現在の閲覧者数:

2011年01月11日

徒長始め

毎日寒いなあ。
最低気温はマイナス7℃とかで雪がドッカドカ降っています。
ぶ厚い雪雲で日照もてんでダメですわー。
でも徒長するものもあればしないものもあって
今日は伸びたものを、ね。
(そんくらいしか動きがないのですよ)

静夜の最盛期は極短期

やっといい形になったかと思った静夜はあっという間に徒長。
少しでも日当たりのいい窓辺がいいかと思ってましたが、極寒玄関置きのが合ってるのかな。

きるひねあ

キルヒネアもカッコよくなって喜んでたらすぐ崩れました。
回復も早い=生育旺盛=伸びるのも早いパターンか?
(あくまで我が家の環境で感じた感想ね)
しかも秋に花芽付きで買って咲いたばかりなのにまた花芽かあ。
ビシっと作りたくても色々やりたいお年頃なのでしばらく好きにさせときましょう。

多肉bigカツ

多肉ビッグカツもカラッカラに乾いて休眠状態の株もあれば、ちょい位置の関係で苦しんでいるものも一部あります。
えっとこれは月錦だっけ?お日様を求めて苦しそうであります。
紅葉するものもあれば伸びるもの、乾きすぎて落ちたもの(飼い主のミス)とそれぞれ。大きめの寄せ植え状態はその差が色々出て面白くもあります。

けっせる

縦に伸びるものもあれば、日照を求めて広がるものも。
ケッセルリンギアナの良いところが全然無くなってしまいました。
真面目に管理しようとしてコレなんだから、雑貨感覚でその辺に置いといたら一体どうなっちまうんでしょうな。
ま、私も冬管理は完全キャパ超えなのは反省。減らすのは難しいよなあ。
なのでせめて、冬季購入は控えております。

110111三者三様.jpg

秋に買ったカット苗といただきもの。
ロバートグリムは咲くのか・・・咲かなくていいんだけどな。しかも伸び気味。
紅日傘は発根が遅れてイマイチなまま冬突入。今は根っこは出たけど土の上でモシャモシャ状態。
紅化粧も根っこモシャモシャで土に乗ってるだけですが、こちらはキリッと。

同じ環境下でもこうして三者三様の状態になっとります。
こういう記録を元に、来シーズンの同居株や置き場をまた考えていくんだよ。でも実際はすっかりそれを忘れて同じ事しちゃったりするんだけどね。

今回のように悪い例を多く紹介する事が多いこのシーズンですが、型崩れは出来る限り最小限に止めたいというのは年間を通して一貫したテーマ。
可愛いけれど、水遣り回数は確かに少ないのは楽と言っちゃ楽だけど、ちゃんと育てるとなるとやっぱ楽とは言い難いんだよなあ。
誰かに聞くだけでは上手に育てられないし、楽しさも大変さも、だからこそある面白さも知ってるだけに、上手くその魅力を簡潔にお伝え出来ないのが私の弱点wクソ真面目なんですよ。
でもね、雪国は長い厳しい冬と素晴らしい春〜秋のサイクルを乗り切る覚悟があれば、楽しい多肉ライフが送れます!
さあ・・・春が来るまであと3ヶ月弱・・・がんばるぞぉー。


posted by ちまき at 23:26| 青森 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マイナス7度ですか!
確かに厳しい寒さですね!
(>_<)
でも多肉たちは少しずつそして種類によっても違うけれど変化してるんですね! 多肉たちの性格が出てて面白いです!

ちまきさんのブログちゃんと多肉植物の良さが伝わって来ますよ!
自分も状態良く育てられるように頑張ります!
ちまきさんも頑張ってこの冬を乗り切って下さい!
(^O^)
Posted by まっしゅ at 2011年01月11日 23:48
今年はことのほか寒い気がしますブルブル
ぶ厚い雪雲は辛いですねぇ。
でも飼い主さん(?)も多肉も頑張ってるなぁというのがひしひしと伝わってきますよ。
ケッセルリンギアナ広がりましたか…
根っこモシャモシャ土に乗ってるだけの紅化粧、わかりますわかります(^^;)

うちのほうでは運良くずっと穏やかな快晴続きですごく助かってます。
ケッセルリンギアナや月影の宵はギュウギュウに締まって、イイ姿になりました。
だけどやっぱり深夜の冷え込みは外置き多肉には辛そう。
ハオはどれもこれも死にそうなドドメ色になってるし…

多肉が楽って誰が言い始めたんでしょうねぇ。
住環境によってこんなにも敏感に姿を変えるのに。
ましてや日本は縦に長い国。みんなそれぞれ奮闘してるんですよね。
そんなこんなでやっぱり多肉栽培は面白いし、やりがいがあるな〜
…と改めて思った真冬の夜なのでありました。
Posted by まきぼう at 2011年01月12日 02:49
ご無沙汰してました。
>マイナス7℃に雪がドッカドカ…
うわぁ、雪に埋もれた市内が目に浮かびます。。
夜に市道を通行止めにして除雪してて、目的地は目の前なのに、右行け左行けと誘導されて、このまま永遠にたどり着けないんじゃないかということがあったなー(-ω-)
こちらは最近は例年通りって感じですけど、正月までは幾分暖かいし雪はないしで拍子抜けです。
日の全く当たらない氷点下の風除室に置いてある多肉達は、土が凍ってシャクシャクしてる(寒入り前に水あげたら凍っちゃいまいました 汗)のに寒がる風もなく、むしろ心なしかプリップリ元気そうです。
丁度いい寒さなんでしょうかね。
といってもまだ寒に入ったばかり。
油断は禁物ですね!
お互い春まで頑張りましょー。

Posted by rumbo at 2011年01月12日 16:24
続けてすいません<( ̄∇ ̄)ゞ
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
Posted by rumbo at 2011年01月12日 16:25
まっしゅさん こんばんは♪

いやー今日も寒かった!
ちょこっとお日様が出たりはするのですが風は強いし外出たくないです〜。
そんな中、多肉は伸びたり耐えてたり冬ならではの個性が出てきています。
春にカットして挿し穂が増えても、まだビックカツに余白もあるし徒長バッチ来いです(強がってみましたw)。

私のブログでも多肉の良さ伝わっていますか?
嬉しいな。そう言って下さる方がいると励みになります。
好きだからこそ、楽しさをもっと広めたい反面もどかしい部分もあるんですよね。
でもブログを通じて沢山の多肉仲間がいる幸せ。
まっしゅさん応援ありがとうございます!これからも頑張りますっ!
(忙しくて更新してなかった時も、
まっしゅさんが絶妙タイミングでコメントくれて嬉しかったですよ♪)
Posted by ちまき at 2011年01月12日 22:17
まきぼうさん こんばんは〜。

東京の伯母と先ほど電話で話していたのですが、そちらは今日もかなり寒かったらしいですね。
青森はこれぞ雪国の冬ってな感じで、この厳しい1月2月が踏ん張り時!
ケッセルはこれ以上可愛く無くなる術もないので、諦めがつきます(笑
根っこモシャモシャ転がり多肉も、土が凍り気味で無理に入れるよりこの状態で休眠ぽいのも割と良かったりするんですよね。

ふーむ。そちらはこの季節は日照&低温でいい感じの辛目管理に日中はなるんでしたよね。
確かに夜の冷え込みは厳しいですが、吹曝しさえ気をつければ青森の窓辺や玄関よりは暖かいので大丈夫!
このストレスの反動がいい動きのきっかけになると思えば♪
青森のハオは室内でもドドメカラー&シオシオ縮みですよ〜。(または徒長)

多肉栽培はホント、地域プラス住環境ですよね。
同じベランダ内でも遮光やら少しの配置ミスが命取りになるし、水遣りやら花ガラ摘みなどの苦労はなくてもやりがいのある要素はいっぱい。
売る側も商売だから、色々仕掛けて来るのもわかるのですが、クリスマス、バレンタインなどで哀れな寄せ植えがビニールに包まれて蒸れ蒸れ売られているのを見ると悲しくって・・・。
今年も帝玉ビニール包み、あるのかなあヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!
Posted by ちまき at 2011年01月12日 22:29
rumboさん こんばんは♪
そしてこちらこそ
遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願い致します!

暖冬気味?と思わせてくれた北東北の冬でしたが
一気にドカ雪でぬるい気分をぬぐいさってくれました(汗
除雪も最近は夜に出歩きませんが、通行止めに巻き込まれると予定狂いまくりになるんですよね〜〜〜(;´д`)ゞ
青森は市の除雪が粗末すぎて、ダイナマイトで爆破してやるって電話した人がいるらしいですよ。。

rumboさんちも風除室多肉頑張ってるようですね。
水をあげなくても土が凍ってる感はバリバリな我が家。
吹曝し状態で株が凍るわけじゃなければ大丈夫だったりするんですよね。
とりあえず寒くて生長もしないの極寒管理の場合は水遣りはあとは春まで忘れてもOKでしょう♪
例え葉が凍っても、維管束まで逝っちゃってなければ春に再生するっぽいしあと2ヶ月はただただ耐えるのみですね。
でも確かに油断は禁物。今後は体力切れで虫とか付かないようにチェックもしなくてはっ☆
春が待ち遠しいね。でも頑張っていきましょう〜。
Posted by ちまき at 2011年01月12日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。