現在の閲覧者数:

2012年12月13日

この道はどこに続くのか

もう今年もあと残す所どれくらいなんだっけ・・・?
ちょっと忙しくてクリスマスツリーも飾らず過ごしていてハっとしております。

先週の土日にグリーンフォレストさんでのイベントではブログ読者様ともお話しました!
ああこんな可愛いお姉さんが見てくださっているんだーって嬉しかった(*´ー`*)
それぞれ雪国では室内での置き場所には難儀しますが、長期計画で少しずつ改善していけば大丈夫!
失敗無しはまず無理なのだし、枯らさなきゃ合格で皆で頑張っていきましょう♪
徒長したなら仕立て直しの腕を上げればいいのです(`・ω・´)b

P11204455.jpg

さて、我が家も「とりあえず置き場」から少しずつ移動させたりがスタートです。
日照第一と窓辺に置いた紅化粧は早速徒長の兆しが見え始めたので、暗いけど低温の玄関に移動させました。
別の鉢で玄関に置いてたものの方が締まってたしね。
温度計をことごとく破壊したので、どのくらい冷えてるかは謎なんですが、縦伸び徒長しにくい温度であるのは確かなようです。
紅化粧は特に伸びやすいからわかりやすいわー。

P11204633.jpg

これは野ばらの精。
窓辺で細く空けた窓からの隙間風を受けてますが、可愛さ維持!
春のちょんぱ仕立て直しからやっとここまで来たから、来シーズンは切らずに済むよう管理したいところ。

P11204544.jpg

窓辺のとりあえず置き場のベンケーソウ達。
これはシーズン初期の記録としてupしておきます。

P11204533.jpg

多肉ビッグカツの銀明色が咲いています。
窓辺にぶら下げております。
去年も冬に咲いていたっけ。
寒い玄関に置いた方が開花まで時間は掛かるけど花の色は濃いんだよね。

P11204599.jpg

春に植え替えたちっこいちっこい子株から育ててる大型オブ。
これは大型ってより、生長の速さが最大の特徴だと思います。
今現在はとってもぷりぷり☆
横にリトープスがいますが、白いの一個咲いています。

P11204500.jpg

ここは日当たりの悪い寒い玄関のミニラック。
寒さに強い(私の何となく判定、本の情報は全くあてにしてないです)ものは、寒い空気の中できゅっと締まって耐えて春を待ちます。
なんだかんだでここに置くのが一番安全って気はしてます。
下手に温度を確保する方がやっぱ伸びやすいしね。
なんつーかこれに寒風が常時吹き込んでいるとなると問題なのですが、通風程度の空気の流れ程度だとかなりの冷え込みでも大丈夫だったりするんですよね。
ただ日照不足は体力不足にもなるので、今年はペンタガーデンもシーズン中2度は投入しよっかなって考えています。

P11204499.jpg

男爵ガーデン出身眉刷毛万年青、今年も咲いているよ!
父も「これは冬に長く咲いて良い」と申しております。
密かに見ていたのね(笑
今年の花はちょっと小さいんだけど、この花を見るとホッとするね。

さてまだ冬も始まったばかりなので、今後の管理で進む道は変わってくるわけで。
とりあえずは経験でどうにかする部分と、まだ攻められる部分とあるので、その辺を観察しながら色々やってみようと思います!
グッドラック!

おいらも光合成したい。
posted by ちまき at 22:26| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪国の多肉風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック