現在の閲覧者数:

2010年06月20日

サボコレ2010 春〜初夏

青森でもサボテンの花が色々咲き始めました。
じっくり撮影していられなくて、ベストな時期を逃してしまったものもあるなあ。。残念。

黄花宝山

レブチア属 宝山。
こいらは毎年、たくさんのお花を咲かせてくれます。
今年もギュウギュウに蕾が出ていて、狭すぎて花びらがしっかり開けないものありました。
元気になるこの黄色がとっても好き。
胴咲きってのもいいよねぇ。

玉翁

マミラリア属 玉翁。
多肉植物とサボテンを本格的に集め始めた初期に入手したものですが、こちらも毎年グルリと王冠咲きで楽しませてくれます。
つーか、真冬も一度咲いたりで2年に多いと3回咲くのはうちだけ??
ものっすごい強健で、爺様な名前が似合ってない気がします。

銀沙丸

マミラリア属 銀沙丸。
こちらも結構初期から育てているサボテン、随分大きくなりました。
育つにつれて棘も立派になってるかも・・。
これはグルっと蕾が出ても、なかなか開花が揃わないのがいつも残念です。

カルメナエ

マミラリア属 カルメナエ。
普通タイプより観賞価値の高い刺を持つタイプ。
まるはさんから頂いたお気に入りさんです。
こちらも時間差で白いお花が咲いて楽しませてくれます。

雪晃

ノトカクタス属 雪晃。
これも初期に100円抜き苗で小さい幼苗を買い、5年位育ててやっと咲きましたわ。
白い刺に真っ赤な花で撮影の調整が難しくて出来ませーん。
でも凄く目を引くお花を遂に咲かせられて嬉しいな♪

月世界

こちらは青森県内あちこちで?出回ってるエピテランサ属の月世界。
4月だったかなあ。3つ入りで購入。単なる買いました記録です。
触っても痛くないし、綺麗なサボテンですよ。

 テフロカクタス  松笠団扇

こちらも今月アガリさんも購入したテフロカクタス属  松笠団扇。
最初、これはナンだ?と随分と検索に難儀しました(笑
途中、とんでもない通称が定着しそうになりましたが、判明してスッキリ。
小型ウチワサボテンになんですね、これって。
初めての属でどうなるかわからないけど、観察を楽しみつつ育てて行こうと思う個性の強いサボテンです。

今期は植替え自体、ロクに出来ていないのでさすがに増やすのもスローペース。冬の事もあるし己のキャパを忘れず多肉な日々を送っていますよ。
時間を見つけて撮影をし、黄金期の更新は頑張りたいものです。


posted by ちまき at 22:04| 青森 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁ〜サボだ!綺麗ですね。
月世界っていいね!この前ね、グランカクタスさんに行ってきたんですがサボが花盛りで素敵でした。
タネも一杯あったし、こうやって地道に育ててるんだってかなり感動しましたよ。
この華やかさが嬉しくて集めちゃうんでしょうね〜素敵!!
Posted by 洋吉 at 2010年06月26日 12:38
> 洋吉さん

サボテン、冬の間に病気で☆になったものもありましたが
新しい出会いもあれば買ってしまうんですよね〜。
育つサイズによって置き場に困るので増やすのは慎重にはなったのだけども。

月世界、これは群生化するサボテンなんですよ。
じっくり育てて増やしてみたいなあ。
サボテンは多肉のように気軽にカットして仕立て直さない分
幼苗からじっくり育てる楽しみなどもありますね。
それとやっぱり開花期の華やかさ!
我が家の小規模サボトレイでもかなり楽しめますし
業者さんの温室は圧倒される迫力ですよね!
夜越山サボテン園も夏のサボ花満開だろうなあ☆
Posted by ちまき at 2010年06月26日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。