現在の閲覧者数:

2013年04月24日

生長スイッチON前の紅葉 2013春

花粉症3年目、くしゃみがひどい!腰痛めた!
おしとやかなくしゃみという物が一切出来ない!参るね。

義兄との急なお別れがあったり、怒涛の4月なのですが色々自分なりに頑張っています。
今日は屋外移動後、4月の外気の温度差と乾燥により良い色になっている多肉植物の記録です。

SN3S66300.JPG

多肉ビッグカツもスカスカになりつつも水遣り再開でぷりっとしましたよ。
いい具合に茎立ちしてグネグネしてきたものもあるので
隙間に新たに株を足して液肥で今年もこのまま行こうと計画しておりまする。

SN3S6626.JPG

おなじみの寄せ植えも日照不足でもやしっ子な色になっていましたが
現在は全体にマゼンタ寄りになっていい感じです。
冬越し後のボリュームダウンは否めませんが、やはり寄せ植えはこれ位のレベルを維持したいね。徒長寄せは気が滅入りますから。

SN3S6604.JPG

徒長といつも隣り合わせの紅化粧。
間延びはしてはいますが、生長点の活きの良さからすれば上出来じゃないかな( ^ω^ )
頑張って冬を過ごした証が全身に表れています。
個人的には最低気温がもう少し上がってからの植え替えの方が生育スイッチが入りやすいと感じるので、慌てず作業のタイミングを見て植え替えなりしようと思います。
青森市だとTVで田植え開始のニュースが出る頃にいじるのが一番いいと思ってます。
そういうのを考えて世話すると、植物からの手ごたえある反応が貰えるよー。

SN3S6616.JPG

紅日傘ですが、昨年11月からするとしょぼしょぼ。
ですが、徒長を抑えたのは過去で一番の出来だし、今年は早いスタートでいい株に作り上げられるかも!

SN3S6618.JPG

詳細不明のセダム ロバートグリムの名前で買ったもの。
これも越冬で苦戦し続けていましたが今回最高記録の出来だわ〜。
生長点はこういうピンクになるんだね。
頑張って来シーズンはもっと迫力ある株に出来たらいいな。

SN3S6620.JPG

この辺りは縮んでも伸びなきゃ十分ありがたいグループ。
右:マクドガリー(多分)、左:グスト。
茎立ちが面白いからこれでいいのです。
根っこを充実させてカッコよく育てるのが目標。

SN3S6623.JPG

まだしわしわキュウキュウですが、元気に春を迎えられて嬉しいよ。ありがとうね。
ここから育て役の私が頑張って的確な手助けが出来ますよう努力致しますので
晩秋に最高のお姿をどうか見せて下さいね。
(今回は下手に出てお願いする感じで)

SN3S6634.JPG

最後はブルーベリーの根本の苔。
小さいけど苔ワールドで胞子パラパラ。
うちはこの苔がセンペルとか子持ち蓮華とかと仲良しみたいよ。

てな訳で、結構上手く冬越しした株が多くて実はかなり嬉しい私でした。
せっかく縁あって我が家に来た植物達。
命ある生き物だもんね、大事に育ててまた1年一緒にいられるって素直に嬉しいよ。
棘に蛍光塗料縫ったくって売られてるサボテンを見たらいちいち腹を立てちゃいますけど
それも好きだから。粗末にされていると悲しくなるからなんだよね。

我が家の息子さんはこっちのチビ犬ガオガオですら怖くてボタンを押せません(笑)


posted by ちまき at 22:19| 青森 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪国の多肉風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。