現在の閲覧者数:

2012年01月14日

今シーズンはひたすら忍耐

今日の青森市、最高気温がマイナス4度の真冬日でした。
昼間でもマイナス6度とかで、とにかく寒いし雪が凄い!
豪雪対策本部だっけかには、除排雪の苦情がすごいらしいです。。。

窓埋まる

1階の多肉置き場にしている窓からは雪しか見えねぇ〜〜〜。
積もった雪と屋根から下ろした雪・雪・雪。
なんかもうどうでもいい感じ。

雪しかねぇ.

ただでさえ少ない日照もどうにもならんこの環境。
窓ガラス1枚挟んで雪!
うちは古い住宅なので、二重窓でもう1枚窓はあるんだけども、一等席でもコレですので、棚下や4段ラックの下の方なんて日陰どころじゃない暗さです。

うちの方が大変自慢 どころじゃあないですわ。・゚・(ノД`)・゚・。
ぶ厚い雪雲、ダイキライ。

窓の外を眺める

巨大化してるサンシモン軍団が少しでも明るい窓の方を向いています。
せっかく去年ワタムシ地獄なのを復活させたのに
またここで体力切れで繰り返すのは避けたいのだけどなー・・・。

意外に良い

そんでもって日照自体もほとんど無いに等しいし、あっても窓の意味が変わってきてる状態でありますので、今シーズンは攻めの管理はせず、ひたすら耐えてるだけです。
水遣りは室内に入れてから勿論、一切無しね。
真冬日もガンガン続いているし、休眠モードでちょうどいいっちゃいいし。
この調子じゃ3月中旬とかまでは水遣り無しで良さそうかな。
アエオは葉っぱが落ちて掃除が大変なので、適当なところでドベっと行っときますが。

でもすごく暗い棚の下でケッセルリンギアナ、型崩れ無しで頑張ってました。
寒風を少しだけ取り込んでるので、いい具合に休眠か?

極寒玄関組

日照も午前中にお日様が出たらわずかに確保出来る極寒玄関置きの多肉もまあ頑張ってます。
メリハリはなく単に寒いんで紅葉は褪めますが、まあコレくらいなら御の字。
初恋とかのが寒さはOKだけどベローンとして苦しそうであるかな。

ハオルチアも窓辺で水遣りしつつ冬の間も生長の計画もあったけど、今シーズンは厳しすぎるので寒さメインの玄関で断水状態にしてます。

葦サボ激辛管理中

そんな中、日照不足の中激辛管理のリプサリス。
ここまで痩せたら、もうすぐお水ドベドベ→蕾出現コースですよ。
プリップリに膨らんだら次々に蕾が実るように付く姿は毎年のお楽しみじゃぁ〜。
これで咲かないってプイってされたら相当凹む!!!

自分の場合は、やはり暖冬小雪の時はギリギリOKだけど、今年のような気候の中ではキャパ超え状態になるのが一番悪いってのも重々承知。だから本気で反省して買い足しを控えたわけで。
やっぱりね、いくら可愛くても雑貨扱い(使い捨て的な意味での)は理解出来ないし、生きてるものなんだし、この飼い主に買われて良かったと思える付き合いがしたいんですよ・・。
この辺は長期計画で管理を変換しつつ、やっていきますよ。

テンションの低い更新でありますが、あと2ヶ月ほど耐えれば春はもうすぐと思って乗り切ります(`・ω・´)

【送料無料】100かいだてのいえ

【送料無料】100かいだてのいえ
価格:1,260円(税込、送料別)

息子5歳が欲しがったので買ってみました。絵の細かいところがかわいい。


posted by ちまき at 23:08| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雪国の多肉風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。