現在の閲覧者数:

2008年07月29日

多肉以外の日常

今日は多肉・サボテン以外の私の好きな世界について書こうかな、と。
特にスゴイのが釣れた!とかじゃないんだけど週末にちょっとだけ楽しんでいるバス釣り中心に青森だからこその近場の自然をご紹介します。

世の中のブラックバスの扱いなど複雑な気持ちになる部分もありますが、そういうのは今回は抜きで書かせていただきます。ご了承下さい。
青森もこの2年で釣り禁の場所が本当に増えました。。

バスさん

山親父と私が釣っているのはこのオオクチバス。一般的にブラックバスと言えばこの魚を指しています。
画像のブラックバスは体長35センチ位でたいして大きいサイズじゃないのですが、口が名前の通りでかいです。

山道ドライブ

釣りをする池などに行くには山の中を車でズンズン進みます。
画像は割と開けた場所ですが、途中は本当に狭い曲がりくねった穴ぼこだらけの薄暗い草木ボーボーの道だったりして知らなきゃ遭難するんじゃないかというような感じ。
地図にも出ていないし、ナビにも出ませんからっ(笑
微妙な分かれ道とかあって、一歩間違うとかーなーり、厄介そうな感じです。
だけど木漏れ日の中、ウグイスの鳴く声が響く静かな山を走るのは気持ちいいよ。
初心者マークの私はこういう道も走っています。
だってバイク時代はこういう道って一度も走ったことが無かったからさぁ。

癒しの空間

ここが今回釣りをした池。
青森市内ですが、バイパスから山に入って20分以内でこういう場所に着いちゃう。
本当なら早朝や夕方から釣ればタイミング的には一番なのですが、1歳9ヶ月の息子がいるのでお昼ご飯を食べさせ寝かしつけ、ジジババにお願いして一番気温が高い悪条件の中、2時間程度のキャスティング。
息子は2〜3時間昼寝をするのでジジババの負担も軽めに済むし、条件は悪くても楽しむとしたらこの時間しかないのよね〜。

釣りも勿論だけど、この風景が一番の癒しかも。
鳥の囀りと木々の揺れる音に包まれてのひと時は本当にいい気分転換になるよ。
時間がない時はコンビニ弁当をこういうところで食べるのですが、これまた美味いんだ。
アブとかカミキリムシがブンブン来るんだけど気持ちいいよ〜。

釣果ここの釣り場は30cm台しかいないとの事で、大物には出会えたことはありませんが、そこそこのサイズは釣れるんで短時間でも充実感あり。水も綺麗なんで、生臭さも少ない!
ヤンマ系トンボがスイスイ飛び回り、道にはタヌキらしき足跡も。
虫捕り網と虫籠も持って行ってトンボを捕まえたり、バッタを捕らえたりも楽しんでおります。
ホタルもいたし、夜に来たら光っているのを見られるのかなあ。しかし真っ暗な中来るのはちょっと怖いし危険なので無理ですね。
※ゲットした虫などは最後は逃がして来ますよ。

詳しい場所はお知らせ出来ませんが、地方都市の魅力ってここなんだよね。こればっかしはお金で買えない近場の美しい自然。もっとディープな田舎もあるんでしょうが、青森でも町育ちの私にとってはこれで十分!

山親父もすっかり青森のオッサン化してますわ(笑


アズマヒキガエル

こういうお方にも遭遇します。
アズマヒキガエルさんです。この方は網でつついても動かないような大変落ち着いたカエルさんなんであっという間に捕獲出来ます。
毒があるんでアマガエルみたいにベタベタ触らないようにはしているけどね。
今回は虫籠に入れてバッタをプレゼントしたら、ムッとしつつもいつの間にかしっかり食べてくれてました。
久々にでかいのを間近で見られて面白かったよ。重かった!

あ、カエル嫌いな人、申し訳ないm(_ _)m

アブガルシア(Abu Garcia) プロマックス
アブガルシア(Abu Garcia) プロマックス

これは最近新しく買ったベイトリール。
山親父からの免許取得お祝いプレゼントです。
ベイトは山親父のを試しに投げさせてもらったことがある程度なんで、これから練習して慣れなきゃ。
恐怖のバックラッシュ、あんまりしたくないけど避けては通れない道だわね。


ミッチェル アボセットII G2000F
ミッチェル アボセットII G2000F

こちらはいつも使っているスピニングリール。
価格の割にとても使いやすいし気に入っています。
まあ基本的には道具にはあまりお金を掛けない主義ですね。
ルアーも100均のを一番使っています。
これがまた回収率もいい上によく釣れるんだわ。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

麻ヒモ編んでます

最後は釣りじゃない趣味。編み物。
ここ最近は梱包用の麻ヒモと、木綿を裂いたヒモを使ってカバンを作る事が多いです。
このカバン、B3サイズ位までは入るサイズだし何たって麻ヒモと裂き編みの組み合わせは滅茶苦茶丈夫なんで結構使い勝手もいいです。重めだけど。
市販の糸もステキなものが沢山ありますが、梱包用や農作業用の麻ヒモを編んで作るってのがいいのよね。
他にもちょっとした小物や小さめバッグなど暇な時にちょちょっと作って気分転換しています。


こちらはくろまめ しばたんさんが誕生日にプレゼントして下さったこの本を参考に自分で適当にアレンジして作っています♪
新作が出来たらまた送りつけまーす(*´ー`*)ノ

そんな感じで今日はちまき家の週末の一コマなど、紹介しました。
早く息子と釣りに行きたいもんですわ〜。

posted by ちまき at 22:08| 青森 🌁| Comment(28) | TrackBack(0) | 青森ローカル通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

サボ花コレクション 2008夏

夕べは岩手沖で大きな地震がありました。
わたしの住む青森市は震度3〜4で、家の中も外の多肉も家族もみんな無事でした。
でも県内多肉仲間のペペさんちでは震度6。ケガなどは無かったのはホッとしましたが、家の中のものや多肉が地震で落ちてしまったそう。。
余震がスパっとないのが気持ち悪いけど、しばらく地震は勘弁して欲しいな。
他の地震があった地域の方々もみんな大丈夫でしたか?

そんな中、あちこちから無事を確認してくれるメールが届き、本当に嬉しかったです。気に掛けてくれる人がこんなにいるんだってことがじんわりじんわりと心に染み入りました。
ありがとうございました!

さて、無事ですよ〜のご挨拶と共に6〜7月に咲いた元気なサボテンのお花も紹介します♪

08年7月獅子王丸

トップバッターは花サボテンの代表選手でもあるノトカクタス属の獅子王丸です。
こやつは今年は頭に輪っか状に蕾を出してくれて派手に楽しませてくれましたよ。
ただ咲いている時間帯に不在の事が多く、パッと満開状態での撮影が出来ませんでした。

元々は2005年秋にホムセンで買った100円抜き苗のチビだったんですが、立派なサイズに育ったもんだ。

08年7月緋花玉

ここからはギムノカリキウム属。緋花玉です。
これも小さな100円抜き苗出身
買って2年してから開花してくれるようになりました。
緋花玉は花サボテンの王道的咲き方で気持ちがいいねぇ〜。
去年は種も出来たんだっけ。
今年は結実しても多分蒔きませんけど・・・。
獅子王丸と緋花玉の結実した様子の記事はコチラ

08年7月麗蛇丸

もう一つギムノカリキウム属、麗蛇丸。
これは小さめだけど花芽つきでホームセンターで購入しました。
株の形も恐竜みたいでカッコイイし、お花も綺麗だしでとても好きなサボテン。
真ん中の花粉のところがフカフカしているのもこれまたいいんです。
花びらのグラデーションも芸術的だわ〜。

08年7月白花カルメナエ

ここからはマミラリア属特集。トップバッターはカルメナエの白花タイプ。
最初はまん丸のが3つあったんですが一つが枯れ、残った二つはすごく縦長に(悲
もう一つはピンク花かどうかは謎なのですが、ただ今根腐れ養生中。でも子吹きしています。
ふわふわの棘と紅白の花のタイプがあるのがとてもいいですよね。
まん丸を保てなかったのは悔しいけど大好きさ。

08年7月男爵ガーデンブカレン?

こちらは男爵ガーデン出身、自称・ブカレン?です。
でもブカレンほどフワフワの毛もないし、やっぱ違うかなあ?
最初からでかかったけど更に育ち、今年はグルっとお花が咲きました♪
時間差でいっぺんに冠みたいには咲かなかったけど、ゆっくり楽しめているよ。
お花はストライプっぽい感じに見える面白いタイプ。
サイズは大きめで強そうだけどマミラリアらしいイボイボと小花が可愛らしいサボテンです。
男爵さん、このサボさん、青森も気に入ってくれたみたいよ♪
(般若も開花は今年はないみたいだけど、スクスク育ってます。)

08年7月琴糸丸

こちらはアガリさんに以前リクエストして送ってもらった琴糸丸。
ここで訂正。ずっとマミラリア属だと思っていたんですがドリコテレ属でした〜(;´д`)ゞ
訂正してお詫びいたします。

実はこの琴糸丸は去年の年末にもひっそり咲いていたんですが、お花UPは今回が初めて♪
イボイボと白い長い棘の中から小さなお花がコンニチハって可愛いねえ☆
しかも二つ一緒に咲いたのは初めてだから嬉しくって嬉しくって。
株下には子株がいくつか出てきているのですが、そちらもじんわりと育ってきていて最終的にはミニ群生かな〜?と期待も大きいのです。
蕾もこれから出てくるのもあるみたい。元気で何よりです。

08年6月玉翁

今度こそ間違いなくマミラリア属の玉翁です。
2005年5月に、前に住んでいた町の園芸店で買いました。
これも大きくなったなあ。多分もうマックスサイズまで達成かな。
毎年しっかり咲いてくれるし雨曝しも大丈夫だしで有り難い存在のサボテンです。
東京時代は毎年5月咲きでしたが、青森に来てからは6月〜7月に咲くようになりました。
冠状に咲く姿はホント可愛い。お毛毛もしゃもしゃめんこい爺ぃです。

08年6月銀沙丸

最後は銀沙丸。これも2005年6月にゲットしたもの。
これもよく育って大きくなったんだけど、毎回お花は1〜2個。。
何故か沢山咲いてくれません。。しかも今年は写真も最悪(つω;`)
もしご覧になりたい方は去年のお花画像でどうぞ〜→
株そのものは健康なんだけどね〜。目標は3個開花。一個ずつでも増えて欲しい〜。

さて、コメント欄などで教習所通いをしていると書いたりしていましたが
この度無事、普通免許(AT限定)取得しました。
普通二輪だけは高校卒業後すぐに取っていたんで色々な面でリラックスしつつ本当に楽しい教習所ライフだったなあ〜。
普通免許がない=不便な人ってわけじゃないんですが、専業主婦である今を逃しちゃ次のチャンスがないということで、家族にも協力してもらい1ヶ月ドタバタと真面目に頑張ったよ。
学科試験も免除だけどきちんと教科書は自習して模擬テスト問題集とかやったぞー。
初心を忘れず、ずっと優しい安全運転をして行きたいです。
つーかバイクもまた乗りたくなって来ましたよ♪
posted by ちまき at 22:28| 青森 ☁| Comment(28) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

軟ハオ実生開始から1年余り。

今日は2007年5月18日からやっている実生っ子のその後の紹介です。
ハオの所有数も少ない中、やっと同時開花したのは初心者(当時軟ハオ栽培2年目)の私には大変嬉しい、丈夫で良く育つ宝草と京の花!選ぶ余地が無くてもすごーく嬉しかったなあ。
当時はハオに関してはエケとかみたいに気軽に買えなかったんですよねー。値段じゃなくて管理面に自信がないうちは手を出したくなかったの。でも色々な多肉に慣れて、普及種ハオから少しずつ集めて初の交配チャレンジという事ですごくワクワクした気持ちだったのを思い出します!
そして相互交配させたので双方がお父さんでありお母さんである種の採取に成功。
07年8月にはこんだけ育ってあの両親なら納得の生育スピードでした。

京の花と宝草の子供達

こちらは現在の宝草・京の花の実生っ子達。
多分ですが、手前3つはお母さんが宝草の子です。
後ろは京の花がお母さんの子と思われます。
ちょっとこのグループは混ざってしまって曖昧なんです。

手前の子はなかなかムッチリして宝草強めかな〜と。
100円玉でサイズ比較してね。1年ちょっとでこんなに育ったのよ。

お母さんが京の花の子

これは別植えしている、京の花がお母さんの子。
葉っぱの丸みからすればやっぱり宝草よりも京の花寄りかな〜ってかすかに感じる程度?
もうちょい育つとしっかりした葉が増えてまた印象が変わるのでしょうか。
違いは微妙にわかるけど、まだまだ個性がハッキリ出ない時期だと思われます。

お子様どアップ

そしてどアップ。
手前は宝草母さんの子、後ろが京の花母さんの子。
こうして葉っぱの模様を見れば違いがわかりますね。ここから推測してます。
まあどっちも両親は同じなんで、似ているのが当たり前、
それでも鞘を付けた親の特徴が出るってのが面白いもんです。
手前の宝草的特長が強いのがわかりやすいかな。
ああ皆可愛いよ。頑張って育ってくれて嬉しいよ。

0711実生っ子ここからはちょっと過去に遡って。

←2007年11月。
半年ほどでここまで育っていました。
だけどここから寒くなり、4月まではほぼ動き無しでした。ハオ実生っ子の冬越しは初めてでダメ元でやりましたが、かなり寒い窓辺でも大丈夫だったのが嬉しかったなあ。
土も赤玉オンリーじゃなく、挿し芽用の土と多肉用土を合わせた初心者ならではの乱暴なやり方でしたがそれもよく育った要因になっているかと。
お水もHB-101水スプレーをしていたと記憶しています。

0805実生っ子←2008年5月。

2ヶ月前はまだこんなんでした。
前の駄温平鉢の土が苔だかカビだかで汚かったので植替え。
青森も気温上昇でここから一気に育ち現在に至ります。
見ていてあっという間に大きくなって面白かったよ。
でも外葉は冬の間の徒長がありますね。
ちょい焼けつつベロンとしています。

この100円玉はこの時から置きっぱなしだったんだなあ(笑

皆よくぞ1年余りでここまで育ってくれたよ。
特に自分の原点である大好きな宝草の子だから最初から成功してここまでこれたのは本当に嬉しいなあ。
今は見られないけど、ニャオミさんの交配の記事を参考にやったんですよ。
画面の前に来て花びらをむしってね(笑
あらためてニャオミさんありがとうね〜。いつか復活してくれる日を待ってるよ〜!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

ここからは別の実生っ子の記録です。

多分、寿と祝宴の実生っ子

これははっきり言って途中あきらめかけていた石鹸箱に種まきした祝宴寿(いずれも‘自称’)の実生っ子の現在。
何故あきらめかけたかと言うと、これは発芽まですっごい時間が掛かって、2〜3ヶ月以上待った記憶が。
とにかく芽が出た頃は既に寒くて育たないし、冬の間は双葉状態というんでしょうか、ホントの小さいV字状のままじっと耐えていたんです。
だけど春になって気温が上がったら育ち始めて、やっとひと安心。
晩秋までにそれなりの形になってくれればいいんだけどなあ〜。

後ろの方にあるのは何のだっけか忘れたけど葉挿しです。
途中で切れた葉だけどしっかり芽が出て育っています。
運が良ければ上手にもげなかった葉でも大丈夫だったりするのね。

シンビ・トニータイプの子供達

最後は今年の6/23から開始した実生っ子!
最初は何を交配していたか書いていたんですが、メモ紛失(ダメ
でもお母さんは1911さんち出身のシンビ・トニータイプです。
今回は写っていないけどこの育苗トレーはあと2つ個あります。合計4鞘採れたんです♪
お父さんは京の花錦だったような、祝宴だったような、オブだったような・・・なんだべなー?
今年は色んなお花の開花時期が重なったんだけど、何故か結実するのはこのトニータイプさんだけだったの。
さて、上手く行くかはやってみないとわからない。
頑張ってどうなるかというとビミョーだけど、可愛いチビハオ姿を見たいんで皆応援してるから育っておくれよ〜。

・・・と、一気に長々と実生記録でした。
まだまだ根っこを腐らせては再生させたりの繰り返しも多いし、管理は下手なんですが初心者なりの実生も楽しんでいるちまきなのでした〜。
し、しかし自分でも区別が曖昧なチビ達の紹介ということで、飼い主なのに書いていてわけわかんなくなりそうだった(笑
読んでいる方は曖昧表現ばかりでもっとわからないだろうな。。ゴメン(ーωー`;)

posted by ちまき at 22:00| 青森 ☔| Comment(22) | TrackBack(0) | 軟葉 ハオルチア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

青森の初夏 エケベリア編

今ってもう初夏じゃない?普通に「夏」?
7月ですが、たまに蒸し暑い日があるけど全体に過ごし易い青森市です。
雨も少なめで何か変な感じの気候ですが、多肉達はすこぶる元気です。
だけどアナカンにワタ虫が付いちゃってちょっと困り中・・。
毛があるから難儀しておりますわ。。
多肉栽培を始めて5年。ワタ虫は冬に初めて出会ったんですが結構厄介ですわー。

大和錦開花♪

トップバッターは本体があまり見えていないけど大和錦のお花です。
アガリさんに去年頂いたツインズ大和錦!元気ですよ〜。
大和美尼も開花していますが、ピントが合わなかったんでUP取り消し。
オレンジ&イエローの花が可愛いです。
青森はこれからエケなど開花が続きます。
サボテンも色々咲いていて、秋までしばらく楽しめそうです(*´ー`*)

サブセシリス。丸ハゲからの復活

このサブセシリスは、4月に丸ハゲにしたものから育った新芽達です。
裏にも何個も小さい芽が並んでいますよ。
このサブさん、見た目よりもずっと丈夫で生育スピードがやたら早い!!
葉挿しも100%に近い成功率で、我が家はサブセシリスだらけの予感。
最近はオアシスでも100円であったり、安くなったのね〜。。と言うか、よく増えるからこれが適正価格か?
白牡丹畑なんかもいいけど、この際サブ畑もいいかな?冬が面倒だけど。

多分初恋・・

こちらは春にオアシスで150円で買った大きい名無し
これ花芽からしても、やっぱり初恋でしょうね〜。
ものすごい子吹きで生長早!もぎ取った下葉からもいい芽が出ているし
我が家は初恋だらけになりそうだ。。
徒長株の整理をすると、この結果がちょっと怖いわけで。。
見た目は豪快なところもあって大好きなんだけどね。
さて大きくなる種類だけに、どうするべかなー。
でも雨曝しで絶好調だし、朧月感覚で育てられてたらそれもいいかな?

何かわからないけどいい感じ

こちらは以前UPした480円寄せ植えの中にいた名無し
これやたらカッコよくなって来ているんですっごいお気に入り♪
子株も5個位出ているし、花芽らしきものも出現しています。
一見パニクラータ似なんですが、ラメラメ感の強いツヤツヤさがちょっと違うかな。
一体何だかわかんないんだけど、秋までに最高の状態まで育て上げたいなあ。目標は伸びている下葉を全て更新して無くなる位まで!

高砂コンビ?

こちらも上の名無しと同じ寄せ植え出身の綴化種。
後ろに高砂の翁を置いたんですが、ほぼその綴化で確定かなあ。
一部ノーマル株になっている部分があるんで、そこを切って独立させてみてから最終判断をしようと思っております。
しかしこの寄せ植えはお得感大きいわ。
一緒に入っていたドリアンフレークっぽいアロエも子株が出たし、ファンファーレも勝手に増えているし(ファンファーレも増えすぎ警報w)サルメントーサも順調に増えていますよ。

ジュリア?とっくにカット済みw

最後はこれまた春のイベントで買った謎エケ。ジュリア説濃厚だったヤツです。
280円だったので違うとは思いますがね(微笑
てなわけで(どういうわけ?)、季節もちょうど良かったしで6月の頭にさっさとカットしてしまいました。
カットして乾かして1週間も経たないうちにいい根っこが出て、親株も1ヶ月ほどで新芽もこれだけ育ってくれましたよ。
カットした頭の方は新しい葉が出たら下葉も枯れる感じであまり大きな変化はありませんが、なかなかの存在感のある姿がカッコイイです。

色んな属を育ててみてはいますが、原点の楽しさがあるエケはやっぱり面白いな。
本気で増やすつもりじゃなくても葉挿しの芽が立派だと嬉しかったりとかね。
今も昔も育てるのに試行錯誤しているのは変わらない万年初心者な私ではありますが、これからも青森的良い管理を追及して行きたいと思います!
(つーか徒長株の仕立て直しだけでいつも次の冬が来ているような気が・・)

次回あたりは昨年夏にスタートしたハオ実生の現在などお伝えしたいと思います。と、自分で予告してモチベーションUP!

++++++++++++++++++++++++ 7/13追記 ++++++++++++++++++++++

ぴかさんリクエストの大和美尼のお花UP。
大和美尼咲きました。

咲きかけの状態ですが、株サイズに合った可愛いお花でした。
花芽は合計4つ位ありましたが、1つだけ咲かせてあとはカット!

大和錦と大和美尼

大和美尼は2.5号鉢。大和錦はデッカイのよ。
posted by ちまき at 00:00| 青森 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | エケベリア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ペペさんありがとう!

今回も多肉便の記事です。
ペペさんからの多肉便はもう何回目だろうな。いつもありがとう!
ご紹介が1ヶ月遅れ位になってしまい申し訳ありません。
私の誕生日祝いなど色々ありがとうございました!
今年は4月にペペさんご一家ともお会いできたし、これからもどうぞ宜しくね!
冬前に再会出来るのを目標にしています♪

エケベリア属 ブライアンシー

トップバッターはエケベリア ブライアンシー。
花芽らしきものが付いているんですが、ペペさんも何色の花かも知らないそうです。うぉ〜そんないい所を頂いてしまって光栄です!
でもね、今のところ花芽っぽさがないの。ミニロゼット状態。
今後の変化が楽しみです。
葉っぱもプリプリパツパツで調子いいですよ〜。
後ろにいるのは1911さんち出身のアルフレッドグラフ、花芽キタ━━(゚∀゚)━━!
bisuiさんち出身ベラヒギンズも写っています。青森色にすっかりなりつつ元気いっぱいでーす♪

オビフォルメと仲間達

お次はパキフィツム属 オビフォルメ。初めて聞く名前ですよ。
青みがかったグレー系だけど季節でどう変わっていくのかな?
パキは大きく育てようと思わなければ青森の冬越しも割と楽なので、じっくり大事に育てて行きたいな。

そして後ろにいるのは一昨年頂いた桃美人です。
ちょっと冬に葉を痛めた部分がありますが、桃っぽい可愛い色になっています♪
星美人は私のファースト多肉の末裔、元々あったロゼットは消滅してしまっていますが今もきちんといてくれるってのは嬉しいものです。

アラントオイデス

こちらはアラントオイデス。セダム属でいいのかな?検索しても情報が少ないです。
お粉付きの丸い棒状の葉っぱが可愛いですよ。
新芽がもっと出ると乙女心をサッパリさせたような感じになるみたいです。
毎回ペペさんは私が聞いたこともない多肉をセレクトしてくれるんですが
今回も初耳な子ばかりで慌てて色々調べております(笑

アドロとか色々

こちらは手前の育成トレー入りの子が新顔さんです。
カランコエ属の白蝶舞、これ可愛いよ〜。
ハムスターのオヤツのクッキーみたいな葉っぱなんですよ。(例えがわかりにくいか)
葉間狭めにこの可愛い丸を重ねて育っていくみたいです。
ムッチリと増やしてみたいなー♪
隣はアドロミスクス属トリフォロース。初アドロ!
ほぉ〜三味線のバチを丸っこくしたような葉っぱですよ。
お初の属でちょっと緊張していますが、何かコツなどあったら教えてください〜。
この新顔二つは葉っぱの可愛さが今までにないタイプですごい新鮮ですよ。

そして周りに写っているのは1911さんち出身シンビ・セントアルバン産、一昨年ペペさんに頂いたカランコエ属キューエンシス、くるみさんから頂いたアルブカ属フミリスです。他、ギザギザハートやロフティさんに頂いた金鈴、アガリさんち出身センペルもチラっと。
みんな元気に育っていますよ〜!

さくらこちゃん

最後はユーフォルビア属の「さくらこ」。
これは夜越山でGWに見て、買うか迷ってスルーしていたものなんで嬉しい〜〜〜!
パッと見は何の属かわからないけどユーフォルビアなんですよ。
この小さいお花がこれまた次々と咲いていくのでいつも満開状態。
ピンクと赤紫のツートンが乙女色で可愛いよ♪
一見弱そうだけどあまり気を使わない置き場でこの状態だし
こういうお花を楽しむタイプってのも面白いなあ。

ペペさんありがとう!こちらは多肉以外に頂いたステキなグッズ達。
ハンドメイドのリネン布マフラーはサラサラの生地で首に一巻きすればオサレで日焼け予防にもなるしで一石二鳥!
リバーシブルで使えるあたりもさすがです。
他にも息子用に可愛い食器セット、山親父用にすんげー美味いおせんべいなど盛りだくさんのお気遣い嬉しいよ〜〜〜ん♪
チーズ煎餅は山親父の上半期オヤツベスト1を獲得、でもこのまま年間ベスト1になりそうなほどの大好評であります!
沢山ありがとうございましたm(_ _)m

ちまき便は月末あたりを予定しています。待っててね♪
posted by ちまき at 23:56| 青森 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする