現在の閲覧者数:

2006年08月31日

エケさん残暑も頑張る

今週あたりから青森も涼しくなるかな?と思ったけど今日は暑いわー。
午後は病院など行くので、午前中に庭仕事をしていましたが汗ダクダク〜。
フロスティー今日は新顔さんのご紹介です。
HCで買いました。エケベリア属のフロスティーです。
初めて見ました。存在も知らなかったかも。
ハムシーの白バージョンみたいな感じで
枝にも毛が生えている、可愛いお毛毛ちゃんです。
調べてみると、お花もハムシーにそっくりみたいでした。

画像は上から撮っているのでコンパクトな株に見えますが、実物は結構、茎立ちした形になっていてヒョロリとアンバランスに背高なんです。なので植替え時に、気根の出ている子は別植えにして保険にしときました。
ついでに切った所から芽吹いてくれると尚、良しなのだ(*^ー゚)b

夏の元気なエケ達Seesaaブログは一つの記事に対してカテゴリ設定がひとつなのでついでにエケ達に登場してもらいましょう。
(ラブログのカテゴリ3つまで設定出来るのは良かったな)

我が家の割と大きめのエケ軍団です。
夕方まで日陰ナシの庭の真ん中に棚を置いてます。
西日もしっかり浴びる、東京じゃ考えられない場所。
青森の日差しならおまいら平気だろ?と思い切ってみたんですが、どれも生育旺盛で、日焼けすることもなく超元気!
夏が短い分、こうして出来る限りお日様を浴びてもらいたいんですよ。
実験というと可哀相だけど、成功なので良かったです。

ちびパールの生長最後は上の写真にも出てきているパールさんから取った葉挿しの子。
昨年秋から挿して、今は小さめ株ですがここまで育ってくれました(*´ー`*)
ついでに昨年末の超ミニ時代はコチラ→クリック
ロゼットはまだ4センチ足らずだけどここまで来ると安心だね。親株は去年、ひどい徒長をさせちゃったりして、保険のために始めた葉挿しだったのですが、バッチリでしたw
ちなみに二つある葉挿しのうちのもう1個は
くろまめ しばたんさんちに嫁に行きました(´ー`)



posted by ちまき at 12:48| 青森 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | エケベリア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

センペルin青森

seesaaの先輩であるちびさんに記事投稿の親切レクチャーをして頂き
昨日までオロオロしていた疑問は解決!
まだ100%習得はしていませんが、
あとは感覚を慣らしていけば何とかなる、はず。
ちびさん、お忙しい中、本当にありがとうございました〜!!
サムネイルサイズは今日は力尽きた。。。バラバラですな、見事に(恥

センペル大集合私の持っているセンペルを集合させて見ました。
よく見なくても同じ種類がいっぱいっていう
コレクションとしては弱いものではあります。
大型巻絹
最近お店を覗いたら、まだ残っていたので2つ買い足しました。
いずれどなたかのところへ嫁に行くでありましょうw
一番上に写っている
引越し時にボロボロになった寄せ植えも少し状態が良くなってきたかな?
枯れた葉が多かったのでボリュームは減りましたがねw

大型巻絹のお子様そしてこちらは大型巻絹のお子様です。
買ったばかりの頃は白いタマタマが出てるような感じでしたが、グングン育ってくれまして、今はミニチュア巻絹の姿になりました。
これはこのまま放っておくと群生になってくれるのかな?
地面に着地出来るまでの長さにランナーが伸びてくれるのが待ち遠しいなぁ。
8月に買って一応植替えはしましたが、
水は1回だけあげた程度かな。


あ、あと買った時に付いていた「綾桜」の名札は付けっぱなしなだけですw

管理の違い?こっちはあとで買い足した大型巻絹さんです。
お店ではちと開き気味になってました(;´д`)ゞ
多肉専門じゃないので、売れ残りは枯れたり徒長したりしてるみたい。。
ランナーもヒョロヒョロでお子様もひ弱そうですね。
引越しの梱包でぼろくなった寄せ植えのランナーもこんな風に間延びしてモヤシみたいになっちゃったけど、お日様不足なんだろうなぁ。




これから出るっぽい最後は多分これからお子様を出すであろう箇所。
なんか奥に見えています。
ふ〜ん、こんな風に出現するのかぁ〜と思ったので記録しておいたのであります。
どんどん増えてアホみたいにデカイ群生鉢、作りたいなー。
勿論、どんどん全国各地に親戚も増やしたいので
いずれ繁殖成功しましたあかつきには里親募集しますのでヨロシクです!!
・・・とか言って冬に全滅させたりしたらかっこ悪いな、私(;´д`)ゞ



posted by ちまき at 20:12| 青森 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | センペルビブム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

今日もお花ネタ〜

今日は青森は午後から雨〜雨
午前中にあちこちにある葉挿しを整理したりの作業を終わらせておいて良かった!
夕飯の買い物も午前中に済ませておいたのでラッキーでした。
しかし、seesaaまだ慣れない・・・。
文章レイアウトとか直したいなー。
コメント欄にクッキー保存の機能がないのもどうにかならんのかしら。。
葦サボ咲きましたクリックして拡大して下さいね。
母所有の猿恋葦が朝、咲きました!!
黄色い可愛いお花です。
午後から雨でさっき見たらもう閉じていましたが、明日も咲くのかな?
ヨボヨボからよくここまで来たなぁ。
蕾に気付いたのは8月17日、思ったより早く咲いてくれました。

それと最近知ったのですが、
母にこの葦サボテンを下さった方は、名前も何も知らなかったんだそうですw
室内で増えたら挿してって感じで何も意識せずに育てていたそう。
園芸の腕が凄い方なので、なんかこう直感でわかるのかなぁ(羨

青雲の舞、咲きました
こちらはやっと咲きました青雲の舞のお花です。
ハオのお花ラッシュはこの春、皆様のお宅で拝見致しておりましたので
あー我が家も同じ同じって感じなんですがw
でもこういう控えめなお花も好きですよ。
涼しげなシマシマがいいじゃないですか。
お相手がいらっしゃらないので交配など夢のまた夢ですが
この調子で来年も頼みますよ。
posted by ちまき at 15:47| 青森 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 葦サボテン/ハティオラ属 リプサリス属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

お知らせ

060826〓α??±.jpg

ブログお引越しと同時に
別館ブログの存在もお知らせ致します。
作ったのは実は春先で、誰にも公開せずに
メルアドを知っている方などにちょこちょこお知らせしつつやってました。
ボケボケなためにお知らせが遅れたり、し忘れちゃったりもありまして
申し訳ありませんでした(つω;`) ゴメン

プロフ欄にURLがあるので良かったら見てね(*´∀`*)
照れくさいけど、アナザーザイドちまきの世界ってことで宜しくです手(チョキ)

さて、こちらもまだまだ完成形じゃないから
頑張って整えていこう〜!!
カテゴリとか、表示がヘンなのはどうしたらいいんでしょ・・・(;´д`)ゞ

最後になりましたが
リンク修正など、お手数をお掛けしますが何卒宜しくお願い致します。

posted by ちまき at 20:14| 青森 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の花3種盛り

ブログ引越し作業中なんですが、ダラダラやってます。
どうせならラブログの無料の容量ギリギリまで使ってからにしようかな。
細かいカスタマイズとか、ラブログはやりやすかったかも。
まぁ慣れの問題かな?

翠晃冠咲いたよーつい最近UPしましたギムノカリキウム属の翠晃冠(多分)が開花致しました〜!!
うふ、派手さはないけど我が家になかった色だから凄く嬉しいな〜。サボ花をカラフルに揃えるのが夢なのよ。

サボ男とか金小町と違って、それほど透明感はない色なのですが、何とも言えないキラキラ感はわかって頂けるでしょうか。
チョウチョの羽みたいな、ちょっとメタリックな白粉をはたいたような花びらであります。
花の直径は3センチ程度なので、小さめですよ。
地味目に見えるのは花粉のところが赤とかじゃないからだろうな。

翠晃冠の花で、これはついでにUPの、買った時に付いていた何日目かのお花なんです。
これを見ると薄ピンクの花なんですよね。
実は薄ピンクに惚れて買ったんだけど
今回咲いたのは何故か、メタリックな白。
これは何でかよくわかりません。
でもまぁ、紅白咲いたような感じでメデタイ!っちゅーことで
深く考えずに素直に喜ぶちまきなのであった。

一日限りじゃないお花だし、
ひと夏に何個か咲いてくれるみたいだし
なかなか良い子がウチに来てくれたみたい(*´ー`*)嬉しいな。


トップレスフラワーこちらちょっと前に蕾をUPしたトップスレンダー
割と派手でゴージャスな花芽と蕾ではありましたが、お花自体はあまり色のないタイプでありました。
正直、どこまでが額で、花びらでどれが雌しべ?ってのがわかりにくいタイプですね。でもなんとなく白っぽくまとまっていて、お粉をまとった上品な雰囲気は好きかな。

全体像も撮ろうかとも思ったんですが、引いて写すと花が見えないんで省略しましたー(;´д`)ゞ
それとせっかくのお花なんだけど、本体の株がお疲れ気味なので、全部咲く前に切ろうかなーと考え中。
まぁ・・・それがなかなか出来ない「勿体無い」体質の私なものだから、実際ザックリ行けるかはわかんないのですがw


ハムシー咲きました。最後は、こちらも前に蕾だけUPしていたハムシーです。
満開になったらUPしようかと思っていたのですが
初期に咲いた花がしぼんで来たし、写りきっていませんが合計4〜5個咲いたので披露致しまする〜。
ハムシーの花はホントに桃みたいで可愛いし、開花期間も長いしで観賞価値は高いですね(*´ー`*)
今後、順番にまだまだ咲いてくれるってのもこれまた嬉しいな〜。

ついでに去年の4月はこんなんでした→超チビ!!
んで、9月頃にはここまで育ったんだけど、
やはり夏に元気な子ってことですね。
posted by ちまき at 14:23| 青森 ☀| Comment(28) | TrackBack(0) | サボテン ギムノカリキウム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

死んだはずだよ椿さん

ダラダラしている引越し荷物の片付け。。
段ボールを部屋の隅っこに押しやる作業をしました。
はい、これでもう奥の箱なんて取り出す気力ナシ!!
もう、私は色々な真実から目を逸らして生きる事を選びました(大袈裟

芸術とは何か。←クリックして拡大
とすすめるようなものではないが。

これは椿の切り株です。
おそらく元々は樹齢30年はとっくに超えたものだったのですが、大雪などの事情で伐採され、今は切り株だけなんです。
高さも2メートル以上はあって、花が咲くとそれはそれは見事な満開の姿でした。
お掃除が大変過ぎる!ってくらいにボコボコ花が付いていたんです。

・・・そして今、また生きたいという意志をこうして見せてくれているんですよ。。
感動的ですね。ここからどう伸びていくのかな。
切ったのは一昨年かな、今年になって初めて芽が出てきたんですよ。

とか言いつつ、私の頭の中はこんな妄想しか考えていないっていう
超バカなネタだっちゅーことで。すまない、椿。
美尻だけど、オデキ治せよー( ´_ゝ`)σ ⌒゜


良かったわ話題を無理に変えましょう。
これはちょっと前に買っておいた、硬ハオの鉢。
日焼けしまくり?で大丈夫かなぁと思ってたんだけど
こういうクルリンとなった十二の巻みたいな奴が欲しかったので、きっと復活するはず!とちょっとトドキドキしつつ買ったのだ。
当初は根もガタガタで鉢からすぐ抜けるしで、初心者の私が手を出すべきじゃなかったかなぁ・・・とも思い

ましたが、静かに植替え、土はカラカラにだけはしないようにし、勿論遮光第一で管理していたら、キレイになったきたよー。
一番でかい株も先っぽの方が緑色になってきているのです。
これは長く育てて、ちょっと背高にワイルドにして行きたいのだ!
けどちょっと焼けて黒っぽいのもまたカッコ良かったかな、なんてことも思っております。

++ 追 記 ++ 
参考記事としまして硬ハオの日焼けが元に戻ることを教えてくださいました
salsaさんの記事をご紹介させて頂きます。

ほら元通り。硬ハオ・十二の巻、の巻

この記事があったから私は救われました。ありがとうございました〜!!
posted by ちまき at 12:07| 青森 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | うちの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

サボテン小ネタ特集

あぁ毎日蒸し暑い!!
東京の夏と変わらんぞ、青森の夏。
それでも猫達はわざわざ暑そうな場所で寝ています(;´д`)ゞ

翠晃冠以前、ディスカウントされていたのを買っておいたサボ。
ちなみに150円。
多分、ギムノカリキウム属の翠晃冠です。
買った時に、終わりかけのお花付きでしたが
もうすぐ咲きそうな蕾が今、ついています。
直径は5センチ強位。育っても13センチ程度みたいです。
しかしギムノの蕾はかっこいいねぇ。
お花も勿論大好きだけど、この「もうすぐ咲く」ところの蕾を見るのも大好きなんですよ(´ー`)
早く他のギムノも開花年齢になってくれて、いつか交配も出来たらいいなぁ、そんなことを考えております。
ちょっとくすんだ緑の肌、微妙なグラデもあってお花がなくてもなかなか可愛い子でありますよ。


猫金飼育日記こちらは以前、皆様の伏字など面倒をお掛けしました猫の金玉。(反省の色無し)
オプンチアは生育スピードが早いとは聞いていましたが、3ヶ月以内にここまで変身しましたよ〜って話。
もう今は猫金風味も何も無いですね。
ちょっと淋しいぞ。
元々の本体は腐りつつも進行ストップしてくれたので、痛々しい姿ながらもこんなに子供が出てきたんだから頑張ってるね。
ホントは痛んだ本体から離して育てた方が見た目はいいのだろうけど、それだと1枚ウチワでバラバラなだけなのでしばらくはこのまま行こうかと思ってます。
さて、今後はどう変身して行くかなぁ?


メロじゃなくてもいいけどね先日UPした、メロカクタスじゃなかった子と一緒に買った、こちらもだいそ〜出身の
自称メロカクタス属「涼雲」です。
こちらの方が、図鑑で見る「層雲」に似ていたりと何だか訳のわからない状態なんですが、なんせ資料が少ないもので何ともかんとも。。
形が好きだから最終的には何でもいいんだけどやはりいつかは育て上げたい球形花座

真相は謎だけど、ある意味育てる楽しみはあるかな?
例え違ったとしても夢はあるよね(* ̄m ̄)

それとまぁ、これもこんなに育ったよ!と
多少、見せびらかし根性もありますw
去年10月に買った時と、春の植替えで2度土を換えていますが、
グングン育ったのは夏になってからですね。
このぐらいのサボは育ち盛りって感じで面白いわー。
posted by ちまき at 15:26| 青森 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | サボテン ギムノカリキウム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

細かいツッコミinサマー

ちょだ・・・??パキフィツム属の千代田の松です。ちょっと前から我が家にいましたが、紹介が遅れていました。
ロンギフォリウムに似ているようでやっぱり違う彫刻等で削ったような葉が特徴の美しい子です。
そんな子ですが、名札がヘンだった。そんな話題。
何故か修正テープで消された「田」の字。
「千代の松」って・・・(;´д`)ゞ
しかも読み仮名までご丁寧に修正テープが。。
よ〜くよく見ると読み仮名なんて

だのまつってなってるねw
それをいらなく直して「ちょのまつ」。
おそ松君の兄弟みたいですよ( ´,_ゝ`)プッ  
アホかーってそれだけなんだけどさ。
脱力系間違いだわねー。

育ち盛りこちらはアロエの子。
以前我が家にいました還城楽のお子様なのです。
私の引越し時に、ヤツもお引越しが決まり、
現在は心優しきお姉さん、salsaさん宅で可愛がられている幸せ者であります。
大型アロエを持て余してしまったヘタレちまきはお子様だけを手元に残し、栽培中だったわけなのでありますよ。
親が親だけに、生長早い?
それともアロエのお子様ってこんなもの?
親株くらいになるまでには長い時間がかかるだろうけどね。

んで実はお子様アロエを育てるのは初めて。
ガステリアっぽい形のお子様がどうロゼットを作っていくのとか興味があるので、今後が楽しみな双子のお子様なのであった(´ー`)

ペンタの変化そして最後はサボネタ。
サボに関しては自己満足記事が多いので最初に断っときますw
こちらはギムノカリキウム属ブエネケリ、別名ペンタカンタ又はペンタカンサ。
去年の秋にホムセンで100円抜き苗で買ったおチビさんです。
(名札にはペンタカンサスと書かれていましたが)
図鑑で見ると、基本稜数は5だけど6個ある我が家のペンタ。
しかしムクムクと育つにつれ稜が少々乱れていると言うか変形しつつある??
こういう風に育つと最終的にはどんな形になるのかなぁ。
まぁ何にせよよく育っているので心配しているわけではないのだけどね。
実質育ったのは初夏位からで、2ヶ月ほどで鉢一杯に。
チビサボはこういう変化がわかりやすいのが面白いね。
それに小さいうちは管理が難しいからある程度育ってくれるとすごく安心なのでした。
posted by ちまき at 15:13| 青森 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | パキフィツム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

開けよ育てよ健やかに

このクソ暑い夏でもたまに猫が膝にのってくれます。
可愛くて嬉しいのですが、汗ばんでかゆくなるのが難点なのだ。。

真夏のトップさん6月に花芽らしきものを付け始めたトップスプレンダー。
7月にひょろひょろと背を伸ばし現在8月、
もうすぐ咲きそうな蕾になってきました。
真夏の花芽ということもあって、少々本体はお疲れ気味に見えます。
体力を考えて、お花は来年また待つ?とも思わなかったわけではありませんが、去年買って初めてつけた花芽なので最後まで見届けたいと言うのが正直なところ。
しかし本体の葉は減りつつあって縮小中だし
真夏のお花は無謀なのかしら。。
でも今更後戻りは出来ないよ〜ん(;´д`)ゞ



ついでに後ろで咲いているのはサボ男こと竜王丸
なんと今年4個目のお花を咲かせていまーす!!
元々開花期には7〜8個は咲いたりする種類らしくまだまだ開花待ちの蕾がいくつかあるのだ(*´ー`*)
サボ男、密かに優秀でーす。


帝玉登場こちらは新登場の帝玉です。(多分)
ホムセンでカラーサンド糊付けの可愛そうな姿で発見。
でも多肉を育て始めた初期の頃からずっと欲しかったので迷わず買ってしまいました。
山親父もコノフィツムとか、こういう妙なものだと買うのは賛成なので、今回は増やしても問題なし(* ̄m ̄)

いや〜見ていて飽きないですよ〜。
すべすべお肌だけどツブツブ模様なんかあって意味もなくクンクン嗅いだりアホのような私です。(無臭よ)
じ〜っくり育っていくのをこれから楽しむぞ〜。
水のやり過ぎとかだと表皮に切れ目が入っちゃったりするらしいから、管理はしっかりしていかなきゃね。
あぁ素敵、やっと出会えて私は嬉しいよ、帝玉さん。


メロ違います最後はだいそ〜で買ったサボのその後。
ついていた名札に書いてあった「層雲」と信じておりましたが、全然違うみたいねw
育つにつれて出てくる新しい棘、これどう見てもフェロカクタス系じゃね?って疑いはあったんですよ。
稜の筋にも色が入ってきていたし、
某画像掲示板でも同じだいそ〜サボについての質問で「違う」ってはっきり書かれていたし。。

先日はてきとーさんちでのサボコレ2006夏でも紹介されていましたが、そちらでやはり間違いだったと判明してました(;´д`)ゞヤッパリネー
メロカクタスの球形花座ってのにかなり憧れていて、
直径10センチ位になったら出来るかな〜と待っていたのに〜。
画像でもわかるように、鉢に対して随分育っているしあと何年だろう、なんてニヤリとしてたのに〜w
でもまぁこうして一年以内にここまで育ってくれているのはかなりエライと思うので、フェロカクタスだろうが構いません!
いつか花さえ咲いてくれれば私は大満足ですもの。
まずはせっせと育てて開花年齢orサイズまで育て上げるぞ〜。
そんなお揃いサボ所有のてきとーさんトラックバーック!!
posted by ちまき at 16:35| 青森 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | エケベリア属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

真夏の活動、ご苦労様

青森のくせに今日も30度以上になるそうです。
天気予報では東京より最高気温が高いとは何たることだ!
と、どうしようもない憤りを感じております(* ̄m ̄)アフォだね。

黒法師1号inサマー毎年夏は、夏葉に変身しつつ、ちょいハゲ気味になるのが当たり前だと思っていた黒法師1号。相変わらずワンタッチ傘風でスラリと47センチになりました。
青森の夏、ちゃんと暑いのに今年は生長期スタイルのままなんです。
黒々ピカピカ、状態はとってもいいので心配はなさそうなんだけど、休眠期ってなくても平気なのかしら?疲れないのかなーとか、素朴な疑問が持ち上がっております。
でもまぁハゲるのも痛々しいし、今年はハゲる必要がなかったということかなーと一人勝手に納得。
他のサンシモン達も夏葉の輩は誰もいないし
湿度とか何かの関係でこうなるのかな?


ハムシーもうすぐこちらはハムシーの蕾
花芽かなーと気付いたのは6月。
やっともうすぐ咲くぞ〜ってなってきました!
我が家のハムシーより一足お先に、
同じ時期に花芽のついたニャオミさんちでお花は咲きました(*´∀`*)カワエェ
桃みたいなお毛毛付きのお花なんだって〜。
すっごい楽しみです(´ー`)
2年前、蕾があったのに落として折っちゃったから
実はコレが初めてのお花なんだもーん。
蕾もいくつかあるし、全部咲いてくれたら嬉しいなー。
しかし花芽といいつつ、親株と同サイズなんだけど
お花が終わったらどの辺から切ればいいのかな?
生育旺盛だからザックリいっても大丈夫な気はするんだけど。。


母の猿恋葦最後は母が所有していた葦サボテン、猿恋葦さん。
葦サボといったらsalsaさんのイメージなので
sal恋葦と命名w
これが葦サボと教えてくれたのも
他ならずsalsaさんですからね。
そんな師匠の育て方を参考に、
霧吹きシュッシュで熱帯だぞーと念を送りながらお世話をしていたら随分元気になりましたー。
以前のシオシオに比べて新芽もいっぱい、ムチムチ感アップ、おまけに蕾っぽいのも出てきている??
うほほー楽しみじゃー。
んで師匠から頂きましたsal恋葦ちゃんもいるのですが
こちらもスクスク新芽を出してムッチムチなのだ(´ー`)
ただ写真が上手に撮れなかったので、紹介は今度ー。
posted by ちまき at 11:36| 青森 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) |   黒法師、サンシモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする