現在の閲覧者数:

2006年10月31日

嫌いな人は見ないでね〜。

この記事は虫画像オンリーです。

ワタクシ、全ての虫が好きなわけじゃありませんが
色々、観察したりするのは好きなんです。

嫌いな人は見ないでね〜m(_ _)m

興味のある方だけクリックしてね〜!!
ラベル:昆虫
posted by ちまき at 14:41| 青森 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ねこ 動物 虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

地味だけど活動中

玉、つづり続けておりますそういえばこの玉つづり初登場は去年の9月でした。
冬の寒さに負けてボロッボロになってしまった可哀相な子。
ダメ元で切り戻したら頑張って1ヶ月で新芽を出し
感動の再生をしてくれたのは今年の春のことでした。
そして現在、まだ短いながらも玉をつづり中〜!!
元通りになるには2年越しかなぁ。
それでもいいよ、育ってくれてありがとう(つω;`)
ゆっくり待っているからじっくり玉をつづって下さいませ。。

綴化の歴史はまた閉じるこちらは一時、期待をかけまくっていた
白牡丹の葉挿しから出て来た綴化っぽい子。
4月あたりの時点ではかなり、ワクワク感のある姿でしたが微妙にノーマル化の道を歩み始め
何だかんだ現在はたんなる五つ子白牡丹になりつつあります。・゚・(ノД`)・゚・。
画像では見難いけれど、8月頃には生長点が扇型から
それぞれのロゼットに分割し始めていたのよね〜。
水遣りを控えたりして何とかしようと頑張ったんだけど
結局、こうなってしまいました。。
むむぅ、綴化への道はなかなか遠いです(ーωー`;)

コルチカム?最後はお庭ネタ。
家の脇にひっそり植わっていた植物。
夏頃には葉っぱがいっぱいあって、
それが枯れた後に蕾がニョキニョキ出てきました。
見つけたのが出産前で一応、何だろな?と写真は撮っておきましたが
出産後思い出して見に行ったらもうこんなグデングデンにw
母が球根を貰って植えたものなのですが、何かは知らないとのこと。
でもこれ、コルチカムに似ていますよね。どうでしょう?


posted by ちまき at 12:05| 青森 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | セダム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

我が家の喜び組

庭の畑も整理され、草花も殆どなくなってしまいました。
そろそろ雪囲いとかの準備の季節が来るんだなぁ。。
東京生まれの山親父は「雪囲い」って知らないのね、当然か(;´д`)ゞ

画像はクリックして拡大して見てくださいね。
星美人3月切り立てホヤホヤパキフィツム属の星美人特集です。
思えば去年の今頃は、やたら背高さんになっていました。
そして今年の春に、背高さんを3分割という、
私にしては大胆な切り戻しで増やそう計画を実行したんだったなぁ。
発根に1ヵ月半以上かかったりドキドキしたのも思い出してきたぞ。
でも発根するまで葉が萎れるわけでもなく
プリップリのまんまだったのが不思議だったんだよなぁ。

星美人初登場ついでにこちらは星美人初登場の頃
MYファースト多肉である寄せ植えにいたんですよね〜。
ちっこくてあまり美人に見えなかった時代もあったんです。
いや〜よく美しく育って増えてくれたよ。
葉っぱ、少なかったんだなぁ。。しみじみしちゃうね。

美人さんだねぇそんな3分割星美人さんの
こちらは最上部の挿し穂だったところですね。
すくすく伸びて、葉も上向きでなかなかの美人っぷりでしょ。
管理は特に何も気を使っていません。
あえてあまり触って粉がおちないようにする程度です。
茎立ちしやすい気がしたので水は控えめにはしているかな。
それとも去年は日照不足とかであんなに背高になっただけなのかしら。

星美人畑あれから最後は7月にUPした美人畑です。
3分割した根元と中間部分と、葉挿しを転がしておきました。
葉挿しの子は自然消滅したのか、風で飛ばされたのか
いつの間にか行方不明になった子もいますが
挿し穂から出た芽は生育旺盛、
なかなか立派に育ちましたよ。
今期はスペースの都合上、古紫の葉挿しも同居になりましたが
これはこれで育ったらクドいだろうけど迫力が出そうだねw

そんなこんなで3年目にしてチビ株からここまで増えたんだから
星美人、なかなか優秀じゃない?って思ったちまきでした。
(初期は葉挿し全滅とか、なかなか増えなくて苦労したんだけどね)


posted by ちまき at 12:31| 青森 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | パキフィツム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

ふたりはキョシュー

出産前に書こうと思っていたサボ小ネタ。
一応、記録ということで自分的に新鮮さがないけどUP!

買ったばかりの頃←画像はどちらも2005年10月のもの。
去年の秋買った、100均とホムセン100円サボ。
だいそー出身の子は最初は「層雲」の名札付きで
憧れのメロカクタス〜って喜んでいたのに、
あっさり間違いと最近判明
隣の「巨鷲玉」はホムセンで「キョシュー」と殴り書きの札が付いていましたが
まぁこれは間違いではなさそうな気がしています。

どうでしょう?そしてこれが現在の姿。
巨鷲玉が育って、だいそ〜フェロそっくりになりました!
立派な強刺が出てきているでしょ。
どう見てもこの二つ、同じに見えるんだけどどうでしょうかねぇ。
フェロカクタスであることには間違いないし
だとしたら二人は巨鷲玉でOKってこと?
稜の間に黒っぽい縦線が入っているのまで一緒です。

巨鷲玉かなぁついでに上から見たところも。
サイズが違うだけでやっぱり激似です。
私の中ではこの二人は同じ種類と認識することにしました。
最終判断はお花でも咲けば一番いいんだろうけどね〜。
まぁ何にせよどちらも1年ですごく育ったし元気だから
何の種類でも可愛いことには変わりないっす!!

やっぱサボは特に幼苗時代は何だかわかんないものですね。
育ってわかる、本来の持ち味ですなぁ。。


posted by ちまき at 14:49| 青森 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | サボテン フェロカクタス属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

可愛いロゼットさん達

少しの隙に庭に出て多肉をギロギロとチェックし激写!!
その後そそくさと家に戻る生活ですヾ('A`)ノ゛

七福神2株100円私のお気に入りの
エケベリア属の七福神です。
近所のお店で二株入りで100円で買ったのは7月初めの事。
は買った当日の画像。
立派な株にしたくてすぐに分けて植替えをし、
日当たり抜群の庭の真ん中に多肉棚を置いて
お日様たっぷりに管理しました。

七福神、素敵!!そして10月。大きくなったの、わかりますか?
ロゼットを作る葉の数がすご〜く増えました(*´ー`*)
勿論、ロゼットそのもののサイズも大きくなりましたよ。
試しに1株を大きめの鉢に植え替えたら鉢サイズに合わせてしっかり大きくなってくれて、これまたビックリ。
肥料分多めでも大丈夫なタイプなのかな?
雨ざらしで群生を育てているお宅もあったし、丈夫さは納得。

七福神のお子様そして待っていた子吹きもしていました!
2株ともしていたので優秀だね〜。
ただ今のところ苦しそうにやっと顔を出していると言う感じ。
でもたくましいね、狭くても負けずにミニロゼットになっているんだから。
無理に切って植替えて発根させるにはもう寒いのでこのままにしておきますが
寒い冬も頑張って生き抜いて欲しいなぁ。
だって七福神好きなんだもん。
あまり肉肉していないけれど、ポキッといきそうな質感の葉がお気に入りなのよ。

fromのほほんさん追記10/25
画像に書いてある名前は多分、逆です。
手前が淡雪で、
後ろが初恋(パープルキング)かと思われます〜。


最後はお盆前に
のほほんさんにお会いした時に頂いた多肉さん。
ひとつはエケじゃないんだけど、大きくなりましたよ〜。
淡雪初恋はほんのりピンクに色づき、
可愛さがアップしました〜(*´∀`*)カワエェ〜
初恋淡雪もロゼットがしっかりして白紫の特徴ある色が出ました!
下に転がっていた葉からもバッチリ芽が出ているし
この子達も優秀でスバラシイ!!
淡雪はグラプトだし、来年は積極的に繁殖活動してみようかなぁ。

ところで初恋=パープルキング?
どこかでそう見た気がしたけど、違ったかな。
後で調べてみようっと。



posted by ちまき at 17:02| 青森 ☁| Comment(26) | TrackBack(0) | エケベリア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

茜色に染まって連なる葉たち

紅葉前青森市の朝晩は随分冷え込むようになりました。
ストーブは短い時間ですが、活躍しはじめていますよ〜。

これは6月頃のとある寄せ植え。
クラッスラが2種入っていますが
最初は殆ど同じ姿をしていたため
どっちも十字星かなーと思っていたら
春〜初夏にかけて一方に白斑がクッキリ出始め
別物と判明したという経緯があります。
ある程度育ったり、乾燥期に特徴がハッキリ出るとこうして品種が判明することも多いですね。(あまり自信はないけれどw)

てな感じで現在の姿と比べて見ましょう。
十字星これは十字星らしき子です。
「血赤」に染まった紅葉をしています。
もっともっと赤く染まるらしいんだけど、
これからどうなるかなぁ。
初夏より背丈は2倍以上に伸びました。
切って増やそうと思いつつももう10月半ばを過ぎ
青森では今からじゃキツいかなってことで
年内の色々な作業はあきらめました。
それにしたって星乙女より紅葉がクッキリですね。
本当に血が通っているような不気味なほどの染まりっぷりにはビックリです。

多肉って紅葉しても落葉しないのが面白いよね。



南十字星そしてこちらは南十字星らしき子。
葉がちょっと十字星より細長く尖っているような感じですね。
名札ナシだったけど、あの白斑の入り方だと間違いないと思うけどどうかなぁ??
こちらもまたヨッパライの如く、血赤に真っ赤ですね〜。
一年を通じて別人のような変身を何度しているのでしょう。
買った当時のお正月にはこんなになるなんて全く想像できなかったぞ。

こちらも背丈は一年も経たずに倍にはなりました。
この手のクラッスラは生育旺盛だし
挿し穂も成功率が高いし、育てやすくて優秀です!
こちらも繁殖の作業は時期を逃してしまったので
冬が終わるまで長い間待つことに。
むふふ、春になったら張り切って切っちゃうもんね〜( ̄ー ̄)

火祭り最後はニャオミさんちからやってきた火祭りです。
貰ってすぐに徒長させちゃって切り戻すハメになっちゃったんだけど結果オーライでいい感じに増え、
現在のちょい暴れ気味な感じはかなり好みになりました!
脇芽みたいなのもどんどん出るし、
この人もかなりたくましいね〜。
紅葉っぷりとしてはまだまだの色なんだろうけど
緑と赤のこのグラデが残っている状態はすっごいキレイ!!
真っ赤な火祭りもカッコいいけど、この位もいいよ〜(*^ー゚)b
そんな感じでクラッスラの一部ですが、紅葉特集でした〜。


posted by ちまき at 15:39| 青森 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | クラッスラ属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

浦島太郎気分で帰ったら

ちまき@出産休暇明け お久しぶりです。
今日はいい天気じゃのぅ。
嵐の3連休から約一週間、サボ多肉からは強制隔離状態でした。
それで帰ってみたらば、咲いているもの、まだ咲いていないもの
短い期間にしっかり変化はあったのね〜。

花と蜂まずはクラッスラ赤鬼城の開花。
8月末から花芽が伸びていましたが、やっと咲きました。
このお花、ちっちゃいです。
ついでにあんまりいい匂いがしません(;´д`)ゞ
でもコロコロ実ったように咲く姿はとっても可愛いね。
ミニミニ梅の花みたいな色合いで、全体に和風でまとまっている感じがなかなかの完成度じゃないかなーなんて思います。

我が家は蜂の巣が多く、小さい頃から共存しているんだけど
蜂さんも蜜を吸いに来ていましたよ。
これはオスの蜂で刺さないはず(多分ね)。





授乳の時間です!!お次は去年も咲いてくれた
フォーカリア属の菊波
「おやつの時間です!」って商品名で売られたりしています。
蕾は出ていたのには気付いていたんだけど
退院してきたらもう咲いていたみたいでしたよ。
今年はきちんとおやつタイムに咲いていたし、優秀ですね。
去年は会社に持っていってまで観察していたのが懐かしい(笑
まぁこんな画像を撮っているうちに、おっぱいタイムになったりして差し詰め「授乳の時間です!」って感じでしょうか。

まだ咲きません最後は紫麗殿
8月終わりから蕾が出始めたんだっけかな。
モリモリと咲きそうにはなっていましたが、まだもうちょっとかかりそう。
っていうか、もう一個花芽がまた出現してるし!
がんばるねぇ。えらいねぇ!!
ついでにもうひとつ咲きそうだった古紫もまだ咲いていません。こちらはホント長く掛かりそう。
紫コンビが咲くのはもしかして11月に入っちゃうかなぁ。
青森、最低気温は6℃とかの日がもうあるんですよ〜(;゚д゚)
東京の冬じゃんねーって感じの戦々恐々の冷え込みです。。

posted by ちまき at 12:23| 青森 ☀| Comment(23) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

濃厚人生送ってます

多肉植物との出会いは2004年の5月末のことでした。
持っている種類も勿論少く、屋根ナシベランダに置いて
雨さらしで水分過多で徒長し、室内に入れたら入れたで日照不足で徒長し・・・と
もうそれはそれはヨレヨレ管理な時代でありました。。

花うららの紆余曲折そんな初年度に出会った花うららの歴史です。
その年にPCがぶっ壊れ、欲しかった画像が一部残っていないのが残念だわ。
まぁ見ての通り、買ってすぐにカイガラムシ被害で芯えぐり生長点カットという、初心者にしては大胆な治療をするハメになっております。
スタートの時にあった外葉は結局無くなって茎だけになったんだけどね
要は一から新芽を出して再生という
割と気の長い歴史がここから始まるのであった。

切ったのが春ならもうちょっと早い再生だったのかもしれませんが
大体一年で小さめながらも「しっかり花うらら!」な姿までなったんです。
んで見事に真冬から花芽を出し
次の春には花芽3本同時開花までしてくれました。
生育旺盛な種類だったということもあるけれど
茎だけ状態からここまで来てくれたのには感慨深いものがありますね。

こんなに立派になりました!そして2006年10月、今はこんなに立派に!!
春に植え替えたのに鉢からはみ出てしまったので、この秋にもまた植替えをするというすごい育ちっぷり!
直径だと約10センチにもなったんですよ〜(*´∀`*)
葉の数もこんなに増えたのは初めてなので嬉しいなー。
お子様も一生懸命首を伸ばして自己主張しています。
あーここまで丸2年ですよ。
今となっては一株200円でここまで楽しませてくれたことに感謝ですが
やっぱりトラブル無しが嬉しいよね(´-ω-`)
いい経験になったのは確かなんだけどねw


posted by ちまき at 12:25| 青森 🌁| Comment(21) | TrackBack(0) | エケベリア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

我が家の黒い人達

そろそろネタが無くなってきたなぁ。
それと雨が降って写真が撮れないのでねー。
なので困った時は黒法師。秋の記録会ってことで。
俺様のための覚書なんで引用が多くて読みにくいかも(´-ω-`)スマソです

オッス!1号でーす!!おなじみ黒法師1号さんです。
今年は夏葉にならなかった?と思っていましたが
今になってそれなりに葉が伸びてきたところを見ると、それなりに夏の姿だったのかなぁと今更ながら思います。
画像はちょっと水切れして葉が垂れ気味ですが
パッと開いたロゼットは夏の1.5倍位のサイズになりました。
スイッチ脇芽もモサモサしてきて可愛いですよ。
背は夏から特に伸びていませんが、
今期もどれぐらい伸びるか楽しみ!
思えば5月の月餅みたいな時代が夏葉だったのかなぁ。
夏にかなりハゲたりしてた時もあったんだけどねw

いつも気になるのは根元が細い事。遠近法で余計そう見えるわw
それなりに太くなってきてはいるんだけど
いつか折れそうで怖いっス!!

足元の家来達足元の葉挿し軍団もかなり元気。
(↑7月末の時はまだチビでした)
すっかりプチ群生になってしまいました( ̄ー ̄)
白牡丹、ブロンズ姫、そこに埋もれた紫麗殿の葉挿し達です。
このまま違う鉢に移植してもいいんだろうけど
スペース的にここに居てもらった方が助かるので
ずっといてもらう方針で今後も同居を続けます。
しかしブロンズ姫ってのは繁殖にキリがないですよ(;´д`)ゞ



サンシモン、夏姿よ元祖サンシモンはきちんと夏姿になっていました。
5月位はワッサワサでしたが、夏の間に随分葉を落としてスッキリ姿に。
去年の9月と大体おなじ位になっている生真面目なヤツなのだ。
ちとヒョロイけどこの人も大きくなったなぁ
挿し穂の2本は福岡のちびさんちで可愛がってもらっています(*´ー`*)
東京→青森→福岡って、私が羨ましくなる移動っプリだな。
福岡、行きたいっス!!!
いっぱいあるから切りやすいのも魅力〜って言ったら非道でしょうかw

新顔サンシモンよちょっと画像が暗かったなぁの夏に買った新顔サンシモン
5株入りを3株、1株×2の3鉢に分けて育てています。
これは真っ黒ではない茶系で、やたらロゼットが大きく
すぐ緑色になるタイプなんです。
それでいて脇芽はものっすごい出るの。
今までにないタイプのサンシモンなんですよねー。
あ、何故サンシモンと呼ぶかと言うと
買った時の名札がそうだからってだけです。




チビ達最後はミニサイズ達をまとめて紹介。
過去の歴史はこちら→クリックプリーズ
6月くらいは何故か下葉が落ちずに背だけ伸びて
何だかヘンな姿になっていたのですが
今はノーマルな姿に戻ってくれました。
サンシモンの挿し穂兄弟も今年誕生しているのもポイント。
こちらはちびさんちへ旅立った子の兄弟ね。
青森と福岡、どっちが快適かは彼らが判断してくれるでしょう(;´д`)ゞ
冬はキツイだろうけど、青森兄弟、頑張ってね〜。
ってなわけで全員紹介とはなっていないんですが
現在、9鉢、合計12本が我が家にはいるんだぜ!
流石に最近は売っていても自己規制して買ってませーん(* ̄m ̄)

posted by ちまき at 22:50| 青森 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) |   黒法師、サンシモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする