現在の閲覧者数:

2012年07月30日

眺めて涼しいハオルチア

ああもうすぐ8月ですね。
暑くて体力を消耗しますが、私にとって8月は夏の終わりを感じる切ない時!
あと3ヶ月もしたら冬と思うと、一気に寂しくなる時!
でもまあ、そんな事ばかり考えてるのは勿体無いので、動けるだけ動いて夏を満喫しないとね。

今日は見ているだけで幸せなハオルチアなどの記録を。

SN3S3808.JPG

ドドソンオブツーサ。
じわじわっと粒が大きくなってきています。
遠目に見ても透明度はダントツの流石の存在感。

SN3S3798.JPG

群生しまくってどうにもならなくなっていた白斑入りハオルチア。
頑張って解体して単体管理にして久々、結構整った形を堪能出来るように。
・・・が!既に子吹きしていて、また群生化も時間の問題っぽい。

SN3S3805.JPG

トランシエンスも、もちっと透明感はあがるのですが
今でも十分すぎるほどの素敵っぷり。
尖りタイプはずっとピンクのままで、植え替え後の経過がイマイチかなー。

SN3S3791.JPG

夜越山名無しハオも解体後、形はまだアレですが
葉っぱのムチパツっぷりはかなりのものに。
ピッカピカでホント綺麗です。

SN3S3692.JPG

男爵ガーデン出身デケナヒーもでかくなるとは聞いていましたが
ホントにでっかくなるのが速い(笑
今年4月に来た頃はまだこじんまりしていたのに
あっという間に鉢からはみ出る勢い!
大迫力の群生化もバッチ来いなので、今後への期待が高まります。

SN3S3862.JPG

男爵ガーデン繋がりで、ラゴプスが咲きました(笑
一斉に開花モードで、自家受粉もやる気満々なんだろなあ。
種は出来ても数えませんよ!
自然に落ちたら実生させるつもりなんで、鉢には余裕を持った植え方をして軽い対策は既にしております。

SN3S3884.JPG

最後は我が家の新しいお友達、カブトムシ!
友達が里帰りをした際に数十匹持ち帰る羽目になり、
協力の意味も兼ねて、オス2匹、メス1匹の地獄編成で分けてもらいました!
夜になると元気になって脱走して、それに気付いた猫が騒ぐ(笑
肝心の息子は怖くて持ち上げられないっつー残念な展開!
でも久々のカブトムシは夏休みを盛り上げてくれる素敵な仲間なのだ。

気になったら図鑑を見る。幼少時からの習慣。

posted by ちまき at 22:36| 青森 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

咲いたり折れたり

さて夏休みです(息子が)。
今月いっぱいは夏期保育があるので楽なのですが。

7月は行事も多く、色々頑張ってる間、庭は放置になってしまい植え替えもストップしたままですが、春に手入れをしたものはきちんと応えてくれているのが救いになっています。
こればっかりは楽して手に入らないお楽しみ。
植物は嘘をつかないねえ。

SN3S3371.JPG

これは2009年に友達に頂いた「ギムノカリキウム」。
謎ギムノだけど、うちにはないタイプなので開花までずっと大事に育てていたのですが、この度やっと開花してくれましたよ〜。
蕾出現からホントに楽しみで楽しみで。

何となーく白花かなーと予想していたのですが、この美しいピンク!!!
この色味は初めてだし、嬉しかったー。

SN3S3379.JPG

ツイッターで謎ギムノって事で見てもらったところ、
ギムノ好きのまきぼうさん達に情報を頂きまして、蛇とか竜とか付く系の色変わりあたりかも?と絞られてきました。
属名だけの販売でしたし、断言はしませんが、かなり近いかなーってのも見つかって、それだけでも嬉しかったり。

あーこれまた毎年の開花が楽しみなサボテンだなー♪

SN3S3684.JPG

愛しのレイダこと、麗蛇丸もまた咲いてくれましたよ。
本体は相変わらず梅干レッドなんですけどね。
この花は花芯のグレーが渋いのです。

SN3S3402.JPG

こちらはプセウドロビビア属の豊麗丸
自分の過去記事で属名が変わったかもとか書いてるけど、何になったんだかは思い出せない無責任さ(笑

実は植え替えをサボっていた2年間は開花数も減っちゃっててね。
胴咲きで多花なはずなのに、ごめん。
今年はまだ蕾が出てきているのでやっと調子を取り戻してくれるかな。

SN3S3433.JPG

豹紋も咲きましたよ。
葉っぱの模様とこの花、たまらんものがあるよね。
こちらも久々に植え替えてゆったり。
分球や自然の実生でどんどん増えていきました。
ちなみにダ○ソー出身。100円のを二株買ってこんなに増えました。
むしろ増えすぎないよう気をつけていたのにね。

SN3S3423.JPG

こちらはまだ咲いていないのですが、サブセシリスの花芽が裏から見るととても美しかったので。
多肉植物の花は蕾がいいものって結構ありますよね。
サブセシリスは、このムーミンの体の色のようなトーンがよろしいです。
(個人的イメージ)

SN3S336444.jpg

今日は花ネタだったんだけど、最後は違います。
息子が持っているのは、黒法師の挿し穂・・・。
切りたくて切ったのではなく、この前いきなり折れたんです。
風とかじゃなく、1メートルを余裕で越しているのにクランク状に曲がった茎が問題だったようです。
ちょうど薄皮1枚残してポキンと。気持ちいい位ポキンと。

まあ挿し穂にする分にはいいのですが、残った根元部分も結構長いし新芽も出るだろうし、結局はまた増えるって事なんですけどね(;´д`)ゞ

大好きなんだけど、私が育てると巨大化するからどうしたもんかと。。
でもまあ可愛い黒法師には変わりないんで、大事にお手当て致します。

てな感じで、最近の徒然でございました。

【送料無料】Bollocks(no.003(2012 8))

【送料無料】Bollocks(no.003(2012 8))
価格:935円(税込、送料別)

003も出ましたよ。早く届かないかなー。
posted by ちまき at 23:02| 青森 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

夜越山のサボテン温室へ今月もGO。

我が家にとって、冬以外は月1ペースの恒例行事のような温室散策。
息子も「よごしやまのサボテン屋さん行こうか」と言うようにまでなりました。

しかも今回はニュースや新聞で取り上げられたアオノリュウゼツランの花芽の観察もありますので、大雨で大変な中、急遽行くことに。
本当は近所のスーパーに行くつもりで家を出たのに、
山親父が「今から行くか?」と!!!
多肉植物に興味がないはずが、妻のブログですっかり詳しくなり、このようなありがたい一言をくれるなんて嬉しいじゃありませんか!
って事で、突発的に行ってきましたよ\(^o^)/
(でもこのパターンって過去にも数回あったかな)

ついでに1ヶ月ちょい前にも行っていた時の記録もします!

SN3S3455.JPG

まずは温存ネタ(と言うほどでもないけど)
駐車場からアオノリュウゼツランの花にコンニチハ!
3月から観察していたので、屋根に花芽が到達した5月から
天井の穴にワクワクしていたんです。
6月9日はまだ小さいギリギリの穴で間に合っていましたが、
開花し始めた今は穴も拡大!
見えている花芽の存在感もパワーアップしていますね。

SN3S3474.JPG

反時計周りの順路から見て行きます。
うーんでかいね。電信柱みたいに高いね。
現在の高さは約7Mなんだそうですよ。
下から開花し始めるそうで、全て咲くのはいつになるんだろうな。
6月9日に見た時はまだ穂が開き始めたワラビっぽい形でした。

※和名 リュウゼツラン科アオノリュウゼツラン(Agave Americana)。

SN3S3524.JPG

ほぼ真下から観察出来るスペースにて。
この日は重い雨雲が掛かっていて暗かった上に、
雨が屋根を伝って頭にポタポタ。
しかも逆光で携帯電話のカメラであまり考えずに写したので見辛くて申し訳ないです。
なので、百聞は一見にしかずって事で直接見に行ってください(笑

SN3S3544.JPG

いやー40年に一度の花を見る事が出来て本当に嬉しいです。
思えば2007年にこのアオノリュウゼツランの剪定現場にいて
葉を触らせて貰った事もあったっけ。
(※たまたまお願いして触らせてもらっただけで、いつもこのような事が出来るわけじゃないです。念のため。)
その頃より株自体も大きくなっていたんだなあ。
息子が生まれる前から温室に通って見ていたと思うと感慨深いな。
スタッフさんはもっともっと長く見ていたのだから、思いも特別なんだろうな。

こんなに大きいのに下ばかり見ていると見過ごしてしまう方もいるらしいですが、メディアで取り上げられてからはお客様も沢山いらしているのだそうです。
以前は蘭目当ての方の方が多い気がしましたが、
心なしかサボテン&多肉植物好きさんらしき会話をしている方が増えているかな?と私も感じましたし。
あと「コレ気持ち悪い〜〜」など
ストレートな感想をおっしゃっている方も興味深いです(笑
確かにヘンな形のものって多いしこちらも愉快な気持ちになってしまいました。

