現在の閲覧者数:

2010年04月14日

戸外越冬観察記録

今日は強風に雪がチラつき、寒いのなんのって!
来週あたり、屋外に多肉達を出す予定ではあります。あー嬉しいけどメンドクサイ(笑
いい感じに曇った日に作業して日焼け対策も忘れずにしないとね。(自分に関しては無頓着。植物が焼けるのがイヤなんです!)

今シーズンの越冬は、これといった新しい対策はしませんでしたが、どうしても置き場の関係で苦しませてしまったものを除き、徒長も殆どなく終わりそうです。
耐寒性の加減がわかれば本当に楽!「休眠」を利用出来る様になりました。
そんな中、実験と言うか何と言うかかなり乱暴な事も一応試してはいたんです。

2/26地植えで生きてた

子吹きしすぎて秋に蒸れアリが湧き、かき分けてみればワタムシ野郎がわんさか着いて解体を余儀なくされたキャベツBことセブンスターの親株の頭。
痛みきっていたので、庭木の根元に転がしておくしかなかったんだよね。
で、ダンゴ虫に下葉を食われたりしつつも、根っこ無しのまま雪が積もり冬に・・・そしてそのまま放置。。

画像は2月26日のもの。
父がせっせと庭の雪をドンブラコ〜と捨てたので(ホントはダメよ)、雪が多い冬でしたが今シーズンは早くから地面が見え始めました。
そんな中、秋に転がしておいたキャベツとの思わぬ対面です。

・・・生きていた。
正直、全く期待してなかっただけに驚きましたよ。
ん〜痛んでいた外葉はやはり顔色悪げではありますが、生長点は雪の下で確実に生きているのがわかるこの色。
雪が深く積もれば庭木の足元だし、地面近くはそれほど冷え込まないのかもしれませんが、どうやったって寒いはず。
それでも適度に湿度は保たれるし、冷風に曝されない環境っていうのが大きかったんでしょうねぇ。
この上にはこんな感じに積雪してました→☆

3/15溶けてきた

3/15の画像。
この頃は雨がすごく多く、でも冷え込む日も多かった記憶が。
雪が無くなって風にも曝されるようになったのは厳しい。雪に埋まってるより過酷。
やはり下葉は完全に凍って腐った感じに。
でも状態のいい生長点付近はまだ頑張ってました。

4/2ダメでした

4/2の画像。
やっぱりダメでした。実は2株ありましたが両方とも腐ってしまいました。
もし、雪が例年通りもっと長くかぶったままだったら結果は違ってたのかなあ。
でも根っこなしでここまで持っただけ奇跡みたいなものだものね。
捨てるつもりのものを実験とは言え、こうして色々と経過を見られたのは自分としてはとてもいい経験になりました。
父もドサクサに紛れて、シャコバサボテンの増えすぎた挿し木を隣に挿してたのには笑ったけど、勿論ダメでしたよ(* ̄m ̄)

とは言え、以前に外に置きっぱなしのブルーベリーの根元でブロンズ姫が越冬した事はあるんです。何かと同居で上手い具合に助けてもらえる形だと、運が良ければ成功することもあるのは事実。置き場の工夫でも可能なものはあるのかもしれませんね。
もう無理して実験をするつもりはもうないけれどね〜。

ごめん

あ、あと取り込み忘れて凍らせてしまったウチワサボテンはやっぱりダメでした・・。
じっくり育てていただけに、可哀相な事をしてしまった(つω;`)

こちらは元気です

可哀相な目に遭わせてしまったものだけじゃなく、綺麗なものも。
極寒玄関から、今は外置きの寄せ植えは元気です。
外に出してから白牡丹もいい色に。
七福神はこれはちょいベロンですが、別鉢では葉の縁の赤が冴えていますよ〜。
さあ黄金期スタート準備だね。飼い主としての手助けは頑張りますので、今期も綺麗な姿で楽しませて下さいな。


posted by ちまき at 13:48| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 我流管理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちまきさんこんにちは!
いよいよもうすぐ多肉の春ですね。土の用意は万端ですか?

キャベツB君グッジョブ!今季は頑張ってぜひ盛り返して欲しいです。
多肉の生命力って意外な所で強靱だったりもろかったりするんですね。
うちのチビ紅化粧も、一度こじれたあと昨春に勢いづいて子吹きしすぎで蒸れちゃって。めくってみた時にはすでにカイガラムシの餌食でした。。。上部は無事だったので下葉整理して首ちょんぱ。そのあと忙しくなってしばらく植え付けられなかったら今度は成長点だけ飛び出て徒長。。。植え付け後も変な2段構えみたいな姿のままあまり成長せず。
で、今に至ります(泣)。先週抜き上げてみたところ状態はまぁまぁでしたが、再度のちょんぱは辛そうなので、しばらくは2段構えのまま育てる予定です。

春は嬉しいけどめんどくさいですよね(^^;)
うちはチビ鉢がA3トレイ3個分しかないですが、それでも抜き上げめんどくさかったですもん(^^;;)
Posted by まきぼう at 2010年04月14日 15:18
> まきぼうさん

こんばんは〜!
ドキっ!土の用意は去年の残りで外に出しっぱなしのがあるだけです。
まだ気持ちが冬モードでしたね。
まきぼうさんに聞かれないと本気で忘れていた事でしょう(笑
ありがとうございますっ☆

いやはや、腐ってはしまいましたがキャベツBは雪の下で生きていたのは驚きでした。
そう、「意外な所で強靭だったりもろかったり」なんですよね〜。

2段構えの多肉、うちにもありますよ。
軌道に乗らぬまま、季節が巡り生長点はまあまあなのですが、全体像で完成度が上がらないもどかしさ。
切れば早いのかなと思いつつも、そうは都合よくいかないだろうから気長に待ってはいます。
相性が悪いというか、管理がいつも何かズレてるのでしょうが、それがわからないのが生き物相手の難しさですね〜。
でも枯らしてしまうよりは、ヨレヨレでも生きていてくれるだけありがたい、とハードルを低くして今年も頑張って育てます♪

春、あんなに待ち焦がれているんですが、毎年の作業を思うとどうしてもケツが重くなります(笑
まずは室内から外に出すのが重労働。
早く終わらせたいからいつも何個も鉢を倒し、土をこぼしまくってるんです・・。
水も切って軽い鉢は倒れ易い!
邪魔にならないようにしたカーテンなのに、うっかり引っ掛けて抜けて土もバラバラこぼれたり、自分がガサツなだけなんですけどワーワー大騒ぎですよぉ〜(^m^)
Posted by ちまき at 2010年04月14日 22:59
あらまぁぁぁぁ、ここにコメントしたつもりで、
別の記事にしてしまったことに気付いた私ですっっ

それにしても寄せ植えの子達、良い色してますよね!
今年こそパープルキングとブロンズ姫を立て直して
キレイドコロを作りたいですわ〜〜!

そちらが黄金期に突入したら色々送りますね☆
Posted by yukico at 2010年04月21日 08:59
> yukicoさん

こちらにもご丁寧にコメントありがとうございます〜。

キャベツ、ダメだったのは残念でしたが
いい実験になって良かったです。
こっちじゃ無理のある越冬は危険すぎますが
ギリギリの寒さで管理すると状態がいいのは確か。
寄せ植え軍団がいい例ですね〜。

yukicoさんはブロンズ姫の立て直しですか。
うちは強健普及種の朧月がいつの間にか減ってしまっていたので
原点に帰って切ったり葉ざしで増やそうと思っていますよ♪

yukicoさん便楽しみにしていまーす!
私も早く黄金期の活動したい〜〜〜。
Posted by ちまき at 2010年04月21日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。