現在の閲覧者数:

2014年05月02日

しおしおハオハオの目覚め

5月ですね。多肉植物&サボテンの黄金期突入です。
長い冬、気まぐれに水遣りをしたりしなかったりの管理ですが、今シーズンはほぼ断水で屋外に出し終わったのは多分4月20日?
何はともあれ、生長スイッチが入る季節は嬉しいものです。

で、今日は毎年お決まりの、ビフォーアフターシリーズだよ。
左がビフォー右がアフターね。

page001.jpg

ぺたんこ赤茶色が、ふっくらグリーンに。
まだ葉先は回復し切っていませんが、それがまたいいんですね。

page00001.jpg

干物みたいになってますけど、水遣りしてしばらくすると復活ー!
こんなんするのがいいよって意味ではないよ。
私の場合は徒長させずに春を迎えたいという目的あってのやり方です。

page00002.jpg

大型オブツーサはちょっと徒長気味ではあるけど上等上等。
断水の証はしおしお時代のほこりのかぶりっぷりでわかりますね。

page00004.jpg

トリブネリアナはもうしおしおカリカリは恒例の管理。
その割には自信が持てる姿に整えられたことがないっつうね。
変化を楽しむ以外に手ごたえというものを感じたい。

page00005.jpg

詳細不明のツルギダさんもむっちり綺麗に復活しました。

page00006.jpg

祝宴錦もわかりやすい復活ありがとう。
鉢も満タンになっちゃって、植え替えしなきゃだね。

page00007.jpg

ほこりをかぶったドドソンオブツーサもむちぷりぱんぱんに。
花芽は引っこ抜きました。

page00008.jpg

オブツーサ小林もぷりぷりに。
子吹きして傾いて来てる。
元気で何より。春のお楽しみを今年も見せてくれてありがとう。

こんな感じで私は最近は多肉売場も見に行くことも殆ど無くなり
持っている株を地味に大事に育てているのでした。
毎シーズン、試行錯誤する事もありますが、以前に比べ随分安定してきた感もあるな。
やっぱ愛ある放置と己の管理能力の限界を超えないって大切。
さあ晩秋までお日様を存分に浴びましょうねー。

パーチャスバッグは運動会にも便利だよね。
この形可愛いです。
posted by ちまき at 09:17| 青森 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪国の多肉風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック