現在の閲覧者数:

2010年04月26日

冬から春の姿へ、劇的変化の2週間。

毎日少しずつ、多肉を外に運び出しています。
一気にやると日焼けが心配な株もあるので、少しずつ置き場を前進させつつ、外置きへ移行中。

今日は今月初めのシオシオだったハオルチアの変化の記録です。

4/9 シンビオブ

こちらは2007年にひでこさんから貰ったシンビ×オブ。4月9日の姿。
ちっこい子株がすっかり群生に育ちました。
でも冬の間、1ヶ月位断水してた時もあったんだっけかな?
特に意識してそう管理したわけじゃないけど、赤茶のカラカラシワシワになっていました。

それが約2週間後には・・・

4/22 シンビオブ

ぷりっぷりの鮮やかグリーンにすっかり変化していまーす!
う〜んこの変身っぷりは何度見ても素晴らしいね。
根っこまでカラカラにしすぎると、ここまで戻るのに時間が掛かりますが
根が元気で目覚めれば、水遣り後数日で目に見える変化が出てきます。

4/9 シンビtype2

同じく4月9日のてきとーさんに貰ったシンビtype2
(ただの通称で、元は名無し株。)
こちらも小さな子株でした。
本来はとってもふっくら透明感のあるお気に入りの株。
ですが、こちらも冬の間にすっかりぺちゃんこで閉じた蕾のように。

4/22 シンビtype2

約2週間後の4月22日には、はいこの通り!
そうそう、この姿が大好きなのよね〜とニッコリしてしまいます。
普段はわざわざここまでシオシオにする必要はないけれど
水の遣りすぎで無残な姿になるよりかは、多肉の生きる力に頼って数ヶ月の長い冬を頑張ってもらうのがやっぱりいいね。

長く多肉植物やサボテンを育てている人には珍しくも何ともないことですが、これから育ててみたい方に何かヒントになるといいな〜。
私も最初はここまでするのに勇気が要ったもんなあ・・。


こぎん刺しの小ものたち
鎌田久子さんの新刊が出ました。
雄鶏社の本も良かっただけに期待しています。



posted by ちまき at 13:36| 青森 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 軟葉 ハオルチア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すご〜〜〜い!
この復活劇、感動的です。
私なら捨てちゃうかも・・・。
これから捨てずに2週間温存します!
このふっくらした姿見ると止められませんよね〜!
Posted by 洋吉 at 2010年04月28日 10:42
> 洋吉さん

ちょっと前に洋吉さんが植替え前の水切りから復活までの記事を書いていたでしょ?
そのハオ版みたいな感じなのよ♪
(うちは植替えはこれからだけどね)
こっちの冬越しは水遣りはコンスタントにするものと
思い切ってこの位ノックダウンに近い休眠も一つの選択なんですよ。
でもこれは上手くいった株の例。
根っこが枯れて鉢に乗ってるだけになったものもあるから加減が難しいです!
これも含めて多肉を育てるのは楽しいのだ☆
なんかね、究極の冬越し法ではハオを土から抜いて
干すようにして放置ってやり方もあるんだって!
Posted by ちまき at 2010年04月28日 11:50
ちまきさんこんにちは!
春の民族大移動お疲れさまでした。

うわ〜〜すばらしい、素晴らしすぎます。
ここまで劇的に回復するものなのですね。
シワシワが別人のようなみずみずしいプリプリに。旨そう(^¬^)

うちのハオは、植え替え後初の水やりから数日経ちましたが
相変わらず赤茶けた葉が多くて可愛くないです。。。
でも少し個体差があるみたいで
ノギが多いほうのクーペリー・ピリフェラはだいぶ緑になって来ました。
株分けした宝草は、抜き上げ中にチビ株がシオシオのパーになっちゃって
このまま干からびるのか?と焦りましたがなんとか復活のきざしが。

家のベランダでは
多肉強健種とギムノとハオを一緒に育てるのは本当は少し無理があるんですよね…
それぞれに適した環境を作るのが難しくて。
でも、大先輩・ちまきさんの栽培記録を参考にさせて頂きつつ
頑張ってできるかぎりの環境を整えてやろうと思います。p(゚∀゚)q

Posted by まきぼう at 2010年04月29日 18:31
申し訳ありません! 一つ忘れてました。
先日のうちの掲示板エラーの件、本当にすみませんでした。。。
ちなみに、エラーメッセージはどんなかんじでしたでしょうか?
(こちらでお聞きするのも失礼とは思うのですが…どうかお許し下さい)
Posted by まきぼう at 2010年04月29日 18:40
> まきぼうさん

こんばんは〜!
今年も沢山の土をこぼし、丁寧に雑巾掛けをするいい機会になった民族大移動でした(笑

人間の肌も水遣りでここまで変わればいいのに・・(違
ハオ、今回UPしたのは優秀者のみで我が家にも赤茶のままのもの、根っこが減ってしまい、一部しか戻らないものも多数あります。
そして確かに、ノギのあるものの方が、色の変化に関しては赤くなるのも緑になるのも打てば響くで変化が大きいかもしれませんね。

関東と東北じゃ、栽培環境は別物ですよね。
青森だからギムノも直射ガンガンでOKなわけですし
冬さえ耐えれば無頓着でいられるのは雪国の強みかもしれません。
腕がいいとかじゃなく、冬が大変だと文句が多い割には環境で得している部分も多いなって最近は考えてるようになりましたよ。
環境に合う用土などの発見なんかも大事ですが、それがなかなか難しいんですよね〜。

コメントエラーの画面・・・結構私もしつこくコピペしつつ数日チャレンジし、その後はNGワードか?とやっと気付き、顔文字と一部の文章を削ったら投稿出来ました!
肝心のエラーメッセージはシンプルなものだったのですが、なんかの処理が出来ませんって出たような・・あああんだけサーバー負担かな?と思いつつしつこくやったのに覚えていないのが恥ずかしい〜〜〜(つω;`) すびばせん・・。
seesaaもかなりコメントを受け付けなかったり、沢山の方々にご迷惑をお掛けしていますので、どうぞお気になさらずにお願いしますね。

ホント全くへこたれずにまきぼうさんとお話したい一心でしたので、ちゃんと投稿できただけで嬉しかったですよ!!
逆にサーバー負担かと密かに心配しておりました(汗
Posted by ちまき at 2010年04月29日 22:07
ちまきさん、見捨てずに書き込んで下さってありがとうございます〜!
嬉しすぎて涙がちょちょぎれました。(ノ∀`)・゚・。

エラーはやっぱりNGワードだったのだと思います。
なるべく手の内を明かさないためにエラーメッセージを『なんかの処理が出来ません』的なものに変えてるので…
細かく設定しすぎたのかもしれないので、あとで見直してみますね。
逆にご心配頂いちゃって申し訳ありませんでした。。。

そして、ギムノと多肉のベランダでの共存法について連休中に充分考えたいと思います(^^;)
ハオは適度な遮光が難しいので明るい日陰で様子見てみるつもりです。
自分のお肌もハオもプリプリになりますように…(違
Posted by まきぼう at 2010年05月01日 01:24
> まきぼうさん

えへへ。執念が実って書き込めました☆
2○ゃん系顔文字をまず疑い削ったらOKだったような気がします。
あとセダムのなまめかしさの部分に共感していた部分を削りました(笑
でもNGワードはやはりちゃんと設定してナンボだと思うんで、今のままでいいと思いますよ〜。

春が終わればそちらは湿度と強光線の夏ですね!
青森はまだまだ冷たい風が吹いています。
昨日は強風で大株サンシモンが倒れ折れまくりました。
折れてもいいけど更に増えるのが困ります(汗
Posted by ちまき at 2010年05月01日 21:50
こんばんは♪
なんかご無沙汰してしまいました。
ちゃんと読み逃げはしてましたよ〜(笑

これはまた素晴らしい復活劇ですね♪
こういうのがたまらないんですよね〜多肉は!!!
見てるだけで嬉しくなりますよね♪
春到来でこういう嬉しいことが増えていいです。
ここからの生長がまた楽しみで♪♪♪
Posted by たま at 2010年05月04日 21:43
> たまさん

こんばんは〜!
コメ欄ではご無沙汰でしたが、私もたまさんとこはちゃ〜〜んと読んでます♪
字が大きいと読みやすいし、自分もちょっとサイズ変えようかと思ったり。

シンビ×オブ、実はここまでカラカラを狙ってたわけじゃないのですが、思いのほか早い復活で嬉しかった〜!
冬の間の生長して水遣りし続けるものもあるのですが、大体の勘で仮死状態にするものと分けています(笑
今シーズンはいつもの2週間遅れで多肉を外に出しました。
たった2週間でも雪国にとっては痛手!勿体無い!
その分、ここから一気に盛り上げるべくテンション上げて作業頑張ります(*´ー`*)b
その前に家庭菜園などもやらなきゃ!
夏の間の節約にも関わるし、重要な時期なのです(^m^)
Posted by ちまき at 2010年05月05日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。