現在の閲覧者数:

2012年06月04日

6月初めの徒然

6月になりました。
雪解けの頃の庭は何にも無かったのに、カオス化は順調です。
家庭菜園の追加でとうもろこし、半額になってたトマト、赤シソを植えました。

今日は多肉植物とお庭のあれこれ日記です。

SN3S2420.JPG

まずは、2007年に葉挿しっ子で頂いたペンタドゥームが遂に開花!
じっくり5年、大切にここまで育てました。
花芽も過去に付きましたが開花まで持ったことはなし。
なので今回の開花は期待しすぎないようしていたけれど、咲いたのが実は嬉しくて嬉しくて。
(でも、やっぱり消滅する蕾が多くて咲いたのは4つだっけかな)

ということで、Graptopetalum pentandrum ssp. superbum だとしても
そもそものところ、ペンタンドゥームとスパーバムとの違いすらわかってなくてごめんなさいなんですけどね。
花で判断が付くと思ってたけど、そうでもないっぽかった。ギャフン!

とにかくグラプトペタルム属でこのタイプの花は初!

SN3S2293.JPG

同じグラプトで、ケルレセンスも咲きました。
肉厚ぎゅうぎゅうで越冬でサイズダウンしてもガッシリ度は落ちないよ。
この強靭とペタンコピンクはどうだろう?って事で、↑のペンタン花とわしゃわしゃしときました。
上手くいくかな〜。こればっかはやってみないとわからんわ。

SN3S2408.JPG

次は名無しで買った多肉が咲きました。
咲いたら何かわかるはず、と思ったけどあんまりピンと来ないなー。

SN3S2411.JPG

うーん。ラウリンゼとかそっちかなーとか思ってたけど何か違う。
葉が丸っこいまんまだし。
ラウ065とかも似てると思ったけどそれだと花が違うもんね。
そのうちゆっくり検索の旅に出かけるかあ。
(え、これで自己完結?ってな締めでごめん)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

ここからはお庭系のお話で。

SN3S2431.JPG

日曜日にグリーンフォレストさんで買って来ました!
イエローベリーとタイムですよ。
ベリーは2009年に3種購入して、毎年ジャムを作るだけ元気に育っていますが、イエローはブラックベリーに圧され気味なので、別植え用に追加購入です。
お店にはブラック、ラズベリーと3種揃っていますよ。もし売り切れてたらごめんだけど。

SN3S2433.JPG

そのベリーの横にいるピンク花はタイム。
日本原産のタイムの一種らしく、名札はイブキジャコソウになってるけど、
「イブキジャコウソウ」Thymus quinquecostatusが正しい名前のようです。
詳しくは「みんなの趣味の園芸」イブキジャコウソウのページへ→★

とにかくこれは香りがいい!
ちょっと触ると素晴らしい香りが立ち上ります。
甘さもあるけど清清しさが際立っていてとにかく心地よい香り。
このコロンがあったら欲しい位よ。

ついでに先月買ったタイムはこちら↓↓↓

SN3S2124.JPG

これはロンギカリウス タイム。
タイムは葉そのものの香りが基本的に好きだけれど、これは花の咲き方がぼんぼり状で可愛いので選びました。
グラウンドカバーみたいにしても丈夫だし可愛いし、とてもお気に入り。
グリーンフォレストさんのお庭にもあるから興味のある人は探してみよう〜!
(販売品はもう残ってないかも・・・要問い合わせです。)

SN3S2435.JPG

最後は我が家の庭のニューフェイス。
まだ赤くはなっていないのですが、ヘビイチゴ!
植えた記憶は誰もございません。
多分、ヒヨドリがどこかで食べたフンから育ったんでしょうね。
これまたすごい繁殖力で、毎年ワサワサ生えるクローバーに覆いかぶさる勢いなのです!
洗濯バサミのカゴにはヒヨちゃんフンの謎の種も3粒入っていたし、今後も勝手に生える何かに期待しようと思います(笑
つか、ヘビイチゴもクローバー並みに厄介な存在になりつつある???
まあカオスな庭にはそれくらいのものが生えてナンボってもんだべー。



posted by ちまき at 22:44| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | うちの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
G. superbum 、ウチでも今年初めて咲いてちょっと感動してます。
花茎がヒョロっとしてて面白いですよね。
nabeaya さんとこでも初めて咲いたとかで謎のシンクロニシティが起きてるんでしょうか。
今は G. superbum と G. pentandrum は結構別種だった、みたいな感じらしいですよ。
「ペンタドゥーム」とかその辺のラベルが挿さっているモノは漏れなく G. superbum だと思います。
ホンモノの G. pentandrum は白くて小さめみたいで、国内にはたぶんないような気がします。


ケルレスケンスは最近は諸事情あって xGraptoveria ‘Fantome’ とか言う名前になっていくみたいです。
個人的には xG. ‘Caerulescens’ でだと思ってますけど。
http://crassulaceae.ch/index.php?TPL=113&x270_id=245&x270_listsearch=1


丸っこいのは xPachyveria ‘Clavifolia’ ですね。
100年以上前の品種が残ってるって感慨深いです。
http://crassulaceae.ch/index.php?TPL=113&x270_id=1269&x270_listsearch=1
Posted by 1911 at 2012年06月06日 00:12
1911さん こんばんは!

詳しいコメントに感謝です!
カタカナで言う所のスパーバムの開花は嬉しいですね〜。
なんと初めて開花組が今年はこんなに!
地元仲間ですが猛暑だと七福神に異変があったりなんかもあったので、スパーバム開花の年もなにかあるかなあ?

ふむ〜数年前はペンタドゥームの名前で出回ってるものは多かったのですが、結局国内に普通に流通しているものは同じスパーバムという事でしたか。

ケルレスケンスも新しい流れがあったのですね。
色々教えてくださってありがとうございます。

そして丸っこいの、この葉先の微妙なとんがりが探せなかったのですがなんと、そんなに前からあったものだったとは!
春に夜越山で買ったので葉が締まってますが、ちょっと伸びたらこの感じにより近くなると思います。
いやいや本当にありがとうございました〜。
大事に育てよっと!
Posted by ちまき at 2012年06月06日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック