現在の閲覧者数:

2012年05月15日

春限定色センペル

今日は肌寒い青森市。
もちっと気温、上がってくれないかなあ。

でもそのお陰で多肉の紅葉もまだ続いているものもある訳で。
センペルビブムは褪めかけが美しいものが見頃を迎えています。

SN3S1921.JPG

毎年一番美しいと思うのが、ラベンダーレース。
黄緑が際立つタイミングが更にいいのですが、このグラデ大好き。
今シーズンはギュウギュウだったのを頑張って解体&寄せ直し!
どんどん増えておくれ〜。

 SN3S1895.JPG

アベルボンの子株のもけもけも可愛いのぉ。
ぬいぐるみ素材でセンペルビブム型のクッション誰か作ってぇ〜。

自分、はなかっぱだったら頭の上これでもいいな。

 SN3S1891.JPG

ライラックタイム。
こちらもこの褪めかけが魅力的。
シルバー掛かったトーンがよろしいわ。

SN3S1892.JPG

ラ・パープルも黄緑からのグラデが素晴らしいです。
枯れた下葉をもいであげてなくてごめんね。
梅雨前には作業が終わるよう頑張りますからユルシテ〜。

SN3S1888.JPG

AHSルブラム。
赤紫の紅葉に白い毛が生えるね、、、じゃなくて映えるね。
丸い形も可愛いし毛のお陰で輝いて見えるしフォトジェニック!

SN3S1926.JPG

道の駅産の巨大になる名無しセンペル。
こちらはバリっと生長モード。
でもアンティークっぽさを感じる渋さもあったり良いね良いね。
こんな素敵なのに、冬は雪かぶって外に置きっぱなしでもいいんだよ。
センペルビブム属はそこがグレート。


SN3S1922.JPG

春先にはシオシオだったフランクレイネルトも調子良いです。
色もすっかり変わって大変身。
一瞬誰だったっけ?って思うほどの大変身。
これがね、春の醍醐味だよね。にこにこ。

SN3S1886.JPG

子株1個なのに咲くことにした雪牡丹。
単独開花枯れじゃないからいいんだけど、なんか寂しいぞ。
つーか咲くならもっと後からでもいいじゃないかと言いたい。

さて、今シーズンは何株咲くのかな。
大事なものに限って咲く「センペルあるある」は求めてませんからね。

てな訳で何もネタはなく、ただ美しいから記録するだけのエントリでした。
そして美しいと愛でているだけでは、次のシーズンの「美」は手に入りませんので、後は植え替えなり手入れを頑張りますって事で。





posted by ちまき at 14:01| 青森 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | センペルビブム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ(^^/)
センペルビブム最高ですよね!!極寒だったのにもかかわらずちゃ〜んと生きててくれる♪増やしやすく打たれ強く大好きです(笑)
名前をひとつひとつ覚えてらっしゃってすごいです(^^)私は代表てきなもののほんの一部しかわからずで今一生懸命頭につめこみ中ですが、入りません(悲)
Posted by なぎさ at 2012年05月17日 12:36
なぎささん こんばんは〜!

本当にセンペルビブム最高!最強!ですよね〜♪
増やしやすく打たれ強く・・・
なぎささん良いキャッチコピー考えましたね(^m^)
まさにその通り!

名前に関してはですね、名札があるからわかるだけです(笑
名札も一緒に写しておかないと、外に確認に出なければかなり怪しいですね。
札落ちして名無しとなったセンペルも数多くあります。
それ以前に、覚えているものもど忘れが増えましたし
確実に衰えを感じる毎日ですっ!
Posted by ちまき at 2012年05月17日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。