SN3S3528.JPG

あとアオノリュウゼツランに比べると規模は小さいですが、
こちらの花も貴重ですよ。笹の雪の花もこれからです。
数年前から何かしらアガベ科の開花が続いていて何て豪華なんでしょう。
これからまた新しい株が増えて、
私が死ぬ頃にでもまた見られたらいいなあと思います。
冥土の土産にサボテン温室行きたいなあ(笑

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

SN3S3479.JPG

そして夏の夜越山と言えば、日章旗!
この日は開花は1つだけ。でもこれから咲く蕾がニョキニョキ!
沢山のお花を見たい方は問い合わせをしてから行くといいそうです。
真っ赤なエキノプシスが咲き誇ると壮観ですよ。

SN3S3555.JPG

サボテンも色々咲いていますよ。
今の時期はエキノプシス系が多いようです。白、ピンク、黄色と綺麗だよ。
巨大なプシスもいるし、迫力ありました!

SN3S3487.JPG

多肉植物の花もまだ咲いているものもあります。
外の花壇も綺麗なので要チェック。

要はいつ行っても何かしら楽しい事があるのが夜越山なのだ。
120716夜越山
アルバムも良かったらどうぞ。いつもの手ブレ満載でw

ちなみに、AOMORI ROCK FESTIVAL 2012夏の魔物
夜越山スキー場(温室から登っていった所)で開催で、今!平内が熱い(笑
人間椅子もラフィンもロティカも来るんだけど、
イベント翌日のクオーターのライブも気になる・・・。

posted by ちまき at 22:38| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森ローカル通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

大盛り2012夏

先月行った夜越山のアガベ花記録、アップし忘れてたなあ。
今月あたり、また行きたいな。ね、山親父(´ー`)

冬でもないのに、久々の更新になっていましたね。
毎日、庭のパトロールをして写真は撮ってるんですがね〜。
今日は使いまわしネタの大盛り特集で!

SN3S3294.JPG

おなじみ?の多肉ビッグカツもまだ満員御礼ではないのですが
ちょこちょこ付け足しつつ楽しんでおります。
茎立ちして来ているものもあるし、隙間埋めをどうするか考えるのが楽しいよ。

SN3S3302.JPG

普及種寄せ植えもなかなか元気。
でも初恋の勢いが強すぎて根元の子株に日が当たらず、上手く育たないんですよね〜。
そういや真ん中あたりにある白っぽいのはもしや淡雪かな?。
育ち方によっては朧月と見分けが付かなくなってしまうので行方不明でしたが、やっと見つかったかな(笑

SN3S3290.JPG

これは・・・クリスタル。
貰った当初はすごい小さい子株だったんだけどもね(笑
植え替えを後回しにしている間に、また育ってしまったよ。
せっかくだから白い鉢にでも植えて花束っぽくしようかな。
ガラにもなくそんな事を考えてしまうブーケ形状。

SN3S3293.JPG

男爵ガーデン出身の綴化アエオ。ドーン!
実は冬にカッサカサの激痩せパキパキな乾かし過ぎをやらかしてしまいましたがみるみる復活!
とにかく芸術的に育つので、痛んだ時以外は手を加えません。
カッコいいべ?

SN3S3298.JPG

センペルビブムもギチギチよ。
百恵と名無しセンペルが混じって合体しています。
毎度の事ですが、百恵は1株の単位の境界がわからないレベル。
マカロニ縦置き軍団、素敵だべ?

SN3S3284.JPG

こちらは大盛り候補の銀紅蓮。
根元と葉の隙間からむくむくと子株が!
銀ちゃんはカッコいいからどんどん増えてね。
ただし、株元で養生中の静夜がしょぼいっつーね。。。

SN3S3296.JPG

レツーサ系のハオルチアも遂にミニプランター寄せ植えに。
しかも男爵ガーデンの影響で「ハオ山寄せ」(笑
センス云々以前の植え方かもしれないけど・・・気に入ってます(* ̄m ̄)
管理上の狙いもあるけど、個別より集結した方が断然良いね♪
大盛り最高〜!

てな具合でまとめも何もないけど、終わりますっ。
自分としては7月って多肉植物にとっては一番の黄金期かもなー。
今だけは数ヵ月後に雪が降るとかって事は忘れたいんだよぅ。

ところで今年のAOMORI ROCK FESTIVAL 2012夏の魔物は夜越山スキー場で開催!サボテン温室のすぐ上ですぜ!
今!平内が熱い(笑
人間椅子もラフィンもロティカも来るんだけど、子連れには厳しいかなあ。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

頑固な多肉ババアなちまきですが、色々なご縁には心から感謝しております。
それを支えてくれます家族と友人、関わってくださる皆様ありがとう。


とにかく良く聴いています。uedaさん大好きです。
昔の音源もまた手に入るようになって欲しいです!!!

posted by ちまき at 21:59| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする