現在の閲覧者数:

2007年04月30日

青森県産品だべさ。

GW前半が終了しましたが、皆様如何お過ごしでしたでしょうか?
私はこれといったこともせずに、家族でのんびりいつもどおりに過ごしていました。

純青森県産品

あれ、どなたかと多肉交換?って感じの画像に見えますか?
その割には乱暴に引きちぎったような感じだし、内容もショボめ?
あのねーコレ実は町内お散歩Get品なんですよ〜v( ̄ー ̄)v
マンネングサの系統2種と、コモチレンゲです。
・・・コモチレンゲは例のあそこのを失敬(`-ω-´)許してくれっ!!
どうしてもあの強靭そうな遺伝子が欲しかったんじゃぁ〜。

土手セダム

でねーマンネングサなんだけど、土手に鬼のように群生してるんですわ!
実は去年、青森に引っ越してきてすぐに土手へ偵察に行き(ボラはいるか等の目的)
なにやらワンサカあやしいものが生えているなぁって気付いていたんですよ。
でも当時妊娠8ヶ月とかで土手下に降りるわけにも行かず、モヤモヤしてたのよねー。
それでやっと春になって、近所の桜並木のお花見散歩のついでに
山親父の希望で再び偵察に行った所、この群生!!
これほんの一部ですからね。こんな群生が土手沿い両脇にたっくさんあるんですよ。
種類はよくあるメキシコマンネングサかなー。

荒川沿いセダム通りこれは土手を降りたところの群生。
息子を抱っこ紐で装着していたためまた下には降りられませんでしたが一応、見難いながらも撮影だけはしてきました。
とにかくグラウンドカバーってのはこういうのを言うのね!って位生えてます。いや生えまくっていると言うべきか。とにかく徹底的に生えていると感心してしまいます。
しかも夏になると花もたっくさん咲いて、綺麗なんですよ〜!
でもなー、この土手って舗装されていて、土と言っても勝手に堆積したごく微量の量しかないはずなんですよ(驚

山親父も一緒だったのですが、抜いた子達を花粉症の鼻かみ用ティッシュに包んで採種にとても協力的でとっても助かりました(*^ー゚)b
これを抜いて一鉢100円で売っ・・・ゲフンゲフン
ね、かなぎっちょさん( ̄ー ̄)

※ あ、それと基本的に土手は下に降りちゃ行けない決まりだったかも。
小学生の頃勝手に降りて遊んでPTAの見回りにこっぴどく怒られたような。。

庭の自生セダム

ついでにうちの庭の自生セダムも元気に生えてきてます報告!
芝桜に混じって勝手に生えたと言うマンネングサ。
ひっそり開花し、ひっそり紅葉している可愛い奴です。
実はね、数株抜いて鉢に植えて室内越冬も実験していたんです。
結果、室内組の鉢植えマンネングサは枯れてしまっていました(;゚д゚)
そんでご覧の通り地植え組がしっかり春になって見事に復活しているんですわ。
大事にすればいいってもんじゃないってことがよくわかりました。
種類にもよるけど、甘やかしは滅亡を招くって事ですねー。

青森県産セダム、欲しい人いる??(* ̄m ̄)なんてねw

posted by ちまき at 22:02| 青森 | Comment(14) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

初代サンシモンよ、永遠に。

ちょうど1年前

おいらの可愛いサンシモン。上の画像は現在の姿ではありません。
ちょうど1年前の4月27日のものが探したらあったのを貼りました。
思えばこの頃が一番の最盛期、黄金時代だったなぁと思います。

サンシモン、よく頑張ったね私の大事なサンシモンは今こんなになっちゃいました。
4月初めにに撮影したのを最後に解体作業に入っていました。
冬の間、気根が多く水分不足と根詰まりだろうと軽く考えてもいたし、雪もある中植替えをする余裕もなく放置した結果なんです。
下に転がっている挿し穂を見ればわかりますが、いずれ全てのロゼットを挿し穂にして完全解体してしまう工事の真っ最中です。。
さっさとやった方がいいのはわかっているのですが、なんかまだ残してあげたい気分もあってダラダラしちゃっていますが、中途半端は余計みすぼらしい姿にしちゃって可哀相かな。。
でもねー救いはあるんですよ。
この子の挿し穂が福岡ですっごい元気に育っているから!!
ちびさんちでスクスク黒々可愛がってもらっているの〜嬉しいよ〜ありがとぉ〜(*´ー`*)
だからね、母ちゃんがこんなになってもね、子供がきちんと遠い九州で元気にしててくれるのがわかっているから私の落ち込みはそれほどでもないんですよ。

ちなみに福岡に送り込まれた当初、昨年8月の姿はコチラ
そしてちびさんには愛のトラバを送信っ( っ´∀`)っ━━━☆☆☆

サンシモン、足元がもう。。

それと、ヤバイ部分ってのも資料としてUPしておきますね。
こんな風に、もう気根が大量に出て(それすらも今は枯れているけど)
しわくちゃに幹がなっているのがわかるでしょうか?
もうこれは枯れちゃって水分を吸い上げる組織が壊れているようです。
脇芽が付け根からポキポキ折れたりしましたから。
なんたって太くて立派な「幹」だから、弱っても折れる気配もなく発見も遅れました。
小さい株だとグラグラしたりしてもっとすぐ気付けたかもしれないんだけどね。。
たった1本からあれだけの脇芽を出して疲れきっちゃったのかなぁ。
今まで良く頑張ってくれたよね。
ホントにありがとうm(_ _)m

ありがとうサンシモン

最後にファイルでかすぎで申し訳ないけどサンシモンの歴史もUPさせて下さいっ!
最初は9センチのポット入りで山親父に園芸卸店にバイクで連れてってもらい買って来たんだよ〜。ちなみに税込み400円!
脇芽を欲張りすぎなきゃまだ元気だったのかなーと思うとちょっとだけ後悔もあるんだけど
色んな姿を2年の間にたっくさん見せてくれて楽しめましたよ〜。
おまえの事が大好きだったよ。自慢のサンシモンだったもんね。
完全解体は近々するけれど、その画像は載せるつもりはないんでこれがお別れ画像です。
バイバイ、初代サンシモン!
元株は枯れても子供達にこれからは頑張ってもらうからね〜☆

サンシモン(黒法師)ついでにサンシモンと黒法師って違うの?って毎回質問があるのですが、実は同じ扱いってのが、一般的な認識?
要は単なる別名で、我が家は数株ある黒軍団を区別するために名札のまんま呼んでいるだけなんですよね。
なので、うちのサンシモンと呼ばれている子は画像の通り、
サンシモン(黒法師)ってことでヨロシク(笑

定義を一時は一生懸命調べたりしたんだけど、わがんねっす!
実際、見た目とかかなり個体差とかもあるのも事実なんだけどねぇ。


posted by ちまき at 16:04| 青森 ☁| Comment(23) | TrackBack(1) |   黒法師、サンシモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

北国の春 まみしい編

☆まみしい=健康、元気 の意味の津軽弁
桜はまだ開花していませんが、GW気分の演出で!
鯉のぼりはBerry's BerryのDMに付いていたのです。

名無しハオ

こちらは夜越山サボテン園で買った名無し君。
買った時は窓部分が萎んでいたんですが、なかなか完全に膨らみません。
それで触ってみたら株がグラグラ。根が一度腐って新しい芽を出している最中だったみたい。
ついでに土もスカスカ、黒ビニポットのままも可哀相ってことで植替えをしたのですが・・・

no-titleん?葉先から何か見えていますが、これって根?
エケなんかの植替えで葉の付け根から芽や根を発見したりしますが、根元からも生えるものでしたっけ??
葉の付け根にカルスとかいう細胞が出来て芽が出るとか、そういう話じゃなかったっけ?(←聞きかじり程度で知識ナシ)
とりあえずこの画像の部分は植えるとちょうど土に刺さる感じになるのでそのままにしておいたのですが、何だかとても変な感じがします。
もしかしてよくある事で、ビックリする必要が無ければそれはそれでいいのですが、なんせ初めてなのでしばし見入ってしまいましたよ(;´д`)ゞ

no-titleでね、植えの画像のとは別の
萎れた葉を1枚もぎとっていたんだけど
その葉も同じく葉先から根らしきものがぁ〜!
というわけで、どうせむしったなら中身を見てみればいいやーと裂いて見たのが左の画像でございます。
葉は萎れてきていましたが、ご覧の通り中に真っ白な立派な根が通っていました。
これが確実に根なのかもよくわからないのだけれど
そうだとしたら勿体無い事しちゃったなー。
せっかくうちに来て出した数少ない根を取っちゃったんだから。
今度植替えする時はこの辺のよく見てから下葉の処理をした方が良さそうですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


脈略はないけど、一応連載している近所の路地植えコモチレンゲ情報を。

近所の路地植えコモチ

・・・おまいら、スゲーな!!!
スクスク育って既に繁殖活動してましたよこの人達(;゚д゚) スゲー
一応これまでのまとめ的記事はこちら
2ヶ月前とか雪の下にいたなんて信じられないねわぁ〜。

Myコモチついでに我が家の過保護にしていたコモチ達。
完全に路地植え達よりスタートが遅いです。
でもね、外に出して水遣り再開したらすぐに活動開始はしたんで、やる気は十分なのは伝わってきた!
もうちょっと起動に乗ったら一部は地植えにする予定〜。
鉢のままの子も残すつもりだけれど、今年は戸外放置で行こうと思っていますよ。

しかしコモチレンゲは去年秋から育てていますが、正直活動開始直前くらいの姿が一番可愛いような気がします(笑
枯葉コートを着た締まったロゼットがたまりませんね。

目指せ!コモチ軍団のグラウンドカバー!!
道のりはまだ長い。。


posted by ちまき at 12:29| 青森 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 軟葉 ハオルチア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

北国の春 斬首編

青森も随分暖かくなりましたが、まだ桜はどこも蕾です。

悲しいけれど徒長シリーズ続編で、「07'春の再出発切り戻し大会」の一こまを。
正直、どこから手をつけてどこまで切ればいいのか迷う子も多数でした(ーωー`;)
念のため断っておきますが「青森=多肉不適合」ではありません!
冬の間は小さかった息子のお世話などで管理が全然出来なかった時が多かったし
置き場のローテーションをサボった途端にダメになった株もあったので
大部分は私の個人的都合の管理の杜撰さの責任でもあります。
上手に育てればここまではならないですからね〜〜〜〜〜〜!!!


北国の春2

多くは語りますまい。。
乙女心のヤバさはちょっと落ち込む。
アタイの乙女心はズタボロ!つーかレディース乙女連合青森は解散間際!
カネイもグラプトのごっつい葉が付いていたのにね〜。
去年はお花も咲いたトップスレンダーも哀れ。。

北国の春1

これはなぁ。。絶好調だったハムシー熊童子は残念だったなぁ。
熊は2年前に買ったんだけど、また最初のボリュームに逆戻りですわ。

北国の春3

七福神は生育旺盛だから安心?と思うけどやっぱ淋しいものが。
ベビーサンローズ斑入りは北国の越冬だとこんなもの?
素直に室内保護すればいいんだろうけどね。。
巨大サンシモンはね、3株入りのうちこの株だけアブラムシが沢山沸いちゃって
薬も少々じゃ間に合わないレベルだし
手作業の駆除で葉も痛み、中途半端なんで丸はげにしちゃいました(;´д`)ゞ

まぁごく一部だけどちまきの春はこんな感じ!
みんな、頑張ってくれよ!
飼い主ちまきも頑張るからさ。

断崖の王女さま

最後はお口直しといいますか、可愛らしい画像で締めくくっておきますね。
断崖の女王の新芽がほわほわで可愛いのよ〜(人´∀`).☆.。.:*・゚
王女様誕生にニコニコです!
優しく触るとホントに毛が柔らかくって兎より気持ちいいかも〜☆
posted by ちまき at 10:20| 青森 ☁| Comment(28) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

校正しまーす!

まりつだワショーイ!

今日は町内桜まりつの夜桜市なんだよワショーィ!
チラシ1枚で楽しめて大満足(違
とりあえず桜、一輪も咲いていないけどなー('A`σ)σショボン
まさか花さかじいさんに咲かせる神通力でもあるのか???
でもね、オアシスでいいものがあるかもしれないし行く予定!
しかし「針花」と来たか。素焼きの針に植替え!なんつって!
駐場はないから、歩いて行くよ!
まつりの風景は後でアップするかもしれません。
もう桜は散ってしまった地域の方が多いとは思いますが
青森はゴールデンウィークの辺りに咲くんですよ、桜。

追記
行ってきたけどなんかガキんちょだらけでビックリした。まともに歩けん!
10数年前と雰囲気が変わっていて
ベビーカーでは厳しくさっさと退散っ(;´д`)ゞ
オアシスもサボテンはあったけど暗かったし見送りましたー。
勿論、桜なんて咲いてねぇ〜〜〜〜('A`σ)σ
けど薄暗くて咲いていても咲いていなくても関係ねぇ〜〜〜〜( ´_ゝ`)σ ⌒゜
駐場は無いって行ってるのに路駐多し!地元民は迷惑してるんだからねー(怒
ラベル:校正
posted by ちまき at 10:15| 青森 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | 青森ローカル通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

葦サボテンも元気だよ

サボ連日アップじゃщ(゚Д゚щ)カモォォォン普通のサボテン記事は↓↓↓↓↓ね。

サボテンはサボテンでも今日は葦サボテン。
6月で管理1周年のまだ、初心者なんだけど地味に夢中になってるのだ。
自称・見習い葦サボマニア
師匠は言わずもがなの緑町のウェブ屋、salsaさんよ〜ん♪
葦サボカテゴリをご参考にどうぞ〜手(チョキ)

新リプサリス

まずはね、新しい葦サボ買っちゃいましたぁ!
スーパーの花屋さんで、壊れた鉄棒のようなミルクブッシュと共に売れ残りっぽく発見。
名札が嘘じゃなきゃ、リプサリス属の何かであります。
細くて頼りなげなのは元気がないからではなく、個性なんだと思いますが
なんかちっさい新芽があったりして可愛いんだよぉ〜(*´ー`*)
ちなみに198円。

ぷち葦サボーズ

どれぐらい頼りなげな細さかと言うと、となりにいる昨年6月に頂き可愛がっている
ハティオラ属の猿恋葦
通称・salタン(右)と比べてみるとよくわかるでしょ?
(勿論、salsaさんから頂いた子だから“sal恋葦ちゃん”って命名したのだ。)
冷麦っぽい太さなんですよね。リプサリスさんは。

葦サボ軍団
ついでに我が家の葦サボーズ大集合。って3名しかいないけどね。でもこうして並べると大きさの差がよくわかりますね。

大きいのは母が貰って放置していてヨレヨレだった猿恋葦。
最初は葦サボかどうかも定かじゃないほどだったのが懐かしいわ。ミルクブッシュと区別も付かずに何だろなーってしばらく悩んでました(笑

そういう意味でもなかなか丈夫みたいなんです。
冬は暖かいけど日光は少なめの部屋に置いていましたが、下に敷いているチップがかびた程度でダメージもなく、現状維持のまま春を迎えることが出来ました。

今は直射日光は当たらないけれど明るい玄関に鎮座しております。
さすがにお花の気配はまだないけれど、去年は3つ咲いたので今年はそれより多く咲いてくれたら嬉しいな。




salタン☆こちらがsalsaさんから頂いたsalたんのアップ。
冬でも新芽が次々に出て、劇的とは言えないけど育っておりますよ。
こちらは寒めな窓辺で管理していました。
寒さにも結構強いらしく、東京じゃベランダでかなり頑張ってくれるらしいですよ。
青森じゃさすがにマイナスの世界だから厳しいけれど、一般のサボにとって過酷な状況でも生育を続けたりと頼もしい一面もあるようです。






猿恋葦初期の頃

最後は葦サボテンの去年の画像を。
(あ、葉は所有の大株の画像は8月のだったな。失礼。)
どっちも大きくなっていますね。
特にsalタンは貰ってすぐ、東京から青森に引っ越したりで小さいのに大変な思いをしつつもスクスク育ってくれていて嬉しいなぁ。



posted by ちまき at 12:17| 青森 ☁| Comment(12) | TrackBack(1) | 葦サボテン/ハティオラ属 リプサリス属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

サボ欲してます。

多肉はヒドイ状態の子が多いけど
サボテンは休眠成功ってことなのか
何とか大丈夫な我が家。それだけでも救われますねぇ。

emiちゃんとお揃い

この子はちょっと前にemiちゃんがUPしてた子と多分、おそろいの子。
同じ系列のホムセンで買ったし、花芽付き固まる砂付きまで一緒です。※既に植替え済
レイダマルかもしれないと思ったけれど、ダルシー変種ロツンダムってのにも似ているの。
どっちだろうね〜お花が咲くのが楽しみです。
今日咲くかと思ったのに咲かないんだもん(´-ω-`)
でもギムノ?は咲く前の蕾も綺麗だよね〜。翠晃冠を思い出すなぁ。

新天地!

次はね、久々に行けただいそ〜で見つけましたぁ〜!!
これは名札に新天地って書いてあったけど、間違い無さそう。
ギムノカリキウム属でてっぺんの特徴とか図鑑で見るのと一緒です。
え?後ろに同じのがもう一個見える?(* ̄m ̄)
なんか2個買っちゃいました。どっちかはいつか嫁に出すかぁ〜。

全員じゃないけど集合

ついでに我が家のサボテン、全員じゃないけど最近の姿。
よくやってたサボコレの撮影がなかなか出来ないのが残念。
買った時からミニ100円サボ達はでっかくなったんですよ〜!
だいそ〜出身の子も立派になりました。
サボ記事はあまり人気がないけど、近々まとめて記事に出来ればいいなぁ。。

サボ売ってます

最後は近所の園芸店で今日入荷していたサボさん達。
かなり何個か欲しかったんだけど、我慢したさ・・・(ーωー`;)フゥ
気になるカタチの子、花だけで欲しくなる子。困っちゃうねぇ。
個人的には右列上二つが欲しかったです。
黄花が可愛いマミさんっぽい子と、いぼいぼなのに先っぽがふわふわ付きの子。
しかし、名前がわかんないからお得な子がいるのかもわかんないのが悲しいわ(;´д`)ゞ

画像重いくせに荒くて申し訳ありません〜m(_ _)m

アガリさんへ



サボテン&多肉植物 NHK趣味の園芸 新園芸相談イメージはコレ
あとこんなの

上記のようなのを読んでいます。
シーサーさん、貼れる商品少ないですよ〜(つω;`)
posted by ちまき at 23:28| 青森 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | サボテン フェロカクタス属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

北国の春 面影ナシ最前線編

ふっふっふ。
一時、徒長特集でヤな画像を張りまくったオイラ。
だけどあれで終わっちゃ多肉好きの名が廃るってもんよ。
ああなったからには再スタートとなる続編が無けりゃぁいけないのさ。。

悲しき古紫

はい!まずはトップバッターは古紫
これはわかりやすく生長点カットで仕立て直しです。
徒長もしてたんだけど、弱ったのを見はからってアブラムシも付いたしで
コンチクショーと未練なく切れましたー。
葉挿し成功率も良かったんだけど、冬の間に全滅してたね。
まぁしょうがないからまたやりましょう。ふ、すっきりしたわい(少々強がってるけど)

白牡丹、無残

次は、これ笑うところですよ。悲しみよりも笑いなさぁぁ〜いッ!
じゃないと何だか救われないから・゚・(ノ∀`)・゚・ホントは悲しいんだよぅ。。
白牡丹、アホか!って位に伸びました!
水あげてないのによくもまぁここまでね〜。
しかし茎だけは立派です。ごめんね。この後躊躇せずにザクザク切っちゃった。
白牡丹に関してはファースト多肉のひとつだけれど
良い状態になればトラブル有りで、美しさを長く堪能したことがありません〜(;´д`)ゞ

悲しきグラプト畑

次はグラプトペタルム属なんですが、我が家の割と自慢のモリモリグラプト畑なんです。
この人達もまぁ徒長しまくりました。1月に朧月なんて開花したしね〜(汗
生育スピードも早いし、こちらもザクザク切りまくるのみ!
生長点も弱っていて使い物にならない所もあったしね。
まぁまたじっくり青森仕様に進化して行こうね〜。
でも今までの姿を思うとちょっと淋しいなぁ。

希望のホープ メビナ

最後はエケ、メビナです。
これはちょっと前に198円で買っていた子。だから綺麗な株。
脈略なく登場で申し訳ありません。お口直しってことです(違
このお方は群生の予感バリバリで綺麗な子に飢えていたので買っちゃった。
でもねーまた冬になってこの子もひどい姿にしちゃったらヤだなぁ。
わかっちゃいるのに買っちゃう自分ってどうなのかなって自問自答。
ん〜わかっちゃいるのにやめられないのが多肉道ってものかぃ?

これらが今後どうなるかは、興味深くもあるけど不安もあります。
青森の限られた環境で多肉を愛でるために、私は頑張るさ・・・。

ついでにまとめ。
徒長特集シリーズ1 瀕死の熊編
徒長特集シリーズ2 面影ナシ編(七福神)
徒長特集シリーズ3 ろくろ首編(秋麗)
徒長特集シリーズ4 まだマシ編
徒長特集シリーズ5 THE 徒長編(白牡丹)
徒長特集シリーズ6 セダム編
徒長特集シリーズ7 ガステリア編
徒長特集シリーズ8 かなり鬱編
posted by ちまき at 22:14| 青森 ☀| Comment(24) | TrackBack(0) | エケベリア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

お得感に弱すぎるんです。。

 サブセシリス

今日、ほーまっくでこれを見かけて買ってしまいました。
198円
エケベリア属のサブセシリスだそうです。
なんかコレ調べると高いんだよねー。
買い占めた方がいいのかな(* ̄m ̄)
なんてことを考えてわざわざUPしてしまいました(笑

一応本日のメイン記事は↓↓↓でーす手(パー)
ラベル:エケベリア属
posted by ちまき at 16:58| 青森 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | エケベリア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

照波を太陽に透かして見れば

ちょっと幅広い意味でのメセン特集です。
ツルナ科は色々あるけれど、お花は共通点があってどれも可愛いですね。

おくゆかしい輝き★

こちらは先日、アガリさんより送っていただいた照波さん。
西日に透かした時の小さな窓が綺麗でしばらく眺めていましたよ〜。
パッと見だと窓の存在はわかりにくいんだけど、心にくい美の演出です。
この手の花ものメセンはみんな窓付き?と思ったけれど
ちょっと前に買った97円ランプランタス属の子はここまでは透けて見えませんでした。
でも一応、他の子にも細かいツブツブ窓があると気付けて嬉しいな。

照波★

そして頂いた時についていた花芽が咲きましたよ〜(*^ー゚)b
ちょっと撮影時期が悪く、ベストコンディションを逃してしまいましたが
黄色いタンポポ風のお花で、青森の春を先取りでございます!
マツバギクにもそろそろ始動して貰って今年は繁殖させちゃうぞー。

しわコノ復活v( ̄ー ̄)v

3月初めに買った名無しコノフィツムの続報です。
よく見ないで買ってシワシワでショックを受けていたのですが
土を足して根元をしっかりさせ、通気のいい細く開けた窓辺で
霧吹きなどで地道に水分補給をしたらめでたく復活しましたよー・゚・(ノ∀`)・゚・
プリプリでちょっと背が高くなりましたが、まさか少々徒長もした??
画像じゃわかりにくいですが、お日様にもよく当てていたら
根元の方にほんのり赤みも差し、健康的になったんですよ(*´ー`*)
とりあえずは、瀕死では無かったって事がわかって一安心です。
管理としてはこれからが大事だからね。この復活は序章に過ぎない訳でして。。

菊波増えたー

最後は「アラームサボテン・おやつの時間です!」の名でも売られている
フォーカリア属の菊波で〜す。
これと言った変化じゃないんですが、株が増えたんですね。
冬の間はある意味デンジャラスな放置管理にしちゃってたんで、
葉が開いて下葉も枯れてスカスカした感じになっていますが。。

おやつの時間そしてこちらが初登場時の姿。
最初はこんな感じの寄せ植えでね、十二の巻の根っこが渦巻いていて
植え替えるの大変だったんだよーコレ。懐かしいな。
最初は2株でしたが、今は5株に。じっくり増えています。

あんまりメセンって考えずに管理できて楽チンで優秀なおやつ君。
毎年咲いてくれるのもとってもエライよーん(´ー`)
夏にはお日様ガンガン、お水ザバザバで育ててます。
冬はほぼ断水で室内で放置という、ヤバめ管理をしてしまいましたが
何事もなく春を迎えられて良かった。。


posted by ちまき at 11:38| 青森 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | メセン色々(花もの中心) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする