現在の閲覧者数:

2014年08月08日

雨上がりのセンペルビブムなど

お久しぶりです。
Seesaaブログのいいところは1か月更新しなくても広告が出ない所ですね( ^ω^ )b
たまには更新するわよー。

SN3S8187.JPG

ねぶた祭り後半から雨が凄かった青森市。
気温が低いのが救いですが、これで高温だとセンペルにはキツイですね。
でもまあ丈夫な品種は何食わぬ顔でプリップリです。
シャンハイローズとかそっち系が最強の印象ですね、うちでは。

SN3S8182.JPG

春先には赤く紅葉していたものも、夏の緑になりました。
夏の生長期のこの状態も好きだけど
冬越し明けの紅葉とのギャップありきの魅力ですね。

SN3S8183.JPG

巻絹系の何か。
センペルはこのようにポコポコとランナーと呼ばれる子株が出て増えます。
このスペースを考えて植えないと後でギチギチになります。
このプランターは数年そのままだからギチギチです。笑

SN3S8184.JPG

あ、この季節でもなかなかいい色をしてくれているのもありますね。
こんなにキレイなのに冬は青森でも外に出しっぱなしで管理出来るのは本当にありがたい存在です。
私にとっては軟葉ハオルチアとセンペルが雪国向け多肉植物ツートップだなー。

SN3S8185.JPG

こんなに巨大になるヤツもあります。
んーよく見るとワタムシついてるかな・・・(-"-)
しかし巨大化の末、ぐんぐん伸びて咲くとその株は枯れます。
でもまあその分、子株を出してくれていればOKかな。

SN3S8191.JPG

コケや雑草系セダムと共に野趣あふれる感じに育っているのもあります。
オシャレにキレイに植えつけるのもいいですが、個人的にはこういうのもとっても好き。

SN3S8193.JPG

ついでに雪国でも外放置OK管理が出来る多肉植物は他にもあって
オロスタキス属のコモチレンゲなんかも地植えでもOKです。
可愛いから寄せ植えに色々入れるのもいいのですが
ある程度、生育の特徴を調べてからのがいいのかなって思います。
でもまあこういう事言う人ってお店とかからすると邪魔かなーと思って最近はなるべく黙ってるようにはしています。
私がクソ真面目に育てたいだけだからね。

SN3S8196.JPG

あとはジャパニーズ多肉のミセバヤも外に出しっぱなしでOKですね。
シンプルにただ育てて楽しむ多肉植物ってのもいいものですよ( ^ω^ )
寄せ植えも上手く育たないなーって場合は解体してみるのも上手く育てるコツかもね。

★【送料無料】CD/THE PRISONER/REBEL TRAIN/PX-278

★【送料無料】CD/THE PRISONER/REBEL TRAIN/PX-278
価格:2,700円(税込、送料込)

プリズナーの新譜、聴いてみて欲しい。
若い人にも大人にも響くものが必ずあると思うから。


posted by ちまき at 16:52| 青森 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | センペルビブム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
苔と多肉って共存出来るんですね!
苔は水分が必要で、多肉はあげすぎると根腐れとかしそうで…。
苔は霧吹きで水をあげるだけみたいな感じなのですか?
Posted by けい at 2014年08月09日 21:17
けいさん こんにちは!

苔と多肉、一応出来なくはないとは思いますが
やはり相性というか、地植えOKタイプとの共存などがいいのでしょうね。
この画像の物は、鉢植えなんですが外放置=雨曝しなんです。
コモチレンゲなので冬場も出しっぱなしでいい品種ですし
だからこそこの状態なのだと思いますよ♪
Posted by ちまき at 2014年08月12日 14:15
可愛いですね〜(≧∇≦)!
この前長野に帰省しましたが、標高の高い寒い場所なのに意外とお花が育つんです。
センペル、今度持って行こうかな。長野の方が育つかも。
まあ東京でもよく育ってくれていますが(≧∇≦)。
植物って可愛いですね。
Posted by 洋吉 at 2014年08月19日 08:33
地植えオッケーと言うと…火祭りとか大丈夫ですかね?
うちのは外に出しっぱなしで、みどりみどりしてます。
冬に紅くなるのを楽しみに待ってるんですけどね(^-^)

実は最近、ビン詰めで苔栽培を初めて見ました。
苔もいっぱいあるんですね〜種類が。
何ごけか不明ですが、食虫植物の根本についていた苔を
瓶詰めしてます(^-^)
ハオルチア以外に苔を育てることも趣味になりそうです(^o^;)

Posted by けい at 2014年08月20日 00:12
洋吉さん こんにちは!

長野のレポ、楽しく読みました〜♪
センペル、そちらでもきっと上手く育つと思いますよ。
環境的には問題ないし、増えすぎたら迷わず長野行きで
広いスペースを利用してわんさか群生させたら素敵なの間違いなし☆

山って見渡す限り植物いっぱいで、突然山百合が咲いていたりとか
里とは違う環境の中で沢山のお花を見ることが出来ますよね。

ふと思い出しましたが、東京在住の頃は庭先に夏みかんのあるお家が沢山あったなあ〜って。
青森じゃまず、それは環境的にありえないので懐かしい!
町中でも気候で生えているものが違うし、植物って面白い!
Posted by ちまき at 2014年08月20日 13:13
けいさん こんにちは〜♪

火祭り、青森じゃ地植え不可能なので何とも・・・(笑)
寒さに弱いので冬に雪が積もる前にアウトです(^m^)
(その辺はお住まいの地域の環境によると思うので、あくまで我が家での話です。)

苔に関しては私は長年育てて勝手に生えたものを適当に放置しつつ共存させているだけなので、苔玉+多肉としても、苔単体で育てるつもりはありませんが、自然に生えたものはその環境がいいから生えたものだと解釈して、可能な限り、共存は楽しみたいと考えております♪
Posted by ちまき at 2014年08月20日 13:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。