現在の閲覧者数:

2006年09月30日

9月最後の小ネタ色々

窓辺のむつ子

皆さんこんにちは。むつ子でございます。
久しぶりにお気に入りの窓辺にひなたぼっこに来て
姉ちゃんに記念撮影してもらったんです。
写真のあとに、長いものがあったんで齧ろうとしたら頭を叩かれちゃいました。
あとはクンクン調べましたが美味しいものは無かったみたいでした。

すっかり別人9月初めに買ったオーロラ。
植え替えて日当たりのいい場所に置いていたら
2日で色づき始めていましたが
今ではもうすっかり完全に紅葉株に!!
売れるまではテントの中で遮光状態だったもんねー。
あまりの色づきの速さにはビックリです。
これぞオーロラ!な姿になって満足満足。
挿し穂にした子も色づいているし、
葉挿し軍団も根が出てきています。

色づく前の色白時代はコチラです→クリックexclamation




今日のムカつき最後は今日のムカつき。。。
にっくきカイガラムシ野郎が、オイラの多肉を攻撃しているぜ。・゚・(ノД`)・゚・。
庭があるから害虫は覚悟していたんだけど
今回は新しく買ったものについて来ているパターンの被害と思われます。
最初はコイツについて来ていて、さっさと駆除完了したのですが続いてこの方にもいたのよねー(;´д`)ゞ
こちらは新芽がチューチュー栄養を吸われていて、実は生長点カットまでしたほどの被害っぷりだったの。


見つけ次第、さっさと対処はしたんだけども愛染錦に移ってました(つω;`)
一応ミニブラシでこそげて殺虫剤を撒いておいたけど大丈夫かなぁ。。
なるべく一鉢一鉢の確認はしているんだけど、あまりあちこちにムシの野郎が移動していない事を祈るのみなのでありました( ´-ω-) ショボン


posted by ちまき at 15:48| 青森 ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

サボテン園に住みたい。。

一度はおいで、夜越山
キャンプに温泉に何でも出来てサボテン園まであるんだよ。
夜越山森林公園ココにあるよ。


↓サボテン温室の内部の様子はコチラ
クリックして頂戴!!

寿かな?こちらは寿っぽいような気がしますがどうかな?
直径は最大部分を計って9センチ弱だからなかなか立派です。
プリップリで黄緑系の色がなんとも爽やか〜。
しかも380円ってお得な気がしませんか?
見つけて迷わず買ってしまいました。
ホント綺麗で大満足です(*´∀`*)エヘヘ
硬葉も軟葉も両方380円ってのは主婦にはウレシイよね〜。
あ、でもホムセン価格だともっとお得??(;´д`)ゞ




THE!根詰まりしかしその軟ハオさん、根詰まりがひどかった〜。
すぐこれは植え替えましたが
売り場でも多肉置き場から離れた場所の目立たないところにあったし(遮光目的だと思われます)値札は色が褪めかけていたしでなかなか売れないでいたんだろうな〜。
ギラギラと売店を歩いていた甲斐があったってもんですw
他にも少しだけ売っていましたが、チビすぎて冬の管理が怖かったので買わずに帰ってきました。
また春に行った時にでも売れ残っていますように(無理ぽ






子宝錦こちらも一緒に買いました子宝錦
錦がはっきりしている株が少なくなーい?って言わないでねw
一緒に付き合ってくれた「多肉って何?」な友達も、これはカッコいい!!って言ってくれた大家族鉢です。
鉢から溢れる大家族ってのもすごいよね。
ガステリアは臥牛さんしか持っていなかったから
やっと仲間が出来て嬉しいな。
微妙なお肌の模様とかもとっても素敵なんです。
これまた相場がよくわかりませんが、
多分お得だったんじゃないかなぁ。。


夜越山戦利品そしてこれがサボテン園で買った全部です。
植替え後の画像なのでコノフィツムも子宝錦も鉢を分けてしまっているためやたら数が多く見えますが前回UPの硬ハオコノも合わせて合計5種類です。
こっそりコモチレンゲなんかも買ってたりして〜( ̄ー ̄)
前に町内で見つけた地面に群生を目指すための第一歩なのだ!
こうしてせっせと仕入れて、来年の交換やらに少しでも足しになれば・・・と
持ち玉の少ないちまきは必死なんですよ。。

posted by ちまき at 23:57| 青森 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

ひとりワッショイ。

多肉フェアなんてものは青森にはありません。
県庁所在地なのにね。新幹線もまだ先じゃないと通らないしなー( ´-ω-)
無いなら無いで、野に放たれたライオンのように探しに行くのが多肉道ってものだぜ(大袈裟

新顔斑入り硬ハオ自分でもどうかと思うけど、未だにホムセンチェックなどギラギラしつつ、良い多肉などあると買ってしまいます。
何となく反省の気持ちも心の奥にあるので、チマチマ紹介したりしてますw
すみません、書き忘れました。このハオはサボテン園の売店で買ったものです!
夜越山サボテン園の様子写真置き場にありますので宜しかったらどうぞ〜!!
で、こちらは新顔の硬ハオさん。名前は不明。
斑がほんのり入っているのがこれまた綺麗なんです。部分によってはピンクっぽい斑もあってこれが鮮やかに出ている株だと極上品扱いらしいです。
(極上品は1000円くらいで、これは380円でした。)
株もなかなかガッチリしていて、ミニ子株も2つ出ているんですよ。
双子みたいになっているけど今の所は株分け不可能にくっついているし、モリモリと群生っぽい育ち方をするタイプなのかなぁ。

微妙な時期の花芽達こちらはちょっと前に紹介した花芽達。
青森の秋は短いので、大丈夫?と心配なのですが
それなりに育っているので途中経過報告といった形で再び登場です。
下手すると咲く頃に入院になってたりしそうだし(;´д`)ゞ

古紫途中記録で、こちらは古紫の途中記録。
最初の花芽は7月初旬に発見されて、約2ヶ月遅れでもう一つの花芽が9月に出ました。
この方は咲くまで2ヶ月以上待ちとの情報があったので、後から出た方は冬になって間に合わないかなぁと思っていたのですが、上手い具合にミニサイズで先発隊より咲きそうな勢いなんです。
この辺の調整って植物の本能なのでしょうかね。
上手く行けば同じ時期に2本の花芽が咲いてくれるかもしれない、予想外の展開も期待出来るかな。



紫麗殿もうすぐかな最後は紫麗殿です。
こちらは思いのほか素早く蕾っぽい姿になってくれました。
この調子で行けば、もうすぐ咲いてくれそうな形状に見えます。
何色なんだろうな〜。どんな形なんだろうな〜。と楽しみです(*´ー`*)
株全体がブドウみたいないい色になっているし見応えありそうな予感。
あ、でも多肉の花ってここからが長かったりするんだけどねw


posted by ちまき at 14:46| 青森 ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | 硬葉 ハオルチア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

何故か豆型に惹かれるの・・・

サボ・多肉栽培は基本的には私の趣味でありますが、
モノによっては山親父が所有しているものもあります。(管理はしないけど)
今日紹介する子達は、全て山親父所有権のものでございます。
あ、オブツーサも彼のモノです。

初代豆コノ初代コノフィツム、自称・若松
大丸東京屋上で5月末に買い、すぐに脱皮を始めましたが
無事、夏を越えて2個から4個になって元気に過ごしております。
脱皮し始めは緑一色でしたが、今は最初の親株のように側面の赤色が鮮やかに出てきました。
お花はまだ咲く気配はないのですが、まだ手遅れな時期ではないはず。
何色のお花なのか謎だから早く見たいなー。
若松って名前自体がかなりアヤシイので、検索しても出てこないし、まぁ無理に特定するつもりもないからいいんだけどね。
どうでもいいけど、山親父は脱皮して倍の数になったのに気付いていなかったようです。
証拠写真を見せたら喜んでいましたが、
一応、「俺の物」と思っているなら気付いてくださいよw


豆型コノフィツム素敵!こちらは新顔だったりします。
あぁ、つい買っちゃった(;´д`)ゞ
しかも安くなかったの。今まで買った中で最高値!
でも豆型コノフィツムがずっとずっと欲しくて、理想の形だったのよー。
山親父もこれなら良し!と普段なら許されない値段なのにGOサインだったしw
ツルツルスベスベ、あーもう可愛いったらもぅ〜(*´Д`)'`ァ'`ァ
鉢は分けてありますが、全部で17個もあるのだ!
蕾も2〜3日でニョっと出て咲いてくれるのね〜。
ちと根っこが無いのもあって取り外し可みたいな子もいるのが気になりますが、大満足のお買い物でございました。。
あ、ちなみに名前はわかりません。小槌とかかなーと思ったけど違うかな。

むつ子とコノフィツムで、しつこく新顔豆コノです。
むつ子と一緒に無理矢理記念撮影w
蕾出初めが嬉しくて(*´ー`*)
この、顔っぽいのが好きな理由ってことで、顔も描いてみました。
山親父が豆型コノフィツムに執着しているのも、この真ん中の筋が無口そうな口のようで可愛いからって理由みたいですよw


posted by ちまき at 20:51| 青森 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 玉型メセン類(コノフィツム リトープス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

爽やか陽気の秋の庭

北東北の秋は、昼夜の寒暖差が激しくなります。
メリハリがある気候で、農作物は美味しくなるんだけど
環境に慣れない人にとっては結構しんどいみたいね。

ベリー色々9月後半の青森。我が家のベリー類はこんな感じになっています。
○○ブルーベリーってのは正式名称じゃありません。出所を付けただけです。
東京から持ってきた6年モノのブルーベリー、いつもどおり春先に花が咲いて、実がなって今は紅葉の時期です。
これが普通でした。
しかーし!実家に置いてあったブルーベリーは夏に結実して、
今が食べごろなんですよね〜。数ヶ月も差が付くものなのかしら??
ホントは2株以上あると受粉効率が上がって結実の確率が増えるってんで期待をしていたのですが、こんなにズレがあったら意味無いかも(;´д`)ゞ
それとも来年で上手い具合に時期が重なってくれるのかなぁ。。
で、ハスカップは夏の終わりにホムセンで半額以下にディスカウントされていたので買いました( ̄ー ̄)b980円が350円だったかな。ウヒヒ嬉しいぜ。

プルーンこちらはプルーン(多分)の種まきをしました。
近所で大木があって、実がたわわに実っているのに誰もとらずに道路にポロポロ落ちてるの(;゚д゚) モッタイネ
その実を拾ってきて蒔いてみたってわけです。
・・・拾ったんだから罪じゃないよね?ね?
芽が出るかどうかはわかりませんが、全部で三つ蒔きました。
青森の冬でも生きている木なんだから、きっと丈夫なんだろうと思います。
まぁそこまでなるには何年も掛かるんだろうけどね。
とりあえず発芽が今後のお楽しみってことです。
無事、発芽してくれますように!
ちなみに実を拾いに行ったのは山親父w
散歩中に木を発見し、お土産に持ってきてくれました(* ̄m ̄)


秘蔵の品々こちらは、今多くは語れません・・・(*´Д`)'`ァ'`ァ
元気ですよ!可愛いですよ!素敵ですよ!
ウホウホですよ!
ちまきがヘンになった?
えぇなったかもしれませんw
お庭に出ては眺め、ニヤニヤ( ̄ー ̄)
やっぱり可愛い多肉達は精神安定剤になっているなぁ。

この冬、色々心配だけどやれることの限りはやろうと思います!
山親父込みで、冬越し、頑張らねば〜(`・ω・´)!!

posted by ちまき at 14:56| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | うちの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

お花ネタ9月号

今日は台風の影響で風は強く、晴れているのに雨がぱらついたり
ついでに気温も高めで変な一日でした。
九州の方は長い停電などあって、大変だったようですね。
佐賀の友達が20時間ほど電気ナシだったそうで(;゚д゚)
お見舞い申し上げます。。

ハムシーやっと切りました8月中旬から咲き始めたハムシー
沢山の蕾が付いたし、開花期間も長かったので未だに咲いていました。
けどさすがにもう花も残り一個だし、そろそろ花芽カットで親株が疲れすぎないようにしなきゃなーということで遂に3つの花芽をチョッキン!
立派な茎で勿体無いような気分にもなりましたが中途半端に残しても今後、バランスが悪くなりそうだし、切ったら切ったで可愛いおっぱい新芽が出るかもしれないから、根元近くから切り落としました。
いつの間にか根元には子株ちゃんが育っていたし
このハムシーさんはホントよく頑張ってくれています。
これからは紅葉も楽しめるし、1年を通じて活躍するなかなかエライ子なのだ。

トップさんまだ切ってませんこちらは6月頃から花芽を付け始め、青森に引っ越してちょっとお疲れ気味ながらも花芽を伸ばし続け
8月末にひっそり咲いたと記事にして終わりにしようかと思っていたトップスレンダー
株がお疲れだからすぐ切る!とか言いつつも次々咲くから結局、今まで切れずにいたんですが、あらあら待っていたら花の色は濃くなり、見応えが増して儚げな印象から随分自己主張する花茎になりましたよ〜。
プリンさんからのコメントで、「うちのはもっと色が濃かったかな」とあったので期待してたらホントに濃くなってビックリ。
これは切らずに待って良かったです。
最初の粉粉した消え入りそうなお花も良かったけど、今の姿、とっても綺麗だもんね。
プリンさん、ありがとうございました〜(*´∀`*)
おかげさまでいいもの、見れましたぜ!


今度は雲翠が・・・ついでに季節外れに花芽をつけ始めた子も紹介。
軟ハオの雲翠さんです。
思えば大丸屋上で日焼けしまくり名札大間違いの姿だったこの人。
綺麗に復活して花まで咲かしてくれる気分になってくれたのは嬉しいですよ。
しかし、これって平均的な開花時期ってものを完全無視なんじゃーないでしょうか(;´д`)ゞ
それとも引越しによる環境変化ってここまで影響する?
まぁいいかぁ、深く考えたってわかりましぇんしー('A`)
ちょっと前にも真夏に青雲の舞(クーペリー)も咲いてたしさ。
どうせなら一緒に咲いてくれれば交配出来たのに、
なんて贅沢はいいませんけどね。。(* ̄m ̄)
(つか交配してもお互い似ているから面白みは無さそう)

そんな感じで花芽カットやらこれから咲く人のお話でした。
紫麗殿とかもこれから咲くし、一体どうなる?青森の秋。。
posted by ちまき at 16:28| 青森 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

山親父通信9月号

青森ゲットのバス
お晩です、山親父です。
車で20分ほど走ると大きな公園があるんですけど、そこで釣れました〜。
ルアーとあまり大きさが変わりません(´ー`) 今度は成長した姿を見せておくれ〜 
青森も日が暮れるのが早くなってきましたね、そろそろ秋モノの服を準備しなきゃ。
秋が終わればすぐ厳しい冬が・・・この小さいバス&山親父は無事冬を越せるんでしょうか・・・夕焼けの公園で独り考える山親父でございました。
posted by ちまき at 00:15| 青森 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 山親父通信 (釣り) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

何とかなるものだね

今日はちと素晴らしい贈り物が届き、ニヤニヤしっぱなし(人´∀`).☆.。.:*・゚
肌寒くなってきたのでむつ子も膝によく乗ってくるしいい感じ。
ちなみに猫のちまきは触られるのダイキライなケチ。
なつはすぐ暴れるアホギャル風キャラです。。

何とか復活!クリックで拡大しますが
ちと画像重過ぎました。。


こちらは引越し直前に池袋で買ったセンペル寄せ植え
1800円も出して買った私の最高値(;´д`)ゞ
多肉搬送の2日半で見事に日照不足でビロンビロンになってしまい、かなり鬱だったんですが、なんとか綺麗に復活してくれました!
特に巻絹なんて、わかりやすい復活ですっごく嬉しい。
思えば大型巻絹ばかりあって
ノーマルはこれしかないから貴重なんですよね〜。
ちびさんちの巻絹が今、大手術から発根したり頑張っています
きっとこんな感じに復活してくれると思うから大丈夫ですよ〜!
しかしこの糸、どこからどう出ているんだろうな。
いつの間にかこんなになっていたのでよくわかりませ〜ん。

コモチレンゲ?これは私の持ち物ではありません。
近所の道端にわんさか群生していたおそらくコモチレンゲ。
花芽がモリモリ出てきていたり、生命力爆発!ですね。
地面はガチガチな感じの土質で、多肉の地植えとしてはいい感じに肥料もなくって繁殖にはちょうどいい状態なのかな?
冬には雪に埋もれて一旦枯れて、毎年こうして群生を繰り返しているのかしら?と思うと何とも素晴らしい!
日本各地で自生できる性質らしいし、
青森は全然OK!ってことなんだね〜。
多肉、色々あるけど適応できる環境もそれぞれ幅広いなーと改めて思った風景でした。
posted by ちまき at 23:39| 青森 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | センペルビブム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

一人葦サボ祭り 見習い参加!

葦サボ歴まだ3ヶ月程度のペーペーなんですが
可愛くてニコニコしまくりの私。
今後の定期的な記録のためのまとめって事も含めて、
salsaさんの一人葦サボ祭りに押しかけ参加させて頂きまーす(*´∀`*)

私のsalタンこちらはsalsaさんから頂きました
私の大事なsal恋葦ちゃんです。
置き場所、湿気具合、初めてなものでかなり気を使いつつも、新芽も出て大きくなってくれましたよ(*´ー`*)
最初に入れてもらった土が搬送中にこぼれてしまったのもあって上に自分ブレンドを乗っけているのですが、問題はなかったみたいで良かったです。
サボサボな新芽が可愛いでしょ〜。
私のsalたん、6〜7月こちらは頂いた時から約1ヶ月の間の画像。
思えば搬送中に土がこぼれたせいで、
短い挿し穂がいくつか行方不明になっているんだよなぁ(つω;`) クソー
それでも密かにひと月の間に新芽が出る気配を見せて頑張ってくれています。
とにかくこのチビちゃんをこつこつ育てて、
いつかはわさわさ鉢にして
勿論、お花が咲くまでの大きい株にするってのが目標なの。
長い道のりかもしれませんが、小さい変化も何だか楽しいのよね〜。
1本1本増えていくって感じがまたいいのかも。

母の猿恋葦こちらはこれまで数回登場している母の猿恋葦
でっかいミセバヤ所有のママさんからの頂きもので、
当のママさんはなんて名前の植物か知らずに繁殖させていたというオチもありましたw
最近は3つだけですがお花が咲いたりかなりいい感じになってきている元々大きな株の子であります。



母の猿恋葦、ヨレヨレ時代しかし最初はこんなんだったんですから(;´д`)ゞ
恐らく復活不可能な枝を切ってもヨレヨレだったんですよね。
その時の姿はこんな感じ→枯れ木の如く!!

初心者の私はコレは一体なんだろう?
ミルクブッシュっぽい気もするけれど、
樹液は出ないしなーなんて悩んだ位。
そんな時にsalsaさんに猿恋葦だと教えて貰い、
しかもこの程度は十分復活可能と聞き、ぅひょ〜!と大喜びして頑張ってお世話をしたんだっけなぁ(懐




猿恋葦発根ついでに長すぎる部分で、途中がやばそうな枝をカットして挿し芽もしたんでした。
思い出してちょっと掘り起こしてみたら、小さいけれどキチンと根っこが出ていましたよ。
つか、掘るなよって感じですけどね。
画質がいまいちだけど、見えるかな?
こういう小さな出来事が管理への自信に少しでも繋がるから嬉しいんですよね〜。
可愛い猿恋葦ちゃんたち、これからもひとつ頼みますよ。
プリンプリンのむっちむちになってくれるよう、私も頑張るからね〜!!



posted by ちまき at 12:26| 青森 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 葦サボテン/ハティオラ属 リプサリス属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

秋のお庭のお楽しみ

今日は巨大アロエ達の植替えなどを午前中にしました。
両親と3人がかりでやったけど大変だったよ。。(;´Д⊂)
作業が厄介すぎて画像なんて撮る気にもならなかったですよ。。

コキア増えたよ〜こちらはくろまめ しばたんさんと東京デートの時に頂いた、コキアと鈴蘭です。
コキアは別名ホウキグサ。(枯れた株を乾かして箒に出来る!)
種は畑のキャビア、とんぶりなんだそうです。

でっかくなったし、秋の色なのか茎が赤く染まってすっごく可愛いでしょ。
今年はこのボリュームだけど、来年はまたひと回り大きくなってくれるかな?

まんまるコキア、ズラリと並べてみたいものです(*´ー`*)
このコキアは父も母も昔から馴染みのある植物なんだそうです。
こ洒落た観葉植物と思ったけれど、昔ながらの使い方で親しまれてきているんですね。

微妙な時期の花芽達まるで新種の葡萄のようないい色をした多肉達。
こちらはとりあえず記録の意味で画像を残しておきたいもの。
古紫は花芽で間違いないと思いますが、ここは青森しかも9月。
咲くまで時間がかかるタイプなのにこのペースでいいのかな(;´д`)ゞ
しかも手前の方にも新たに花芽らしきものが出現しているし
嬉しいけど困っちゃう〜な状態なんです。
 
お隣は紫麗殿。オアシスで80円で買った大きめの株です。
よく育ってくれたのはいいんですが、
この生長点から出ているものは花芽なのでしょうか。。
枝分かれしてくれるならまぁいいんですが
これから花芽を伸ばすのは遅いです。。無謀です。。(つω;`) ドウシヨ
綺麗なんだけど、北東北の秋は短いんですよ。
どうなるものか、もう少し見守りますがドキドキでございます。

ここからは虫ネタがあるので読みたい人だけドゾー
posted by ちまき at 13:44| 青森 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | うちの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする