現在の閲覧者数:

2012年07月22日

咲いたり折れたり

さて夏休みです(息子が)。
今月いっぱいは夏期保育があるので楽なのですが。

7月は行事も多く、色々頑張ってる間、庭は放置になってしまい植え替えもストップしたままですが、春に手入れをしたものはきちんと応えてくれているのが救いになっています。
こればっかりは楽して手に入らないお楽しみ。
植物は嘘をつかないねえ。

SN3S3371.JPG

これは2009年に友達に頂いた「ギムノカリキウム」。
謎ギムノだけど、うちにはないタイプなので開花までずっと大事に育てていたのですが、この度やっと開花してくれましたよ〜。
蕾出現からホントに楽しみで楽しみで。

何となーく白花かなーと予想していたのですが、この美しいピンク!!!
この色味は初めてだし、嬉しかったー。

SN3S3379.JPG

ツイッターで謎ギムノって事で見てもらったところ、
ギムノ好きのまきぼうさん達に情報を頂きまして、蛇とか竜とか付く系の色変わりあたりかも?と絞られてきました。
属名だけの販売でしたし、断言はしませんが、かなり近いかなーってのも見つかって、それだけでも嬉しかったり。

あーこれまた毎年の開花が楽しみなサボテンだなー♪

SN3S3684.JPG

愛しのレイダこと、麗蛇丸もまた咲いてくれましたよ。
本体は相変わらず梅干レッドなんですけどね。
この花は花芯のグレーが渋いのです。

SN3S3402.JPG

こちらはプセウドロビビア属の豊麗丸
自分の過去記事で属名が変わったかもとか書いてるけど、何になったんだかは思い出せない無責任さ(笑

実は植え替えをサボっていた2年間は開花数も減っちゃっててね。
胴咲きで多花なはずなのに、ごめん。
今年はまだ蕾が出てきているのでやっと調子を取り戻してくれるかな。

SN3S3433.JPG

豹紋も咲きましたよ。
葉っぱの模様とこの花、たまらんものがあるよね。
こちらも久々に植え替えてゆったり。
分球や自然の実生でどんどん増えていきました。
ちなみにダ○ソー出身。100円のを二株買ってこんなに増えました。
むしろ増えすぎないよう気をつけていたのにね。

SN3S3423.JPG

こちらはまだ咲いていないのですが、サブセシリスの花芽が裏から見るととても美しかったので。
多肉植物の花は蕾がいいものって結構ありますよね。
サブセシリスは、このムーミンの体の色のようなトーンがよろしいです。
(個人的イメージ)

SN3S336444.jpg

今日は花ネタだったんだけど、最後は違います。
息子が持っているのは、黒法師の挿し穂・・・。
切りたくて切ったのではなく、この前いきなり折れたんです。
風とかじゃなく、1メートルを余裕で越しているのにクランク状に曲がった茎が問題だったようです。
ちょうど薄皮1枚残してポキンと。気持ちいい位ポキンと。

まあ挿し穂にする分にはいいのですが、残った根元部分も結構長いし新芽も出るだろうし、結局はまた増えるって事なんですけどね(;´д`)ゞ

大好きなんだけど、私が育てると巨大化するからどうしたもんかと。。
でもまあ可愛い黒法師には変わりないんで、大事にお手当て致します。

てな感じで、最近の徒然でございました。

【送料無料】Bollocks(no.003(2012 8))

【送料無料】Bollocks(no.003(2012 8))
価格:935円(税込、送料別)

003も出ましたよ。早く届かないかなー。
posted by ちまき at 23:02| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

サボ花コレ 2012初夏

先週の金曜日はSAのライブに家族で行ってきました。
久々のパンクライブでしたが、高校時代からの友達も関東から参戦したりと最高に楽しかった!
作った当時はまさか青森に来てくれるとは思っていなかったけど、この段ボールギターを突き上げ息子と大暴れして来たよ。
メンバーの方とも写真を撮ってもらって幸せ〜〜〜〜。
PUNKROCK万歳!繋がるコムレイズ万歳!

SN3S2900.JPG

サボ花色々咲いてまーす。
これは100円抜き苗で買ったニシキマル。
いつもぐるっと蕾が付く割りには、バラバラに花が咲いて不発っぽいんだけど今年はいいね!
咲く前のミサイルが突き刺さった様な状態も好きですよ。

SN3S2898.JPG

出掛ける用事が多く、一番いい時間帯を見逃した緋花玉。
でもなんとか夕方前に咲いているのを見ることが出来ました。
後ろにある名無しギムノも遂に蕾が付いたし、何色か楽しみ〜。

SN3S2974.JPG

アイロステラ属、新玉。
よく咲き、よく子吹きし、よく種の出来る良いサボテンです。
・・・が実はこれ、親株はアカダニ被害で瀕死で、取れた子株か実生っ子かのどっちかなんだよな〜。
そこがわからないのは残念ですが、子孫が咲いてくれてありがたいの一言!

SN3S2764.JPG

マミラリア属 カルメナエ。
まるはさんから頂いた、ノーマルより観賞価値の高い仏頭タイプ。
こちらもタイミングが合わず満開時の撮影が出来ませんでしたが、もふもふの中の肉厚の白い花びらが可愛いのです。
全体に白っぽくまとまってるってのが最高に良いのです。

SN3S2459.JPG

こっちは普通のカルメナエ。
お花も花びらが薄めでとんがってて同じカルメナエでも印象が違いますね。
あと、棘で見えないけど中の人がシワだらけっぽい予感・・・。
でもこの奥ゆかしい感じの咲き方はやっぱり可愛いのです。

SN3S2835.JPG

チョウチョウマルも咲きました。
毎年3つくらいは咲いているのかな。
地味と言えばそれまでなんだけど、小型で咲くマミラリアって好きなんです。
あと白っぽい花がやっぱり私は好きなのかなー。

SN3S3008.jpg

最後は孔雀サボテン。シンデレラって名前だったかな。
これは毎年咲かせています。
黄色と白もあるんだけど、そっちは全然咲きません。
要は管理が下手なんですね。
一応ちゃんとやったつもりだったのですが、結果が出ないって事は全然ダメだって事ですね。ごめん・・・。

他にも銀沙丸とか既に咲いているのもあるし、獅子王とかヘキルリとかこれから続々咲く予定で楽しみがいっぱいな毎日。
バタバタした暮らしの中で、ふと見たときにポコっと咲いていたりすると嬉しいんだよね〜。
家庭菜園も間引きしたカブの葉を食べたり、わくわく度が上がってきているし、夏が待ち遠しいです!

資材整理にもかなり便利!スタンプを押すとオサレになります。

posted by ちまき at 22:09| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

サボテンの花とセダムロード

最近、ジョジョの奇妙な冒険を読み返していました。
以前は第3部が好きでしたが、今は第5部が一番好きです。
次に好きなのは第4部かな。勿論、シュプール9月号は買いました!

いい香り

何となく記録も忘れがちなサボテンの花もきちんと残そうキャンペーン。
刺なしのエキノプシスが咲きました。
もう1つあるけど、そっちは不調で根っこ無し。
この白花はすご〜くいい香りで咲くと幸せ。
甘くなくて清涼感がある香りですよ。

刺なしプシス開花

ダブルで咲いています。

わっさーダブル

昨日はこんな感じになってました。
ニコちゃん大王には長すぎるな。
雨ざらしで育てているので、蕾の毛が濡れててどす黒い。
でも咲くとあの純白なんだから美しさが際立ち、ディ・モールト(非常に)良いッ!

豊麗丸 咲く

よく咲くプセウドロビビア属 豊麗丸もまた咲きました。
携帯でそのまんま撮ると、コントラストが強すぎて色が飛んじゃうね。

プセウドロビビア 豊麗丸

検索すると属名が変わったらしい?
まだ調べ中なので、買ったときの札名で紹介しています。
兎にも角にも、丈夫でよく咲く育てやすいサボテンですよ。
今回は単独咲きですが、2〜5個まとめて咲いたりして見応えもあります。

セダムロード

久々登場の、近所のセダムロード。
単に土手に自生したマンネングサの群生。
春は花が咲き、白っぽい道となり、この季節はいい具合にグラデーションが綺麗です。
息子とのんびり、買い物がてら遠回り散歩を楽しみつつ撮影。
川の先は陸奥湾です。自転車で10分程度で港に着くよ。




第4部はこのレストランに行きたいよね。
posted by ちまき at 15:26| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

サボテンを記録する

風邪を引きました。喉だけ痛いです。ショボン。
今日はサボテン記録。記録しないと変化にピンと来ないし
たまにまとめておかないとね。
5年以上育てているものが多いので、色々忘れちゃうし(;´д`)ゞ

海王丸?

海王丸と思って育てているサボテン。
2009年春、初登場→☆
比べてみると、もうすっかり海王丸の顔になったかなって感じね。
緑も濃くてカッコいいぜぃ!
来年、咲いてくれたらもっと褒めちゃうわよ。

ギムノカリキューム

名無しの「ギムノカリキューム」の名札付きだったサボテン。
初登場は2009年夏→☆
小さい時に3本刺でバッテリーっぽいと思いましたが、今はすっかり5本刺です。わはは。
バツ&テリー説は白紙。のー。

新天地

えっとダイソーで買った「新天地」。
初登場は2007年4月→☆
咲いたことはありません。地味〜に育ってるだけ。
刺があまり活き活きしてない気もしますが、本体が痛んだりがないだけありがたや。

麗蛇丸

アホみたいに赤くしてしまってゴメンナサイの麗蛇丸。
何とかRED地獄から抜け出せそうです。
穴空いてたり、痛みも多いですが愛しのレイダなんです。

男爵garden 般若系

2007年8月男爵ガーデンより届いたアストロフィツム般若!
でっかくなったんだけど、まだ咲いたことありませーん。
でも今回比較してみて、白点の入り方とか変化してたのに気付きました。
以前は稜の辺の部分に集中していたのが、面に散らばってます。
なかなか個性的で美しいので気に入ってるよ。
もっと緑が深く濃くなれるハズなので、来期はそれが目標だな。

なんだっけ?

2005年10月に買ったサボテン。100円抜き苗で「キョシュー」として購入。
フェロカクタスの巨鷲玉で間違い無さそうかな。しかしアホな画像だ。
幼苗時代は顔が随分違うんだなってのがよーくわかるね。
結構巨大化するらしいので、あえて植え替えサボりの放置でしたが、それだと折角の赤い強刺がくすんじゃうので、2年ぶり位に植え替えました。
十分今でもデカイんですけど、生長点の赤い刺、やっぱりいいわー。
巨大化には若干消極的なんで、鉢サイズはギリギリが基本でしたが、このサボテンならデカイ鉢で玄関に飾っても見映えして良さそうかな?
家にある鉢で誤魔化してたけど、来年は専用のを買ってドカンと育ってもらおう。

まあアレだ、フェロはコレがいいんだよな

この辺りは眺めていて飽きませんな。
冬の極悪環境にもへこたれないし、夏は半雨ざらしの日除けも一切ない西日付き置き場。それでも大丈夫。焼けもしないし、冬もとにかく寡黙に耐え切る!
強刺になるだけの性質は雪国の四季にも負けません。
なんかなあ、もう6年も一緒にいたのかと思うとありがたみが増しますね。来月で7年目だよ。
息子よりお兄さんですよ。

個人的には大変満足の記録でした。冬越しが大変で数も減ったサボテンですが、あるものを大事に長く育てていければと思います。
再挑戦しないのも愛。数が減った分、デカくなるものはデカくするべく育てるとか楽しみ方も色々あるじゃろ。


アイリッシュパンクでテンション上げてこう。
【送料無料】ソーイングバリエーション

【送料無料】ソーイングバリエーション
価格:1,000円(税込、送料別)


洋服は自作で乗り切ります。青木さんパターンは簡単で可愛いよ。
posted by ちまき at 22:34| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

良寛さま

タイトル、よしひろさまじゃないですよ。
りょうかん様ですよ。
詳しくはwikiでも見てください。
辞世の句がすごく好きだな。

良寛様

昨年10月にまきぼうさんと多肉交換して我が家にやってきました
ギムノカリキウム属 良寛。
サボテン下手を自覚しつつも思い切って譲っていただいた大事なサボテン。
強刺だけど上品で、うちにあるギムノの中では異色の存在。

良寛さまの子

良寛さま、お子様出来ていました。
いつの間にかおとーさんになってくれてたんですね。
季節的にこれから上手く育つか心配ですが、
めでたい事に変わりありません。
冬の日照不足の間に
アカダニに負けたらどうしようって今から心配だわ。

1105頬染める良寛さま.jpg

そんな良寛さま、今年5月はこんなに真っ赤でした。
冬を耐え抜き、雪国の朝晩の温度差やらでポワっと。

ふむ。こうして見てみると5月から一回り大きくなったんだね。
派手な生長じゃないけど、見てわかるとやっぱりホッとします。

ランポー咲く.

開花サボ。
100円抜き苗か何かだったヘキルリランポー(自称)。
今年もいくつかの花をつけております。
メタリックなパステルイエローが可愛いね。
黄色いサボ花が好きなんで、嬉しいな。

ロビビオプシス・・・世界の図?

これも100円抜き苗で買ったもの。
「ロビビオプシス」の名で・・・・えー2007年に買ってたんだ。
軌道に乗るまで4年かあ。長い。長すぎる。
名札どおりだと、エキノプシスとロビビオの交配種なので楽しみにしていたのですが・・・やっと丸くなってきたと思ったら黄斑出現。
結局プシスの世界の図だったというオチなのかなあ。
まあいいんだけどね、元気に育ってくれるならそれで。
とか言いつつ、オレンジ花とかピンク花だったらいいなという夢は捨てずにいますけど。

地味ですけど、サボテン記録でした。



ダッフルジャケットが可愛い。
posted by ちまき at 13:27| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

サボコレ 2011初夏

息子、胃腸炎に!家族感染しないようビクビクな日々。
父も入院しています。どっちも早く元気になってよー!
イベント近くになると具合悪くなるコンビです・・・。

サボ花、咲いています。
今年は植え替えも結構したんだけど、ギムノの蕾が少ない年かも。寂しい。
ちなみに植え替えは蕾があってもほぼ問題ないのでさっさと出来るうちにしてしまいます。

シンデレラ

孔雀サボテン、「シンデレラ」の名前で買いました。
沢山蕾があったのに、虫に食われたりで結局咲いたのはコレだけ。だけど存在感はさすがって感じで二日間ニコニコ楽しませて貰いました。
しかし葉っぱは虫食いで穴だらけー。裏にはマジックで「ピンク」って書いてあるし色々ゴメン。

玉翁

長いこと育てているマミラリア玉翁。
下手すると一年に3回咲いたりしております。
なかなか咲き揃うタイミングが合わず、隙間のある冠にしかなってくれません。

ニシキマル

100円抜き苗で買ったニシキマル。
これはどちらかと言うと、咲く直前の蕾ぐるりの姿がお気に入り。
てか、ぐるりと咲き揃う事がまず、無い(笑

銀沙丸

これも結構長い付き合いの銀沙丸。
この人も冠咲きしてくれそうで、いつもしれくれないの。
マミだけど刺が立派で植え替えに難儀するので3年はガマンさせてます。だからか?

チョウチョウ

去年、100円抜き苗で買っていたチョウチョウ。
マミラリアの蝶々丸だっけか?最近面倒なのであんまり調べてません。
普通に育てて咲いたらそれで嬉しいしね。

それにしたって小型で咲いてくれるタイプだったとはねえ。
しかも色がピンクじゃなく、ほぼ白なのがいいね。
白花サボが欲しかったので良かったよ。

他、多肉の花もちょこまか咲いております。
あまり嬉しくないセンペルもね!
育てて咲かせる、多肉やサボテンはそれだけが目的ではないけれど、春〜初夏はやっぱりお花あっての賑わいだなって感じます。



幼稚園お休み中の息子にパンクを聴かせてみる。
でも本人はもちっとダンサブルなのがいいみたい。
「僕もギター欲しいなァ」。そのうち母ちゃんのテレキャスやるよ。
youtubeで30周年ライブの初期メンバーでのRadical Real Rockを観ました。リアルタイムでこのメンバー時代のライブ、見たかったものです。LOU最高!
posted by ちまき at 22:41| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

サボコレ2010 その2

7月も半ばですね〜。
いい季節だけれど、北国の多肉黄金期も既に折り返し地点で、既に淋しい・・。
あんまり植え替えとか出来なかったからね。
それでも咲いてくれるサボテン達よ、ありがとう。
時差があるけどまとめてUP。

ヘキルリ

昨年蕾付きで買った、自称・ヘキルリランポー。
今年は正真正銘、我が家で咲いた花です。
この辺はこだわってしまうんですよね。ね、まきぼうさん♪
シルクのジョーゼットみたいな質感がとても綺麗だわ。
ついでに同じ時に買った、コインペペはもう時間の問題。もう買っちゃなんねぇです、私は。

ししおお

100円抜き苗出身の超チビだった「ししおお」ことノトカクタス属 獅子王丸。
とにかく頑丈なサボテンですね。
種も毎年出来ますが、脅威の発芽率・生存率で二度と蒔かないと決めています(非道
君とは長い付き合いになりそうだし、許してね。

プセウドロビビア属 豊麗丸

こちらは2009年5月購入の、プセウドロビビア属 豊麗丸
今年はイベント参加の日の朝に咲き始めたため、全開のいい姿を見ることが出来ませんでした。
どんどん蕾が出ているので、次回分に期待。
ローズピンクがとても多肉棚に映えていいねー。
蕾はモジャモジャ、大人です(何

アイロステラ 新玉.jpg

アイロステラ属 新玉。
レブチアの親戚なんだっけ?胴咲きで沢山蕾を出し、次々咲いて楽しませてくれます。
子吹きもすごく、花もまともに咲けなくなったので今年は少しバラしました。
ピーナッツより小さい子株も根っこを出したし、結構丈夫みたいですね。
実もコロコロよく出来るサボテンです。

孔雀サボテン

孔雀サボテン、今年も咲きました。
父が退院する日に咲くというにくいタイミングだったんだよなあ。
咲く二日前くらいから蕾が妖艶さを出し、パラリパラリと外側が開くのが良かったな〜。

ヘヴンリーブルー

サボテンネタですが、朝顔もついでに・・。
オアシスで100円で買ったヘブンリーブルーが咲きましたよ。
綺麗に畳んだ染物の風呂敷みたいだ〜。
蕾は紫っぽいけど、咲くとしっかりブルー。
しぼんでしばらくすると、また赤みが出て紫になってました。
朝顔は何年か前から気に入った色を育てようと思っていましたが、この品種を選んで良かった!
種も採って是非、来年も楽しみたいと思います。

posted by ちまき at 21:41| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

サボコレ2010 春〜初夏

青森でもサボテンの花が色々咲き始めました。
じっくり撮影していられなくて、ベストな時期を逃してしまったものもあるなあ。。残念。

黄花宝山

レブチア属 宝山。
こいらは毎年、たくさんのお花を咲かせてくれます。
今年もギュウギュウに蕾が出ていて、狭すぎて花びらがしっかり開けないものありました。
元気になるこの黄色がとっても好き。
胴咲きってのもいいよねぇ。

玉翁

マミラリア属 玉翁。
多肉植物とサボテンを本格的に集め始めた初期に入手したものですが、こちらも毎年グルリと王冠咲きで楽しませてくれます。
つーか、真冬も一度咲いたりで2年に多いと3回咲くのはうちだけ??
ものっすごい強健で、爺様な名前が似合ってない気がします。

銀沙丸

マミラリア属 銀沙丸。
こちらも結構初期から育てているサボテン、随分大きくなりました。
育つにつれて棘も立派になってるかも・・。
これはグルっと蕾が出ても、なかなか開花が揃わないのがいつも残念です。

カルメナエ

マミラリア属 カルメナエ。
普通タイプより観賞価値の高い刺を持つタイプ。
まるはさんから頂いたお気に入りさんです。
こちらも時間差で白いお花が咲いて楽しませてくれます。

雪晃

ノトカクタス属 雪晃。
これも初期に100円抜き苗で小さい幼苗を買い、5年位育ててやっと咲きましたわ。
白い刺に真っ赤な花で撮影の調整が難しくて出来ませーん。
でも凄く目を引くお花を遂に咲かせられて嬉しいな♪

月世界

こちらは青森県内あちこちで?出回ってるエピテランサ属の月世界。
4月だったかなあ。3つ入りで購入。単なる買いました記録です。
触っても痛くないし、綺麗なサボテンですよ。

 テフロカクタス  松笠団扇

こちらも今月アガリさんも購入したテフロカクタス属  松笠団扇。
最初、これはナンだ?と随分と検索に難儀しました(笑
途中、とんでもない通称が定着しそうになりましたが、判明してスッキリ。
小型ウチワサボテンになんですね、これって。
初めての属でどうなるかわからないけど、観察を楽しみつつ育てて行こうと思う個性の強いサボテンです。

今期は植替え自体、ロクに出来ていないのでさすがに増やすのもスローペース。冬の事もあるし己のキャパを忘れず多肉な日々を送っていますよ。
時間を見つけて撮影をし、黄金期の更新は頑張りたいものです。
posted by ちまき at 22:04| 青森 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

サボコレ2009夏 *花*

先月から咲いていたサボテン色々をまとめて記録。

エキノプシス 名無し

エキノプシス属 名無し。
全部で5つ蕾が出てきているうちの2個目。
1個目は午前中の用事をしているうちに萎んだわ。
香りもとてもよい、いいお花。プシス最高。

黄花宝山 6月開花

レブチア属 自称・黄花宝山
今年も沢山咲きました。レブチア大好き。
しかも1つだけだけど、初めて結実した様子。
乾果らしいのですが、いつ採種すればいいかなあ。

アイロステラ新玉

アイロステラ属 新玉
これも良く咲きました。次々咲いてにぎやか。
しかも子吹きもしすぎなほどで、めりこんで咲けなかった花まで。
結実もかなりの数しています。実生は・・どうしよっかな。

豊麗丸 6月開花

プセウドロビビア属 豊麗丸
今年の5月に買ったサボテン。
胴体から派手にラッパ咲きして見事でした。
濃いローズピンクが新鮮。

ギムノカリキウム 麗蛇丸

ギムノカリキウム属 麗蛇丸
よく咲くギムノ。
花も自己主張は控えめだけど存在感があっていいねぇ。

マミラリア ニシキマル

マミラリア属 ニシキマル
100円抜き苗出身。
時間差でライオン咲きにはならなかったけど、しっかり王冠のように。

マミラリア 満月

マミラリア属 満月
去年アガリさんに頂いたもの。
花は二つ。咲いたのは時間差だったけど、蕾の時はうさぎの耳みたいで可愛かったですよ。

マミラリア ブーリー

マミラリア属 ブーリー
こちらもアガリさんに頂いた、確か100円抜き苗もの。
プランター植えで日照など偏りがあったので、前半分にしか蕾が付きませんでした。

ノトカクタス 獅子王丸

ノトカクタス属 獅子王丸
こちらも元々は100円抜き苗出身で4年以上育てています。
立派に育ったし、毎度結実してくれてますが、
実生したら発芽率とか良すぎるんでもうカンベン・・。
青森の冬もなんのそのでお子様達は生き残ってます。

これで全部じゃないんだけど、こんな感じで沢山咲いていますよ。
これから咲くものもまだまだいます。
家庭菜園やハーブも調子いいし、やっぱ夏はいいね。
posted by ちまき at 22:43| 青森 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

サボコレ2009春 その2

マメな更新をすればいいのだけど、しないために画像多いです。
内容も特にコレってのはなく、記録メモ的な感じでございまする。

年に2〜3度咲く玉翁

玉翁今年も咲きました。つーか年に3回咲いたりしてるけど大丈夫かな。
こっちの気候は春を意識し易い気温変化が多いのか、秋にも咲いたり、12月にも咲いたりしていました。
これを買ったのは2005年5月だったんですねぇ。結構長いこと一緒にいるんだね、君とは。

仏頭カルメナエ開花

まるはさんに昨年10月に直接お会いしていただいたカルメナエ仏頭タイプ
新しい棘もどんどん出ていて、お花も沢山咲いていますよ。
まだまだ蕾が付いています。フカフカの刺の間から咲いていて可愛いなあ。

たぶん海王丸

こちらはアガリさんと夜越山デートの際にいただいたギムノカリキウム属 海王丸(多分)。
いつか欲しいと思っていたのを、アガリさんが電波受信してくれたのか某所で見つけてワタシ用に植替えもして準備してくれていたのですよ(つω;`) ウレチイ
こちらもいい感じの刺を次々出してきております。大事に育てますね〜!

ペンタ出産

ギムノカリキウム属ペンタカンタ。
2005年秋に100円抜き苗で買ったものです。大きくなったなあ。
綺麗なお花も咲くようになったし、肌もマットにスベスベで大好きなサボテン。
こちらは植替えをしてビックリ。土の中にお子様が控えておりました!
しかも違う刺座からも小さなお子様が吹き始めてていつの間にかおかーさんになってたの!
ペンタ可愛いよ。えらいよ。よく頑張ったね。親子で大事にするからね。
あ、しかもうちでギムノの子吹きは緋牡丹錦以外ではお初だ!

スルコ様

こちらは2007年春にcaeruleaさんからいただいたスルコレブチア属 SP
ガッシリひと回り大きくなって、刺もボリュームアップした感じになっています。
画像では見えにくいですが今年も蕾が沢山出てきています。
ただ去年は蕾がたくさん付いたのに、低温が続いて一つも咲けなかったんで、今回は是非とも初めてのお花を見せて欲しいなあ。
しかしこの赤刺、ホントいいわあ♪

090428緋牡丹錦と桃太郎錦

こちらは2007年9月にこのかさんに頂いた緋牡丹錦と、2008年春にロフティさんに頂いたエキノケレウス属桃太郎錦(奥)。
どっちもしっかりと大きくなっていますよ。
接ぎ木ものにはトラウマもありましたが、緋牡丹錦さんは三角柱じゃないから安心感が(笑
桃太郎錦さんもじんわりサイズアップしてお子様2名誕生しております。
どちらも、いつもは大きく育ちがちな管理をしている私ですが慌てず育てる感じで管理しています。
最近はそういう面で少し加減が出来るようになってきた・・ような気がします。

090428獅子王丸

2005年秋に100円抜き苗で買った獅子王丸です。
こいつはよく育つよ。花も豪快に沢山咲くし、自家受粉で種もわんさか取れます。
タネなんて洗って乾かす手間もなく、鞘の中で乾燥まで終わってザラッザラとれるという親切設計(爆

ところでこれ、ちびさんちで買った時の名札が「麗刺丸」だったというものに激似なのですが真相はどうでしょう?

ししおうまるぐんだんがやってきた!

そして最後は↑の獅子王丸の実生っ子軍団。真冬も氷点下になったりしたような気がするんですが、欠員が出た記憶が全然ない(笑
男爵さんちにも送って育ててもらっているのですが、そちらでもそりゃもう元気に育ちまくってるようで(* ̄m ̄)
うちでは実生開始時の赤玉オンリーの土なので、これを植え替えたら置き場が困るくらいに育ちそうだ(汗

だけどやっぱサボテンは面白い!
posted by ちまき at 23:14| 青森 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする