現在の閲覧者数:

2010年03月27日

3月の夜越山サボテン温室

津軽多肉仲間のアガリさんと、行って来ました夜越山!
わくわくドキドキ、でも檻から放たれた猛獣のようにギラギラとなー。
やっぱ2〜3月は、サボテンは静かなんだけど多肉花が多くていいわ〜♪

アエオが見事

アエオは冬型ってのは、青森の古い住宅ではあまり実感できません。
日照不足だし寒いし、生長期は春か秋がメインで夏も動きアリなの。
だけどここに来ればやっぱり冬型なんだなあってのがよくわかります。
生長点のギュウギュウが素晴らしい!
ロゼットも13インチのタイヤ位ありそうだよ(適当に言ってますけど

ペンタドゥーム?

多分、ペンタドゥーム。
ここ産で買ったものがうちにもありますが、温室のものと同じく花芽が出ても先っぽが育たず咲いたことがなくってね。生育不良のワラビみたいになっておしまい。
設備のいい温室でもこの状態って事は、やはり開花にしくい多肉ってあるんでしょうかねぇ。
交配にはすごく良さそうなんだけど、咲かない。ヤキモキタイプ。

青白グラプト

朧月みたいなんだけど、青白さが目立っていました。
銀紅蓮っぽくもあるけどまた違う?一体チミは誰なんだ?
時期的には赤くなっているものが殆どなので、1鉢だけ目立っていましたよ。

あなたはだあれ?

この菊の花のようなのは何だろうなあ。
全体に斑入りっぽい感じだったかな。
こちらは白くて大変美しく目立っていました。

むちパツ

硬ハオがはちきれんばかりの膨らみっぷりです。
葉の上部もこうして膨らむと可愛いんだよね〜。
水が多ければこうなるってわけでもないだけに、たまらんものがあります。

他にも沢山の素晴らしいサボテン・多肉植物観賞を満喫して参りました。
家族とまったり行くのと違って、同じ趣味同士だからこその観察はやっぱり面白いね(*´ー`*)

さて、夜越山森林公園の次のイベントとしてはGW期間中にある「サボテン祭り」があります。
春〜夏にかけては次々とサボテンが咲くので、温室内は華やかになりますよ♪
スタッフの皆さんも沢山の植替えや草取りなどのお手入れに大忙しだそうです。
そんな中、お話を聞かせてくださった関係者様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

夜越山の後は雑穀cafe 小粒さんにて遅めのランチ♪
なかなか行く機会がないだけに、美味しい幸せな時間をたっぷり過ごしてきました!
アガリさんありがとうございました。
また遊ぼうね〜♪

無駄に枚数の多いアルバムもUPしました。
整理前でごめんだけど、良かったらこちらも。
100323夜越山

posted by ちまき at 14:27| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 青森ローカル通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

リプサリス咲く

先々週は気管支炎と高熱で点滴ブチ込みの1日完全ダウン。
グデングデンの間に葦サボたちが咲いていました。
さて、休み明けはアガリさんとムフフなお出掛けを♪
あー楽しみだ楽しみだうへへうひひ

満開です

米粒リプサリスが満開です。
年々、花の数が増えているのが嬉しいなあ。
シュートから咲いている部分はシャンデリア状態ですよ。

青柳咲く

純白の花は、毎年見惚れてしまいます。
ろうそくの先みたいな蕾も可愛らしいしね。

糸葦咲く

糸葦も我が家では初めての開花です!
現時点ではたった3つだけなんだけど嬉しいなあ。
米粒との違いは、赤い筋が内部に入っているところなんですね。
おしべの付け根がほんのり紅色です。

時を同じくして、ハティオラも咲いています。
ちっちゃかったサルたんも遂に開花。嬉しいのぅ・゚・(ノ∀`)・゚・
葦サボのお花は幸せの白と黄色。
今年も咲いてくれてありがとう!
posted by ちまき at 21:40| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 葦サボテン/ハティオラ属 リプサリス属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

春は、もう少し先

青森も雨が降る日が増えたり、随分と気温は上がってきました。
もう3月だし、このまま一気に春っぽくなるかな?と思うのですが、やはりそれはまだ先。
ワタムシやら、体力不足の株にはカイガラムシが湧き出やすい時期なので、日照などは増えてきますが、一番油断が出来ない時期でもあります。

名無し 閉じています

そんな中、数年前に父の買った名無しさんが真っ赤になって閉じててとっても可愛いです。
12月頃は緑色で開いてしまったロゼットでしたが、極寒窓辺管理で徐々にこうなりました。
この手の管理で全部が上手く行くわけじゃあなく、これは例外。
置き場の違うものはベローンとしてしまっています。

カネイ風に変化中

見返り美人も、冬管理の間に「カネイ風」に肉厚な中心点に。
管理や環境次第で、ホント印象が変わるので面白いな。
(だから最初はカネイと間違ってしまったのです)
さすがに夜越山で買った時ほどの肉厚には戻せないけれど
それなりの満足いく姿になって嬉しいな。

閉じてる軍団

こちらも冬仕様に閉じてる方たち。初夏はこんな感じでした→☆
一番大きいのがブラッドブリアナ。となりがケッセルリンギアナ。手前がリラシナです。
ブラッドさんはまん丸。極寒窓辺の一等地に置いていたのが良かったんだろうな。
なかなか軌道に乗らなかったんだけど、寄せ植えにしてからメキメキ育ちました。
ほぼ同じ置き場でも開いてしまうものもあるけど、この鉢にとってはいい置き場だったのでしょう。
さて、こういう丸くなって耐えるタイプと、全開して息切れしてるようになりやすいものとの違いはナンだ?

レツーサ系実生 閉じてます

見た目的にはあまり面白みはなかったレツーサ・ツルギダ実生っ子
でも辛目管理にしてたらチューリップみたいに締まりました。
閉じ気味になるハオルチアも結構あるけど、この閉じっぷりはお見事。
寒さに対応してるのかな?でも閉じると光合成をする部分も減るし
この姿になる一番の理由はなんでしょうね。

そんな感じで春を待つ姿の多肉をいくつか紹介しました。
一部、もうダメかもなあってのも・・ありますよ。
サボも枯れてしまったものもあって、何だかんだで毎シーズンしょんぼりする事は多いです・・(つω;`)
posted by ちまき at 22:39| 青森 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする