迷時代突入〜。
それでも解体して挿し穂2本は生存しているし、枯れなくてホント良かった。
今は体力回復してるのが見てわかるのが嬉しいわ。

SN3S2290.JPG

静夜・・・は毎年もうダメ過ぎる。
冬越しは極寒窓辺にしたけどやっぱダメだった。
日照が足りない事に腰が引けてしまってたけど
来シーズンは今度こそ気絶するだけ寒い玄関に置きます。
下手にお日様を求めるより、休眠しか選択肢がない道でよろしく!

ちなみにまだ動きを感じない豆粒ロゼットですが、これでも発根してきてます。
気持ちは静夜つづりかもしれない、という意味のわからない言い訳妄想で乗り切ります。

SN3S2291.JPG

紅化粧も昨年の晩秋はとても素敵なお姿だったのに、徒長クイーン確定な伸びっぷりの冬を越え現在に至ります。
切った頭と、ランナーで伸びた子株のいくつかは別宅にいますが、根元部分はこれまた賑やかになってまして。
増えすぎ感もあるのですが、秋まではかなり楽しめるタイプなので可愛がろうと思っております。

SN3S2298.JPG

最後は年々ロゼットが縮小していくペンタドゥームとかその辺のやつ。
名無しで夜越山で買いました。
しかしこの系統はロゼットが上を向くってのが出来ないの?
5年は育てているけど、上を向いた事は一度たりともありません!
同じと思われるものを葉挿しから育てていますが、それも上を向いた事はありません!

SN3S2300.JPG

で、いつまで経っても不調で子株も出ない、花も咲かない。
傷でもつけちゃえ!とのアドバイスもなるほどと思いつつ、どうせなら切れば早いか!という事でジョキジョキ鋏を入れましたよ。

でも・・・頭はいいとして、なんか切った茎の断面が茶色くてどうなのかな〜と若干不安が(異臭とかはなく、むしろ爽やかな感じすらした)。
今はまだ3等分しただけですが、茎は根元の方がどうなってるかわからない分、もっと切るべきかを迷い中。
この辺は様子を見つつ手を入れたいと思います。

SN3S2284.JPG

最後はおなじみ寄せ植えが花満開なので。
近々、今咲いている花芽は全て切る予定なので記録しときます。
初恋、白牡丹、朧月が咲き、ファンファーレ、リトルビューティーが花芽付き。
ここまでなったのは初めてなので、ちょっと嬉しかったり。
オサレさは無いけど、私はこういうざっくりした寄せ植えが好きなんだな。

では、オチもまとめも無いまま、唐突に終わりマース\(^o^)/

ラベンダーとマンダリンは欠かせないです。



posted by ちまき at 22:08| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

CMYK偏り系

5月ももう後半ですね。
気が小さい私は、植物にとっていい季節が終わりに向かう事を考えると今から辛くなります。
始まりは嬉しいけれど終わりも同時に予感させてくれるから、切ないですね。
てな事も心の片隅にはあるのですが、そんな悲しむ暇があったら気候をフル活用すべく活動するのが最重要。

これからは家庭菜園もスタートだし楽しみがいっぱい!
でも今日は赤い面々の記録を。
赤い=ダメって訳じゃないのですが、植え替え待ちの株もいくつかあります。
ちゃんと置き場を変えれば緑色に戻るんですが、あまりに鮮やかですと、これはこれで良いなあなんて思う訳でして。

コピー (1) 〜 SN3S2105.JPG

なんとか小型レツーサ エメラルドフラッシュ。
これは用土が去年配合の粒状入りのを使ってる=まだ植え替え前で色々と窮屈でこうなってると思われます。
冬越しに甘く管理しすぎると徒長もひどいし、レッド時代は去年からかな。

コピー (1) 〜 SN3S2139.JPG

これは・・・男爵ガーデン ギザハオ(通称)ですね。
こちらも冬に耐えた赤が残ってます。
解体して植え替え完了したんで、これから綺麗になって貰いますよ〜。
味わい深い姿で気に入っています。

コピー (1) 〜 SN3S2138.JPG

カクトロコ産の花鏡。
これって詳細不明なんだっけ。
よく群生し、美しいので好き。
黄緑色の時も赤い時もいいと思う!
エメラルドフラッシュと名札入れ替えられても気付くかなー(笑

コピー (1) 〜 SN3S2110.JPG

これは子株を育苗ポットに入れたまま2年目なので本気の赤。←根拠無し。
先に紹介した花鏡はここまで赤くなるのだ!
後ろにいるのは斑入り十二の巻「白蝶」。
白斑が全然映えていませんが、これくらい激辛管理だと形そのものは整ってますね。
勿論、この先植え替えしますので!

コピー (1) 〜 SN3S2111.JPG

こちらは白蝶とも違う、黄斑入りの硬葉ハオルチア。
青みがかったとても美しいグリーンも特徴なんですが越冬後はこんな色に。
思えば夜越山の売店で買ったあの美しい姿は幻だったのかと思います。
最高の環境だと個体差レベルどころか別物レベルになるからビックリだよね。

コピー (1) 〜 SN3S2115.JPG

これはてきとーさんから頂いた玉扇だな。
一時期こじれてしまいましたが、最近は落ち着いています。
植え替えはもう終わっているのですが、かつてない赤に染まってます。
全体的じゃないのですが、真紅に近くなったのは初めて!
お日様の当たる側だけだし、要は葉焼けなんだろうけどカッコいいな。

コピー (1) 〜 SN3S2112.JPG

最後は自分への戒め・・・ギムノカリキウム属 麗蛇丸。
去年も真っ赤にしちゃってせっかく戻ったのにまたです。
まだ本調子じゃないのに冬越しで苦しめちゃったかなあ。
今までも強光管理してたし、今シーズンこそはちょっとギムノらしい置き場にするか・・・。
雪国としては、強光管理と長い冬のメリハリ管理も決して悪くはなく、花付きもよく生育も良好なんですが、弱ってる時は無理させないのがいいですからね。

既にイキイキしてる多肉植物やサボテンもあれば、これから軌道に乗るものもいるこの季節。
観察してるだけでも楽しいし、庭先ウロウロしまくろうっと!
たまに我が家の多肉を見て楽しんでくださるご婦人と行き会って立ち話したりも楽しいしね♪
ちまきがウロウロしてたらどうぞお気軽にお声を掛けてくださいね(´ー`)
(町内の人でないとわかんないだろうけど)

高校時代の通学靴はこれと同じマーチンでした。
値段は当時でこれの半分でしたが(20年以上前)。
デッドストックで今も新品があるって凄いなあ。


posted by ちまき at 22:29| 青森 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

5月は多肉鑑賞パラダイス

青森市も本格園芸シーズン突入です。
でもまだ最低気温が低いので、田植えが例年よりかなり遅れていたり
草花のハウスでも生育が遅れているのだとか。
そんな時期に無理に育てても上手く行かないので
家庭菜園も焦らずスタートさせようと思います。
多肉もある程度の温度を確保してからが爆発的に育つしね。

って事で今日も記録!今の時期にいい感じになったものを色々と。

SN3S1977.JPG

寄せ植えが大変いい状態になっております。
植え替えて1年も立ってないのに、ちょっと育ち過ぎでもあるのだけど。
でも白牡丹を立派に育てる目標はクリア。

 SN3S1969.JPG

その白牡丹の花もこんなに元気に咲いたのは久しぶりかも。
特に咲かせたいって訳でもないのだけれど
花芽が沢山出ると豪華な感じなので、可能な限り咲かせようと思ってます。

SN3S1975.JPG

違う寄せ植えハンギングでも、目標である朧月を立派にする計画は順調です。
そんな朧月に負けず、マクドガリーが頑張って顔を出していますね。
でもこっちの寄せ植えは花芽は全然出ていません。

SN3S1970.JPG

ファンファーレに花芽が!
何年も育てているけれど、咲かすのは初めてだー。
ぐんにゃり茎立ちしてるのは残念ですが
切れば脇芽が出過ぎるし、このままで行きますわ。

 SN3S1958.JPG

マーガレットレッピン。
植え替え後、まだ根っこが軌道に乗っていないのか閉じ気味。
でも5月半ばにしてはいい色〜。
(根っこが張ってないからってのもあるかな)

 SN3S1962.JPG

ブラッドブリアナは調子を早々に取り戻しました。
色もマックスの色付きではないけど、葉裏の赤みは大好きで。
こちらも立派に育てたいと思ってるので夏頃の姿が楽しみです。

SN3S1955.JPG

最後は名無しのエケ。
相府蓮っぽいようなアガボイデスな何か。
開花した事も、子吹きした事もなく5年くらい育ててます。
でも葉の締まり具合なんかは過去最高かも。
動きの無さは物足りないんだけど、キレイだから大好きだー!

という事で、記録記事なんでまとめも何もないのですが
元気な多肉植物観察は単純に楽しい&幸せ。
植え替えとかちょっと頑張った甲斐があるってものよ。
でも葦サボテンも手入れしたいし、まだまだ頑張らねばっ!
長い冬のあとのこの季節はパラダイスよ。

あと今日はグリーンフォレストさんで、
たまたまブログ読者様にお会いしてしまったの!
もっとお洒落しとけば良かったわ(笑
色々過去記事まで読んで下さってありがとうございます。
すご〜〜〜〜く嬉しかったですよ。
ちょうど切った黒法師もあるし、近々画像アップするね♪

グリーンフォレストさんもお花沢山で楽しかった(*´ー`*)
お客様も次から次へといらっしゃっていましたよ〜。

【送料無料】多肉植物

【送料無料】多肉植物
価格:1,050円(税込、送料別)

久々の多肉本が出ましたね〜!!!

posted by ちまき at 22:11| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

新コンビと根っこ事情

お日様があったかくて気持ちいいです。
アシナガバチも飛び始め、害虫オールスターズも姿を現しはじめ
我が家の庭もカオス状態へ向けて順調です。
(害虫は来なくていいんだけど!)

今日も「スペースの都合寄せ植え」の記録を少々。
空いたスペースを利用しつつ、もしかして相性がいいかもしれないという淡い期待によるコンビ結成。さて、結果はどうなるか。

SN3S1940.JPG

バランスの悪さは気にしません。オサレ度なんて知ったこっちゃない。
メビナとイリア(またはクリスタルの名前で貰ったもの)だよ。

あんまり意味はないんだけど、すぐ群生したがるから気が合うかな、と。
競って増えられるより、本体勝負で育ってくれればいいんだけどなあ。

SN3S1939.JPG

見返り美人2本とピーチブリデ。
とにかくバランスは悪い、、、んだけど嫌いじゃないな。
ごっつい茎の集合がいいのではないでしょうか。
あっちこっち向いてますけど。
大きめのプラ鉢で豪華に育って欲しいです。

SN3S1936.JPG

根詰まりでどんどんロゼット縮小化していた腰曲がり背高ペンタドゥーム&徒長で綴化からノーマルに戻ってしまったトップシーツルビー。
どっちも勢いが止まってたけれど、これを機にどかんと行って欲しいところ。
これ二株ともぷりぷりになったら色合いとかはすごく可愛いんじゃないかな。

SN3S1943.JPG

紫麗殿とパンパカパーンのファンファーレ。
今は根詰まりでスカスカなコンビですが
色合いもいいし、秋前にはいい造形となる予定。

背景に写っております100均のミニ椅子。
本日座面がビリっと破けました。
でも!破れず残ったキワの数センチのお陰で転げ落ちずに済みました。
ビックリしたけど、何年も活躍してくれてありがとうだよね。

SN3S1964.JPG

これは一昨年寄せた、「何か間違ってる寄せ」。
帝玉が融けずにいるだけありがたいんですが、二重脱皮だしー。
しかし何でこうして一緒にしたか自分でもわからない。
オサレを求めてないとか、そういう次元さえ感じないダメっぷりです。

SN3S1916.JPG

関係ないけど、今シーズンの根詰まりクィーンはこれだろうな。
水につけると数倍に膨らむ培養土に近いね。角がしっかり出来てるし。
包丁で切ってオサレなケーク・サレごっこが出来そうよ。

SN3S1954.JPG

最後は良い根っこ。
男爵ガーデンからこの春にやってきた玉扇です。
なんか土から浮いてきたなーと思ってみたら、根っこが凄いやる気出してた!
土中の根も真っ白くて太いのが伸びて本体を持ち上げ
本体からも牙みたいにニョキニョキ出てきていますよ。
ここまで気持ちよくズラっと発根してくれるとは嬉しいのぉ。
今季、かなりの期待!!!

毎年言ってますが、この季節の爆発的な生命力パワーは最高だなー。
地面が熱を持ち、命が湧き出てくる感じ。これを待っていたのだよ。


白か・・・いいな。

posted by ちまき at 16:34| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

多肉な日々 1月号

お正月休みも終わりました。
でも幼稚園児の冬休みはもうしばらく続きます。

野ばらのSAY!

多肉もあんまり観察していません。
見ると病気になってるエケとかいたりして毎回凹みます。
多肉ビッグカツもボリュームダウンしつつ、どうにかこうにか。
挿す場所がイマイチな野ばらの精が、狭くて苦しそうです。

花月夜咲くよ

花月夜だったと思います。
いつの間にか花芽を出していました。
基本、開花時期ってのはアテにしてないけど、今からかー。。。
サボテンも3期咲くものもあるけど、気にしてられませんわ。

デローサ咲くよ

デローサも春に咲いて、また咲くみたい。
顔違い扱いのデローサも同時に花芽を出しています。
切ってもいいけど、園芸ハサミが見当たらないので保留中。

さるタン咲くよ

葦サボテンはこれからお花シーズンなので、大歓迎。
現在5歳の息子がお腹にいた時に我が家に来た
salsaさんち出身の猿恋葦のさるタンも準備中だよ。
この時期、ヤセヤセにしてからドベっと水遣りのメリハリ管理で満開のパターンが定番。
ハティオラもリプサリスも同じ様に扱って毎年時間差で咲いてます。
現在、青柳なんかもヤセヤセで絞った雑巾みたくなってます。

また明るい日にでも記録画像撮ったら更新しまっする。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

バターナッツかぼちゃ

私の好きなかぼちゃ。
バターナッツかぼちゃと言う名前で売られたりしています。
繊維質が少なく、甘みが強いのでスープにするとウンマァァァ〜〜〜イ!!!のよ。
レンジで軽く加熱してから、炒めた玉ねぎと一緒に皮ごと煮て、最後はミキサーでア゛〜〜&味を整えて完成。
今回はお友達から貰ったハンドブレンダーを使ったので短時間ですごい楽に出来ました☆
スープ作り、楽しくなりそうだな〜♪

ところでこのかぼちゃの種ってどんな感じに入ってるか知ってますか?
気になる人は画像クリックで、切断画像が出てきます(・∀・)

ついでに息子の絵本コーナーで撮影していますが
私が子供の頃に読んだものも多数あります。物置から引っ張り出してきました。
当時の本の内容は今に比べて厳しかったり高度な内容だったりでなかなか面白いですよ。読んだ事ある本がある人、いるかなあ?

(すみっこに写っているお皿は息子製作の鏡餅ですが、数年前に息子が丸めた餅を食べて死ぬほど腹を壊したので、申し訳ありませんが100%観賞用でございます。)

私はミルサーもフードプロセッサーも持っているので、このシンプル仕様で問題なし!浅型の鍋に直接入れたけど、飛び散らずに使えましたよ。
posted by ちまき at 14:56| 青森 | Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

今日は初氷だったそうです。

あーもう11月も後半なのか・・・。
多肉棚を一つ室内に移動したので、結構気持ちに余裕はありますが
まだハオルチアを中心に屋外管理継続中。
さすがに来週、週間予報でだけど最低気温がマイナス2℃の日があるようなので、その頃にはALL移動かなあ。
あ、タイトルの「初氷」とは初めて氷が張ったという意味です。

霜柱

そんな青森市、朝8時過ぎだとまだ霜柱が庭に残っていたりします。
この霜柱がセンペルの名札を持ち上げてるっつー噂ね。
これだとちょい解け始めだし、踏んでもそれほどいい音はしないかな。
ガリッ!バリッ!って鳴るとちょっと気持ちいいよね。
朝の水溜りの氷をパリンと割って歩くとか。

思ったより赤くならない

宝珠と虹の玉やオーロラ。
つぶつぶ型セダムはいい色だけど、宝珠が何か物足りない色合い。
こんなんでマックスだったっけ?
先細りな育ち方をしているし、状態はイマイチなのは確かではあるけど。

凍結?

グラプト寄せ植え、冷たい雨がそのまま降り注ぐ環境であります。
でも一部、狭くて無理に育ってた細長株が凍結して腐ったっぽい。
こういうのは個人的には淘汰みたいなものと考えているので
例え今元気でも、極寒の玄関でモヤシ化の可能性もあるわけで、潔く諦めます。
まあ、こんな風になったのは全体でこの1株だけ。みんな強いぜ。

復活・雅楽の舞

実は去年の冬、極寒玄関管理で枯らしたと思っていた雅楽の舞。
単なる枯れ木になったので、捨てるか迷いつつ放置しといて良かったー!
1株はシワシワになって本当に枯れましたが、完全ハゲから新芽が出てきましたよ。
いやーよく頑張ってくれました。嬉しいです。
ここまでして、君はギリギリの管理じゃ危険すぎるって学習出来ました。
可哀想な姿にしちゃったけど、今度は確信を持った管理で越冬に望めますぜい。
小さな変化や発見ですが、自分には大きな収穫です。

posted by ちまき at 22:22| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

紅葉とささやかな復活

未だケツの導火線は湿気たまま。
多肉トレイの掃除とかも手付かず!
高校入試の国語で「油断大敵」って漢字で書く問題が出たっけ。。。
数年前まで、公立高校の受験問題の英語・国語だけは解き続けてきました(関係ない)

画像だけは撮っているのでまとめて記録じゃー。

高砂の翁綴化

高砂の翁綴化。
5月はカッサカサでみすぼらしかったけれど、ここまで復活!
よく見ると、まとまりのないままなんだけど、色の赤さは七難隠すと言いますか何と言うか。
でもまた来年カッサカサのスッカスカになったら今度こそきつそうです。

大和美尼

大和美尼。
気温差のある乾燥期に存在感出ますね。
ロゼット内部はちょっと具合悪いんだけど。。。

ジュリア

ジュリア。
相変わらずシャモジみたいな葉っぱは少なめ。
でかいんだけどゴージャスになれないお方です。
リレーのバトンにもなれそうな茎だぜ。

魅惑の宵

紅葉の時期に何度も登場している魅惑の宵。
すぐ赤くなるけれど、最低気温が高いとすぐ褪めます。
なかなか敏感なので、色が褪めると最近そんな冷え込んでないのかーなんて思ったりね。

ケルレセンス

赤くないけどケルレセンスのこの色が好き。
もちっとピンクにもなるのですが、この肉厚も保ちつつの今がいいね。
でかくなるモードにもしていましたが、現在はこじんまり期。

ドーン

UPする機会がなさそうなコチレドンもチラっと。
大きいのは福助。殆ど変化なかったなあ。
小さいのは福娘。
こちらは小さく葉が密集したのは悪くないわ。
しかーし、室内管理になったらあっという間に伸びるだろなあ。

カット その後.

最後はALLカットで丸ハゲだった、とある鉢の記録。
自分じゃ追肥やら水遣りでモリモリさせるつもりでしたが、実際は存在をほぼ忘れていたので、全く持って面白みに欠ける物足りない結果となりました。
反省してますって事で、律儀にアップしておこうと思った次第。

このアルバム、素晴らしすぎる。
posted by ちまき at 13:46| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

毛の生えてるのとか

今週は天気がいいようです。
多肉の室内移動への作業もあるんだけど、ダラダラするのが私の特徴でケツに火がついてから一気にやろうかと思っています。
ダラダラしている間に初雪がうっすら積もったり解けたりしつつするかもなあ。

話は変わりますが、JIMMY GUNSのベストが出ますねー。
disk unionで予約すると1991年のライブDVD付きと来たもんだ!

今日は毛の生えてる系多肉を色々と記録。
属バラバラですけど、「毛」つながり。

熊童子

熊童子。
多肉栽培初期から育てています。
結構大きくしたりもしたのですが、冬にハゲ散らかしてしまうので、結局はあまり変わらない姿に戻るのがパターン。
増やそうと頑張ってもあんまり上手く増えないので、自然にまかせるのがいいと気付いたのは何年前だっけ。

子猫の爪

子猫の爪。
今年は大きな花が咲いていたので、本体はすっかり縮小。
この時期には小さすぎの気もしますが、ギュッと出てる新芽が何とも可愛いです。

ロゲルシー

ロゲルシー。クラッスラ属です。
紅葉も綺麗ですが、一年中、いつ見ても可愛いなあと思います。
シルバニアファミリー肌が最高です。なでなで。

何とじ?

何兎耳だっけ・・・?
ウサギミミをまとめて植えた鉢。
縁が黒いのが黒兎耳、点々が月兎耳とかかなあ。
全体で見るとかなり伸びててバランス悪いんですけど
生長点が整っているならいいだろうとう甘い判定です。

何兎耳?2.

何兎耳2。
んー白兎耳ってあったっけ?
おっぱい新芽、可愛いですよね。

ゴーラム

毛が生えてませんけど、ゴーラム。
無理矢理つなげるにも、何も無いけど登場。
一時期、寒さに負けそうになったりワタムシ付きになったりで随分縮小しましたが、何とか復活してくれました。
不調を物語る茎立ち姿ですが、これも長いこと育てているので何とか枯らさず済んで良かったと。
こうして茎を見ると、あーやっぱり金のなる木なんだなあって感じますね。

違反です

おやおや、ピストはいけませんよ。
あ、でも公道じゃないならOKなんですけどもね。
はな○っぱのエンディングに出てくる自転車もピストだと山親父が指摘しておりました。
まともに描くと大変だからこうなるのもわかるんです。
でもれんたろうほどになると話は別です。イライラ

サンキャッチャーに冬の陽の傾きがいいんですよねぇ。
お部屋にキラキラレインボー。

ロングタイプの方が光を掴みやすいかな。

posted by ちまき at 13:32| 青森 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

好調も不調もひっくるめて

息子が風邪で幼稚園をお休みしています。
結構元気なんだけど、昼食後はパタリと寝てしまった辺り不調を感じます。

月錦は横からが良い

この前もupしましたが、横からの姿がいいので再び登場!
月錦、葉裏のツヤのある赤が素晴らしいです。
茎も赤いのが更によろしい。

メビナ

メビナ。もっと赤くなるんだけど。
しかしいつも型崩れがどこかに必ずある状態。
現在も両脇がえぐれているような感じ。

両脇

そんな両脇えぐれのワケは↑コレ。
左右ほぼ対象に直角子吹きをしているからなのです。
なんつーか、「ここをつまむ」みたいな位置なんでつまんでやる。
整えたいけど、キリがないね。

紅化粧いい感じ

こちらも個人的に好きなので割と早い再登場の紅化粧。
先月、3株同居していたのから独立させたのですが、打てば響くで生長したなあ。
ちょっと長雨もあってベロン感はありますが、すぐにサイズアップ。
これでもっと葉先が染まった日には相当素敵よ。

黄金期を活かしきれなくてゴメン

青い渚。100均出身。3株入りで保険のため1株別にしといたのが枯れました。
しかも今年の5月より葉の数に関しては減少しているしょんぼりっぷり。
なんというか、植わっていても根がしっかり張っていなそうな感じがいつもしていたので大きくなれなかったようで。
このまま冬かと思うと、申し訳ないっ。どうにか枯れずにお願いします。

寄せ植え 晩秋

育ちまくりの寄せ植え記録も再び。
更にいい色になるのはこれからなんだけど、雰囲気が変わっていいねえ。

ハオ寄せ

最後は子株やら色々詰め込んだハオ寄せミニプランター。
最初は根もなく赤茶色の株もありました。
特に目立つ要素もないのですが、来年も育つ余白も残っていて嬉しい。
夏場あたりに少し遮光したら、相当涼しげな寄せ植えになってくれそうです。
色々なグリーンが混じっているのが良いのよ。

このように特にテーマもない晩秋の記録は、室内移動の日までいくつか続く予定です。
そいではまた。

【送料無料】SWEET LITTLE FLAMES

【送料無料】SWEET LITTLE FLAMES
価格:2,300円(税込、送料別)

プラスの気に満ち溢れたSAの新譜!最高です!!
息子もDVDを見て、ドラムの真似っこしたりしているよ。
posted by ちまき at 14:56| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

実りの秋

今日の前フリは「眼鏡洗い」についてちょこっと。
眼鏡派の人は、レンズとフレームを水洗いをすると思うのですが、その際何を使って洗っていますか?
私は石けん生活をしているので、ここ2年ほど台所用石けんを使っていたのですが、眼鏡にアルカリ性はよくないと知り、少々不本意ながらも専用洗剤を使うようになりました。
販売店の方によれば、台所用の「中性洗剤」でも十分だそうでママ○モンなんかは結構良いんだそう。でもあのでかい容器を使い切るまでかなり掛かるし、泡立ての手間も考えればってので専用洗剤にしたんだけどもね。
で、肝心の使い心地ですが、台所洗剤より油膜や指紋も残らず確かに快適でございましたわよ。
サトーメガネ青森浜田店さん、その節はお世話になりました。
(買ったの何ヶ月か前ですけど)
選ぶときはゆっくり自由に、でもいざという時の接客が親切ってのが一番安心です。

玉翁の実

今日の1枚目はマミラリア属 玉翁。
丈夫でよく咲く育てやすいサボテン。
これまでいくつのもサボテンが結実していましたが、実はこの玉翁の結実は、育て始めて7年位経ちますが初めてなんです。
ノーマークだっただけに、しばらく気付いてませんでした。

ぴんくとうもろこし!

メタリックピンクのとうもろこしみたいな実が可愛いわあ。
でも蒔く気は特にないので、何かの鉢に転がしておきました。
誰か手相にいい線があったら教えてプリーズ。

まあまあ?

地味なセダム寄せです。
茎立ち株を目指す宝珠の足元に粒粒セダム。
思ったより立派にならず、軟弱ゥな出来に終わりました。
でも組み合わせは気に入っているので、引き続きこのまま行きます。

乙女心

ちょいと規模縮小しています乙女心。
紅葉はこれからですが、ブリブリぷりぷり加減はまあまあかな。

銘月

久々登場の気がする銘月。
春にバッツンバッツン切って結構いい感じに戻ってました。
あんまりこの手のセダムって得意じゃないのですが
こういう一般的に丈夫な普及種と言われているものを、きちんと上手く管理出来るようになりたいなって思ってるんですよね。
これは普及種だし〜なんて軽く言うくせに、育てるの下手って悔しいから!

コルチカム

最後は息子の誕生日頃から咲き乱れるコルチカム(イヌサフラン)。
春に葉っぱだけ出て、秋に花だけニョキニョキってのが面白いよね。
他、マユハケオモトもこの時期に咲くのが恒例なんですが
今年の夏に母が車で軽く轢いてしまったので、咲くほど元気じゃないんです(つω;`)

眼鏡の話から見事に何の繋がりもないまま終わりまする。
まだまだ紅葉したり褪めたりですが、初霜が降りる季節になりつつあります。ふぅ。。。


SAの新しいアルバムが出ます!!!
posted by ちまき at 21:27| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。