現在の閲覧者数:

2011年06月29日

夏の多肉のいい姿

昨日今日と風が強いです。
湿度も高いけど、風のせいで息苦しくないのが救いかな。
ゴーヤの花も咲き始めたし、トマトの小さい実が出来てきました。
生命力の爆発する季節はこれからですよ。

今日は夏のいい感じの多肉をただ並べます。
庭に出て、一人ニヤニヤ見て回るだけで、楽しいんだよ。むふ。

久々パールフォンニュルンベルグ

すごい久々登場のパールフォンニュルンベルグ。
冬にかっこ悪くして戻りきらぬまま、次の冬到来というサイクルが長く、今回もまだ小さいし完成度は低いのですけどいい色だあ。
下で苦しそうなのは「オパール」の名で買ったもの。こうして見ると色の違いは結構ハッキリかな。

花ドーン

折鶴かも?なコチレドンの花が咲きました。
本体に対してかなりでっかい多幸インナー・・・じゃないわよタコウインナー。
幸多き下着ってのも悪くはないか?

チワワエンシス

花うららっぽいイメージ先行でしたが、こうして見るとホント可愛い。
肉厚な葉の先端の赤みがたまらんぜ。ハァハァ。
まだサイズは小さめなんですが、秋までの生長が楽しみです。

セトーサ色

デローサそっくりで花もほぼ一緒だと思っていましたが、セトーサっぽさも出てきて何だかいい感じの名無しエケ。
こんな感じで色んなタイプ違いがあるようです。(もしかしたら別物かもですが)
平べったくてあまり丸くならないし、紅葉も控え目。
なんだかわかりませんが、いいですよ、とっても。

澄江さん

これは澄江さんで良かったかな。
外葉は冬の名残で伸びていますが、生長点の辺りが整ってきました。
花芽も出るようですが、咲くのは晩秋かな?

見返り美人.

見返り美人の姉妹です。
肉厚巨大化良い感じ!
置き場があったら大きめの鉢に群生させてみたいなあ。
朧月っぽく育てるのに向いていると思ってます。丈夫だし。

上手く育ちません

えーっと最後は何だっけ。名前が覚えられないやつ。
和名は東錦。かっちゃんのいない少年隊と覚えます(違
んーCremnophila linguifolia(過去記事で頂いたコメントよりコピペ)です。

子株はまあ育っているのですが、徒長&曲がるわで苦戦中。
飼い主的には、これは伸びやすい性質なので、子株に日当たりが良くなる角度に置きたいわけです。結果、曲がりがなかなか直らないという、ね。
し、しかも斑が殆ど無くなっているという事実・・・!
きせ〜(一歩先行く星人語)

【送料無料】木製ポールハンガーLT−10091

【送料無料】木製ポールハンガーLT−10091
価格:2,080円(税込、送料込)


安いけどなかなか使い勝手良いですよ。
posted by ちまき at 15:33| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

よきかな よきかな

息子の胃腸炎も治ってすっきり!
父のお見舞いにもやっと連れて行けました。
ミッションの幼稚園なのですが、自分の言葉できちんとお爺ちゃんへお祈りを捧げる姿にはおかーさんちょっと感激したよ。
しかし、うちの猫、ちまき&むつ子は父がいないとしょんぼりしたり荒れたり・・・。私がいなくても平気なのにー!

今日は、見るだけでニコニコなセンペルをズラっと。

コモリ

コモリ。
よく増えてギチギチのコロコロ。
植え替えすれば通気もいいのだけど、今年はランナーも出ていないし、この充実を満喫しまくろうかと思っております。

‘Frosty’

‘Frosty’は、このカーブとお毛毛と上品な佇まいが好き。
ランナーも出てきて嬉しいな。

アベルネリー

アベルネリーはシャンハイローズとかよくあるカラーっぽいのですが、この薄めの細葉がなかなかいいじゃありませんか。
でもなーんかオオツマグロヨコバイにも似ているな。

カコイイ

おーなんふーかさん時代に買ったガチャセンペルの中の一つ。
すんごいでっかくなってカッコよくなった!
こういうのこそ、アンティーク感のあるコンテナに植えたりすればいいんでしょうけどオサレの前に自分にはやる事が多すぎますんで、思うだけです。
(正直に言えば、オサレガーデニングは元々やる気なし。管理も上手くてお洒落な方には憧れるけれどもね。)

ガチャセンペルプランター

ついでに全体像。
ガチャセンペルはよく増えて、プランターに引っ越しました。
手前に他から持ってきたセンペルも植えてありますが、すごいボリューム出たもんだ。素晴らしい。

センペル色んなタイプ

これも春から爆発的に育ってボリュームが出たなあ。
誰かいつの間にか寄せなおした?って思うくらいだわ。
メッテニアム(メテニアナム?)大変美しいわあ。

センペルカラーコレクション

ちと彩度高すぎな感じで補正してありますが、このプランターはすごくお気に入り。
ダークレッド系、ローズピンク系、(強いて表現するなら)アンティークレッド系、ライトグリーン系と見事にカラフル!
紅葉時はどれも赤っぽくて似たり寄ったりだと思ってたのにな〜。
個人的には同系でまとめるより、このように紅葉が褪めた時の色の変化が楽しめる寄せ方が理想なんです。これはたまたま偶然だったのですが、見るたび嬉しくなってしまいます。

しかし春先のカッサカサで強烈な紅葉からこの色の変化には、毎年いちいち感動すら覚えてしまいます。
小さいカット苗で買ったものが、1年を通してどんどん変わる姿を見るのもまた良いし、センペル素晴らし過ぎ。本気の買い控えで宣言で新規購入せずに過ごしていますが、センペルだけは通販で買っちゃうかもね♪

【送料無料】とりぱん(11)

【送料無料】とりぱん(11)
価格:630円(税込、送料別)


震災の日の夜のお話は、同じ気持ちで過ごしていたなあ。あの真っ暗な夜は忘れられません。
【送料無料】とりぱん大図鑑

【送料無料】とりぱん大図鑑
価格:1,260円(税込、送料別)


こっちも早く読みたいな〜。
posted by ちまき at 23:03| 青森 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | センペルビブム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

サボコレ 2011初夏

息子、胃腸炎に!家族感染しないようビクビクな日々。
父も入院しています。どっちも早く元気になってよー!
イベント近くになると具合悪くなるコンビです・・・。

サボ花、咲いています。
今年は植え替えも結構したんだけど、ギムノの蕾が少ない年かも。寂しい。
ちなみに植え替えは蕾があってもほぼ問題ないのでさっさと出来るうちにしてしまいます。

シンデレラ

孔雀サボテン、「シンデレラ」の名前で買いました。
沢山蕾があったのに、虫に食われたりで結局咲いたのはコレだけ。だけど存在感はさすがって感じで二日間ニコニコ楽しませて貰いました。
しかし葉っぱは虫食いで穴だらけー。裏にはマジックで「ピンク」って書いてあるし色々ゴメン。

玉翁

長いこと育てているマミラリア玉翁。
下手すると一年に3回咲いたりしております。
なかなか咲き揃うタイミングが合わず、隙間のある冠にしかなってくれません。

ニシキマル

100円抜き苗で買ったニシキマル。
これはどちらかと言うと、咲く直前の蕾ぐるりの姿がお気に入り。
てか、ぐるりと咲き揃う事がまず、無い(笑

銀沙丸

これも結構長い付き合いの銀沙丸。
この人も冠咲きしてくれそうで、いつもしれくれないの。
マミだけど刺が立派で植え替えに難儀するので3年はガマンさせてます。だからか?

チョウチョウ

去年、100円抜き苗で買っていたチョウチョウ。
マミラリアの蝶々丸だっけか?最近面倒なのであんまり調べてません。
普通に育てて咲いたらそれで嬉しいしね。

それにしたって小型で咲いてくれるタイプだったとはねえ。
しかも色がピンクじゃなく、ほぼ白なのがいいね。
白花サボが欲しかったので良かったよ。

他、多肉の花もちょこまか咲いております。
あまり嬉しくないセンペルもね!
育てて咲かせる、多肉やサボテンはそれだけが目的ではないけれど、春〜初夏はやっぱりお花あっての賑わいだなって感じます。



幼稚園お休み中の息子にパンクを聴かせてみる。
でも本人はもちっとダンサブルなのがいいみたい。
「僕もギター欲しいなァ」。そのうち母ちゃんのテレキャスやるよ。
youtubeで30周年ライブの初期メンバーでのRadical Real Rockを観ました。リアルタイムでこのメンバー時代のライブ、見たかったものです。LOU最高!
posted by ちまき at 22:41| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

果報は寝て待つ

昨日、自分の眼鏡が壊れかけたので新しいものを買いに行きました。
掘り出し物に出会え、乱視(右目だけ)の矯正も丁寧に調整して貰い、快適な眼鏡が作れて良かったです。
壊れ掛けの眼鏡は撤退した他店で買ったものでしたが、そちらも快く鼻当てパッド交換やネジ交換などして貰えて感謝感謝です。

今日は6月も半分を過ぎ、やっと初夏らしくなってきた雪国の多肉復活経過を少々。最初の手助け的な植え替えやカットをし、後は植物の力頼りで復活をただ待つ時期の記録です。

スプルセオリバー

徒長した生長点はスッキリとカットします。
こちらはスプルセオリバー。
ちっちゃいけど、オリバーさんらしい子株がもうこんな大きさに。
このまま枝分かれさせつつ育てて楽しもうと思います

パピローサ

パピローサもふわふわ子株が出てきていますよ。
こっちは最終的にはバラして単独管理に持って行きたいので、このまま順調に夏の終わりにはある程度のいいサイズになってくれていたらいいなあ。

丸はげ寄せ

これは前回載せた、寄せ植えALLカットで新芽待ちのブツ。
カットしたのは6月始めとかだったっけかなあ。
それが↓↓↓のように、今は色々新芽が出ております。

マクドガリー?
春萌?

マクドガリー(エケ紅稚児)と春萌。
あ、マクドガリー生長早!って思ってたらカット時には既に芽があった(笑
ので、スルーしといてー。
春萌は正真正銘カット後の新芽。セダムらしいコロコロが可愛いね。

虹の玉なんだっけ?

虹の玉と・・・なんだろうエメラルドとかそんな名前で買ったものだっけ?
丸はげで茎だけになると芽が育つまで何が何だかわかりません(笑
虹の玉はラズベリーみたいでこれまたこの時期特有の可愛らしさ。
最初、魚卵みたいと書こうと思ったけど、ベリーのが可愛いべ?

発根

それと6/8の記事でALLカット苗で作った寄せ植えも放置の末、発根確認しました。
この場合の放置は、雨ざらしにはせず直射日光の当たる時間は短めの屋外にて、水遣りは一切なしで休ませておいたというような意味合いです。
現在は半雨ざらしの位置に移動済み。
全てに根が出たわけではないのですが、この辺でサ〜っと水遣りをすれば植物の欲するココロを刺激して上手く行けばブワっと発根スイッチが入ります。
でもあんまり水をやりすぎると1本コッキリの根っこが腐ったりもするんで、乾湿にメリハリが出るようにってのがポイント。
感覚が掴めない方は、水遣りに迷う時は決行じゃなく中止を取ればいいかもね。中止を数回繰り返しても問題ないから。
そんな私も7年くらい前は根が出たかな〜って毎日のように確認して掘り起こしたり、暑いから水分か!と過剰に与え徒長させたりそりゃー色々やらかしたもんです。良い子のみんなは昔のちまきみたいな事しちゃだめだYO!と言う事で久々の原点的な記録でしたー。
しっかり観察して要所要所の作業だけはしっかりすれば、後は植物が自分で素晴らしい株へと育ってくれる、そんな多肉のたくましさが好きなんだよなあ。

むやみにちょすな。したばって観察はからぽねやまねでするべし。
(あんまりいじるな。だけど観察だけは面倒がらずにやりましょう)


夏のドライブにいかが?
posted by ちまき at 13:00| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

寄せ植え解体。そして寄せ直す。

今週は天気が良くて何より。
今日は息子が近場の牧場へ遠足へ行きました。本人は乳搾りをするつもりでいるけど、100%やらないんじゃないかなあ・・・。
牧場=乳搾りの気持ちはよ〜くわかるんだけどね。おかーさんもやってみたいよ。

今日は長年育てている寄せ植えを解体したお話。
数年育てて豪快に暴れさせて・・・みたいな構想もあるのですが、どうしても越冬の厳しさなどもあって、長くて3年程度が限界。朧月が大きくなれないのはなんか寂しいから、やる時は完全解体でよい状態を目指します。

寄せ植え解体1

ブログタイトル画像にもなっている寄せ植え解体しました。
見た目だけはそんなに悪くはなかったのですが、枯れた葉が土に積もっていたり、土中の茎までも腐ってポキポキ状態だったので総入れ替えです。実状はかなり危険な状態でした。冬にひどく凍ったかな?
確か植えつけた時に腐葉土ブレンドにしてキノコ生えたりとかもあったし、用土環境はかなり悪そう。

植えていたのはブロンズ姫、朧月、白牡丹、初恋、見返り美人、リトルビューティー、虹の玉など強健普及種メイン。
myファースト多肉や、多肉初心者時代に買ったもの、当時住んでいた小岩のご近所さんからいただいたもの等、自分の多肉好きの原点が詰まってます。

他、一緒に解体したのはグラプトメインのプランター、セブンスター群生鉢、七福神(高咲レンゲ)ミニプランター、他小さめ寄せ植え2鉢。
それらを再構成してまとめましたよ。

初登場→2009年8月
最盛期→2010年5月
解体前の姿→2011年4月
ん?2年も維持してなかったのか。思ったより早い解体だったのねえ。

NEW寄せ植え1

新寄せ植え、メインはこれ。
場所を取る七福神だけ抜かし、ほぼ前と同じ構成メンバーで。
全てカット苗を挿しているだけなので根っこ無し、軌道に乗るのはまだ先。
夏の終わりにムチっと満タンになってたらいいなあ。

それとやっぱり寄せ植えは根っこ付きよりカット苗ザクザクのが簡単ね。

NEW寄せ植え2

朧月とブロンズ姫多めのワイルド狙い鉢。
個人的には久々に朧月を迫力あるサイズに育てたいのだけど上手く行くかな。

NEW寄せ植え3

小さ目のカット苗中心に挿した寄せ植え。
どう化けるか、一番変化があるかも。
しかしどれもデカい初恋がセンター取っててワンパターン(笑

鉢のお洒落度無しっぷりも毎度のことです!
上手く育てるのがメインなので、洒落っ気は後回しざんす。
両立させるほどの余裕がないと言ったほうが正しいかー。

NEW寄せ植え4

ミニプランターはセブンスターABキャベツと七福神のみ!最強すぎるー。
これはこれでキャベツ軍団が白い粉をまとって育ったら悪くはないと思うな。

NEW寄せ植え5

七福神もキャベツもミニプランターだけじゃ収まらないので、ハンギングプランターもあるよ。
これでも小さくて弱そうな脇目は整理しています。。。
昔はそれすら出来なかったんだけど、今はアホみたいに増えないようにしたいからね。

これらの寄せ植えは道路からも見える場所に置いてあって、結構見て行ってくれる通行人も。たまに話しかけてくれる方もいるし、楽しいんだよ。
いつだっけかは友達が、町内にいるらしい見知らぬブロガーさんがうちの寄せ植えをupしてるのを発見して教えてくれたこともありました(^m^)

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

解体前

☆番外編☆
こちらの寄せ植えは解体前の姿。
解体後は
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
茎だけ寄せ

ほぼ茎だけになりました!
これは完全解体じゃなく、久々に丸ハゲから出る新芽の観察をしたいのでこのまま楽しみますよー♪
カットした頭はビッグカツへ引っ越しました。

いやはや、挿し穂の数、多かったわ。でもこれでスッキリ!今あるものを大事に育てる宣言、しっかり実行中!残りの植え替えも少しずつ頑張りまっす!


息子の牧場イメージはこの本の影響。
カロリーヌシリーズはお話は勿論、絵も楽しい!
posted by ちまき at 15:12| 青森 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

植え替えのススメ

植え替え、それなりに頑張っています。
去年あまりやらなかった分、やはり根詰まり根腐れが多いです。
単なる肥切れの土で元気ならOKなのですが、根が元気じゃないのに放置ではただの無責任。運が良ければ復活はするけど、腐った根の混じった土じゃー厳しいです。

抜き型!

エケベリアのように細めの根が密集するタイプはガチガチの根詰まりに。
スリット鉢の形そのまんまに、スコっと抜け、「ここまで詰まらせないでね!」の悪い見本。(実際スリット鉢は根の張りが良くはなるんですけどね。)
おそらく、去年の秋には既にこの状態だったとは思うのですが、冬前に植え替えをしても根の回復を望むには植物に負担が掛かりすぎるし、だったら適期の春まで待ってもらった方が効率よく良い株が作りやすいのでね〜。
徒長やら型崩れも冬の間に起こるので、どうにかしたくなりますが、そこで耐え春まで待つ方が後々楽。
手間の掛け方の加減と同時に、適期判断も大事な項目なのであります。
ひまわりの種を普通の家で秋に蒔かないでしょ?そんな感じ。違うかw
・・・と、しょっぱなからカツカツの根詰まり画像を出している人が言っても、説得力に大変欠けておりますなっ。

カラカラ

ハオルチアのビフォーアフター記事(5月18日part.1/part.2)も書きましたが、戻らないものもいくつもあります。
水遣りしても膨らまない、色も戻らない・・・根っこが逝っちゃってたパターン。
レツーサだと思うのですが。鉢の土も減ってしまっていました。

根っこが・・・

そんなカラカラ君の植え替え作業をしてみると、やはり殆ど根がありませんでした。乾かしすぎて根も枯れちゃった。
それでも何度かの水遣りに応えて、白い根を出し始めていてありがたい限り。頼もしい限り。
ならばせっかく出してくれた根っこが快適に育つよう、心地よい新しい土に乗っていただこうじゃありませんか。

寄せ植えアレンジなど色々販売されていますが、長く楽しみたいなら植え替えは必須。たま〜に「これってこのまま大きくならないんですよね?」とご質問されている方も見かけますけど、んなわけないでございますですYO!
長く楽しむためには、是非解体して根っこを見てお世話を。
我が家でも8年ほど前にいただいた寄せ植えメンバーが今も元気に暮らしています。管理しにくさから早期解体の判断をして良かったよ。

根詰まりもヒドイけれど、勝手に・・・

番外編ですが、放置の末に、こんな光景も。。。
ノトカクタスの中でも最強?の獅子王(ししおおw)。よく育ち、よく咲き、自家受粉して種出来まくり!
最初こそ種まきして喜びましたが、最近は花が終わったら処分しています、ゴメン。
そんな中、こぼれた種からしっかり子サボが育っておりました。
根詰まりも立派だけど、「お前らいたのかー!」と。

しかし私には既に獅子王丸の実生苗が沢山。
2007年に蒔いた分が、今もわんさか生きてますので、すみませんが植え替え時に廃k・・・
100円抜き苗のチビだったのに、いつも元気でありがとう。それに甘えて構ってやらなくてごめんなさい。

皆さんもこうならないように、植え替えは定期的にしましょう〜。
悪い例ばっかりの私、反省文は原稿用紙何枚分になるのだろう。
ホントこんなんで増やしてちゃダメだと、本気の買い控えで丁寧なお世話に励みます。


多肉・サボテン用土のベースはこれで。パーライトとかも入ってるし。
今期、私はこれに焼成赤玉土小粒、十和田砂小粒(軽石代わり)、もみがらくん炭を用途別にブレンドして使っています。
posted by ちまき at 22:26| 青森 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 我流管理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

硬いものを いくつか。

ヒヨドリが家庭菜園のキャベツをガッシガッシ齧りに来ます!
ひも付きで三毛猫ちまきも歩いていますが、パトロール効果ゼロ(笑
木いちご類各種もわんさか育っているので、今年は鳥との戦いだ(`・ω・´)
なのできゅうりネットを工夫して鳥除け装備をしました。
今年はトウモロコシ、トマト2種、オクラ、キャベツ、ジャガイモ、かぶ、サツマイモ、枝豆を作りますよ。
半分は無計画な父が思いつきで植えたので、期待半分で・・・。

今日は硬ハオ特集・・・と思いましたが、それ以外の硬いものもひとくくりに。
地味なんですけど、好きなんです。硬いヤツ。あんまり世話してませんけど。

ガステリアロエ

最初はガステリア×アロエだよ。ガストロアロエ(Gastoraloe )属ですね。
買った当初は情報が少なかったけど、最近検索してみたら「シルバーリーフ」とか「ワンダー」で出回っているものと同じようです。
冬越えの激辛環境でピンクになった!
これは一番の大株ですが、小型〜子株沢山あります。寒さにも強いようで扱いやすいね。

満天の星

同じくガステリアとアロエの属間交配種「満天の星」。
2008年6月に頂きました。
こちらもかなり赤くなっています。でも徒長気味だし下手こいた。
辛い環境なのに伸び気味じゃダメだね。
ロゼット状に育ってきましたが、冬の間に向きが偏ってしまったので、上手く修正出来るといいなあ。

斑入り硬ハオ

これは夜越山サボテン園の売店で購入した斑入りの硬葉ハオルチア
臨月の時に買ったんだ〜(懐
環境によってはピンク斑のようになるので、それを期待して。
自宅ではなかなかピンクを再現出来ずにいましたが、根無し時代が長かったため、遂になってくれました(複雑

斑入り十二の巻き

これも夜越山の売店で買ったもの。黄斑が綺麗なタイプ。
去年の猛暑で根が腐り、回復がイマイチでヘロヘロですが・・・。

白蝶

カクトロコさんの白蝶。何年か前に買いました(わーひどい記憶)
これはいわゆる「斑入り十二の巻」として出回っているものですね。
涼しげで綺麗。
ボーダーみたいな模様の葉っぱがある!

銀砂城&五重塔

赤茶色で渋さが増している銀砂城と五重塔。
2007年9月に我が家に来たのかあ。
派手さはないけど、しっかり育って立派になりました。

名無しムチ硬ハオ

最後はこれまた夜越山で買った名無し硬ハオ。
両面にあるポツポツが好き。
太ると両面膨らむのも好き。
ちょっと広がっちゃったけど、ムチっとしてていいじゃな〜い♪

硬ハオって寡黙な感じで、面白い動きも少ない。
でも長く変わらずいてくれるのも一つの魅力かと。
久々ピンクになったものもあって、観察が楽しい6月でありました。
(※ピンク=いい状態ってわけじゃないんですけどね。)

さあ植え替えも頑張ってるし、更新も頑張るわよー!


ヒヨー!カワセミとかもあって妙に可愛い!
posted by ちまき at 16:17| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 硬葉 ハオルチア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする