現在の閲覧者数:

2007年06月30日

葦サボマニアへの道 其の2

salタンすこぶる元気!

葦サボマニアへの道 其の2のトップバッターは愛するハティオラ属の猿恋葦のsalタンだよ!
こちらは私が青森に引っ越す直前の昨年6月20日に、
元祖葦サボの人salsaさんから直接譲ってもらったホントに思い入れが強い子なのだ(*´ー`*)
最初はまだ節も少なくてちっこかったのに立派になったでしょ〜!
salタン含め、葦サボ達のこれまでの歩みの過去のまとめ記事はこちら↓
2006/9/13 一人葦サボ祭り 見習い参加!

ご挨拶するよ。そんでね、ちっこいsalタンがおかーさんにご挨拶したいって。

僕はおっきくなるのがゆっくりだけど
かわいいサボサボ新芽がやっと出てげんきにやってるよ。
だからとうきょうのおかーさん安心してね。
おにーちゃんたちはすごく背がのびたから
僕もがんばってもっと大きくなるね。
またちまきに写真を撮ってもらって
今度はおっきくなった僕を見てもらうんだー。

えへへ。salsaさん、皆元気にやってるよ。
ホントこの子達可愛いんだよ〜♪

そうそう、salsaさんに質問。
この子達は初代猿恋葦さんの挿し穂ですか?それとも↓の学名の子の別鉢の子ですか?

母の猿恋葦、増えました。

こちらは最近になって作成した猿恋葦の挿し穂鉢。
元株は母がお友達からいただいたという大きな猿恋葦です。
挿してしばらくは痩せてシワシワでしたが、今はしっかり根付いてプリプリに!
新芽もまだまだ出ているし、生長が楽しみですよー。
勿論、機会があればこの中から全国へ旅立って行ってもらいたいし。

挿し芽の生長についての師匠の記事はこちら
緑町のウェブ屋 一人葦サボ祭り −挿し芽生長編−

でっかい猿恋葦 母の。そしてこちらが上の挿し穂を取った元株の猿恋葦です。

母は管理丸無げなんで、実質私全ての世話をしていますが去年の今頃は枯れそうな姿だったのですから(汗
それでもこの数ヵ月後には花を咲かせたりして、過酷な環境がちょっとだけ吉となって出ていたのかなぁ。。まぁあんな姿にはもうさせませんけどねー。

まぁこの株は根元は木質化していますし、何かあってもバラせば問題なく生き残ってくれるだろうと今は思えるようにまでなりました。
その辺に見習いの成長を感じ取ってあげてください(・ω・。)
ちょっと前まではポキポキ折って挿すことすら出来なかったんですから(笑




糸葦さん。

ここからはリプサリス属の葦サボさんです。
スーパーの花屋さんで198円で一鉢買い、その後2鉢買い足しちゃいました。
私は最初冷麦に似ているとか書いていたんですが、素麺の通称が既に定着していたようなので、学名とか覚えていられないんで素麺さんって読んでいます(笑
皆さん麺類に例えるのが共通点なのが何とも可笑しいよね。
この株の一部は福岡のちびさんちにも旅立っていて、
南限部隊として可愛がってもらっているのだ。

糸葦、涼しげ〜♪

うふー。アップで見ると涼しげで綺麗でしょ〜♪
しっとり手に乗る感触がなんともいい感じでサワサワしちゃうのよね。
たまに一節間違って折れたりもするんですが、残念ながら挿し穂は今の所失敗続き。細いから根付く前に干物になっちゃうのよねぇ。

生育は割と旺盛でいつのまにか垂れてきてるって感じです。
この細いのからいつかお花が咲いてくれるのかなぁ。
いつになるかわからないけど待ち遠しいですわ(*´ー`*)

全員集合〜(*´∀`*)

最後は全員の集合写真。
光の関係で見難い子がいるのが残念だな。
でも何となく大きさ関係がわかればいいなと思いまして。
次の撮影時には皆もっと大きくなっているんだよ〜。




posted by ちまき at 14:01| 青森 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 葦サボテン/ハティオラ属 リプサリス属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。