現在の閲覧者数:

2006年09月15日

何とかなるものだね

今日はちと素晴らしい贈り物が届き、ニヤニヤしっぱなし(人´∀`).☆.。.:*・゚
肌寒くなってきたのでむつ子も膝によく乗ってくるしいい感じ。
ちなみに猫のちまきは触られるのダイキライなケチ。
なつはすぐ暴れるアホギャル風キャラです。。

何とか復活!クリックで拡大しますが
ちと画像重過ぎました。。


こちらは引越し直前に池袋で買ったセンペル寄せ植え
1800円も出して買った私の最高値(;´д`)ゞ
多肉搬送の2日半で見事に日照不足でビロンビロンになってしまい、かなり鬱だったんですが、なんとか綺麗に復活してくれました!
特に巻絹なんて、わかりやすい復活ですっごく嬉しい。
思えば大型巻絹ばかりあって
ノーマルはこれしかないから貴重なんですよね〜。
ちびさんちの巻絹が今、大手術から発根したり頑張っています
きっとこんな感じに復活してくれると思うから大丈夫ですよ〜!
しかしこの糸、どこからどう出ているんだろうな。
いつの間にかこんなになっていたのでよくわかりませ〜ん。

コモチレンゲ?これは私の持ち物ではありません。
近所の道端にわんさか群生していたおそらくコモチレンゲ。
花芽がモリモリ出てきていたり、生命力爆発!ですね。
地面はガチガチな感じの土質で、多肉の地植えとしてはいい感じに肥料もなくって繁殖にはちょうどいい状態なのかな?
冬には雪に埋もれて一旦枯れて、毎年こうして群生を繰り返しているのかしら?と思うと何とも素晴らしい!
日本各地で自生できる性質らしいし、
青森は全然OK!ってことなんだね〜。
多肉、色々あるけど適応できる環境もそれぞれ幅広いなーと改めて思った風景でした。


posted by ちまき at 23:39| 青森 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | センペルビブム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよ〜♪
猫ちゃんも性格あるんだね〜
甘えちゃいたい子とか触れられたくない子と。
むつこさんはアドレスになっててちまきさんは
HNになってたりしてるからちまきちゃんはどっちも
可愛いんだろうね(*´冖`*)
あ、なっちゃんもいたね。なっちゃんは妹分?

うちのセンペルは確実に毎年減ってます( ̄▽ ̄;)
とうとうまとめて1鉢しかない〜
怖くてリベンジすら出来ない気分。
そんな中ちまきちゃんちのセンペルは
綺麗に戻ったね〜(*´冖`*)
嬉しい出来事だね!
これは外で冬越しするの?

こもちれんげ畑すごいね〜
私も庭のどこかにスペース作ってやってみようかな?
Posted by emi at 2006年09月16日 09:01
ちまきさん、おは尿〜〜〜〜(´∀`)
秋雨前線で福岡は雷&大雨、そして台風も来てますよぉ(;´3`;)
昨夜はベランダの多肉を移動させたり、ビニールかけたりとあたふたしてました。

わ〜い!巻絹だ〜!!
6月の状態は、正にお好み焼き状態!?葉がベローンってなってますねー。
現在の状態が正真正銘の元気なお姿ですよ。
しかも、明らかに大きく育ってるし、子孫いっぱいくっつけちゃってるし(・∀・)
日照り不足が原因なら、うちのセンペル軍団も…といっても2個しかおりませんが
場所を考えないといけないかもです。
特に、ちまき産センペルについては、失敗したくないっていう思いと
贔屓づいちゃってて、風通しの良い窓際に置いてるんですよね。
けどね、最近の福岡の天気はずーっと雨&曇りで、スカっとした天気にならないの。
置き場としては、普段、朝日が入るから問題ないと思われるんだけどな。

そうそうこの巻絹を見て、昨夜ビニールがけの合間にまた抜いて確認しました、根っこ(ノ∀`。)
そしたらね、今度はチビ根が3本になってたよ〜〜ん。
もう大丈夫だよね!って確認したので、ウキウキしてビニールかけてたら
100均寄せ植え鉢をひっくり返しちゃったのよ(`‐ω‐´)
コレ、まだ記事UPしてないんだけど、ショックだわ。
結局ねー、ココにもコメントできず、深夜の1時過ぎから、一人黙々と
寄せ植えし直してたって訳。
この巻絹の姿を見ると、先々の群生を考えてたら、
あの豪邸鉢でもいいかな〜って思っちゃうけど、やっぱりデカイよね、あの鉢(;^ω^A)
子孫増やす前に、まずは糸を巻き巻きしてほしいわー。
ちまきさん、ありがとうございま〜す。

コチモレンゲっていうのも初めて見ましたけど、
近所の道端に群生しているなんて、スゴイよね。
道端ってくらいだから、肥料なんてないでしょうね。
まぁ、強いて言えば犬のオ○ッコ?(*´ェ`)
ワタシも、歩いているときに道端を見るようにしているのだけど
このような風景には出会えませんね。
ココ、中央区のど真ん中じゃ緑さえ少なすぎて、息詰まりそうだから難しいかも。
Posted by ちび at 2006年09月16日 09:29
うふ。巻絹が復活しましたね。
近所の庭先に丸くカットした盆栽に蜘蛛の巣糸がぐるぐると巻いているものが有るのですが、それを見るたびに巻絹を思い出していたのですが、全然違います(スミマセン)。糸が巻くとやっぱり巻絹は綺麗ですね。

コモチレンゲは寒いところもOKなんですね。
早速色々検索したら苔玉にしても可愛いし、背の高い鉢に植えて、垂れ下がる子株を眺めても良い感じだし、バラのような形が沢山群れ育った所が、以前ちまきさんが紹介していた多肉リースを彷彿とさせて良い感じですね。
丈夫な子もひ弱にしてしまうわたしですが、ちょっと欲しくなる種類です。
Posted by くろまめ しばたん at 2006年09月16日 15:01
綺麗に復活してますね。
子供もいいっぱい〜〜!
センペルは強いですなぁ〜
春にどれか大きくなった子を、子持ち蓮華の中に密かに植えるとすごく増えるんじゃないですかね。寒さに強い巻絹がいいですねぇ〜。
植えに行きてぇ〜青森最高!!
ブロンズ姫・秋麗・朧月・火祭りもいけそう!
いっぱい植えたくなります!
大阪にもこんな場所があったらいいなぁ〜
Posted by 男爵 at 2006年09月16日 19:18
> emiさん

こんばんは〜(*´∀`*)ノ
猫、性格色々です。
兎も色々なんだよ〜。甘えん坊や怒りん坊がいますw
なっちゃんは去年、野良だったのを保護して飼ったんだけど
今は一番最強なの(;´д`)ゞ

センペル、emiちゃんちでは厳しいのかぁ(汗
なんたって私も今年、初の青森の冬越しなんで
来春どうなってるかはすごく不安なんだよなぁ。。
予定では冬は日当たりはいいけれど
ほとんど暖房効果の届かない窓辺に置くつもり。

外置きしてもOKなのはマンネングサ位かなぁ。
あ、あとブレビフォリウムも行けるかな。
日本原生タイプのもの以外は外は寒すぎるよね〜。

コモチレンゲ、私も地植えしてみたくなったよ!
来春、雪が溶けてこの畑状態の子がどうなっているのかも興味津々!
毎年枯れてからここまでなっているとしたら凄いよね。
だって雑草がすき間からやっと生えているくらいなんだから
かなり強い子なんじゃないかなーと思ってます。
Posted by ちまき at 2006年09月16日 21:01
> ちびさん

こむばむはー(*´∀`*)v
九州、台風13号の豪雨が凄そうですね。。
無事穏やかに台風野郎が通過してくれますように。。

巻絹、我が家の貴重なノーマルサイズ、なんとか復活です(*^ー゚)b
しかし、問題の冬越しでパーになる可能性もあるんだけどね(汗
ちびさんちの子もこんな感じで戻るっていう目標になってくれれば幸いです!
あとね、ちまき産センペルはまだストックがあるからもしダメになってもまた送れますぜ!
多肉は午前中の日光が4時間当たっていれば
日照時間は問題なしって本には書いてありますよね。
朝日が当たる環境はバッチリだと思いますよ〜。
ちなみに我が家は夏場はあまりガンガン日が当たりすぎず、
でもいつも明るい場所に置いております。
9月に入ってガンガンに直射日光にも当てて、冬前の日光浴って感じに切り替えました。

そして・・・
>>昨夜ビニールがけの合間にまた抜いて確認しました、根っこ
コラコラ、抜きすぎですよ(* ̄m ̄)人のこと言えないけどー。
ただ、過去の失敗としては抜きすぎて根を痛めてしまうと
その根っこが消滅して一からやり直しの刑を自ら受ける事になりますよ・・・。
と、少し脅かすようなことを言ってみたりw

コモチレンゲ、犬のシッコ掛けられてるかもw
古い建物の玄関口って感じの場所なんだけど
何度か通り過ぎていて今回初めて気付いたんですよ。
豪快な数なんだけど、あまりに当たり前のように存在しているから見落としていました。
我が家は市街地だけど住宅街だから探せばこんな風景は結構あるかもしれません。
庭先にセンペルの鉢が無造作におかれているお宅も多いしね。
我が家も最近、集金のおばちゃんにサボテン好きなの〜?
なんて聞かれて庭先で
ひとしきり語っていた私がいたりします(* ̄m ̄)
Posted by ちまき at 2006年09月16日 21:14
> くろまめ しばたんさん

巻絹、数少ない可愛いサイズの子なのでよかったです!
蜘蛛の糸、まるで巻絹のごとく
繊細なのをふわふわ巻いているのってありますよねw
そういう蜘蛛の巣を作る子に限って、
噛まれると最強に痛いタイプだったりするんですが(;´д`)ゞ

コモチレンゲ、日本各地で自生すると言いますが
朧月も多肉界では最強説がありますよ。
雪が降っても炎天下でも生き延びて増えるたくましさがあります。
私自身はコモチレンゲは育てた事がないのですが
どちらが最強か、比べてみたいものですね(* ̄m ̄)
それとこのコモチレンゲも環境的には厳しいのが吉と出ているって感じですね。
自生地に近い環境ってのがやはりポイントなんでしょうね。
この辺の匙加減は自然まかせが一番いいのかなぁ。
ミセバヤとかマンネングサとか日本原産の多肉は
見た目にちょっと地味かもしれませんが、
そういう系統を中心にお庭で育てるのも楽しいかもしれませんね(・ω・。)
Posted by ちまき at 2006年09月16日 21:22
> 男爵さん

センペル、ベロベロから真夏には外葉がかなり枯れて
随分ちっこくなってからこうして復活してくれました。
水スパルタ、風通し重視、日当たりいい感じと
それなりに気を使ってここまで来ましたよー( ´-ω-) フー

コモチレンゲ、人様の敷地なので勝手に何かを植えることは無理なんですw
あ、でもここね、古い古い美容院の入り口脇なんですよ。
ウン十年前からあるレトロで地元の婆ちゃん御用達みたいなw

とは言え、青森の積雪は1.5メートルとかですし
最低気温はマイナス8度とかまで行くので
地植え可能なサイクルの多肉はかなり限られるんですよ。
冬の毎日の吹雪なんかを知ったら、いっぱい植えるのを断念したくなりますって(つω;`)
今はいいけど、あと2ヵ月半もしたらお日様恋しい〜な日々突入なのでした。。
そういうわけで多分、大阪の方が環境的には良いんじゃないかと。。(羨
だって春になって雪が溶けると庭木以外は何もない、
そんな状態に毎年なるんですよ〜。
Posted by ちまき at 2006年09月16日 21:29
1800円センペル鉢の「兄弟」を池袋で見てきたけど、
この写真の子達が一番イキイキしてるよ。
青森に来て良かったね♪
ミセバヤは雪の下でも大丈夫なんですね。
コモチの海になってますねぇ。
我が家のツメレンゲも、来年はミニプランターに植えつけてみようと思っています。
海外の多肉の自生地に行きたいけれど、日本でも見れるなんて素敵♪
Posted by caerulea at 2006年09月16日 21:32
> caeruleaさん

1800円センペルの兄弟、いましたか〜!
ホントはバラで欲しかったんですが、
引越し前で鉢数を増やしたくなくてアレを選んだんですよね〜(懐
しかしやはり東北はセンペル天国説はホントかな?
一時、外葉が枯れてこのまま無くなるかも状態から復活してくれたのは
自分でもかなりビックリ&嬉しいのです。
あ、でもemiちゃんちでは減っているっていうし
ポイントは超厳しい冬の過ごし方に掛かっているかも〜(;´д`)ゞ

マンネングサ、ブレビフォリウム、マツバギクは雪の下でもOKです!
少なくとも我が家のマンネングサは誰も植えた記憶がなく、
他の植物にまぎれて自生して花が咲いております(*^ー゚)b
ミセバヤも地上部は枯れてもOK,のはず。
東京あたりじゃコモチレンゲはミニプランターで戸外は全く問題ナシっぽいですよね。
黄斑ミセバヤのママさんちでもコモチレンゲ鉢が軒先にぶら下がっていたなぁ。
海辺にワンサカ生えて咲き乱れているマツバギクとか
さむい青森にもなかなか面白い景色がありますね。
Posted by ちまき at 2006年09月16日 23:40
へー!センペルって復活するんだぁ!!
ってくらい、私はうまく出来ないの。
巻絹が生きているって言うより、『そこにある』って感じ。
ちまきさんの愛情のおかげでしょうね。
金持ちな寄せ植えになっててうらやまし〜!

子持ち蓮華って、雪が降ったら枯れちゃうのかな?
それとも雪の下に普通にいるのかな??
春になったらどうなったか教えて〜!
Posted by ニャオミ at 2006年09月17日 12:14
> ニャオミさん

なんとなくビギナーズラックの香りもしますが
何とかセンペル復活です(´ー`)v
手をかける愛情とは違うのですが
放置が心地良さそうな環境を模索したのが良かったのかなぁ。
青森は春先からはセンペル向きってのもあるんでしょうね。
ただ、せっかく復活しても冬で全滅ってことにだけはしたくないので、
その辺、もうビビリ始めています〜(;´д`)ゞ
つか1800円を枯らしたくないから必死です。頑張りますw

コモチレンゲ、ホント謎なんです。
雪が降ったら数ヶ月は完全に埋もれていますから
枯れるとしか思えないんですが
春からたった数ヶ月でここまで群生は可能なのか?とか
疑問はいっぱい!!
すっごく近所なんで、これは散歩しながら観察を続けようと思います(`・ω・´)!
Posted by ちまき at 2006年09月17日 21:36
こんばんは^^

センペルは見事なまでの復活ですね。
こんなの見ると励まされる気がしますよ。
ビローンと伸びたはずの葉っぱは縮んだのかしら?
持ち上がっただけには見えませんね。

自生の子持ちはびっくりです。
何故か子持ちと相性の悪い私です。
こんな丈夫なのに、我が家では何故枯れるぅ〜。
大事にし過ぎなのかとちょっと反省。
Posted by プリン at 2006年09月18日 19:50
> プリンさん

こんばんは〜(*´∀`*)

センペル、どうしていいかわからず
環境第一を自分なりに考えたら復活してくれました。
葉のビローン部分の大半は一度枯れ、
かなりコンパクトでみすぼらしくなった後に
新しい葉を沢山出しての復活なんですよ。
子株もランナーが枯れて根っこが無くなったりしつつも
今はしっかり発根して独立してくれたんです。
でも途中は見るのもイヤになる位、ボロボロでした(;´д`)ゞ
次は大事な冬越しです!
一難去ってまた一難にならないといいなぁ。。

子持ちさん、ビックリですよね。
今後の観察で実態を掴みたくてウズウズしています。
一度枯れて、毎年復活タイプだとしたら
朧月もビックリの繁殖力ですよね!
株分けして貰いたいけど、
髪を切ってもらうには勇気のいりそうな美容院の入り口なのが残念ですw
Posted by ちまき at 2006年09月18日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。