現在の閲覧者数:

2010年09月28日

エケコレ☆秋

あと1ヶ月程度で恐怖の室内多肉同居のスタートです。
毎年の事とは言え、部屋は狭くなるし暗くなるし・・ヤダな。
(そのくせまだ買おうとしてるんだけどね。笑。)

でも晩秋に掛けての多肉は綺麗なので、外で見られるうちに沢山楽しんでおきましょう。

魅惑の宵

エケベリアで一番紅葉しているのはこの魅惑の宵。
猛暑の時はリューイーソー(緑一色)だったのにお見事〜。
毎年言ってますけど、多肉の紅葉は「血赤」が多いよね。

ジュリア

随分葉っぱが減っていたジュリアも大きくなってきました。
しゃもじみたいなサイズの葉っぱがベロンベロン。

七福神

七福神だけど高咲蓮華なこの方も、猛暑時はさすがに弱ったかもと思わせる姿でしたが、涼しくなったら肉厚にすくすくサイズアップ。
なんも構ってないけど、今年はいい出来ですわ。

デローサ

デローサもこの時期は可愛くなるね〜。
ぼんぼり状に丸くなって大変よろしい。

デローサっぽいヤツ

「センペルビブム」の名札付きだった、デローサっぽいのも元気。
イマイチよくわからないけど、花からすると明らかにデローサっぽいし
毛の感じとかはちょいタイプ違い程度なのかなー。
夏は特徴が薄れてるけど、春秋になるとまたイメージが変わってきますね。

ルンヨニー

気温が落ち着いてからルンヨニーも一気に形が整い良いね良いね。
リラシナカラーで整ってて素晴らしい。
丸、円、まるまるんるん♪ ←正気です

ルンルンぽいやつ

名無しでルンルンぽいと買ったものも、花を見て確定。
花芽が立派すぎて、本体のボリュームが非常に貧弱ゥになってますが。
花芽は1本だけ切るかとか迷ったんだけど、やっぱ咲いたらゴージャス☆
美しく咲いてくれてありがとうね。

アルフレッドグラフ

アルフレッドグラフも9月に入ってから好調ですよ。
ワタムシが今年は湧いてないのが嬉しい。
花はこれから咲くのですが、花そのものは小さめっぽいね。

最近はセダムも綺麗になってきたし、冬前に記録沢山しとこうっと。
さて大移動の前に、巨大アエオ達は1メートル超えが増えてしまい、窓辺に多分入らない事に関しての対策も考えねば・・・。
あとワタムシが次から次へと出てこのまま冬を迎えるのが恐怖!!
やるべきことはいっぱいあるんだよな〜。

冬の必需品!!!


posted by ちまき at 13:33| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | エケベリア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜♪
多肉達、紅葉してくるとこれまた可愛いものですね。毎朝様子を見てはヨシヨシと一人にんまりしています(笑)
エケベリアは小型種の静夜を持っていますが、徒長しやすいみたいなので、ちまきさんの過去の経験談を参考に火の気のない寒いとこで冬越しさせてあげないと、凄いことになりそうな予感(((; ゚Д゚)))ガクガクブルブル
私はまだまだ手持ちが少ないので置き場所は大丈夫なんですけど、ちまきさんに恐怖と言わしめる多肉達との同居生活、一日体験してみたいですw

ペンタガーデン、これは良さそうですね!
確かホームセンターで見かけた記憶あったから、私も買っておかなくては〜。
Posted by rumbo at 2010年09月28日 21:22
> rumboさん

こんにちは♪
猛暑のヨレヨレから、朝晩の気温が下がって一気に上調子な多肉たち。
紅葉も室内取り込みギリギリまで楽しめて嬉しいです!

静夜、伸びやすいようですよね〜。
実は私は今年初めて友達から分けてもらって育てているんですよ。
凍らない程度に寒くて明るい置き場を確保して、お互い型崩れ防止に頑張りましょうね〜☆
多肉同居、最初は家の中で見られるのも幸せだと思ったのですが、お陰で人間は暗いしで恐怖へと変化しました(笑
置き場は人間もやっと立って方向転換出来るスペースしかなかったり、そりゃもうヒドイですよ(;´д`)ゞ
だけど外は雪一面だったりすると、憂鬱ながらも癒しでもあるんですよね。
ニンマリしつつ、虫を発見して一気に蒼ざめたりもありますけど(^m^)

ペンタガーデン、気休めかもと思いつつ空中湿度を保つ霧吹きなんかも薄めた液を使ったりして冬は大活躍させていますよ。
冬は水遣りも減りますが、そんな時こそペンタ水に頼ってまーす!
黄金期もラストスパートですが、長い冬にむけて頑張りましょう〜。
Posted by ちまき at 2010年09月29日 12:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。