現在の閲覧者数:

2010年12月24日

メリークリスマス!

青森、昨日は雨で日中は7℃とかもあったのに
今日は一気に大荒れのお天気です。
ものっすごい寒いホワイトクリスマスです。

家族と、友達と、ラブリーと、一人で
どんな風に過ごしても今日は年に一度のクリスマスイブ。

今年も登場

今年ももうすぐ40年モノのツリーが我が家に登場。
モールの爺ぃサンタも健在ですよ。

多肉ビッグカツも今の時期はシオっとしているのでボリューム感が。。
多肉のために薄っすら開けっ放しの窓(クレイジー!)のお陰で窓辺が寒いの何の。
だけど寒くても通気は大事ですよ。それが多肉愛ってものです。

次回はクリスマス記事のまま新年を迎えるのはアレなので
年明けにでも更新予定です。
クリスマス おめでとう!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..:*・゜゚・

息子へのクリスマスプレゼントはこれ。
手作り園バッグを気に入ってくれていましたが
やっぱ吹雪の日なんかは機能性重視で。
スウェーデンでは子供達がランドセル代わりに使っているリュックだよ。

これプラス、キティーちゃんのお菓子入りブーツ。
お義姉さんオススメの絵本も追加しよっかな♪



posted by ちまき at 11:57| 青森 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

青森多肉通信 12月号

息子の長い風邪から、急性中耳炎→滲出性中耳炎→蓄膿症(これが一番重症)で耳鼻科通いの日が続き、私のイベント参加も重なり、お久しぶりの更新になってしまいました。
我が家の多肉はシーズンオフではありますが、ゆるっと徒長したりの要らぬ動きはあります。
でもまあ、北国では結局この時期に楽しめる(耐えつつ見られる)植物って限られるし、徒長してもいてくれるだけ嬉しくもあるんですがね。

※センペルなど戸外越冬組を除く多肉の全移動は12月1日に終了しています。

スプルセオリバー

徒長スタートトップはスプルセオリバー。
室内移動後に、適材適所に移動させるのが遅れてしまい、二等地に置いてたら早速。
慌てて一等地に移したので、なんとかなるでしょう。
あ、でも秋でも少し形が崩れ気味だったから、実はそんな徒長してないか。

理想的な姿→2009年9月
悪い姿→2008年4月

誰だー?

ダーリーダールは関東ベランダでは真っ赤でスンバラシイ姿になっているようですが、青森じゃコレよ。
この方の扱いは常に一等地が良いようですね。
でも弱くて管理が難しいわけではなく、打てば響きすぎるタイプで環境がそのまんま影響してしまうっぽいかな。

窓まで遠い

室内から窓辺を、多肉棚の後のポジションから眺めてみました。
こんな感じで窓辺は植物で溢れかえり、人間は窓の開け閉めスペースのみ確保して部屋の奥でひっそり暮らしています。
多肉棚のビニールは劣化して廃棄となり、100均の銀色の保温シートっていうのかな?あれをグルっと巻いています。一応ちょっとでも反射して日光利用に無駄が無くなればのつもり。

潜むヨコバイ

室内保護の際に、多肉に隠れて家に侵入してきやがるのがこのヨコバイ野郎。
忘れた頃にブブブと飛び回って私をイライラさせてくれます。
でも面倒だからそのまま同居を続けてやる優しい私でもあるのです。

極寒玄関組

こちらは室内より日照が悪くてかなり寒い玄関。
こっちは低温で休眠させる管理向けの多肉をメインに置いています。
明るい方に曲がったりはしますが、まだ紅葉しているし型崩れもロゼットが少し開いたり程度。
寒いので私も滅多に撮影にも行かないのですが、ある意味安心ゾーン。

サルたん

ハティオラ属の猿恋葦、サルたんも元気だぉ。
外で激辛管理で節がマラカスのようにカッコよくなっていましたが、やっぱり室内にいれたらくびれが消えて来ました。
でも蕾は去年よりずっと沢山出てきてるし、嬉しいなあ。

シャコバ満開

近いところで、父のシャコバサボテンが今年も満開!
植え替えもずっとしていないし、緑のミニボトル液肥をザクザク挿すだけの管理なんだけどね。花の少ない今の季節に華やかで大変よろしいわ。

まずは12月の我が家の多肉便りでしたー。
春まで更新は減りますけど、思い出したら遊びに来てね(*´ー`*)
posted by ちまき at 12:05| 青森 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする