現在の閲覧者数:

2007年02月18日

自家製種でサボ実生 旅立ち編

サボ種始動

バレンタインデーにはじけた翠晃冠の種の実生への準備を始めました!

まずは準備の前に実を味わっておかないとね。
でも一応、授乳中の身だし舐めてカケラを口に含んだ程度にしておきました。
それで感想としては酸っぱくは無く、かといって甘みが強いわけでもなく
これといった味はないけど、強いて言えばキウイに似ている気がしました。
しかし食った後に動悸がしたんだけど、それはただの低血圧の影響と思いたい(;´д`)ゞ

サボ種準備中実は熟していたので、割れ目からムリムリと出ました。
今はまず実をある程度乾燥させて、
もうちょっとしたら種を取り除きます。
そのあとは洗ったり、消毒をするらしいんだけど
この小さい種を洗うって難しそう!!
雑なことをすると全部流れるね(|||゚Д゚)ヒィィィィ
茶漉しでも使えばいいのかなぁ。。ドキドキするわぃ。
しかし色はホント綺麗でしたよ。
毒々しいけど美味しそうな色ね。

チビサボ、元気でーすついでにまだあまり動きはないけれど
我が家の主に100円サボが入っているトレイです。
この人たちは今、断水をしているので休眠中と思われます。
でもね、ホントみんなでかくなった!
倍以上〜4倍位になった子も多数です。
ホムセンの100円抜き苗とだいそーの子がほとんどです。
後ろのほうにいる爺様サボテンの銀河楽なんか
いつの間にか倍以上の高さになって嬉しいのだ♪
イメージ的には怪獣ウーだけどなー( ̄ー ̄)

むつ子と家来最後は記事とは全く無関係のむつ子!
息子のゆりかごで寝ています。
家来代わりのぬいぐるみがまた可愛いんです。
だからなんだと言われてもナンなんですが、
癒しのほのぼの風景ということで。
ちなみにヌイはスターチャイルドの仔猫のルーキーズ
私ここのロップイヤーをちょっとコレクションしてて
別注品まで運良く手に入れております(* ̄m ̄)意外?



【関連する記事】
posted by ちまき at 21:12| 青森 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | サボテン実生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜!!舐めたんだ! 
その勇気に乾杯。 しかも授乳中だなんて…
毒じゃなくて大変よかったですよ、マジで。
そういえば、せん千疋屋のフルーツ食べ放題に行ったとき
ドラゴンフルーツだっけ?があって、白い果肉に黒いつぶつぶ
だったんですけど、あんまし味がしなくて『おいし!』
くなかったのでおかわりしませんでした。
サボテンの実はそんなモンなんでしょうか??

ねぇ、ねぇ、最後のむつ子・ミニチュアむつ子イイ!
こういうの好き。
私は、夜一緒に寝てる白い小さなくまにスゴイ小さい
白いクマを買ってあげたことがあります。

あ、そうそう前の記事のむつ子さんの後ろにある写真は
なっちゃん?なんだかジーンとくるねぇって書こうと思ったのに
この前忘れちゃいました。
Posted by ニャオミ at 2007年02月19日 19:17
こっこんな小っさい種を洗うのか・・・。
流さないように細心の注意が必要ですね!!
100均にこんないろんなサボがあったんですか!?
すごい!うちの方のだいそーはこんなに無いですよ(><)!!

むっちゃんとぬいぐるみむっちゃんカワユイねvv
咬み付いたりしないんですか?
Posted by かなぎっちょ at 2007年02月19日 19:46
ざくろだっ!って思っちゃったよ〜ん^^;
しかも、舐めてる(≧ω≦)
さすがちまきさんだー!
ワタシとかは舐める前にまず「嗅」ぎますね。
とにかく嗅覚が優れているのか、どんな匂いにも反応するようで
まずは「嗅ぐ」んです。
そして「試食」でしょうかw
あ、関係ない話ですみません。。。
実生から育てるのって難しそうだけど、ほら、だって・・・マルさぼがw
ぜひとも今回は頑張って成熟?させて欲しいわ^^
100円サボの白いヒゲのような人、随分前に記事にしてましたよね?
コレ、インパクト強いなぁ。
サボテンに関してはワタシはヘタレなので種類も少なく記事にできず
けど、棘をボリボリ楊枝でこそいで白い汁を出すのは得意分野w
それでもサボテンの花だけはみてみたいと思っているちびです。
むつ子ちゃんと一緒にいるぬいぐるみが「のらくろ」に見えて仕方ないちびでしたw
Posted by ちび at 2007年02月19日 23:32
 収穫、おめでとうございます!
 まさか、この青森でサボの種を採れるなんて想像もしてませんでしたYO☆
 私も、採れたら味見していたと思います。恐いもの見たさ?的な感じで、興味が湧きますね!
 ちまきさんの愛情をたっぷり受けて育っている様子が良く分かるサボ達ですね。個人的には、サボ爺が気になってまして、元気で何より!
 種取の一つの提案として、洗う時、百均で売っている”お茶パック”を3枚重ね位にして、やさしくモミモミはいかがでしょうか?アイデア豊富なちまきさんの事なので、他にも種洗いの術が思い浮かぶと思いますが。
 とにかく、こぼす事無く種の全員無事を願っております☆
Posted by ぺぺ at 2007年02月20日 12:39
> ニャオミさん

へへへ〜☆一応は舐めてみないとねっ( ̄ー ̄)
でも期待していたよりは面白みは無かった。。
それより「千疋屋のフルーツ食べ放題」に反応しちゃった!
何故か私、千疋屋にひどく憧れていたんですよ。
フルーツにそれほど執着も無いくせに
単なる田舎モン感覚で「葡萄1房なのに何千円!?」
ってビックリしてただけなんですけどねw

で、ドラゴンフルーツ、あまり味が無いのか〜。
千疋屋で食べてそうなんだから甘さが元々無いものなのかな?
そういや美味しかったらもっと市場に出てるはずですよね。残念!

ミニむつ子、可愛いでしょ(*´ー`*)
昔は飼っていた兎と同じ色に、市販のミニミニ人形を彩色して
ミニチュア兎農場を作ったりしてたんですよ。
ニャオミさんのクマさんといい、親子状態でミニがいると可愛さが増しますよね〜!

そしてなつ坊の写真に気付いてくれてありがとうございます。
父はなっちゃんの好きだった場所に写真を飾ったり
家の中のあちこちになっちゃんは今もいるんですよ(´ー`)
Posted by ちまき at 2007年02月20日 13:05
> かなぎっちょさん

ねー種小さいでしょ(;´д`)ゞ
既に味見の時点で口に入り、上手に出せなくてペッとしちゃいました。
しかし、この種をモミ洗いとかってめんどくさー(ダメ

だいそーサボ、一時期すごい数で入荷があったんですよ。
これは仕事帰りとか、週3〜4回は売り場をチェックしまくって手に入れました。
かなぎっちょさんも運が良ければ状態がいいのに出会えますよ。
ただ植物に関しては、元々仕入れない店舗もあるみたいです。
でも種類が豊富なのはやっぱりホムセンかも。
何にせよ、100円で買えるのがいいんですよね。
育てて翌年に蕾を付けてくれた子もいるんですよ。

白黒親子、可愛いでしょ(*^ー゚)b
そういえばむつ子はぬいぐるみには反応しませんね。
棒の付いた猫じゃらしが好きで、それだとよく鳴きながら加えて
アイスホッケーみたいに走っていますよ。
結構オバちゃんなのに、子供っぽいのだw
Posted by ちまき at 2007年02月20日 13:14
> ちびさん

先日は、メール攻撃ゴメンw

柘榴風サボ実、ちびさんだって舐めるよね( ̄ー ̄)
そして私もね、嗅覚には自信があるの!
けど嗅ぎたくない匂いも感じ取るから、辛い時も!!そういう時、ない?
子太郎のおむつなんかも犬並みに嗅ぎ取れるのは便利だけどね。
お影で早めのおむつ交換でお尻はピカピカー☆

>>マルさぼ

あぅぅぅ、触れてはいけない部分に・・・。・゚・(ノД`)・゚・。いや、もう立ち直ってますけどw
でもはっきり言ってここからがホント勝負ですよね。
東京よりは蒸れの少ない青森、カビとかは防げそうだし
今度はもしかして?と淡い期待を持って頑張りまする。
でも100円サボなんかは我ながら順調に管理出来ています!
一度、マニュアルどおりな管理を試してみればわかりやすいですよん♪

そして白い液は毒性なんだから、気をつけてよ〜(;´д`)ゞ
その子ってユーフォルビアだっけ?
だとしたらサボじゃなく多肉ですよ(違ってたらごめん)

のらくろ、懐かしいなー!
今の若者ってさ、のらくろって何?って言うんだろうねw
ついでにむつ子って、貰ってきた当初の名前候補にのらくろもあったのよ(笑
Posted by ちまき at 2007年02月20日 13:24
> ぺぺさん

ありがとうございます〜!!
数年前から結実を夢見ていたので嬉しい(;´Д⊂)
知識がなく、自家受粉不可って事も知らなかったのが不覚だったけどねw
ぺぺさんはもし今、実があっても舐めちゃダメよ〜。
食用アロエなんかも妊婦さんはダメって書いてありましたよ。
それで去年、アロエベラの味見を見送った真面目な私です。←当然か。
しかし、夏に咲いて実が完熟するまで長かった。。
ずーっと緑のまんまでくっついていて、取ろうと思ったこともあったんですよ。
熟し始めたら早かったけど、とりあえず待つのが大事だなと学習しました。

チビサボ達、計画通りにスクスク育っております!
サボ爺は水を切っているにも関わらず伸びています。
毛で見えていないけど徒長だったらショックだけどね(;´д`)ゞ

そして種の洗い方は、ぺぺさん方式を採用決定!!
大きさ的にもちょうどいいし、水切れも良く最適素材ですね〜!
子太郎のガーゼを1枚貰おうか考えていましたが
ぺぺさん提案のが衛生的にもいいです!
わーい!ありがとう!早速実も乾いていたし後でやってみます〜(*^ー゚)b
Posted by ちまき at 2007年02月20日 13:34
ただ今帰りました。。
大満足で、お腹いっぱいです!!
ついに取り出し作業開始ですね。。
キウイの味がしたんですか。たしかドラゴンフルーツもキウイの味に似てるって聞いたことありますけど、サボの果肉は似てるのかな?種を飲んでてお腹からサボが出ない事をお祈りしておきまする。。
綺麗に整列させてるサボっ子は今年中に拝見できますね!楽しみぃ〜〜次は交配ですね。。
でっきるっかな?でっきるっかな?さてさて・・・・〜〜
でっき〜るっか〜なぁ〜
Posted by 男爵 at 2007年02月20日 20:48
ドラゴンフルーツとそっくりだねぇ。
昔、息子の肺炎で泊まり込み中に、暇だったから売店のドラゴンフルーツを買って
種を出しながら食べました。
看護士さん達はドン引きしてたけど(汗)
ショックでどうかしちゃったかと思ったかも。
種を乾かしたところで満足して、捨てちゃったかもしれん。。

で、これから蒔くのよね〜
赤サボ一杯になりますように!

サボサボのお爺さん、久しぶりに会えてうれしいです。
他のサボも元気そうですね。
いよっサボマスター♪
Posted by caerulea at 2007年02月21日 11:55
> 男爵さん

お帰りなさい!楽しんで来られましたか(*´∀`*)?
スノボに肉狩り、リフレッシュしまくれそうですよ(羨

ほほぉ〜ドラゴンフルーツもキウイ系統なんですか!
じゃあ私の味覚は狂ってはいなかったのですね。
まぁキウイに比べて全然味が薄く、美味しいとはいい難いものではありました。
ちなみに種はきちんと口からペーしましたのでご安心を。
毒性とかわかんないからね。母乳にそういうのが濃く出るから注意したつもり。
(その前に授乳中なら味見しないのが正解)
でも赤い色に熟したり、鳥や動物を呼んではいるんでしょうね。

はてさて、種が出来た所までは自然まかせですが
今後の展開は自分次第でありますね。
時間を見つけて作業ですね、頑張りまーす!
Posted by ちまき at 2007年02月21日 15:40
> caeruleaさん

ほぉ〜やっぱりドラゴンフルーツに似ているんですね!
病院で息子さんの付き添いでドラゴンフルーツ。。
確かにセレクトにシュールさを感じるかも?
でもそんな時でもサボとどこかしら関わっている
caeruleaさんのサボたに魂はお見事だと思います!
いやそれより“病院の売店”で売っている果物ってのにもビックリかな。

爺様サボ、元気ですよ!
他の子達も昨シーズンは凍結させた子もいましたが
今年は室内だし、そういう事故もなく元気ですね。
鉢上げを繰り返しているだけの王道管理ですが
徒長せずにいてくれるだけでも貴重な存在ですよ!
あー春の鉢上げ植替えが楽しみ☆
初花の子が出ないか、期待しているのだ〜(´ー`)

そしてそれからの最大の課題は実生スタート!
マルさぼちゃんキットは全滅だし、ドキドキ&ビクビクですよぉ。。
Posted by ちまき at 2007年02月21日 15:45
おお!種取中ですか
とってもいい色で美味しそうなのに
そうでもないのか・・・残念
味見調査、お疲れ様でございました
それにしてもちゃっこい種で
更に洗って消毒・・・大変!
ちょっと手はかかるけど
実生楽しみだのぉ〜
Posted by のほほん at 2007年02月22日 14:42
> のほほんさん

よぐ来たねし〜(*´∀`*)ノ

サボ実、「美味そうでしょ?」って語りかけてくる色ではありますが
見た目に反して何ともアッサリ。
種も口に入りましたが、キウイの感触そのものでした。

そして昨日、天気が良かったので種を洗って干し
ちっこいタッパに入れて冷蔵庫に保管しました〜。
いやはやアンパンの上のケシの実みたいなサイズだし
キッチンタオルに広げたものの、それを集めるのに一苦労。。
自家製は丁寧に洗えば消毒はいらないそうなんですが
それは実を完全に除去出来た場合のみなんだそう。。
ちょっと昨日で力尽きたんで
蒔き床の土とか種の消毒はまた日を置いてチャレンジです。
でもね、ホント楽しみ!
今回は場所があるし、簡易フレームみたいにして
ミニ実生畑を作ろうと思っています。
(↑意気揚々だけど失敗する率高いよね)

へばの〜
Posted by ちまき at 2007年02月23日 14:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。