現在の閲覧者数:

2006年03月29日

ザクザク切ったぞ第2弾

さぁ春だ、色んな作業をしようじゃないかー。
この時期の作業が秋までの株の状態を決める!・・・そこまで大袈裟に考えなくていい?
しっかり土台作りをしていい株にして行きたいものです。

発根待ちの頭部分前回に続き、鉢の整理&株を整える目的で
今までためらっていたものもザックリ切ったよー。
やたらと背が伸び安定の悪かったパールフォンニュルンベルグ
分枝の予感もあり、こちらも背が高すぎるハムシー
いつか切らねばと思いつつヒョロ長だった自称星美人
星美人に関しては、長すぎるので3分割にしてみたけど中間部分も上手く発根&芽吹きしてくれればラッキーだなー。
お粉も大事に取れないようにしていたけど
こういう作業時はどうしても取れちゃうね、残念でした。



枯れ木保護者会んで頭を切ったら残るのは根元の親株部分。
この人たちは別に根に問題があるわけでもないので
おそらくここから芽が出て増えてくれるはずですね。
この枯れ木のような状態は、なんだか元気があっても心配になるような姿ではあるけれど頑張れよ。
もっと短く切りたかったけど、下葉を残した方がいいかなーとか色々考えてこの長さ・・・。
あまり古い茎部分より、少し若い茎の方が芽が出る率はいいと思ってのことですが、実際はどうなのでしょうねぇ。
この状態で芽が出てもまたバランス悪いじゃんって気もするしなー。うーむ(;´ーωー`)

しかし株の整理にはなるけど鉢の数は増えてるね・・・。
その分どこか違うところを整理して
プラマイゼロに押さえたい所であります。
posted by ちまき at 16:15| 青森 ☀| Comment(24) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

挿し穂、それから。


ロゼット軍団1

先日切った挿し穂を植えました。
100均の素焼き鉢に、乙女な感じでザクザク挿したよ。
これといった個性のない寄せ方だから、でかい画像で迫力プラス?(* ̄m ̄)
上手くいけばここから暴れ鉢へ育てていけるかな〜。

ロゼットトリオ素焼き鉢に入りきらなかったものは
チビ盆栽鉢にちょこっと寄せて。
これはこれで気軽に誰かにあげられるし、まぁいいかなと。
しかし作業は楽だったけど、あまりに簡単すぎてつまらん!
根っこ付きだとイライラするくせに楽すぎもつまんないなんて、ワガママですね(* ̄m ̄)
3種類しか挿し穂の種類がないってのも物足りなく感じる原因だね。もっと色々欲しいぜ。

でもこれはあっという間にバランス悪くなりそうだから
明日には違うものに植え替えちゃうかも。。



作業台こちらは、くだらないものなんですが
最近の私の作業台代わりのものです。
百円の鉢スタンドにスーパーの袋をかけ、
その上に土ふるいを乗っけただけです。
植替えの時、古い土をブチまけると底石とすぐ分けられます。
新しい土を入れるときは洗面器に置き換えて
こぼれても大丈夫なようにすぐ換えられます。

ゴミ箱の上で作業しているような感じですかね。
後片付けも楽ですよ。

・・・貧乏くさい?わかってますよ。。。
でもなかなか便利なので、紹介させて頂きました(´ー`)

posted by ちまき at 18:40| 青森 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

春のうららの江戸川

近所の桜もほころび始めました。
東京ではあまり桜を見に行く事がなかったなぁ。
桜っていうと、弘前公園なんだよな、私にとっては。
母の実家は公園のすぐ側なのです。
あと私の実家も市内で有名な桜並木がキレイな住宅街なのでした。
そういうこともあって、わざわざどこかに見に行く習慣がなかったのです。

寄せてみた小さいものを一つにまとめてみました。
元ネタは一寸鉢多肉寄せたものがベースなので
これといった工夫も苦労もないんですがね。
それにプラス、小さいものを足しただけです。
予定では淋しい空白も成長と共に目立たなくなる計算です。(いえ、正直に言うと空間を埋めるものがもうなかったのですね。)
しかしこういう小さいものを寄せるのって結構難しい!
根っこ付きを配置するだけ〜って思っていたけれど
ちょっと触るとずれたりしてなかなか繊細な作業でありました。




渦のようにそしてこちらはあちこちで開花の記事を見る花うらら。
我が家はまだのんびり花芽伸ばし中。
途中経過で、現在は渦巻いていまーす。
こいつは茎だけ状態から芽吹いて
1年でここまで育ってくれたエライ子なの。
花まで咲く気になってくれて、私は嬉しいよ(´ー`)
posted by ちまき at 20:35| 青森 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ニコニコな日々

暖かくなってきましたね。春の到来と共に、私も元気になってきました。
1年の中で好きな季節は5,6,7月だけなんです(ワガママ)
でも秋分の日からは昼間が長くなるので、嬉しいですね。
今から夏至までが、気分的にダイスキなのであります。

感謝感謝いつもお世話になっているニャオミさんより
多肉さん数種を頂きました(*´∀`*)
虹の玉は、葉挿しで頑張ってダメだったら貰うとか言っていた私ですが(強がっていたのさ)
この春、お声を掛けていただき、有難くこうしてプリプリの虹の玉を頂く事が出来ました。
おまけに付けて貰った火祭りもすぐ根が出てくれそうだし姫星もこれまた可愛いの。
姫星はピッタリの一寸鉢に植えてラブリーに育てます。
ニャオミさんどうもありがとうございましたm(_ _)m
我が家に「赤」ってなかったから新鮮ですよ!




メインディッシュ季節的にも植替えなど、ボチボチ始めました。
冬に買ってそのままだったものの土の入れ替えと
引越し対策に暴れ気味の株の仕立て直しなんかから作業を再開しています。
ホントは暴れ株が理想なんだけどね・・・。
梱包しにくいと困るからザクザク切ったのさ。

けどこうして切って並べておくと結構ゴージャスね。
ある程度数が揃うと、独特の迫力が出てきますね。
白牡丹とブロンズ姫だけど、割と大きめのものだからこれだけ集めてまとめるのもいいかも。
暴れ朧月もまとめてくどいロゼット軍団寄せ植えもいいかなー。
posted by ちまき at 17:43| 青森 ☀| Comment(29) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

街で見かけたサボたに

今日は我が家のじゃないサボたに紹介です。
えぇそうよ。ネタが 無 い の (;´ーωー`)

リースなんかわが町に新しい花屋が出来てました。
つか「フラワーブティック」とか書いてて
すっげー入りにくいの!ちょっと見るだけには敷居高ぇ!!って思わせてくれる店構え。
そういう店はこの街じゃやっていけないのになぁなどと余計な心配をしつつも、
小さい入り口から多肉はないかなと気が小さい私なりに覗いてみたりして(見えなかったけどね)
でも外のディスプレイ棚にあったのはコレ。
市販品みたいですね、これ。確か12,000円とか。
最終的にバラして激安で売ってくれないかなーなんて思っていますが、そんなことをしてくれそうな感じじゃないのがとても残念なのであります。


追記
どうも私の日本語がおかしいです。申し訳ありません。
このリースは値札などはついていなく、完全なるお店のディスプレイ商品のようです。
で、なんで12,000円くらいだっていうと、ネットで売っているのを見たことがあるからなのです。


なんだべなお次はこれ。498円の奇妙な舞茸みたいなヤツ。
近所のスーパーにて発見。
一応サボテンでモンストとか綴化とかどういうのかわからないんだけどそれ系じゃないかと思われます。
隣にちょっとだけ見えるのは金晃丸かなんだけど、
よほど日照に偏りがあったのか、頂点がナナメでした(;´д`)ゞ
なんていうの、新品の口紅みたいな形。

山親父と一緒に見たんだけど
「見なくていい」と、長い観察を止められました。
気持ち悪いから買って欲しくなかった模様。
言われなくても買わないけどね(笑




それとは別に、設置してから特に言っていませんでしたが
プロフィール欄のところに
サボたに写真アルバム を設置しました。
良かったら何かの参考になれば幸いでございます。
posted by ちまき at 22:53| 青森 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | 多肉色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

こういうネタならあるんですわ

さぁ今日はオール訃報ネタでございます。
失敗こそ役に立つ情報。これぞ真実。
皆様の可愛いサボ多肉達がこんなことにならないよう、
しっかり見といて下さいませ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

アクレラ臨終こちらサボテンのアクレラさんです。
見た目、とっても元気そうでしょ。
この激しいトゲで中身がよくわからないのが
命取りになってしまいましたね。
ちょっと硬さチェックで指でキュッとつまんだら
チュウッと水が吹き出ました。
中の組織、逝っちゃってます。
最近あったかくなったと思って、水遣りをしっかりめにしたのが裏目に出て、
可愛そうなことをしちゃった。
なんとなくもう少し水絶ち状態を維持しておけば
避けられたような気がして悔やまれます。。。




うさぎ瀕死お次は瀕死のうさぎさん・・・。
元々根がヤバめだったけど持ち直して安心してたのにー。
つうか、根がやばくて自立していられないからって
深めに植えたら腐ったんですよ、これ。
一応、耳部分だけは残して
現在乾かし中だけど再生できるかなぁ。
シナモンか、赤烏帽子か曖昧なまま死なないでくれ・・・。







丸サボ、荼毘に・・・もうこれは自分的にすっごいやさぐれたくなりますね。
種から育てて1年数ヶ月の丸サボキットの最後の生き残りなのにGO TO HEAVENしましたよ・・・。
もうやる気なくすね、こういうのって('A`)
まだ蒔いていないキットもあるから、諦めようと思うんだけど
これ育つのに時間がかかるし、
マメに見ていないと難しいところもあるし、
もう1回やるのがすっごい大儀なのですわ。。

皆様のお宅の実生サボ達はスクスク成長するんだよ・・・(祈




もう玉はつづりませんんでこちらは、割と最近瀕死記事を書きました玉つづり
もうこの人は玉をつづってくれないそうですよ・・・。
元気な頃はあんなに可愛かったのに→あの頃
ベランダビニールハウスが寒すぎた、と推測。
昼間はセダムだし日当たり重視かなと考え
ビニール外に出してたしなぁ。
これも良かれと思ったことが裏目に出たっぽいです。
でも落ちまくった葉からは芽が沢山出ているので
長い長い計画で考えれば
いつか再生してくれる日は来るはず。
本体はもう見るも無残だけどね。。
posted by ちまき at 15:31| 青森 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | サボテン色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

これが自然淘汰なのかしら

黒法師ネタが続きますが、生温かく見守ってあげてください。。

脇芽その後1月に脇芽の存在を確認した黒法師1号。
これがまた成長早い!

画像のは発見第1弾の時の芽。
ひとつはもうミニ黒法師にまで育って「」状態に。
他はまだ「」のまま。大きくはなっているんだけど。
同じ時期に4つほど出て
その後にも更に出て、今は全部で7〜8個かな?
全部育ったらどうしようなんて思ってはいましたが
やはり育つ子、育たなさそうな子が出てきましたね。

しかし約2ヶ月でここまで育つものが出るとは、予想外!
お日様もなるべく鉢を回してまんべんなく当てるようにしているし、
これといって個体差の出るようにはしているつもりはないのにね。


愛染錦つぼみついでにアエオニウム属つながりで。
愛染錦、蕾らしくなりましたよ。
この前はまだちょっと曖昧な画像だったけど
花芽独特の伸び方もしてきたし、
蕾もとんがった面白い群生と確認できるように。

この愛染錦、まだ小型だけど咲くときは咲くのね。
サボテンも然り、多肉植物もある程度開花年齢とか
開花可能な大きさってあるんだろうけど
そういうデータって見かけないところを見ると
特に決まりはないってことなのかしらねー。
posted by ちまき at 17:27| 青森 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) |   黒法師、サンシモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

さらば緋牡丹錦よ永遠に・・・。

ハーイ!ドクターちまきだよ(*´∀`*)やぶだよ〜ん!
妙なハイテンションだけど、許してね。悲しさの裏返しなのさ・・・。

Go to heaven緋牡丹錦の台木が腐った第一弾記事
再びトラブル発生した第二弾記事
やぶ医者ちまきによる執刀手術が行われるという
最悪の事態にまで行っちまったアイツ・・・。
そしてもうこれが最終章だぜ チ ク ショ ー!!

はい、ご覧の通りご臨終致しました・・・。゚(゚´Д`゚)゜。
医療ミスも然り、チビすぎた感も否めません。
切り口を乾かすっていうより、全体に干からびてしまったのね。
最後はすっごくコンパクトな姿になってましたよ・・・。

失敗も今後の成功の材料にするつもりではありましたが
イマイチ得たものがないのが残念。
あえて言えば、三角柱の腐りやすさをもっと肝に銘じておけば良かったかなー的な後悔が残ったのみであります。

ふー可愛い緋牡丹錦ちゃんよ。助けてあげられなくて
本当にごめんね。大好きだったんだけどね・・・。



サンシモンあれからこちらは地味な成長記録ですが。
ワサワササンシモンを切って脇芽の観察をして早9ヶ月。
最初に切って芽が出始めたのが昨年6月
真夏に成長を休み、活動再開を感じたのは昨年9月
ミニサンシモン的姿になったのは昨年11月のことでした。
←そしてこれが今現在です。
考えてみるとここまで来るのに思ったより時間がかかっていたんですね。
新芽が出た季節が休眠期前っていうのも関係しているか。
なんせ黒法師1号の脇芽は驚異的なスピードで成長中。
やはり生育に適した気候だと差が出るってことですよね。
いつかまた黒法師やサンシモンを切る時には、冬を選ぼうと思います。
しかーし色々こうして学習するには数ヶ月がかりだね。
多肉マスターになれるのは数十年後か?
けどこういうじっくり育ててモノを覚えていくのは面白い!
だから多肉、サボはやめられないんだね〜(*´∀`*)
posted by ちまき at 16:08| 青森 ☀| Comment(22) | TrackBack(0) | サボテン ギムノカリキウム属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

結局ひとつだけかよ

ちょっとだけお久しぶりです(*´∀`*)
スローペースで投稿しつつ、マイペースに行こうかと思っております。

最初で最後?初登場は昨年9月
蕾発見昨年11月
胡蝶の舞改めマルニエリアナ、だけどそれも怪しいヤツ
やっと咲いてはくれたんだけど、
たぶんこれ一個であとは咲かない自信あり!!
室内保護したり色々やっているんだけど
蕾が育たないうちに、次々枯れちゃうんですよね〜。
これは運良く、本当にひとつだけ育って咲いてくれました。
カランコエらしい、かわいいお花。
何色とはいい難い中途半端な色だがな(`-ω-´)

で、たぶん葉の感じと花の形からいくと
カランコエ・ミラベラじゃないかと思われます。
そういえばemiちゃんちにもミラベラはあったけど
やっぱりちょっとちょっと違うっぽい?

この際、何でもいいや。花がひとつでも見れただけ幸せっす〜。


色の違いをこれといったネタじゃーありませんが
同じような日照時間で何故こいつらの色に差が出るのか。
単に真っ黒法師とそうじゃない黒法師の違いと言っちゃあ
それまでなのではありますがね。
いわゆるサンシモンの方は緑になると戻りが悪いのです。

ちなみに我が家の基準で
真っ黒法師が「黒法師」
葉が長く伸び、茎がスベスベしています。

真っ黒じゃない法師が「サンシモン」
茎はごつごつ気味で、ロゼットがあまり大きくなりません。

そんな感じの分け方をさせて貰っております。
posted by ちまき at 15:43| 青森 ☀| Comment(26) | TrackBack(0) | 花ものカランコエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ひな祭前夜祭


お雛様折角飾ったお雛様、明日にはもうしまわなくてはいけませんね。
・・・な〜んていいつつ4月まで飾ったりしているちまきなのさ。
一応もう嫁に行っているからそれ位問題ない?(* ̄m ̄)

んでこれは母の手作りの和紙のお雛様。
このお雛様を持っている方にはよく会いますね。
流行ったのかな、この作り方。
ケースごと出すだけなのでお手軽で助かっています。
あ、でもお内裏様の横の灯篭がどっか行っちゃったの。
一体どこに落としたのやら・・・。



小さな寄せ植えお雛様とは全く関係ありませんが、ミニ寄せ植え。
丈夫な種類だけを組み合わせた強健セットです(笑
星乙女だけこの季節シワシワなんだけどね。

このサイズの寄せ植えだと作るのは簡単だけど
もう一回り大きくなると一気に難しく思います。
所有数の少なさも関係してはいますが、
本で見るようなものは、思うより難しいものだと実感。

私なりに出来るサイズのささやかなものですが
小さいけれど、大事な人にあげようかと思って作りました(´ー`)
posted by ちまき at 20:56| 青森 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする