現在の閲覧者数:

2006年11月24日

帝玉の中に誰かいる

帝玉初登場時我が家に帝玉(名札が無いから多分だけど)がやってきたのは
8月19日真夏のある日でありました。。
ホムセンの日の当たらない売り場で、
固まる変な砂に植えつけられていたんです。
ずっと欲しかった種類だし、実物を手にしてさわり心地も最高(´ー`)
すぐさま植替え、大事に可愛がって育てようと
意気揚々としてたんだよなぁ。
←こちらはその買った当日の帝玉です。


ていぎょくそんな帝玉が我が家に来て、
お日様サンサンの下で元気に成長しつつ10月に。
10月初めの方に私は出産で入院などしていたので、管理もクソもない時期があったのですが
留守を守っていた山親父が、この帝玉を見ていたところ
葉の痛んだ部分があり、そのすき間から小さな虫がたくさん出入りしているのを発見し、
こりゃヤバいと思い、殺虫剤を撒き退治!ってな事件が!!
これが「10.8“帝玉の中に虫がいる”事件」です。←アホかー。
入院中のベッドでこの話を聞いたときはもうショック(つω;`)
でもまぁとりあえず、虫がいなくなって痛みの進行が止まったならそれはそれでかなりラッキーだし、山親父のお手柄には感謝ですよね。

ていぎょく2そして11月5日
痛んだ部分は元には戻らないのは仕方ないとして
それなりに内側の葉も生長してくれてちょっとホッとしていた矢先、もう既に次の葉が出てきているのを発見。
・・・これは時期的にいいのかな?

何せ初めて育てるものだから基準がわかりません〜。
夏にお日様によく当てておくと生育が良くなるっていうからそれを実行した成果?
よくわからないから、とりあえず今の状況を記録ってことで。
続編として、事件もあったけど今はこんなに元気でーす!ってUP出来るといいなぁ。

ちなみに今日のタイトルは山親父のアイデアですw
入院中に嵐だったために、多肉の取り込みやトレイに溜まったザブンザブンの水を捨てる作業などしてくれて、本当にありがとう・゚・(ノ∀`)・゚・

+ + 追 記 + +
帝玉最新11月25日現在の帝玉です。
新芽部分が随分大きくなっていました。
ちょこんと置いた長丸が可愛いわ〜。

へっへっへ・・・「テイギョク薬局」から
カプセルを処方されたシーンを妄想中。
↑育児疲れでバカになったわけじゃありませんよ。





posted by ちまき at 22:18| 青森 ☁| Comment(21) | TrackBack(0) | プレイオスピロス属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
帝玉ですか。
>葉が痛み、そのすき間から小さな虫がたくさん出入りしている
ここを読んでゾワゾワってしました。
あ゙ぁ゙ぁ゙〜〜〜((( ̄Δ ̄;))))
私はこの豆のようなお肉にはまだ触手が働かないので、なんとも言えないです。。
でも触り心地いいのかー、以外です。
ザラザラがいいの?
Posted by かなぎっちょ at 2006年11月24日 22:30
中には無断で入らないでぇ〜〜
出てくるのは子帝郎くんですかい??
帝玉ってリトープスでもないんですか。みんな似てますなぁ〜〜
今日、男爵がUPした子はもしかしたらメセンだったかもしれません。。(くるみさんからアルギロデルマでは?と情報が)
コノフィツム、メセン、リトープス・・・いったいどんな定義があって名前が違うのか??訳判らん!!

しかし復活させるのが上手ですねぇ〜
僕は買いたてメセン達がシワシワになって、焦っとります。。
ちまきさんに預けてぇ〜〜
Posted by 男爵 at 2006年11月24日 23:12
こんばんは〜

あははっ!!うちもね今日のネタは帝玉だったの。
新芽が出たってところも一緒です。

プレイオスピロスの新芽はこの時期なのでしょうね。
虫がいた頃に比べて元気そうですよ。
お互い良かった、良かった。
Posted by プリン at 2006年11月24日 23:14
イヤイヤ・・・
虫にすまれても家賃収入は得られませんからね〜^^;

帝玉ってわりと旧皮が残ってますよねえ。

でもでもとってもとってもいい旦那様ですよね(´∀`*)ポッ
うちなんぞ、庭に「鉢こかすと怖い」とか言って、全く出てきませんよ^^;
Posted by わんこ at 2006年11月25日 01:03
先ほど、メセンについて解明しました!
くるみさんとわんこさんが詳しく解説してくれたんです。
僕はメセン・コノフィツム・リトープス・・・属名だと思っておりやした!
メセン科コノフィツム・リトープス・・・属だったんですね。
頭ん中が整理できましたよ。。プレイオスピロスとアルギロデルマ属の名前も知りましたよ。。失礼しました。。
Posted by 男爵 at 2006年11月25日 23:15
なっ、ホントにカプセルみたいですねぇ〜。カワイイっす。
つい最近、某専門店で帝玉を一度に数十個見たばかりなんですが、葉(?)が6枚(?)のモノも幾つかありましたよ。だから(?)6枚葉OKっすよ!
むむ、山親父さん凄いっす。僕はダメージが出た外葉(?)の処置を間違って帝玉1つダメにしましたから。。。
゚(ρ_-)。
Posted by A.4 at 2006年11月26日 00:42
> かなぎっちょさん

いや〜実際の虫を私は見ていないのですが
気持ち悪いよりも先に、迷惑以外の何者でもありません!!
かなり小さい虫だったようです。
何の種類かもわかりません。何かの幼虫だったのかなぁ。。

ちなみに帝玉、見た目はブツブツ模様ですが
模様だけで手触りはツルツルなんですよ〜(*´ー`*)
しっとりつるつるお肌ってな感じが気持ちいいのw

そしてこの手の、豆っぽい謎の形の多肉は好みがわかれますよね〜。
しかも帝玉はそれなりのデカさもあるからなぁ(;´д`)ゞ
Posted by ちまき at 2006年11月26日 15:13
> 男爵さん

うわ、子帝郎くんが中にいて元気に胎動!とかだったらヤダww
とりあえず、今その虫達の姿は見えませんが
入り口が閉じているだけで中では活動中〜とかだったら更にイヤじゃぁ〜(;´Д⊂)
ちなみに管理としては虫駆除後も何も変わらず生きてくれ!と祈ったのみw

メセンについては私も男爵さんのところで説明不足でしたね。
ツルナ科の別名的な意味でメセン科と書いている人もいるようです。
私の持っている図鑑でも、ツルナ科色々のページに
「花ものメセン」って見出しになっています。
定義としてはハッキリ言いづらいですね。
なので、名札にメセンって書いても何だかなぁ〜って感じですよね〜。

そんな私もそれぞれの違いとか、わかりませんし。
検索してやっとわかって、そうだったのか〜って感じなのです。
私も含め、名札ナシで買った人は
「おそらくこれかな」って思いつつな部分、多いんでしょうね〜。
Posted by ちまき at 2006年11月26日 15:29
> プリンさん

こんにちは〜。
えへへ。一緒でしたね(*´ー`*)
プリンさんちの子とは色が違うし
我が家のは自称・帝玉なんですが、属は間違いないと思います。

何となく、北東北にいるとこれから寒くなるのに活動するの?と色々心配しちゃうんです〜。
特に初めて育てるものなんかは必要以上にドキドキw
でもホント、一緒で安心出来ました!
虫被害は一番の外葉だけだったのが幸いでした〜。
外葉も枯れるタイミングを逃すと、しばらく残っているのかな。
痛んではいますが、枯れそうな気配は今のところ無いんですよ。
Posted by ちまき at 2006年11月26日 15:35
> わんこさん

はっはっは。家賃収入で新しい多肉でも買えたらいいのに(違
いやホント、勝手に住まんでくれですよ(;´д`)ゞ
しかも大家族で住まないでぇ〜!

帝玉、図鑑やらで見ると葉が2枚ばかりなので
旧皮があるのが不自然に思えたんですが
残っていても大丈夫っぽいですね。
この手の多肉は初心者なので、ちょっとの違いにビクビクなんです〜。

旦那、パキの粉を不思議に思い剥がしたりなどもしてくれますが
私のやっていることを覚えていてくれて手伝ってくれるのはホント有難いです〜。
Posted by ちまき at 2006年11月26日 15:40
> A.4さん

ね、出たての葉っぱはカプセルなんです!
む、某専門店は流石に数十個とか見れるんですか。
そりゃそうだろうけど、壮観だろうなぁ〜。
真上を飛行機が飛び、轟音の中数十個のテイギョクか〜!
そして葉が6枚もあったと聞いて安心〜(´ー`)
有難き情報です。もう心配は要りませんね!

本文には書きませんが、実は私も帝玉の植替え作業中、
根に付いた固まる砂を竹串でとりつつ、葉にも刺しちゃったの。
ほんのちょっとだったのに、その部分が傷んでかなり焦りました。
割とデリケートなお肌をしているっぽいですよね。
Posted by ちまき at 2006年11月26日 15:46
豆だぁ〜。
以前苦手と書いてしまいましたが、
真ん中にポンッと花が咲いた写真は好きなんですよ。きっと、口っぽい姿が怖いんだと思います。
でも、その口から花が・・・って言うのは面白くて可愛いなぁと感じるんだと思います。かなり必死に弁解しているのは、ちまきさんが気に入っている豆を前に苦手、って言ってしまったのを実は気にしていたから。ごめんなさいね。
それにしても虫のいた所を「玄関」なんて書いて。相変わらず上手いなぁと笑わせてもらいました。新しい葉も出てきた様で何はともあれ良かったですね。
Posted by くろまめ しばたん at 2006年11月26日 22:23
今年の夏に紫帝玉をやっとの思いで手に入れたのですが,努力むなしく溶かしてしまいました。そんなわけで,しばらくメセンは自粛しています。でも,いいなぁ帝玉。リトライしよっかな。
Posted by KTR at 2006年11月27日 00:14
> くろまめ しばたんさん

いぇいぇ豆型とかこれ系は、苦手な人は苦手で全然OKだと思いますよw
普通に日本に住んでいて、ありえない形の植物だしね(* ̄m ̄)
どうしても苦手なものは苦手でいいのですよ。
私はマーガレットが臭いから大嫌いでーす!

そうそう、この帝玉、実はマツバギクと同じツルナ科の植物なんですよ。
本体の形や咲き方はかなり違いますが、
お花そのものは似たような菊っぽいのが咲くんです。
そうそう、マツバギクはあれからも葉っぱが沢山増え、
今は室内保護して青々した姿を保っています(*´ー`*)v

帝玉、葉っぱがでっかい分、
玄関から廊下があってリビングだとかまで作られていたらイヤだなぁ〜ww
しかし一体、何の虫だったんだろうなぁ(;´д`)ゞ
Posted by ちまき at 2006年11月27日 14:58
> KTRさん

紫帝玉、綺麗ですよね〜。
でも溶けてしまったんですか(;゚д゚)
他にも帝玉を枯らしてしまった方もいらっしゃいますし
なかなかの難物なんでしょうかねぇ。。
私は夏に出会ったばかりなので、正直かなりビビってますよ〜。
でもこの素晴らしい姿は見ていて飽きません。
何としても2年目を迎え、自力で開花までさせたいものです!

KTRさんも今度こそ、きっと上手く行くはずと信じて。
またの出会いがあったら是非!
Posted by ちまき at 2006年11月27日 15:06
 初めまして。
これって、もしかして2重脱皮??

潅水のし過ぎか、はたまた何だろう。
Posted by まっちゃん at 2006年11月27日 17:06
> まっちゃんさん

はじめまして(*´∀`*)
コメントありがとうございます。

外葉が枯れずに、新芽の季節に入り
このような形になっているようです。

う〜んこの状態も2重脱皮になるんでしょうか。
水遣りは夏が終わって極力控えめにしています。
帝玉の場合は、水が多過ぎると葉が割れるなど、
他の形で影響が出るとか。。
Posted by ちまき at 2006年11月29日 20:00
親のすねをかじって大きくなるのが脱皮と言うのですが、この子は「祖母」までがついていますよね。
しかも、脱皮の時期としても好ましくない気がしますがいかがでしょう。
我が家では、春頃がその季節です。

これだけ大きいと、開花時期と思います。
花は咲きましたでしょうか。
Posted by まっちゃん at 2006年11月29日 22:24
> まっちゃんさん

ふむふむ。親どころか祖母のすね付き状態が我が家の現在のテイギョクなんですね。
何とも今年の夏に買って育て始めたばかりなので
この子のペースというものがわかっていないんです。
売り場の環境などによって、本来のペースを無くしてしまっている可能性もありますしね。

最後にUPしている画像がまだ5日前のものなので
開花など大きな動きはまだありませんが
注意深く観察してみようと思います。
Posted by ちまき at 2006年11月30日 13:25
ちまきさん、ありがとうございます。

私が最初に求めた帝玉は、見事に「融けて」しまいました。
それから本気で、学び始めたのでした。
年数だけは負けませんが、「生涯勉強」と歩んでおります。
Posted by まっちゃん at 2006年11月30日 16:08
> まっちゃんさん

こんばんは(*´∀`*)

う〜ん、帝玉を枯らした&溶かしたって経験談は多いみたいですね。
買って間もない私にとってはドキドキビクビクです。
一番緊張する夏がまだ先なだけ、猶予があると思って
予習をして大事に長く育てられるといいなぁと思っております〜。。
Posted by ちまき at 2006年11月30日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。