現在の閲覧者数:

2011年05月11日

徒長その他特集 2011最終号

5月になり、随分過ごしやすくなりました。
多肉も屋外に移動してからはとてもいい顔になってきたし、孔雀サボテンに沢山の蕾が出始めいい感じ!

徒長特集も、昔に比べればネタが少なくなって嬉しい限り。
でも本当に具合の悪いものは、upしません。up出来ないです。ションボリ。
一番切りたくない単頭の大事なアイツが何故・・・(つω;`)

静夜

静夜はここまでスカスカ伸び伸びになりました。
伸び始めるのも早かったしね。
その分、戻りも高速でお願いしますわ。
茎の赤みがお陰で拝めて満足ってもんだ。

トップシーツルビー綴化

トップシーツルビー綴化。
いつの年だかの徒長がきっかけで勝手に綴化になった気がする。
でもまたここまで崩れると凹む。
いっそ全部ノーマル化してくれてたらいいんだけど。

高砂の翁綴化

昨年秋にはいい色だった高砂の翁綴化もカッサカサ。
綴化部分が伸びて先端にわずかにわしゃわしゃしてるんだけど、どう手入れするべきか。

ダーリーダール

ダーリーダールもいい感じになってもすぐ崩れちゃってなかなか。
買ったばかりの姿が懐かしい。
でもね、冬の始めに間延びしたのが生長点付近はかなり回復したんですよ。
不健康になった下葉を枯らして落としてさっさと更新していくタイプと思えば、生育期の過ごし方計画もまとまりやすくはあるかな。

ブライアンシー復活

2株あるうち、1株を凍らせてしまったブライアンシー
生長点も凍ったので復活は微妙と思っていましたが、茎と根は生きていたので子株を出して復活宣言です。
ダメージのある葉がいち早く日焼けしたり枯れて落ちたりするのって、当たり前かもしれないけれど、私はいつも生きるためにちゃんと考えてるんだなーと感心してしまいます。
ろくに光合成も出来ない葉は無い方が子株達に有利だものね。
断捨離じゃないけど、要らんものに囲まれてるより、スッキリ暮らすのがいいってのと同じか(違

さて、今年の越冬後の徒長系記録はこれで終わり。
わかりやすい伸びた部分はこの前ジャキジャキ切りまくって軽い前処理を。
後は細かく観察して栄養が欲しそうな人を探したりしてぼちぼち植え替えだなー。
多肉植物、サボテン、その他の植物達、半年弱の黄金期にどうか私を楽しませてください。
植物の復活は、植物の頑張りが主で飼い主は単なる補助だけど、ダメになる時は飼い主の判断ミスが大きかったりするからうっかり出来ません。なので基本の観察をしっかりしたいと思いまする。

7号針ver.マルシェ

ところで別館ブログではハンドメイドの事を書いています。
麻ひもバッグとか編み物がメインですので、興味のある方は良かったら見に来てね。
たまに地元イベントで販売したり、オーダーもやってます。
色んなジャンルの、もの作りが好きな方と情報交換ももっとしたいのでどうぞよろしくね♪


バッグも編めるし、園芸資材にもなるし、本来の梱包にも使えるしとても便利です。


posted by ちまき at 23:05| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雪国の多肉風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちまきさんこんばんは。いつも濃い記事をありがとうございます!
いろんな現象を記録してくれるから
うちは同じ条件ではないけど参考にさせて頂いたり心強く思えたりします。
具合の良くない奴を撮影するのは辛いものですよね…

いよいよ北の国でも多肉の季節ですね。
多彩なネタを楽しみにしていますよ。
最近はこちらでも春が短いので(すぐに梅雨入り&猛暑が待っている)
短い青春を謳歌させてやらなきゃ(`・ω・´) と単なる補助ながら力が入ります。

そうか静夜はニョキニョキになりやすいのですね。
ちょうど欲しいと思ってたんだけど、似て非なるやつにしようかな(^^;)
戻りも高速でとか徒長がきっかけで勝手に綴化とかカッサカサ翁とか、すごいな〜いろんな意味でw

ダーリーダールのくせ者加減が私にもわかってきましたよ。
アジの開きみたいなビローン状態からスパルタで更新を促したら、
最近けっこういい感じに締まりつつ成長してきました。
やっぱり崩れやすく更新しやすいタイプなんですね。面白いな〜

大事なアイツが何故… って事態は少なからずありますよね。
というか好不調の原因は(明らかなもの以外は)わからないことのほうが多いなぁ。
お前何で急にでかくなったんだ?とベランダでつぶやいてることもしばしばです。
学習できてないってことなのかなかぁ(´・ω・`)ショボーン
いや、ショボーンとしてないで私も観察をしっかりしようと思いまする。
Posted by まきぼう at 2011年05月12日 00:46
まきぼうさん、こんばんは〜!

美しい多肉はよそ様のブログ等でもっと良い写真でお楽しみ頂けるので、当ブログは多肉育てのよろず話で何とか続いております(笑

そういえばそちらはもうすぐ梅雨でしたね。
それでも雪国管理も経験すれば、まだシード権的環境かなとも。
自宅環境に合う管理の進化でまだ楽になる余地はあると思います!
勿論、こちらも雪国だから上手く出来ないってのは言い訳にはならないので、わずかでも進歩出来るよう頑張りますよ〜!

静夜、雪国の日照では苦しいみたいですね。
来シーズンは2鉢に分けて、プラス低温で頑張ってみようかと。
ベランダの貴重なスペース問題もありますが、実際育ててみると相性が良い可能性もありますし、伸びたらカットして更新しつつ整え続けるのも手ですよ。
伸びて切って済むならまだ楽なんです。
問題はカッサカサ爺ぃのような、どこから手を付ければいいかわからないブツです・・・(´-ω-`)
そう思えばダーリーダールは崩れても、どうして欲しいか予想をつけやすかったり、一番育てて面白いタイプなのかもしれませんね。

多肉の好不調は、わかりにくい場合は根っこが原因がうちでは多いかも。
黒法師とかは不調で抜いてみると、大抵ただでさえ細い根っこがスカスカになってたりですね。
調子のいい株は、大概抜いたらしっかりした根があるし
すぐに顔色に表れない分、その辺が難しいなあっていつも感じます。
どうしてもその年の気候にも左右されるし、管理の決定打はまずないので、やっぱり観察しか日常対策はないんですよね。
いやはや、ここから約半年は意味無く毎日多肉の写真撮りまくりますから(笑
月別フォルダは、冬は閑古鳥。春〜秋は月数百枚です(^m^)
(撮ってるだけで観察し切れていないというツッコミ可)
Posted by ちまき at 2011年05月12日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。