現在の閲覧者数:

2011年06月20日

果報は寝て待つ

昨日、自分の眼鏡が壊れかけたので新しいものを買いに行きました。
掘り出し物に出会え、乱視(右目だけ)の矯正も丁寧に調整して貰い、快適な眼鏡が作れて良かったです。
壊れ掛けの眼鏡は撤退した他店で買ったものでしたが、そちらも快く鼻当てパッド交換やネジ交換などして貰えて感謝感謝です。

今日は6月も半分を過ぎ、やっと初夏らしくなってきた雪国の多肉復活経過を少々。最初の手助け的な植え替えやカットをし、後は植物の力頼りで復活をただ待つ時期の記録です。

スプルセオリバー

徒長した生長点はスッキリとカットします。
こちらはスプルセオリバー。
ちっちゃいけど、オリバーさんらしい子株がもうこんな大きさに。
このまま枝分かれさせつつ育てて楽しもうと思います

パピローサ

パピローサもふわふわ子株が出てきていますよ。
こっちは最終的にはバラして単独管理に持って行きたいので、このまま順調に夏の終わりにはある程度のいいサイズになってくれていたらいいなあ。

丸はげ寄せ

これは前回載せた、寄せ植えALLカットで新芽待ちのブツ。
カットしたのは6月始めとかだったっけかなあ。
それが↓↓↓のように、今は色々新芽が出ております。

マクドガリー?
春萌?

マクドガリー(エケ紅稚児)と春萌。
あ、マクドガリー生長早!って思ってたらカット時には既に芽があった(笑
ので、スルーしといてー。
春萌は正真正銘カット後の新芽。セダムらしいコロコロが可愛いね。

虹の玉なんだっけ?

虹の玉と・・・なんだろうエメラルドとかそんな名前で買ったものだっけ?
丸はげで茎だけになると芽が育つまで何が何だかわかりません(笑
虹の玉はラズベリーみたいでこれまたこの時期特有の可愛らしさ。
最初、魚卵みたいと書こうと思ったけど、ベリーのが可愛いべ?

発根

それと6/8の記事でALLカット苗で作った寄せ植えも放置の末、発根確認しました。
この場合の放置は、雨ざらしにはせず直射日光の当たる時間は短めの屋外にて、水遣りは一切なしで休ませておいたというような意味合いです。
現在は半雨ざらしの位置に移動済み。
全てに根が出たわけではないのですが、この辺でサ〜っと水遣りをすれば植物の欲するココロを刺激して上手く行けばブワっと発根スイッチが入ります。
でもあんまり水をやりすぎると1本コッキリの根っこが腐ったりもするんで、乾湿にメリハリが出るようにってのがポイント。
感覚が掴めない方は、水遣りに迷う時は決行じゃなく中止を取ればいいかもね。中止を数回繰り返しても問題ないから。
そんな私も7年くらい前は根が出たかな〜って毎日のように確認して掘り起こしたり、暑いから水分か!と過剰に与え徒長させたりそりゃー色々やらかしたもんです。良い子のみんなは昔のちまきみたいな事しちゃだめだYO!と言う事で久々の原点的な記録でしたー。
しっかり観察して要所要所の作業だけはしっかりすれば、後は植物が自分で素晴らしい株へと育ってくれる、そんな多肉のたくましさが好きなんだよなあ。

むやみにちょすな。したばって観察はからぽねやまねでするべし。
(あんまりいじるな。だけど観察だけは面倒がらずにやりましょう)


夏のドライブにいかが?


posted by ちまき at 13:00| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です!北国の多肉も活発な時期になってきましたね。
仕立て直しの妙も楽しめるってわけで。

私は増えたら分解して間引いちゃうことが多いけど
ちまきさんは丸禿の茎だけでもちゃんと大事に育ててあげるのね。
魚卵と呼んでも十分可愛いよ!

うん、一本根が出たぐらいのカット苗は慣れないと難しいですよね。
初心者さんは少ない株をすごく大事に育ててるから
ちょっとでも調子崩すと手をかけすぎたりして
気持ちもすごくブルーになっちゃうみたいね。
私は数年たって鉢数が増えてきたら、
ほぼ常にどれかしら何らかの理由でこじれてる株があるから
あんまり悲しまなくなった(^^;)
もちろん手当はするけど、気長に見て回復を待てるようになりました。
おかげさまでうちの煮干しハオたちも奇跡的にほぼ全部復活♪

先輩がたのブログにはほんとお世話になってます〜ありがたいです。
Posted by まきぼう at 2011年06月21日 18:10
まきぼうさん こんばんは!

あのあの・・普段は茎だけとか、小さい芽は植え替えついでにワシワシしごくようにもいでサヨナラしているんです・・・。今回は・・たまたま(笑
あと魚卵はハタハタの卵あたりを思い浮かべておりましたー!

思えば私の初心者時代は、まだ多肉ブログは少なかったんですよ。
しかも失敗談とかそういう記事がホント少なくて。
だんだん仲間が増え助けてもらいましたが、最初は情報集めも今より確実に大変だったんですよね。
ここは多肉トラブル系表現の検索ワードで来られる方も多いので、慣れた方には今さら感があろうとたまにはこういう記事も書きますよ〜♪
結局は植物のお世話って、他の方の処置などは一つの例なだけで、最終的には自分で判断しないとどうにもならないのですが、ほんの少しでも判断材料になってくれれば嬉しいのです。

だけど最初の頃って、挿し木とか自体初体験だったりするので、心配半分、ホントに根っこって出てくるのかな??とかワクワク感に負けちゃうんですよね〜(^m^)
オサレ寄せ植えを買うだけ買って放置してポイしちゃうより、頑張って作業してワクテカ失敗しちゃう人が私は大好きです!!
Posted by ちまき at 2011年06月21日 21:57
おはようございます ^^
きれいにしかもたくさん!発根してますね〜!
あれから私のところの葉挿し達も少しは根や芽が出てくれました!
きっと気温や湿度や日光や・・・条件があるんですね。気になって毎日割り箸でつまんではじっくり見てます。
ちまきさんの記事にもあったように、触るのは控えることにします。;;;
子供に「食べてるの?」と言われましたが;;;^^
前回のコメントもとても丁寧に書いてくださり、大変参考になりました♪
はじめは苗も少なく、買うか、増えるのを待つかしかないのは仕方がないのですが、ついつい、買う方に走ってます。;;;
Posted by tsukino at 2011年06月23日 07:00
tsukinoさん こんばんは〜。

カット苗の発根、↑の画像は初恋の根元なのですが、この初恋だけどれもモジャモジャ出ていました。
他のカット苗は1本も根が出ていないものもありましたが、気にせず雨ざらしです。

大げさな話、真冬に寒い場所で葉挿しをスタートさせても育つには時間が掛かります。いいタイミングだとあっという間に育つし、ダメな時はいつやっても何をしてもダメ。
生き物相手はそれくらいのスタンスでいいのかなって思っていますよ(*´ー`*)
あはは。割り箸でチェックは確かに何か美味しいものを探しているようにも見えるかもしれません(^m^)
でも見過ぎもせっかく出た根っこをいためる可能性はあれど、記録としていつ出たか知るってのも大事なんですよね。
私自身、昔は見ないでガマンなんて出来ませんでしたよー(笑
乾燥がてら餅網にカット苗を引っ掛けていた事があるのですが、それだと根っこの観察もしやすいしいいかもです。
品種によってはポリマーに挿した方がいいものもあるようなので、色んなやり方で観察しつつ育てるのも楽しいものですよね♪


Posted by ちまき at 2011年06月23日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。