現在の閲覧者数:

2008年03月30日

月刊 多肉な日々 増刊号

タイトル手抜きです。

かなり春めいて来ましたが、今月になって☆になった多肉が続々。。
今シーズンの冬越し法で成績は上がったけれど、クラッスラ全般が苦戦しまくり。
結構凹んでますよ。。

グラプト絶好調!

だけど上手く行ったものもあるんでご紹介。
こちらは昨年、表札を挿していたグラプト中心の寄せ植えです。
11月の寒波で完全に凍ったんだけど平気な顔して自然解凍でこの美しさ!!
あれだけ覚悟していた徒長が一切ナシ!
置き場は日当たりイマイチの寒い玄関。真冬日は確実に氷点下になってます。
勿論11月から完全断水で管理しています。

いやーなにこの綺麗さ。真ん中へんにあるピンクのは白牡丹なんだけどもここまで紅葉するのって多肉を育てて5年ほどだけど初めて知りましたよ。
室内管理の白牡丹は今年も笑える結果なんですからこの差にビックリ。
ついでに1株だけ混じってるミニ紫麗殿もこの管理で生き延びています。
耐性さえつけばパキもエケもかなりの環境でも行けるかも??

グラプト鉢2

これも表札ローテーション用のグラプト中心寄せ植えその2です。
こちらはちょい葉が萎れ気味にはなっていますが徒長はナシ!素晴らしい!
何となく我が家での場合ですが、朧月や秋麗の大きめの葉っぱは枯れて落ちて縮小傾向にありますが、ブロンズ姫、白牡丹はボリューム維持をしていますね。
参考までに、昨年4月のグラプト寄せはこんなんでした。。


玄関組の七福神としんしん、その後。。

こちらはその寒い玄関に置いたデカ福神その1。
元は巨大だったんだけど下葉が枯れて普通サイズになりました。
なので冬の間に子株が対比して育ったように見えるけど錯覚だわね(笑
まあ絶好調とは行きませんが去年に比べればすごい進歩!
そして密かに隣にいるのは凍らせて煮野菜みたいになったしんしんですよ!!!
しんしん、葉っぱ落ちたら犬神家だったよΣ(´д`*)
逆立ち足部分(?)の枝は腐ってこのあともぎましたが、ヘソ部分からきちんと斑入りの新芽が出てきています。何とか生きていてくれたんだね。。
ウッカリ管理でかわいそうなことしちゃったけど、復活してくれてありがとう。


室内窓辺組七福神寄せ

ここからは軽い徒長特集です。まだ徒長としては序の口レベルですよ。
まずは室内の窓辺に吊るしていた七福神ミニプランターです。
この室内窓辺だってかなりの寒さなんだけど玄関に比べると安全な場所。
他のエケなんかは良い結果を出せている環境なんだけど七福神に関してはこの程度の甘さってのは邪魔なものなんでしょうねぇ。
昨年ほどじゃないにしても型崩れは上の玄関組に比べれば確実です。
明るさ的にはこちらの方が長い時間、明るいのになぁ。

室内窓辺吊るしデカ福神

これも室内窓辺吊るしのデカ福神その2です。
もうろくろ首状態。デカかった面影が無いです。
だけどこっちは伸びた分、子株に日が当たって錯覚じゃなく育ってるように見えるなぁ。つーかやっぱし半端なお日様の当たり方をしてる窓辺の方がロゼットの曲がりが大きいようですね。
お日様を求めて無理して体力を使って動こうとするような生育旺盛なタイプは下手に暖かくしたりすると良くないんだなぁって確信しました。(※あくまで我が家の環境でね)
とは言え、やはり極寒の雪国はスパルタ=凍死と隣り合わせなんで実験も失敗すると元も子もないから怖いんだけどね。
うーん、まだまだ課題は山積みだけど今シーズンで掴めたものは大きいぞ。

あ、ちなみに現在は今日紹介した鉢は全て外に置いてあります。
センペルも外に出しました。
他のみんなを出すのはまだ3週間位先かなぁ〜?

更新は春になってもこのペースでのんびり行こうと思ってます☆
でも恒例?の徒長特集の準備はちゃんとするつもりさっヾ(o゚ω゚o)ノ゙

オアシスで今年初のお買い物〜♪
posted by ちまき at 00:14| 青森 ☁| Comment(34) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

月刊 多肉な日々

こんにちは。お久しぶりでございます。
青森市も3月に入り、日中の気温が5度以上の日が増えて暖かくなりました。

でも室内越冬の多肉達は体力消耗しまくってくる時期。
少々の徒長と葉の開きで大丈夫そうに見えていきなりバラバラになるものも出てくる可能性も高いので油断はまだまだ出来ません。

割と元気なエケ達

こちらは窓辺のエケベリア中心の棚。
紅輝炎は花芽を出しています。秋にも咲いたんだけど寒い室内が厳しくてまた花芽を出したのでしょうか。
写っていませんが錦晃星も開花中。こちらは夏に花芽を出し今の時期に咲くのは昨年も一緒のペースで「咲くまで半年コース」が普通みたいです。
この中ではサブセシリスが一番お日様を求めてます!って感じの型崩れをしています。
エケの徒長に関してはタテに伸びずにベロン系、上へ上へのモヤシ系、割とガッチリ型崩れなし系とタイプ色々ですね。

窓辺の多肉達

一部の窓辺の多肉達の様子です。
奥の方にはでっかいサンシモン軍団と黒法師1号などが見えます。
黒法師1号は脇芽は出しませんでしたが茎が縦に割れるほど太くなってます。寒いから生長期でもお水は月1程度にしていましたが確実にまた長くなりました。
ぶら下がって型崩れしまくってるのは七福神。極寒の玄関にある別鉢よりガタガタに崩れてるからもっと厳しくても良かったみたい。
見えにくいけど軟ハオも花芽ラッシュになっております。
皆順調に大きくなって来ているし、我が家の軟ハオは寒い方が元気なよう。


雪国の冬越し、まだコレ!というコツは掴めていませんが、水も太陽も無しで思い切って車庫や物置放置でもイケるという大胆データもあったよう。下手に太陽光線が弱く差し込むとそれを求めて無理させちゃうのかなあ。
実際我が家でも忘れていた葉挿しトレーが真っ暗な中でモヤシにもならずに現状維持していたのにはビックリ。


フェレイラエさん、これなぁに?

最後は男爵ガーデン出身のペペロミア属フェレイラエ。
こちらもほぼ水を切った状態で耐えてもらっていたのですが、新芽じゃない何かが出て来ているんですよね〜。
今はもうちょい伸びて来ていますが表面がかなり細かくザラっとしていそうな質感で窓のない棒状のまま。
これは気になるなぁ。今後が楽しみでありますよ♪


ちまき工房あみあみ部こちらは久々のちまき工房ネタ。
ブログ更新をしていない間にこういう事していました。
息子と猫のチョッキを前回UPしましたがそれ以降も色々編んでいたんですよ。暴れる息子の監視をしながら空いた時間は編み物に費やしていました。
棒針は危ないのですぐ避難できるカギ針の小物中心です。全部の画像は残っていないけどここ1ヶ月で私にしては沢山編みました。
PCのある部屋は相変わらず普段は暖房無しで日中は入る事もあまりないんです。

画像のものはもう編んでも解いて残っていないものもいくつか。実用よりも編み図を見て「作りたい」って気持ちが優先だし、着るものはサイズが合わなかった。。
最初は大物を編みたかったけど、息子をチラ見しながらだし目をあまり数えずに編める小物が一番効率よく編めて楽しいみたい♪
春夏用の糸も買ったし、まだまだ私の編み編みブームは終わりそうもありません。

それでは青森の多肉シーズン開幕はあと1ヶ月以上先の予定なのでまたしばらくお休みしますね〜。皆様ごきげんよう!

毛糸と手おり糸のメーカーPIERROTさん。
ここの糸は安くて可愛いいし沢山ある無料編み図も嬉しい〜♪


posted by ちまき at 11:12| 青森 ☀| Comment(36) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする