現在の閲覧者数:

2012年04月17日

春ペルペル

春になると鳥の声が色々聞こえてきます。
シジュウカラとか名前わかんないけど小さい鳥とか。
近所のキジバト夫婦も道路を歩いてたりして可愛いな。
もうちょいしたらウグイスが鳴いたり、カッコーの声も聞こえてくるよ。
東京育ちの山親父はカッコーの鳴き声には相当びっくりしたようですが(笑

SN3S0990.JPG

今日はupしようと思って忘れていたセンペルビブムを。
紅葉に関してはこの時期が一番濃い赤になるからね。
ある意味、全部同じような色で見分けが付きにくくもあるんだけども。

これは名札紛失、誰だっけ。
横でカッサカサになってるのは枯れたロスラリア。。。

SN3S0991.JPG

これは・・・ミズリーローズじゃなかったっけかな。
シルバー系といえばいいのかな。渋いね。

SN3S0992.JPG

名無しさん。
なかなか力強い感じでよいですね。
枯れた外葉込みでかっこいい。

SN3S0996.JPG

これは水不足でふにふにしつつ、丸まってました。
冬の間雪をあまりかぶらない場所に置くと、乾き過ぎになるみたいだな。
どうせ外に置くなら程よい積雪の下の方が調子が良い傾向が。

雪とか霜で湿ってた株の方が動き出すのも早かったし。

SN3S0999.JPG

あ、これは名札が見える、戴きもののメテニアム。
結構大きめに育ってお気に入り。
今年もいっぱいランナー出るといいなあ。

センペルは冬に置き場に困らないという点で雪国には最高の方々なのですが、よく増えるのでプランターや大鉢での栽培が基本。余裕を持って植えつければ2〜3年は間引きをしつつ楽しめますが、そろそろ我が家は本格植え替えが必要になって来たか・・・。
一緒に生えたコケとかも愛着があるからそのままにしたいんだけど、美しい姿を愛でるためにはやらねばな。

☆センペルあるある。
・増えて欲しいものに限ってランナーが出ない。
・寄せ植えの中のお気に入りだけピンポイントで融ける。
・調子がいい時に限って、咲く。
・札落ち厳禁な鉢をひっくり返しがち。

 鳥はこの本で調べます。



posted by ちまき at 12:09| 青森 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | センペルビブム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもいつもお世話になります!

センペルに関してはもう大船に乗った気分で北国の皆さんにお任せしてます。
葉っぱの薄いエケみたいな顔をしながらも
その生き様には野性味があふれてますな。
雪をかぶっても(むしろかぶった方が)復活するという噂はやはり本当なのね。

ということで安心して拝見できるのですけど
うちのエケの間にただ一人鎮座してる孤高のセンペル(ダ○ソー出身)は
冬越しで思いっきりソンブレロ型になりました(笑)
帽子のつば部分(下葉)だけ真っ茶色に枯れこみましてね…
むしって植え替えたら半分に縮みました(;゜∀゜)
Posted by まきぼう at 2012年04月17日 16:26
まきぼうさん こんばんは!

どうもどうもいつもお世話になっております。

センペルはベランダーのまきぼうさんは増やすと一番危険ですものね(笑
エケ好きには確かに魅力はあると思うんですよ。
ちょい肉厚で毛が生えてたりすると、かなりムホホだしね。
だけど「生き様の野性味」本当にその一言!
腐る時はドロンドロンで最悪ではありますが、雨ざらしで絶好調の時の漲る“気”みたいなものは凄いですよ。

お。まきぼうさんちはセンペルもソンブレロ化ですか。
でも、もしかしてそれって開花の兆し?
センペルあるあるで、1株しかないのに咲いたら・・・!
しかし我が家もソンブレロ型が1つありました。
下葉をむしると茎が出ちゃう位にソンブレロなんで、どうするか迷い中(笑
しょんぼりセンペル記事も書こうかな。
Posted by ちまき at 2012年04月17日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。