現在の閲覧者数:

2008年12月31日

皆様、良いお年を。

ココアマーブル石けん

うっかりメリークリスマスなんて画像に書き込んでしまうと更新せざるを得ないですな。
新年更新までのんびりしようと思ってたのに(* ̄m ̄)

多肉達への手助けも室内取り込み以後は置き場ローテーション以外は殆どない我が家。観察は続けますが冬は冬の他のお楽しみをしています。
編み物もずっとやっていましたが、最近ゆっくり編む時間もなく一つ編み上げるのに時間が掛かるので前ほどやれていません。
なので現在は、いつかやろうと思っていた石けん作りを開始しました。
子供の昼寝時間を利用して現在6個目熟成中。
短期集中で出来るのは今の私にはとても助かるし、何より楽しいね。
画像はもう解禁して使っている、3作目のマーブル石けんです。
本に載っていたシャンプーバーをアレンジして作ってみました。
マーブルは初だったので、ケーキ気分でやったらこんな模様になっちゃった。
この石けんは全身に使っていますが、なかなか使い心地はいいですよ。
しかし石けんも作り出すと試したい組み合わせが山ほどあるのね。
月2〜3個ペースで冬の間は作る予定であるので、これまでに作ったものと合わせてUPしていくかも。
そんな日々を過ごしています。マーブルリベンジにも燃えています(笑

それではあと1日しかないけれど、皆さん良いお年を〜。


posted by ちまき at 00:40| 青森 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 手作り石けん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

サボテン、多肉植物の冬越しについて考える

ハッピービーンでメリークリスマス!

画像はペペロミア属ハッピービーンですが、ペペ記事はありません。
スーパーに入っているお花屋さんで出会い、珍しくもこの時期に買ってしまいました。

さて、本題に。青森でのサボテン・多肉植物の冬越しも3回目になりました。
初年度は生まれたばかりの息子の世話をしつつ、そりゃーひどい徒長地獄でした。東京の冬越し気分で本当に痛い目に遭いました。なるようになるさと思っていたけどそんな甘いものじゃなかったね。
覚悟はしてたけど、雪空の暗さにもう多肉を育てるの、やめなきゃならないのかな・・とかなり悲しい気持ちにすらなった事を思い出します。
雪国にとってはやっぱり冬越しはとても大きな課題であるのはきっと何年先も同じだろうな。置き場が山ほどあって設備もノウハウもあって・・という方は別だろうけどね。
しかしその分、快適な春〜秋までノンストップ生長期だったりと1年の半分でそのロスをかなり取り戻せるあたりは感動も味わえます。ちゃんと管理すればバランスは取れてしまうんです。

今日は緑町のウェブ屋、salsaさんがちょっと前に開催してらしたアンケート企画に遅ればせながら便乗して雪国での冬越しについてお話してみようと思います。
[アンケート結果発表] あなたの多肉植物の冬越し、どーいうの?
結果発表へのリンクはこちら

記事を読まれた方はとても多いかと思いますが、140名を超える回答は読み応え、ありましたね。ああみんな多肉植物が好きで大事にしているんだねって内容が多いのも読んでいて嬉しいよなあ。
salsaさんも書いてらっしゃいますが、アンケート結果は「答え」ではないんですよね。答えじゃないけど貴重なヒントが山ほど転がっている!そういう風に読むといいと思います。ホント夏型冬型、開花時期、ネットや本の情報どおりになってない例が沢山ありますからね。私も地域に関係なく、とても興味深く皆さんの回答を読ませていただきました。
やっぱ1年を通じて育てるのだから、春夏の管理も大きく関係してくるのだろうし、住宅事情もあるのでそこを含め、それこそ植物の顔を見てどうしたらいいかなーと考えるといいかと。こればっかり経験しながら何を取り入れるか自分のタイミングを測るしかないからね。

勿論、アンケートには私も参加させて頂きましたよ。ここでは青森市にある我が家でのこれまでの経緯(あくまで「経緯」、まだ色々試行錯誤中だから)をつらつらと書いていきます。

☆長ーくなるので雪国での管理法がしっかり確立してる方、興味の無い方は読むのはここまででいいかと思われます。
少しでも気になる方には参考になれば幸いです。

ということで、メリークリスマス!(ひどいまとめ方!)


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..

ここから文章ばっかで長いです。
posted by ちまき at 13:20| 青森 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

冬の扇

我が家では先月からカランコエ、エケ、ハオ、サボテンと色々お花が咲いております。
本に書いてある開花時期通りに咲くものの方が少ないかも。

花とは関係ありませんが、今日はハオのご紹介をします。来年のための記録でもあります。

玉扇コンビ

玉扇コンビです。
奥が去年てきとーさんに頂いた玉扇で、あまり変化が無さそうでいて、結構葉の更新をしながら今に至っています。
手前が自分で買った玉扇、カクトロコさんのです。
こういうタイプ違いを並べたかったので、この鉢はお気に入りです。
1回どっちか咲いたのですが、お相手になる方がいなかったので交配は出来ませんでした。花芽が出ても伸びる前に枯れる事が多かったので咲いたのは普通に嬉しかったけどね。

鉢の中に転がっているのはかろうじて少し芽を出しているハオ葉挿しっ子。
捨てるに捨てられないから間借りさせています。がんばれぇ〜〜!

グリーン玉扇

こちらもてきとーさんの余剰苗放出会でいただいたグリーン玉扇です。
ちょい旋回して来ちゃってますが、とてもスクスク育ってるという感じ。
株元にぶっとい根っこがチラ見えしていますね。
鉢穴からメリメリとはみ出すほど元気です。

静鼓さん

こちらは男爵ガーデン出身の静鼓です。
ご兄弟が全国あちこちに住んでいるらしいです。

いやーこの静鼓さんは冬越しで結構徒長しちゃって、実はかなりハラハラしてました。
残っている外葉がそれを物語っているのがわかるかと。
現在はまだ少ない新しい葉と、可愛いチビ芽で頑張っています。
正直、まだ管理の加減がわかっていません(つω;`)
今年もまた冬が来てちょっとビクビクなんですが、同じ失敗は繰り返さないよう気をつけて見ていこうと思っております。

実生 母シンビトニータイプ

こっから実生っ子達の記録を。

今年6月に蒔いたお母さんが1911さんち出身シンビ・トニータイプ、父4名いずれも不明の実生っ子達。
見えないけど4番のは残り1つ。一番種も少なく発芽も少なかったし厳しいね。
結実した順番に1〜4番になっていますが、現在は3番が一番大きいし数も多いです。また、小さいなりにもそれぞれ形の違いも少し出ているのもなかなか面白いところ。
母のトニーさんは子吹きしまくっております。

実生 祝宴&寿

去年の晩秋に蒔いた祝宴&寿の実生っ子。発芽まで2〜3ヶ月掛かったっけ。
名札にはレツーサ系って何気無く書いたけど、
ツルギダ系でもありますね。母ちゃんどっちだっけかなあ(忘
蒔いてすぐ冬で生長し始めるまで時間が掛かりましたが、今年の夏のチビさを思えば頑張ったんじゃないかな。
掛け合わせとしては奇抜な子供にはなりにくいし、何となく大人になった姿を予想しやすいちびっ子ですが育てる事が素直に楽しい私にとっては可愛い子達です。

宝草&京の花の子供達

最後は2007年5月からの宝草と京の花の最強系交配の子達。
今年7月に一度記事にしていますが、結構大人っぽくなってました。
この調子で極寒の窓辺で耐え抜き、来年は成人式だな!(成人認定の基準は不明)
まずはみんな、雪国の冬を頑張っておくれよ。

参考までに、7月にUPした実生記録記事も→
posted by ちまき at 22:22| 青森 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 軟葉 ハオルチア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

北緯43度の地からようこそ!

うふふ。
最北の多肉友達のまるはさんからの多肉便紹介を今日はいたしますよー。
10月のイベント時にお渡し出来なかった多肉は後日第4種便にて交換したのです。
(UPまで時間が経ちすぎでごめんね。)

江別謎センペル

こちらはまるはさんの住んでいらっしゃる北海道でも地植えされていたりするという名無しのセンペルです。粘土質な土でも何食わぬ顔しているというウワサw
私が以前UPした青森でよく見かける最強系センペルに似ているとの事で、是非とも名無し交換をしてみましょうということで送ってもらいました。
どっちにしても寒いところ出身だから引っ越してもこいつらに不都合は無さそうだわね。(青森産のは福岡ヒートアイランド地区でも平然としているらしいけど)

手前二つが北海道謎センペルで奥に見えるのが青森産のです。
今はちょっと個体差かな〜って程度の違いはあるけど来年の夏辺りではっきり違いが出るか、同化するかだね。
この手の地元に古くから普及している強い子シリーズは是非ともコレクションしたいです!

ウインクレリー

こちらはオマケのウィンクレリー♪
うわーい☆持っていなかったから嬉しいよーん可愛いよーん♪
寒いから発根はどうかなあと心配でしたが、しっかりした白い根を時間を掛けて出してくれたので安心しました。
専用の鉢をあげたいけれど、もう室内管理となった今はハオに間借りした方が環境的にはいいので達磨オブという名で買った子と同居中。

見える?

こちらもオマケで頂いたコノフィツム「小笛」の種!
2週間位掛けて一つ芽が出て、それからまたしばらくしてやっと2個目の芽が!種は10粒ない位だったんですが、2つも出れば上出来かな?
小さくて写真が上手く撮れてなかったけど嬉しいなあ。
まるはさんが「絶対蒔いてねなんて言わないからね」と優しく一言添えてくださったんで、あまり気負わず出来たのかな?ありがとぉ〜。逆に「期待していますね」と書かれたらビビって蒔けなかったかも(* ̄m ̄)小心者〜?
これから冬本番でどうなるかは心配ではありますが、初のコノ実生だし何とか春まで持ってくれるといいなあ。

まるはさん、どうもありがとうございました。
大事に育てますね〜♪こちらからも春にまたリストでもお送りしまーす☆


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ここからは友達作、自分作のハンドメイドの話題です。

うさ耳ベスト

こちらは前回イベントでご一緒させていただいた
flanerのこまきさんにオーダーしたうさ耳ベストです!
茶色のキルトニットで耳の裏側はホワホワでホント気持ちいい手触り♪
袖口や裾はアランニット風の記事がついていてこれまた可愛いんですよ。
1歳位の女の子が着たら悶絶モノだろうね。でも2歳男児が着てもOKでしょ?

パンツはchicchiのsizu*さん作のピタピタスパッツ。
市販品にはなかなか無いシルエットな上、丈がかなり長めでくしゅくしゅ具合が最高お気に入りです。
ハンドメイドのお洋服はやっぱり可愛いよねぇ。
こういうのが作れる友達が身近にいるって凄い幸せよね。

次回はリメイクジーンズ作家の友達の作品をご紹介したいと思っております☆

あみぐるみ試作品

私はと言うと、先月ですが苦手な編みぐるみもちょっとだけチャレンジしました。
初心者向けのベーシックなクマさんですが、麻ひもバッグを持たせたのが私らしさへの悪あがき。子太郎(HN)は全く興味がないので、試作品だけどラブリーな娘さんのいるお宅に両方ともお嫁に行きました。
ピンクのクマは「チマキさん」って名前になりチョコレートとか貰ってるらしい(*´ー`*)
そいうや某所にチマキっつー無駄に大きいアロエがいたような気が・・・w

MYバッグ

相変わらず麻ひもは編んでいます。
割と全国区で季節問わず編んでいる方が多いようですが、青森は真冬にはちょい寒々しいかなってことで毛糸の引き揃え編みにしました。
細めのジュートに、並太の白い毛糸と薄紫をあわせてボーダーに。
この薄紫は昨シーズン、マーガレット1号を編んで解き、その後もう1回編んで解いてから放置していた毛糸ですが、やっと作品として使われました。
サイズは大型雑誌も余裕のサイズ。やはり麻ひもと裂き布で編んだのに比べると軽いっ!でもジュート入りだから伸びないし麻袋のようにハードに使ってもOKな感じです。
この冬はこのシリーズを楽しもうかと思っております。
ついでに石けん作りも密かに始めたのでおうちライフを満喫したいです。
posted by ちまき at 22:22| 青森 ☀| Comment(16) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする